マーケティング

マーケティング

ユーザーの心理的属性が分かるサイコグラフィックスをマーケティングに活かすポイント

UX Planet

UX Planet is a one-stop resource for everything related to user experience.

本記事は、Psychographics: A qualitative measure for user’s psychological Attributes
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

97 views

読了時間 : 約5分7秒

サイコグラフィックス導入

 

研究は、構造化する工程の最初の重要期間であり、その中でも最重要分野は、例えば、社会または精神的情報、熱中するものなどといったユーザーエクスペリエンスに基づいたクライアント情報です。 心理学では、精神性、収入、その他の精神的基準により個人のグループ分けについての知識が知られています。

 

ユーザーエクスペリエンスとユーザビリティでのサイコグラフィックスの役割

 

サイコグラフィックスとは、クライアントに関する調査や生活の傾向に基き、市場を区分する主観的で優れた手法です。広範囲の顧客基盤を効果的に区分するのに役立ちます。 企業はこれらを利用し、構造化を行いながらシステムを作り上げていきます。

 

この区分は、心理的要因の関心、活動、また意見(IAO)に基づいています。クリエイターは、この3つの要因を主に調べ、クライアントの心の中を理解しようとします。

 

例えば、ライフスタイル、行動、習慣、態度、認知バイアスなど、大量の要因が存在します。これらはどれも収集しやすく、クライアントをよりよく理解し、長期的に役立つものです。単に潜在的な顧客の区別だけでなく、人間の心理的能力を理解するアイデンティティプロファイルを構築できるのです。

 

興味

 

興味は、心理学的な研究で確立された位置にある用語です。 関心事には、クライアントの心の中にあるデータと、そのデータとの有益な出会いが詰まっています。関心は社会、金融状態、現在の経済、子供の頃、そして自己の性格を網羅することによって形成されるものです。 興味を探るための最も理想的なアプローチは、おそらく既にある例を1つまたは2つを与えてみることでしょう。

 

  • お金持ちになりたい人は、自分が知っている他のお金持ちについて考えます。 自分たちのライフスタイルそして他のお金もちの富について考え、比較し、そして富を得る方法についての情報を得ようとします。

 

 

人が何か(何でも)を考えるとき、以下の項目を併合させます。

  • その「何か」が彼らの生活にとってどれほど重要か
  • その人が抱く大切な信念

 

個人の気持ちがベンチマークを形作ります。ベンチマークとは、特定の「何か」を知るために便利さから利用するものです。 これらすべてのことを考えると、感情とは個人の考えの知的理解に基づいているのかもしれません…あるいは個人が心の中に持っている仮定に基づいているのかもしれません。 いずれにせよ、それが完全に成長すると、個人の感情を変えることはできません。

 

アクティビティ

 

アクティビティという項目について話すとき、様々なことが議論されます:

  • 個人が評価する運動(その参加にお金をあっという間に使ってしまうもの)
  • その運動へ「飛び込む」深さや勢い
  • その運動のために買うという行動のやりかた

 

明らかに、野球が大好き人は、グローブ、バット、ボールなどを購入する必要があるでしょう。 さらには、スパイク、すねプロテクター、そしてヘッドプロテクターをも買うかもしれません。 同様に打撃や投球練習に資金を投入したり、近くのチームに入るためにお金を使ったりもするかもしれません。

 

同じような購買意欲を持つ2人でも、どの商品を買うかは、選ぶ方法によっても変わるでしょう。購入するハードウェアの種類(およびその性質)について独自の調査を行うこともできますが、ほかの人またはプロに助言を求めることもあります。

 

人口統計とサイコグラフィックの違い

 

画像をみる

 

人口統計は、人口を統計的に表し、市場をセグメント化して、感情面を切り出します。 人口統計はユーザーが誰であるかを示しますが、サイコグラフィックは、ユーザーの製品を使っている理由、つまりユーザーストーリーやペルソナを作るときに必要な情報を得るのに役立ちます。

 

画像をみる

 

 

同様に、電子商取引アプリケーションの潜在的なユーザーのペルソナを見ると、人口統計が全体像の25%しか占めていないことや、主にサイコグラフィックである他の要因が、デザインとビジネスの両方の選択に影響する主な決定的要因だということが分かります。

 

e-コマースアプリのユーザーペルソナ

 

基本的な人口統計を取り入れることに加え、サイコグラフィックは、ビジネスに影響を与える特定の特性に基づいてユーザーを評価し、グループ化します。

 

興味深いことですが、全ての情報は一体どこから来るのでしょうか?

 

サイコグラフィックスのデータ収集方法

どうやってクライアントからデータを集めるのでしょうか?

 

クライアントの活動や興味に関する広範で徹底的なデータ収集は、心理的データを収集するための最も理想的なアプローチです。 フォーカスグループ、調査、ウェブサイト分析、閲覧データ、ソーシャルメディアなどは、探している情報をまとめるのに役立ちます。 その目的は、クライアントの間違いのない情報をしっかりと定量化可能なほど収集し、クライアントにとって意味のあるアイテムを作ることです。 先に述べたいくつかの情報蓄積戦略について少し簡単に説明します。

 

フォーカスグループ

画像をみる

 

フォーカスグループは、ソーシャルイベントのサイコグラフィック情報の収集のための素晴らしいテクニックです。テストの人材を素早く集め、決定を素早く行うのに役立ちます。 集まりの欠点は、実際に集まって情報を集めるということで、時間が非常にかかってしまう可能性があります。

 

それは最初の質問をする前の準備段階にも言えることです。その上、あなたが収集するデータが注目に値する、さらには信頼できるものになるという保証はないのです。

 

顧客調査とアンケート

画像をみる

 

この方法論は、調査やアンケートの作成がやや安価であること、メンバーに電子ツールで配布することができるなど、多数の利点があります。 ただし、レビューやアンケートにも欠点があります。参加者の回答の少なかったり、情報自体の質の欠如や信憑性の問題 – 適当に調査に答えていたり –  ある問い合わせには、正直に答えなかったりとった感じです。

 

ウェブ解析

 

サイコグラフィックス情報を収集するのに、熟練した方法は、ポイントごとに調べて情報収集するやり方でしょう。たとえば、ウェブベースの例えばFacebookやTwitterなどでは、運営がクライアントについて豊富で優れたデータを保有しており、サイコグラフィックス情報を収集可能がより明確に認められています。 例えば政治的信念などの区分で集められたフォーカスグループでは、正直に答えない人もいるという情報がある一方、こちらでは非常に重要なサイコグラフィックス情報を集められます。

 

わかりやすく説明すると、私たちはクライアントの目的や必要としているものを理解した上で、クライアントに影響を与えているのです。

 

サイコグラフィックスデータがデザインにどのように役立つか

 

クライアントのペルソナは、統計とサイコグラフィックスの情報が混ざったものです。 統計として一般的な年齢、収入、そして所在地なども含まれていますが、クライアントの詳細データに集中すると、それほど聞かなくなります。またサイコグラフィックスとしては、どうしてあなたに自分の情報を提供する決定をしたのかといった質問をして、答えを知らせてきます。

 

これらの情報により、ランディングページを設定する必要性が少なくなります。 特定の個人に対してメッセージやページを作成しているときは、通常の手順で必要とされる推量作業が少なくて済みます。

 

サイコグラフィックスは、情報収集や創意工夫の際に役立つだけではありません。 同様にキーワードフォーカスに役立ちます。 適切なメッセージを組み立てることができるだけでなく、サイコグラフィックスで、特定個人にぴったりと合った理想的なメッセージすることができるでしょう。

 

サイコグラフィックスデータは、次のような時に役立ちます。

 

  • 洗練されたソーシャルオーディエンスのためにデザインをしている時
  • 感動的なデザインをしている時
  • A / Bテストをしている時
  • 新しいコンテンツトピックの決めている時
  • コンバージョン経路の改善をしている時
  • ブランド価値を強化しようとしている時
  • ターゲットを絞った関連性のあるユーザーの検索している時
  • 自分たちのペルソナを再訪問している時

 

結論

 

結論として、人口統計は良いものですが、サイコグラフィックスは人口統計をさらに良いものにします。 私たちのユーザーが誰であるのか、そしてなぜ彼らが私たちの製品を使っているのかが理解できるからです。 変更する価値は、皆が認めているものです。

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ