マーケティング

マーケティング

ソーシャルメディアマネージャーの次のステップは?キャリアパス8選をご紹介します!

Sprout Social

本記事は、What’s next? 8 career paths for social media managers
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

295 views

読了時間 : 約8分7秒

ソーシャルメディアマネージャーは、マーケティングスペシャリストからカスタマーケアプロバイダーまで、必要かつ戦略的な役割を果たしています。オーディエンスと交流し、コメントや苦情に対処し、ブランドの声に忠実であり続けることには、決して終わりがありません。しかし、デジタル時代において、努力しなければならない重要なことです。

 

 

しかし、次のステップに進む準備ができていたとしたら、どうでしょう?

 

 

幸運なことに、ソーシャルメディアに関する仕事をすることによって、幅広い、譲渡可能なスキルを身に着けることができます。研究、分析、クリエイティビティ、コミュニケーションなどの全てが、ソーシャルメディアマネージャーが次の大きなキャリアを築くための、強力な基礎力となるのです。

 

 

ソーシャルメディアマネージャーの次は、何でしょう?また、次の役職にステップするために、必要なスキルは何でしょう?以下で、考えられる8つのキャリアと、それを得る方法をご紹介します。

 

 

1.コミュニティマネージメント

 

 

コミュニティマネージメントによって、社会での繋がりに惹かれた人のための、ブランドネットワーキングの範囲が広がります。またこれは、ソーシャルメディアマネージャーにとって、素晴らしい次のステップとなるでしょう。コミュニティマネージャーとして、フォーラムのような追加チャンネルやニュースレター、イベントによって、ブランドとオーディエンスとの関係を促進することに焦点を当てることになります。

 

 

コミュニティとは、顧客に限られたものではありません。開発者、テクニカルサポート、ブランド支持者などの全てが、組織内の接続を構築するために活用可能です。ブランドが新たな高みに向かう時に、これらのコミュニティで、共に仕事、学び、成長をすることができます。

 

 

この役割を検討する場合

 

 

・長期的にビジネスに貢献するコミュニティの育成や、成長させたい場合。

 

 

・オンラインで人々との交流を楽しんでいたり、何よりも顧客の信頼を優先している場合。

 

 

・内面的にも、外面的にも協力なコミュニケーションスキルを持っている場合。

 

 

 

 

コミュニティマネージメントに興味を持っていたり、上のような質問へ返答するための良いリソースを探しているのであれば、FacebookCMX Hubグループをチェックして、他の志を同じくするソーシャルプロと交流してください。

 

 

2.マーケティングジェネラリスト

 

 

社会から分岐したいけれど、まだ、どの分野が適しているのかが分からないですか?マーケティングジェネラリストの役割は、ソーシャルメディアマネージャーが新しい何かに移行するにあたって、完璧だと思います。

 

 

 

 

中小企業は常に、電子メールマーケティングから執筆、社会戦略まで、さまざまなマーケティングニーズを満たすことができるすべての取引のジャック(またはジル!)を探しています。マーケティングリーダーの78%は、専門家と チームのジェネラリストです。このような役割には、マーケティングスペシャリスト、デジタルマーケティングコーディネーター、マーケティングアソシエイトなどがあります。

 

 

マーケティングジェネラリストは、あらゆる手を試します。彼らは、製品やブランド、コンテンツマーケティング等の、複数の分野を深く理解します。しかし、プロジェクトを管理する機会もあります。また、マーケティングジェネラリストが、多機能に渡る、新しい多くのことを学ぶにあたり、特定の分野における強固な基礎が必要となります。この役割を果たすために、ライティングやリサーチ、データ分析、プロジェクトマネージメント等の、強固な基礎を築きましょう。

 

 

この役割を検討する場合

 

 

・マーケティングの分野の基で、様々な分野を探索したい場合。

 

 

・ひとつの分野の専門家ではないが、将来的に、より多くのキャリアオプションを開いていきたい場合。

 

 

・組織を管理する立場を検討している場合。

 

 

3.コンテンツマーケティング

 

 

コンテンツ作成に喜びを感じているメディアマネージャーにとっては、次のステップとして、コンテンツマーケティングが良いでしょう。多くの場合、ソーシャルコンテンツの作成に関連する文字数の制限とは異なり、コンテンツマーケティングは、すべてのマーケティング担当者の創造的な性向の出口を提供します。また、社会のように、コンテンツマーケティング分野は成長しています。Conductorの調査によると、2018年から2019年にかけて、コンテンツマーケティングの仕事が112%に増加しているようです。

 

 

 

 

多くのコンテンツマーケティングプロフェッショナルが、ブログ投稿、ウェブサイトコピー、Eメール、ニュースレター執筆と共に、キャリアをスタートさせます。明確に必要とされているライティングスキルを超えることと、、検索エンジン最適化(SEO)の実用的な知識、WordPressなどの公開プラットフォームに精通していることが役立ちます。

 

 

また、コンテンツマーケティングの分野では、次の2つの方法を選択する必要があります。コンテンツを、厳密にプロデュースしたいですか?または、ゴールに沿って、戦略を開発したいですか?どちらにしても、成功しているコンテンツマーケッターは、素晴らしい仕事を作るだけでなく、将来のコンテンツの管理、分析、反復を行うことも期待されています。

 

 

この役割を検討する場合

 

 

・ストーリーテリングに情熱を注いでおり、ソーシャルスペース以外のコンテンツの作成を検討したいと考えている場合。

 

 

・クリエイティビティと分析のを結合する機会を探している場合。

 

 

・長時間のライティング能力を補完する、強力なリサーチスキルがある場合。

 

 

4.クリエイティブデザイン

 

 

優れたビジュアルコンテンツに目を向けるソーシャルメディアマネージャーにとって、クリエイティブ部門でのキャリアは、ソーシャルのノウハウと、芸術への情熱を兼ね備えたものになります。もしも、審美的に美しいコンテンツを最も好んでいる場合、または、画像がブランドのものかどうかを一目で確認できる場合には、アートディレクションやグラフィックデザインのキャリアが良いでしょう。

 

 

 

 

この役割は、ただ写真やグラフィックを作成するだけではありません。デザイナー、またはディレクターとして、ブランドのビジュアル言語やトーン、クリエイティブな要素を分配します。グラフィックやその他のアセットの作成に加え、デザイナーには、すべてのクリエイティブなアウトプットがブランドの主要なメッセージと一致するようにする責任があり、多くの場合、マルチメディアプロジェクトでビデオおよびモーショングラフィックチームと協力します。

 

 

 

 

デザイナーには、強固なクリエイティブスキルが必要です。しかし、並外れた対人能力などのビジネススキルや、テーブルへの戦略的思考なども必要になってきます。もし、最新のクリエイティブトレンドについて深く理解しているのであれば、厳しい問題を解決することができます。また、視覚分野に全体的な関心を持っている場合、あなたの未来には、デザインのキャリアがあるかもしれません。

 

 

この役割を検討する場合

 

 

・素晴らしいコミュニケーションスキルを持ち、マーケティング中の多くのチームと、上手に仕事ができる場合。

 

 

・ビジネス目標を達成するために、クリエイティビティとソーシャルマーケティングを結合する情熱がある場合。

 

 

5.ソーシャルメディアコンサルティング

 

 

少しソーシャルメディアマーケティングの専門家になったと感じたら、ソーシャルメディアコンサルタントの役割を検討してみましょう。この役割は、様々なクライアントとの関係を管理したり、どのように戦略を構築して配備するかを、様々なブランドにアドバイスします。コンサルタントとして、クライアントがオンラインで存在感を高めることや、意識を高めるなどの目標に直接影響を与えること、ウェブサイトトラフィック増加等の手助けをします。

 

 

多くの場合、ソーシャルメディアコンサルタントは、フリーランスか自営業です。コンサルタントを雇う企業は、客観的でありながら、情報に基づいた目線、自分のマーケティング戦略について生産的な何かを言っている人を探しています。コンサルタントは、見事に問題を識別し、解決に導きます。もしこの役割を検討するのであれば、あなたのスキルの需要や、利用可能なビジネス所有権リソースを調査するタイミングかもしれません。または、チームと仕事をするのを好むのであれば、さまざまなクライアントと連携する代理店で、戦略家の役割を探しましょう。

 

 

この役割を検討する場合

 

 

・誰かが厳しい問題を解決するのを助けたり、思いやりのある解決策を提供することを楽しめる場合。

 

 

・さまざまな業界やビジネスニーズに柔軟に対応し、他の人が長期的な社会的目標を達成できるよう、サポートすることができる場合。

 

 

・ソーシャルメディアエキスパートであり、追加の研究と共に、自分の知識を追加する方法を知っている場合。

 

 

6.データ分析か、マーケット調査

 

 

適切なオーディエンスの識別と理解は、多くの成功しているソーシャル戦略にとって、必要な要素です。ソーシャルメディアマネージャーは、顧客との交流経験や、コミュニティメンバーや他のグループを持ち、市場調査でのキャリア成長に向けた、確固たる基盤を築きます。デザインと調査を実施する方法を学びましょう。同様に結果を分析するだけでなく、ソーシャルメディアのキャリアを、よりデータ中心の何かに簡単に変えることができます。

 

ソーシャルメディアアナリストは、すでに情報を活用して傾向を特定し、予測を行い、視聴者とのつながりを深めています。ソーシャルメディアのリスニングとキャンペーン結果の分析から学んだスキルにより、分析者の役割へ移行が可能となります。成功したアナリストは、定性的および定量的データの両方を強力に把握しています。また、洞察を主要な利害関係者に、簡単かつ、消化可能な方法で伝えることができます。

 

 

 

 

この役割を検討する場合

 

 

・データによって生き、呼吸をし、数値によって裏付けた決定をしている場合。

 

 

・ソーシャルメディア環境内傾向を見つけ、測定できる場合。

 

 

・基本的な追跡を超え、データの分析を楽しみ、より教育されたビジネス上の意思決定を行うことができる場合。

 

 

7.ブランド戦略

 

 

ソーシャルメディアマネージャーとして、既にブランド戦略をよく知っていることと思います。それが、ブランドの声とトーンを定義するものです。 ブランドについて話すときに使用するメッセージを通知し、ブランドの全体的な評判を高めます。また、誰かが既にブランドソーシャルメディア管理を信頼しているため、ソーシャルメディアからブランド戦略に飛躍することは、論理的な次のステップです。

 

 

 

 

戦略家は、オーディエンスデータ、マーケティングトレンドを結合し、ブランドのための長期マーケティング戦略を作ります。彼らは、配置の推奨事項の開発を助け、ブランドの要素とスタイルガイドラインを定義し、プラットフォーム、および資産全体で一貫したメッセージングを保証します。

 

優れたコミュニケーションスキルに加え、最も良いブランド戦略によって、競争力のある調査を実施することができます。それにより、市場動向に関する最新情報を持ち、強力な批判的思考スキルを持ちます。ブランド戦略家は、ソーシャル戦略のみに焦点を当てることから一歩後退し、ソーシャルメディアが全体像にどのように適合するかを検討します。

 

 

この役割を検討する場合

 

 

・全体像と、さまざまなマーケティングイニシアチブがどのように全体的なブランド目標に到達するかについて、考えることを楽しんでいる場合。

 

 

・全体的な戦略開発に役立つ、重要な洞察を明らかにするコツを備えた、問題解決者である場合。

 

 

8.ソーシャルチームをリードする

 

 

しばらくソーシャルで仕事をしているのであれば、ソーシャルメディアチームを作るのに必要なアイデアを、既に構築した可能性があります。さらに良いのは、チームの結束と動機付けに寄与しないものについて、いくつかの教訓を学んだことでしょう。

 

 

リーダーシップの役割を果たすことは、ソーシャルメディア管理の実践的な制御を放棄することを意味します。焦点は、ソーシャルコンテンツの出版から、出版をするチームの管理に移行するでしょう。リーダー、またはマネージャーとして、直属の部下への指示、サポート、フィードバックを提供し、またチームと協力して、彼らの専門的な成長を発展させます。

 

 

 

 

リーダーシップの役割に切り替えるには、目標を設定し、才能を認識し、目標が変化してもチームをやる気にさせることができるなどの、複数のハードスキルとソフトスキルが必要です。指導的地位を追求することにまだ壁がある場合は、メンターシッププログラムに参加し、チーム構築スキルを磨くことを検討してください。

 

 

この役割を検討する場合

 

 

・ソーシャルメディアの状況にまだ密接に関与している、より人手を使わない役割に移行したいと考えている場合。

 

 

・周りの人々の成長を育むことに情熱を傾けている場合。

 

 

・他の人に建設的なフィードバックを提供することを楽しみ、仲間をやる気にさせるコツを知っている場合。

 

 

多くのソーシャルメディアマネージャーは、キャリアのある時点で行き詰まりを感じていると思いますが、そこで留まっていてはいけないことは確かです。どちらかといえば、社会で働くことは、選択できる多くのキャリアパスを持つという便利な問題を提供します。たくさんのオプションがありますが、どれを選びますか?

おすすめ新着記事

おすすめタグ