マーケティング

マーケティング

動画を使ったマーケティング戦略?どんな企業にも有効なコンテンツ利用、保存の仕方

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Making the most of your video content strategy
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

168 views

読了時間 : 約4分1秒

動画がオンデマンドでノンリニア、ソーシャル、没入型の体験に移行するにつれ、マーケティング担当者は付加価値の高いコンテンツを作成して顧客の生活を豊かにし、注目を集めるために顧客に語りかけるメッセージを配信する必要があります。

 

動画はあらゆるブランドやビジネスのマーケティングツールであり、このコンセプトは目新しいものではありません。しかし、動画コンテンツは、没入的で魅力的な体験のためにあらゆるチャンネルに拡大することを可能にし、ブランドや企業がユーザーと対話する方法を変えるため、マーケターにとって急速に焦点になりつつあります。

 

最近のHubSpotの調査によると、消費者の50%以上が自分の支持するブランドや企業の動画を見たいと報告しており、Eメールやソーシャルイメージ、ブログ投稿など他の伝統的なマーケティング手法よりも好まれていることがわかっています。

 

その理由は簡単です。動画を見るのは、記事や高解像度のPDFを読むよりも簡単です。最近のビデオマーケティングレポートによると、ビデオを一分間見ることは180万語を読むことに相当します。

 

同じレポートの中で、消費者の90%が、動画は商品購入の決定に役立つと述べ、64%が商品が何であるか、どのように機能するかについての動画を見た後にオンラインで商品を購入すると述べました。つまり、1分間の動画だけで、企業の売上とエンゲージメントを高めることができます。

 

動画のトレンドが鈍化する兆しを見せていないので、あらゆる規模と種類の企業は、ブランドへの忠誠心とROIを高めるために、マーケティングミックスのあらゆる側面に動画を導入することが求められます。

 

魅力的で成功する動画コンテンツの作成

統計が明らかに示しているように、動画は魅力的で、意図された視聴者にアピールできます。しかし、他のマーケティングツールと同じように、動画コンテンツにも良いものと悪いものがあります。

 

他のメディアと比較すると、動画の作成には時間がかかります。動画マーケティング(オンラインチュートリアル、投稿、eBookのアニメーションなど。)に時間とリソースを投資する前に、マーケターは企業の顧客(それが従業員であろうと、B2BであろうとB2Cであろうと)が何を見て関わりたいのかを判断する必要があります。

 

これらの動向と需要に応えることが重要です。オープニング・ラインが配信される前にビデオを開いたり閉じたりすることは関係者全員にとって無駄であり、視聴者とつながっていないことで、企業はビデオ広告やコンテンツがもたらす可能性を見逃しています。

 

視聴者が何を求めているかを理解することは、困難に思えるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。ビデオはさまざまな方法でカットしたり、再利用したりできます。

 

例えば、ブランドはすでに大ヒットしているコンテンツをリサイクルし、必要に応じて、5秒のスポーツクリップをニュース放送用に転用したり、製品コマーシャルの長さを時間帯に合わせて変更したりするなど、人気のスタイルやメッセージを使用し続けることができます。この一貫した、よく計画されたメッセージを使用することで、作成される動画の成功が保証されます。

 

あらゆる種類のの動画

一部のブランドや企業は、さまざまな理由から動画コンテンツのマーケティングは適していないと考えていますが、通常はそうではありません。ビデオマーケティングは、大小を問わずあらゆる企業にとって有用であり、あらゆるメッセージ、ブランド、予算に合わせることができます。

 

小規模な企業では、動画が予算の範囲外にあることや、コンテンツを継続的に作成する必要があること、または実現できない可能性のある「特別な」プロジェクトのために動画を保存することを恐れて、マーケティングに動画を使用することをためらうことがよくあります。

 

幸いなことに、技術の進歩と能力のおかげで、高品質の映像をスマートフォンのような小さな機器で撮影することができる。ビデオコンテンツをアウトソーシングする代わりに、社内で作成し、予算を最小限に抑え、従業員の創造性を活用できます。

 

これは、小規模企業がコンテンツを保存するプラットフォームにも及びます。追加されたソフトウェアが企業の技術チームで機能する場合、社内のITチームは、移動中の障害や技術的な問題の解決を支援できます。

 

昔からの手法や習慣のために、大企業はビデオコンテンツのマーケティングは1つか2つの部門でしか実現できないと考えることが多いです。動画のマーケティングは、すべての部門に適用でき、再利用可能なコンテンツを使用できます。

 

社内のディスカッションによって、チームは何を示すべきかを判断したり、社内の人材や成功事例を紹介したり、顧客とのコミュニケーションを図ったりできます。大企業には予算も多く、必要に応じて大規模なビデオキャンペーンをアウトソーシングすることもできます。

 

ビジネスの規模にかかわらず、ビデオコンテンツマーケティングは、視聴者をさらに引き付けるために使用することができ、大小の企業により大きなROIをもたらします。

 

コンテンツ力の維持

ブランドやマーケティング担当者が動画に力とリソースを注ぎ込んでうまくエンゲージできるようになったら、チームはコンテンツのコントロールを維持する最善の方法を考えるべきです。

 

内部的には、誰がコンテンツにアクセスできるかを管理するために、コンテンツの保存場所に注意を払う必要があります。適切なストレージ・メカニズムとプロセスを導入することで、この問題を容易に解決できます。

 

外部からのコントロールを維持することは、より困難な場合があります。YouTubeなどの大規模なストリーミングプラットフォームは、一般的に使用されており、アクセス可能であるように見えますが、元の所有者やプロデューサーよりも、コンテンツに何が起こるかを制御できます。

 

これらの大規模なプラットフォームでは、他のユーザーのビデオの前に広告が配置されるますが、広告が適切でないこともあります。これはリスクを伴い、消費者のブランドロイヤルティを阻害する可能性があります。

 

これらの大規模なプラットフォームには最小限のガイダンスしかなく、マーケティング担当者は動画をうまく紹介してエンゲージメントをモニターする方法を見つけることができません。

 

内部統制や外部統制の問題に取り組むのに適した、より小規模なプラットフォームが利用可能であり、ブランドや企業はそれらを使用してビデオコンテンツを収容、管理、配信する必要があります。

 

そうすることで、コンテンツのパワーを維持し、誰が見ているか、どこに住んでいるか、どこに行くか、どこで成功するかを監視できます。

 

ビデオコンテンツマーケティングが成長を続けるにつれ、B2B企業もB2C企業も、作成したコンテンツと、その保存、管理、配信の方法に精通する必要があります。中央プラットフォームにビデオを格納することで、アクセスしやすくなり、再利用が可能になります。コンテンツを再利用することでROI (投資収益率) が向上し、公開されたビデオコンテンツが受けるインプレッションが増えるほど、ブランドへの忠誠心が高まります。

【コンビニでも使える!メルペイ初回利用1000円分招待コード】

当サイト限定招待コード:CMUTDF

 
・利用可能店舗:メルカリ、コンビニ、ドラッグストア等
・金額:1000円分
※さらにメルペイスマート払で2000円分ポイント!
 友達招待でお互いに1000円分ポイント!2人以上招待でUSJ貸し切りイベントに抽選招待も!

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

無料

 

ピックアップ! さらに今このキャンペーン中です↓

期間中の金・土限定でd払い利用で最大20%のdポイント還元中!
■エントリー期間:2020/2/29(土)23:59 まで
■キャンペーン期間:2020/2/24/(月)23:59 まで

 

 

Seleqtをご覧頂いた方だけに「朗報」
\当サイト限定特別クーポン/

【Uber taxi初回利用2000円オフクーポン】
JP20gd6nv7

 

以下のリンクから『プロモーション コードを追加する』で「JP20gd6nv7」を入れてください。初回利用が2000円オフになります!
※プロモコードは日本国内でのみ利用可能

 

2000円オフで登録» »当サイト限定の初回利用2000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

 

アプリDLはこちらから↓

Uber

Uber

 

 

 

Seleqtをご覧頂いた方だけに「朗報」
\当サイト限定特別クーポン/

【UberEats初回1000円オフクーポン】
ins6je2v

 

対象店舗:マック、ガスト、スタバ、ピザハット、松屋 等
※1000円分無料で頼めます。〇〇円以上とかもナシ!完全無料でお試しOK
割引額:1000円引き

 

1000円オフで登録» »当サイト限定の初回利用1000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

 

アプリDLはこちらから↓

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

無料

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ