話題

話題

[2021年版]12の世界最大規模データセンター

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Largest Data Centers In the World In 2021 [By Size]
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

267 views

読了時間 : 約8分26秒

毎日、私たちは250万テラバイトを超えるデータをつくっています。「モノのインターネット(IoT)」の人気がますます高まる中、このデータ生産率はさらに高まることが予想されます。

 

このような膨大な量のデータは、データセンターと呼ばれる専用の施設に保管されています。初期のデータセンターは1940年代に建設されましたが、1997年から2000年のドットコムバブルを通して、主流になりました。

 

人工知能や機械学習などの現在のテクノロジーが動き出し、データ主導の世界へと私たちは駆り立てられてきました。現在、小規模および産業規模の運用を処理する700万を超えるデータセンターが存在しています。

 

この概要記事では、世界最大の12のデータセンターをその規模と容量で説明しています。それらはすべて広いエリアに建てられ、中くらいの町と同じくらいの電力を消費しているのです。

 

2016年には、グローバルデータセンターが英国全体の約40%である、416テラワット時間を消費したことをご存知ですか?

 

Yotta NM1

 

 

規模:820,000平方フィート

場所:ムンバイ、インド

 

Yotta NM1は、Yotta統合データセンターパークに建設されている5つのデータセンタービルの一つです。ムンバイに近いパンベルのヒラナンダニフォーチュンシティに位置しています。

 

建物は7,200ラックを展示し、50MWの電力を消費します。完全に構築されると、施設の総容量は30,000ラック、電力は250MWになります。

 

単一のNM1データセンターは、クラウドコンテンツ、OTTオペレーター、および重要な政府および企業アプリケーションをホストすることができます。そこには、データセンターを国道に接続する4つの自己所有の光ファイバ通信路があります。

 

Intergate Seattle

 

 

規模:900,000平方フィート

場所:ワシントン州、アメリカ合衆国

 

Intergate Seattleは、Sabey DataCenterの主力施設です。ワシントン州トゥクウィラ35番通りに位置し、70MWを超える電力にアクセス可能です。

 

その柔軟でモジュール式の設計は、あらゆるデータフロア構成に対応できます。冗長電気システムは、休止時間を最小限に抑えるための回復力を持つ環境を提供しています。より具体的には、冗長HVACシステムと2.5 MWの容量の発電機が含まれ、ピーク負荷で72時間の実行時間が可能です。

 

年間のほとんどの期間、グリーンで費用効果の高い水力発電と“フリークーリング”を利用しています。同社は、気流と電気負荷を正確に制御するための専用“モバイルコミッショニングユニット”を持っています。

 

CoreSite Reston VA3

 

 

規模:940,000平方フィート

場所:バージニア州北部、アメリカ合衆国

 

CoreSiteのレストンデータセンターには、VA1、VA2、VA3の3つの施設があります。最後の施設は、総平方フィート面積が940,000を超える最大規模のものです。ほぼすべてのクラウド、ネットワーク、およびマネージドサービスプロバイダーへ、アクセスを提供しています。

 

この建物には、高効率のUPSシステム、最適な冷却用の可変速ファン、および統合除湿システムを備えた自己完結型の屋上ACユニットが含まれています。

 

この施設は、アッシュバーンに代わる費用効果の高い施設として機能し、有利な通勤オプション、税制上の優遇措置、さまざまなプロバイダーへの低速度アクセスを備えています。実際に、CoreSiteは、Oracle Cloud FastConnect、IBM Cloud Direct Link、Google Cloud Platform、Microsoft Azure ExpressRoute、AWS DirectConnectなどの主要なクラウドサービスへの直接接続を提供するバージニア州北部で唯一のプロバイダーです。

 

Tulip Data Center

 

 

規模:970,000平方フィート

場所:ベンガルール、インド

 

Tulip Data Center Services Pvt Ltdは、インドを代表するデータサービスプロバイダー事業です。これは、Tier3およびTier4標準に基づいて構築された多層施設です。

 

この施設は100MWの電力で支えられており、12,000ラックを収容する能力があります。統合されたビル管理システムは、電力、空調、セキュリティなど、ビルのすべての重要な要素を制御しています。インドで最もエネルギー効率が高く、最も“グリーン”なデータセンターであるこの施設は、最高容量で最大35MWの電力を節約できます。

 

Tulipのサービスは、複雑さを最小限に抑え、運用を合理化し、ベンダーの管理を簡素化するために開発されました。同社は、パフォーマンス、信頼性、可用性、およびエンドユーザーの満足度に重点を置いています。彼らの従業員数(最大1,500人の労働者)により、企業はここでホストされている機器に迅速にサポートを提供することができます。

 

QTS: Atlanta Metro

 

 

規模:990,000平方フィート

場所:アトランタ、アメリカ合衆国

 

QTS Atlanta Metroの施設には、独自の構内ジョージア電力変電所があり、さまざまなキャリアへ直接光フ​​ァイバアクセスがあります。コロケーション、カスタムデータセンター、クラウドサービスなど、幅広いサービスを提供しています。

 

この建物には、46台の発電機サポートと24台の独立したUPSシステムがあります。電気的冗長性は、3つの構内40MVA変圧器に電力を供給する、別々の変電所からの2つの給電によって実現されます。

 

また、重要な電力システムを制御する自動管理システムと、気温、湿度、水圧を監視する自動制御システムも兼ね備えています。

 

Utah Data Center

 

 

規模:1,000,000平方フィート

場所:ユタ州、アメリカ合衆国

 

Utah Data Centerは、国​​の安全性を監視、保護、強化するインテリジェンスコミュニティの取り組みをサポートするために構築されています。実際の容量はセキュリティ上の理由で機密情報化されていますが、将来の拡張を念頭に置いて設計されています。

 

900,000平方フィートの面積は、技術サポートと管理スペースに使用されます。残りの100,000平方フィートの施設には、ミッションクリティカルなTierIIIデータセンターがあります。プロジェクト全体(大規模な20棟の複合施設)の費用は15億ドルに及びます。

 

このデータセンターは、100ペタフロップス(1秒あたり100,000兆回の操作)を超える過量を処理できる並列CrayXC30スーパーコンピューターを搭載しています。

 

建物には、冷却機、消防ポンプハウス、水処理施設、60台のエネルギースタンバイ発電機、ビジターコントロールセンター、変電所、および3日間の電力バックアップ用の燃料施設も含まれています。

 

Lakeside Technology Center

 

 

規模:1,100,000平方フィート

場所:シカゴ、アメリカ合衆国

 

投資信託であるDigital Realityは、世界中で合計3,500万平方フィートの賃貸可能な280を超えるデータセンター施設を運営しています。その最も印象的な場所であるLakeside Technology Centerは、シカゴのイーストセルマックロード350番地にあります。

 

2005年、Digital Realtyはこの建物を1億4000万ドルで購入しました。現在、金融会社向けのさまざまなタイプのデータセンターがあります。これには、建物に100メガワットを超える電力を供給する4つの光ファイバー貯蔵庫と3つの電力供給が含まれています。

 

この建物のユニークな特徴の1つは、冷蔵の塩水のような液体850万ガロンタンクを使用して構築された冷却システムです。この大型タンクは熱エネルギー貯蔵装置として機能し、閑散時に冷却機を稼働させることでコストをさらに削減します。

 

Apple’s Mesa Data Center

 

 

規模:1,300,000平方フィート

場所:アリゾナ州、アメリカ合衆国

 

Mesa Datacenterは、もともとテンピを拠点とするFirst Solar Incによって開発されました。2018年、Appleは、施設の改善を継続するために、今後10年間で20億ドルを費やすと発表しました。ただし、その秘密主義で知られる同社は、セキュリティ上の懸念を理由に、データセンター内で何が起こっているかについての詳細を共有しませんでした。

 

Appleは、この施設をグローバルデータコマンドセンターと呼んでいます。このコマンドセンターでは、運用データを監視するために10時間シフトで150人が働いています。

 

自然エネルギーでデータセンターに電力を供給するために、Appleはアリゾナ州フローレンスに300エーカーの太陽光発電所を建設しました。容量は50MWで、約12,500世帯に電力を供給するのに十分です。データセンターを100%グリーンにするわけではありませんが、メサの消費電力をオフセットしています。

 

CWL1 Data Centre

 

 

規模:1,450,000平方フィート

場所:ニューポート、ウェールズ

 

イギリス西部のカーディフの近くにあるCWL1は、ヨーロッパ最大のデータセンターです。顧客のニーズに応じてカスタマイズ可能な、専用のオフィスとワークスペースがいくつかあります。キャンパス全体にたくさんの会議スペースと会議室を設けています。

 

CWL1は現在、英国で最も効率的なデータセンターの1つであり、電力使用効率(PUE)がとても低いです。 400 kVのスーパーグリッドに直接接続し、耐久性の高い発電機とUPSシステムを備えています。

 

Tier III標準に基づいて構築されたデータセンターは、クラウドホスティング、プライベートデータホール、およびコロケーションソリューションを競争力のある価格で提供しています。この施設は、驚異的な成長の可能性を秘めており、モジュール式の細分化されたスイートをサポートする多数の構造構内オプションが利用可能です。

 

The Citadel Campus

 

 

規模:7,750,015平方フィート

場所:ネバダ州、アメリカ合衆国

 

The Citadel Campusは、大規模なデータセンター施設を開発および運営するラスベガスを拠点とする企業であるSwitchによって建設および所有されています。

 

キャンパススペースは、TierIV基準を超えるように設計されています。その光ファイバーネットワークは、サンディエゴとロサンゼルスに9ミリ秒の速さで届け、シタデルキャンパスのTAHOE RENO1データセンターに7ミリ秒の接続を提供しています。

 

260を超える特許技術を備えたSwitchは、最も革新的なデータセンターサービスプロバイダーの1つです。この企業は以下の独自の機能を持っています:

 

・データセンター用の統合配線システムと熱遮蔽サポート装置

・時速200マイルの風に耐える耐久型独立ルーフデッキ

・放熱装置を備えたサーバーシステム

 

データセンターは、独自の3冗長UPS電源システムと常時オンのDDoS攻撃軽減プラットフォームも備えています。

 

さらに、Switchは100%クリーンエネルギー指数を持つ唯一の企業です。グリーンピーススコアカードですべてのAグレードを獲得しており、エネルギーの透明性、再生可能エネルギーへの取り組み、立地政策における企業の役割を示しています。

 

China Mobile

 

規模:7,750,015平方フィート

場所:フフホト市、中国

 

China Mobileデータセンターは、フフホトの内部モンゴル情報公園にあります。 720,000平方メートルの建物に40,000ラックを超えるサービス容量を備え、世界最大のクラウドコンピューティングデータセンターの1つです。

 

施設全体は106ヘクタールに建設され、初期投資額は19億2,000万ドルです。クラウドコンピューティングや5Gなどの新技術のエンタープライズサービス、集中ネットワーク管理、研究開発を提供する一元化された運用サポートシステムとして機能しています。

 

China Telecom Data Center

 

 

規模:10,763,910平方フィート

場所:フフホト市、中国

 

China Telecomは世界最大のインターネットデータセンターを有しており、中国のデータセンター市場で50%以上の市場シェアを確保しています。中国本土の主要地域と海外市場に400を超えるデータセンターの広範なグローバルネットワークを持ちます。

 

内モンゴル情報公園の主要部門は100ヘクタールに建てられており、初期投資額は25億ドルです。この場所が選ばれた主な理由は次の2つです:

 

・内モンゴル自治区は北京-天津経済圏放射帯に位置しているため、データ伝送や情報サービスに地理的に便利です。

・平均気温は42.8°F(6°C)で、年間最大8か月間空気冷却できます。

 

China Telecomのデータセンターは、主に電気通信、クラウドコンピューティング、および金融会社に使用されています。そのクラウドコンピューティングサービスは、いくつかの大手テクノロジー企業(Alibaba、Baidu、Tencentなど)だけでなく、大企業や大手機関にも利用されています。

 

同社は、エネルギー消費を最小限に抑えるために“グリーン“データセンターポリシーを確立しています。また、家庭の水消費量を削減するために雨水収集にも重点を置いています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ