マーケティング

マーケティング

知っておきたい! ソーシャルメディア動画の仕様を常に最新の状態に保つためのヒント

Sprout Social

本記事は、Always Up-to-Date Guide to Social Media Video Specs
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

64 views

読了時間 : 約17分33秒

マーケティング担当者とって常に課題となっているのは、視聴者との関連性を保ち、惹きつけておくことです。そして、ブランドがこれまで以上に動画コンテンツに依存するようになった今、正しいソーシャルメディア動画の仕様と広告動画のサイズを使用することが非常に重要です。

 

しかし、すべての正しいソーシャル動画のサイズを一覧できるようなものは見つかりませんでした。そこで、我々は、すべてのソーシャルメディア動画の仕様と広告動画のサイズの完全なガイドを作成することにしました。

ソーシャルメディア動画の仕様とネットワークごとの広告のサイズ

以下の各ソーシャルネットワークの具体的な動画のサイズや仕様など、多くの情報を集めてみました。

・Facebook
・Instagram
・Twitter
・Snapchat
・YouTube
・LinkedIn
・Pinterest

Facebookの動画の仕様

Facebookの動画の視聴率は年々高くなっており、多くのマーケティング担当者が正しいFacebookの動画の仕様を検索するのも不思議ではありません。WordStream社によると、約45%のユーザーが1週間に少なくとも1時間以上のFacebook動画やYouTube動画を視聴しているそうです。

 

マーケティング担当者にとっての課題は、Facebookで共有できる動画の種類が単純に非常に多いことです。動画形式ごとにサイズと仕様が異なるため、正しい形式をアップロードしているかどうかを理解するのが難しい場合があります。Facebookの動画の仕様に従うことで、技術的な問題を回避しましょう。

共有投稿動画(横長と縦長)

Facebook上の動画の中で最も一般的なタイプは、共有された投稿からのものです。このタイプの動画は、Facebookフィードに存在し、ブランドや友達と共有することができます。Facebook上のオーガニックリーチを得ることは容易ではありませんが、それでも動画を共有するための実行可能な方法です。横長と縦長の2つの動画の向きから選択することができます。では、両方の動画の仕様を見てみましょう。

動画のガイドライン

・推奨される動画の寸法は、横長と縦長で1280×720。
・最小幅は、横長と縦長で600ピクセル(長さはアスペクト比によって異なる)。
・横長のアスペクト比は16:9。
・縦長のアスペクト比は9:16(動画にリンクが含まれている場合、アスペクト比は16:9)。
・モバイルは、両方の動画タイプをアスペクト比2:3にレンダリングする。
・最大ファイルサイズは4GB(Sproutでは最大1.75GB)。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大120分(Sproutでアップロードする場合は45分)。
・動画の最大フレーム数は30fps。

文字数制限

・最大文字数:2,200文字。
・推奨文字数:90文字(リンクを使用する場合)。
・見出しの最大文字数:25文字。
・リンクの説明文の最大文字数:30文字。

360度動画

Facebookの360度動画は、ウェブ上のカーソルでのスクロールやタッチでのスクロール、あるいはモバイル端末を回すことで、360度の完全なビューを得ることができます。この形式はフィードに有機的に表示されますが、Facebookのフィードではしばしば「優先」されます。

動画のガイドライン

・最大寸法は4096×2048。
・最小幅は600ピクセル(長さはアスペクト比によって異なる)。
・360度のアスペクト比は2:1。
・最大ファイルサイズは1.75GB。
・推奨される動画形式はMP4。
・動画の長さは40分未満。
・動画の最大フレーム数は60fps。

文字数制限

・最大文字数:2,200文字。
・推奨文字数:90文字(リンクを使用する場合)。
・見出しの最大文字数:25文字
・リンクの説明文の最大文字数:30文字。

Facebookの動画広告の仕様

Facebookには500万を超える広告主がいるため、広告ごとに適切な仕様を設定するのは難しいのが現状です。Facebookの動画広告のタイプはそれぞれ異なりますが、作成可能な動画の各タイプの仕様を引き続き分析してみましょう。

デスクトップのニュースフィードのリンク動画(横長、正方形、右側コラム)

Facebookの共有動画と同じように、Facebookデスクトップのニュースフィードのリンク動画はユーザーフィードに存在し、横長でも正方形でもかまいません。Facebookは縦長の動画広告は提供していませんが、代わりに正方形の形式を使用しています。

 

また、このタイプの動画を作成して、Facebookの右側コラムに表示することができます。右側コラムの動画はかなり小さくなりますが、寸法はデスクトップのニュースフィードリンク動画と同じにする必要があります。

動画のガイドライン

・推奨される動画の寸法は、横長と正方形で1280×720。
・最小寸法は600×315(横長1.9:1)または600×600(正方形)。
・横長のアスペクト比は16:9。
・正方形のアスペクト比は1:1。
・最大動画ファイルサイズは4GB。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大120分。
・動画の最大フレーム数は30fps。

文字数制限

・最大文字数:2,200文字。
・推奨文字数:90文字。
・見出しの最大文字数:25文字。
・リンクの説明文の最大文字数:30文字。

カルーセル動画広告

Facebookのカルーセル動画広告では、ブランドはユーザーのFacebookフィード内に複数の動画(または画像)とリンクを表示することができます。独自のスクロール機能により、ユーザーがリンクをクリックする前に、より多くのコンテンツを表示できるため、人気が高まっています。実際、Digidayは、カルーセル広告は標準的なソーシャルメディア広告の10倍以上の効果があると推定しています。

動画のガイドライン

・推奨される動画の寸法は、横長と正方形で1080×1080。
・最小寸法は600×315(横長1.9:1)または600×600(正方形)。
・正方形のアスペクト比は1:1。
・最大動画ファイルサイズは2.3GB。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大30秒(連続ループは最大90秒)。
・動画の最大フレーム数は30fps。

文字数制限

・最大文字数:2,200文字。
・推奨文字数:90文字。
・見出しの最大文字数:40文字。
・リンクの説明文の最大文字数:20文字。

コレクション広告の動画(モバイル)

Facebookのコレクション広告では、複数の画像を表示し、その上にメインの動画を表示します。複数の商品(または1つの商品の様々な色)を表示するのに最適で、動画も同様に表示されます。この広告タイプは、今のところ小売店や衣料品会社に人気がありますが、まだ初期段階です。

動画のガイドライン

・推奨される動画の寸法は、横長と正方形で1200×628。
・最小寸法は600×315(横長1.9:1)または600×600(正方形)。
・横長のアスペクト比は16:9。
・正方形のアスペクト比は1:1。
・最大動画ファイルサイズは4GB。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大120分。
・動画の最大フレーム数は30fps。

文字数制限

・最大文字数:2,200文字。
・推奨文字数:90文字。
・見出しの最大文字数:25文字
・リンクの説明文の最大文字数:30文字。

ニュースフィード内のキャンバス広告の動画(モバイル)

Facebookのキャンバス広告は、有料コンテンツを利用するための新しいインタラクティブな方法です。没入型のモバイルレイアウトは、ユーザーが横にスワイプしたり、下にスワイプしたりして、より多くのコンテンツに触れることができます。そのモバイル体験は、ブランドがより充実したストーリーを伝えるのに役立ちます。しかし、技術的には2種類の動画タイプがあるため、仕様には注意が必要です。

 

これは、ユーザーが最初にキャンバス広告と対話したときに利用できるモバイル動画のオプションです。このタイプの広告には文字数制限はありません。

動画のガイドライン

・推奨される動画の寸法は、横長と正方形で1200×628。
・最小寸法は600×315(横長1.9:1)または600×600(正方形)。
・横長のアスペクト比は16:9。
・正方形のアスペクト比は1:1。
・最大動画ファイルサイズは4GB。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大120分(推奨は2分未満)。
・動画の最大フレーム数は30fps。

キャンバス広告内の自動再生動画(モバイル)

ユーザーがキャンバス広告に没頭した後、ユーザーが到達すると自動再生の動画が始まるポイントがあります。ユーザーがコンテンツをスクロールすると、ほぼ同じ仕様の特定の広告内動画が自動再生されます。以下はその動画広告タイプの仕様です。

動画のガイドライン

・推奨される解像度は720p。
・最小寸法は600×315(横長1.9:1)または600×600(正方形)。
・横長のアスペクト比は16:9。
・正方形のアスペクト比は1:1。
・最大動画ファイルサイズは4GB。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大120分(推奨は2分未満)。
・動画の最大フレーム数は30fps。

スライドショー広告の動画

Facebookのスライドショー動画は、インターネット接続の遅い視聴者を獲得したい広告主のために構築されました。これは、通常の動画の代わりとなる広告表示の画像のスライドショーに過ぎません。3~10枚の写真から選択したり、動画を使用して写真のスライドショーに変換することができます。音楽は、WAV、MP3、M4A、FLACまたはOGGの形式でアップロードできます。さらに、広告主は正方形ではなく、縦長の設定を選択することができます。

動画のガイドライン

・推奨される動画の寸法は、横長と縦長で1200×720。
・横長のアスペクト比は16:9
・縦長のアスペクト比は9:16(動画にリンクが含まれている場合、アスペクト比は16:9)。
・最大動画ファイルサイズは4GB。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大120分(推奨は2分未満)。
・動画の最大フレーム数は30fps。

文字数制限

・最大文字数:2,200文字。
・推奨文字数:90文字。
・見出しの最大文字数:25文字。
・リンクの説明文の最大文字数:30文字。

Facebookストーリーズ(広告とオーガニック投稿)

Facebookにはストーリーズ機能も追加されて、24時間しか利用できない短い写真や動画の更新は削除されました。ユーザーが生成したオーガニック投稿に加えて、ユーザーのストーリーのセットの間に掲載されるストーリー広告も利用できます。ほとんどのユーザーは、動画の仕様をあまり気にすることなく、携帯電話のカメラからの即時のオーガニックアップデートを共有しますが、この形式のガイドラインは、有料およびオーガニック投稿でもほぼ同様です。

動画のガイドライン

・最小寸法 500 x 500。
・アスペクト比:1.91から9:16までで、9:16以下の動画の上下に色付きのグラデーションバーが表示される。テキストフィールドは、このアスペクト比よりも小さい動画の下にも配置される。
・最大動画ファイルサイズは4GB。
・最大動画の長さは15秒。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。

 

Facebookの動画仕様の詳細については、Facebookのヘルプセンターをご覧ください。

Instagramの動画の仕様

Instagramは2013年に動画機能を開始し、すぐに十分な成功を収めて2015年にはプラットフォーム上で広告を開始しました。それ以来、現在ではほぼ71%の企業がInstagramを利用してコアオーディエンスに効率的にリーチしています。

 

さらに、2017年第1四半期には、ブランドが作成したInstagramの動画を500万人以上が閲覧しました。言うまでもなく、Instagram動画は絶対に投資する価値があるのです。

インフィード動画(横長、正方形、縦型)

2015年以来、Instagramはその動画形式を工夫して、横長、正方形、縦型の3つの異なるスタイルを可能にしました。主にモバイルのソーシャルネットワークは、どんなサイズの動画でも有機的に共有して視聴者に届けるのに最適です。最近のアルゴリズムのリリースにより、オーガニックコンテンツのリーチが少し低くなる可能性がありますが、これらの基本的なフォーマットにはまだチャンスがたくさんあります。

動画のガイドライン

・横長の動画の最小解像度は600×315。
・正方形の動画の最小解像度は600 x 600。
・縦型の動画の最小解像度は600 x 750。
・横長のアスペクト比は16:9。
・正方形のアスペクト比は1:1。
・縦型の形式の最大ファイルサイズは4GB(※Sprout Direct Publishingの場合は最大100MB、Sprout Mobile App Flow Publishingの場合は最大512MB)。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大60秒。
・フレームレート範囲:23~60fps。
・Sprout経由で投稿する場合の推奨ビットレート:5Mbps

文字数制限

・キャプションの最大文字数:2,200文字。
・キャプションの推奨文字数:125文字。

Instagramの動画広告の仕様

Instagramの広告収入はここ1年で大幅に増加しています。実際、Instagramは、2017年だけで40億ドルのモバイル広告収入を得ると予測しています。Instagram広告の推進は現状であり、マーケティング担当者は魅力的な動画で優位に立つ準備をしなければなりません。

インフィード動画広告(横長、正方形、縦型)

インフィードのオーガニックInstagram動画オプションと似ていますが、このネットワークも同様の広告オプションを提供します。これらの動画広告は、ユーザーのフィードに溶け込むために、オーガニック投稿とほぼ同じように表示されます。実際、Instagramの動画の仕様は、オーガニックコンテンツと有料コンテンツでは同じです。

動画のガイドライン

・インフィード動画と同じ。

動画文字ガイドライン(モバイル)

・インフィード動画と同じ。

カルーセル動画広告

Facebookのカルーセル広告と似ていますが、Instagramにも同様の機能があります。カルーセル広告では、ユーザーは単一の画像や動画よりも、製品や機能の多くを見ることができます。Instagramでは、カルーセル動画広告に2〜10枚のカードを含めることができ、広告の下への行動を促すフレーズが全幅で表示されます。

動画のガイドライン

・最小解像度は600×600。
・最大解像度は1080×1080。
・アスペクト比は1:1。
・最大ファイルサイズは4GB。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大60秒。
・フレームレート範囲:23~60fps。

文字数制限

・キャプションの最大文字数:2,200文字。
・キャプションの推奨文字数:125文字。

Instagramストーリーズ(広告とオーガニック投稿)

Instagramのストーリーズがユーザーのストーリーフィード内に広告を表示するのには、それほど時間がかかりませんでした。ブランドは、他のInstagramユーザー間で動画コンテンツをシームレスに統合することができます。Snapchatと似ていますが, 特にユーザーはすぐにスワイプして離れることができるので、広告として劇的に目立つことを避けるために、これらの動画をよりシンプルで、その瞬間だけのものにするのが賢明です。

動画のガイドライン

・推奨される解像度は1080×1920。
・最小解像度は600×1067。
・アスペクト比は9:16。
・最大ファイルサイズは4GB。
・推奨される動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大15秒。

IGTV

IGTV、つまりInstagram TVの動画はストーリーズのようにフルスクリーンで表示されますが、違いは、TV投稿が一時的なものではなく、大規模なアカウントや検証済みのアカウントの場合は最長1時間の超長編のコンテンツに入ることができるということです。有料広告はまだ利用できませんが、製品、サービス、キャンペーンの詳細を掘り下げたオーガニックストーリーを作成することができます。

動画のガイドライン

・推奨される解像度は1080×1920。
・最小解像度は720。
・アスペクト比は9:16(推奨)、または16:9にも対応。インフィードのプレビューは4:5で表示される。
・モバイルからアップロードする場合、動画の長さは最短1分、最長15分。デスクトップからのアップロードでは1時間までの動画をアップロードすることができる。
・10分未満の動画の最大ファイルサイズは650MB。60分までの動画の場合は3.6GB。
・必要なファイル形式はMP4。

 

画像を含む更なる情報をお探しの方は、Instagramの広告サイズをすべて網羅した完全ガイドをチェックしてみてください!

 

Instagramの動画仕様の詳細については、Facebookヘルプセンターをご覧ください。

Twitterの動画仕様

Twitterは、さまざまなソーシャルメディアの動画を共有し、交流するための人気のあるスペースです。マーケティング担当者にとっては、魅力的な、クリックするのに値する動画コンテンツでユーザーの注目を集めることが重要です。スポーツやエンターテイメント業界では、動画コンテンツを共有するためにTwitterを利用することが多いため、Twitterの正しい動画の仕様を学ぶことは非常に重要です。

Twitterの横長と縦長の動画

Twitterでは、フォロワーと共有するためのインフィード動画コンテンツの形式として、横長と縦長の2つの形式が用意されています。これらの特定の形式は、YouTubeやVimeoのリンクを共有するのではなく、Twitterに直接動画をアップロードする場合にのみ利用できます。幸いなことに、Twitterではオーガニックコンテンツを共有することが簡単にできますが、動画のビットレートが変わると寸法も変わります。

動画のガイドライン

・横長の推奨される寸法:320 x 180(256Kビットレート)、640 x 360(768Kビットレート)、1280 x 720(2048Kビットレート)。
・縦長の推奨される寸法:240 x 240(256Kビットレート)、480 x 480(768Kビットレート)、640 x 640(1024Kビットレート)。
・両者の最小寸法は32×32。
・両者の最大寸法は1280 x 1024。
・アスペクト比は1:2.39~2.39:1。
・最大ファイルサイズは512MB。
・推奨される動画形式は、Web用のMP4とモバイル用のMOV。
・動画の長さは最大140秒。
・動画の最大フレーム数は40fps。

文字数制限

・最大文字数:280文字。

Twitterの動画広告の仕様

Twitter上で有料広告を介して動画の宣伝をお望みですか? 幸い、Twitterのオーガニック動画と全く同じ形式を使用することができます。オーガニック動画と有料動画の両方で同じ仕様にこだわることで、最大の見やすさを確保することができます。

Twitter の動画仕様の詳細については、Twitter ヘルプセンターをご覧ください。

Snapchatの動画の仕様

1日のアクティブユーザー数は推定1億7300万人、月間アクティブユーザー数は3億100万人を超えており、Snapchatは若い世代が動画コンテンツを共有するためのネットワークとして今も活躍しています。さまざまなAIレンズやフィルターを使う場合でも、Snapchatは動画共有の温床となっています。また、ブランドにとって、Snapchatの正しい動画のサイズを知ることは重要です。

10秒動画

この動画形式は、チャンネル全体で最も一般的であり、ユーザーがアプリを介してやり取りする主な方法です。しかし、ビジネスがそのストーリーに動画を投稿することができ、他の人はビジネスが何をしているかを見ることができます。次の仕様に従ってください。

動画のガイドライン

・推奨される寸法は1080×1920。
・アスペクト比は9:16。
・最大ファイルサイズは32MB。
・動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは3~10秒。

長尺動画広告

Snapchatでは現在、広告用の主な動画形式が1つあり、これは長尺動画として知られています。Snapchatのディスカバリーオプション内に動画を掲載するパートナーの機会があり、ほとんどの寸法は同じですが、広告の詳細についてはソーシャルネットワークに連絡を取る必要があります。ただし、Snapchat長尺動画広告は、ユーザーがユーザーのストーリーズを見る合間に表示されるものです。

動画のガイドライン

・推奨される寸法は1080×1920。
・アスペクト比は9:16または16:9。
・最大ファイルサイズは1GB。
・利用可能な動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最低15秒(「最大」ではない)。

 

Snapchatの動画仕様の詳細については、Snapchat Ads ヘルプセンターをご覧ください。

YouTubeの動画仕様

Googleに次いで第2位の検索エンジンとして知られるYouTubeは、動画コンテンツに欠かせないネットワークです。マーケティング担当者にとって、YouTube はブランドに関する動画コンテンツを宣伝、教育、共有するのに最適な場所です。

 

YouTubeは動画コンテンツの配信先として成長を続けており、短い形式のプロモーション動画から長編映画やテレビまで、あらゆるものをホストしています。これは、ユーザーがあらゆる種類のデバイスでコンテンツをストリーミングしていることを意味し、ズームやオーバースキャンのレベルが異なる可能性があります。

 

タイトルや字幕などのテキストがカットされない「タイトルセーフ」領域の動画編集コンセプトへのアプローチ方法については、プラットフォームからの明確なルールはありませんが、動画領域の端にこういったタイプのビジュアル要素を配置することは避けたいものです。YouTubeで利用可能な各形式の詳細については、以下をお読みください。

動画プレーヤー(標準のYouTube動画)

YouTubeでは、ユーザーが様々なタイプのメディア形式をアップロードし、多くの異なる寸法を有機的に使用することができますが、動画プレーヤーのための形式は実は1つです。これらの動画はすべて16:9の比率に従うべきですが、4:3でもアップロードできます。ただし、比率を小さくすると、側面が自動的にピラーボックス化されてプレーヤーに収まります。YouTubeには、標準的なYouTube動画のための7つの推奨される寸法と比率があります。

動画のガイドライン

・推奨される寸法:426 x 240(240p)、640 x 360(360p)、854 x 480(480p)、1280 x 720(720p)、1920 x 1080(1080p)、2560 x 1440(1440p)、3840 x 2160(2160p)。
・最小寸法は426×240。
・最大寸法は3840×2160。
・アスペクト比は16:9(4:3の場合は自動でピラーボックスが追加される)。
・最大ファイルサイズは128GBまたは12時間のいずれか少ない方。
・利用可能な動画形式:MOV、MPEG4、MP4、AVI、WMV、MPEGPS、FLV、3GPP、およびWebM。
・動画の長さは最大12時間。

YouTube動画広告の仕様

標準的なYouTubeの動画はかなりわかりやすいですが、ネットワーク上で広告を出したい場合は、いくつかの動画広告フォーマットがあります。Googleからのデータによると、YouTube上のブランド広告は、多くの場合、トラフィックが20%増加します。

スキップ可能、スキップ不可、ミッドロール、バンパーの動画広告

これら4つのYouTube動画広告の仕様をまとめたのは、最終的にはすべて標準のYouTube動画プレーヤーで再生されるからです。つまり、これらの広告タイプはすべて非広告動画と同じ寸法を踏襲していますが、動画の長さが異なるだけです。それぞれの広告タイプを見てみましょう。

 

・スキップ可能な動画広告:このYouTube広告のタイプは、コンテンツの前、途中、または後に再生され、5秒後にスキップ可能になります。この広告形式は、広告主があらゆる視聴デバイスからの視聴を収益化できる唯一の広告形式です。

 

・スキップ不可の動画広告:このYouTube広告は、コンテンツの前に再生され、ユーザーは15秒を完全に視聴する必要があります(動画の途中または後に追加することもできます)。ただし、テレビやゲーム機からの視聴は収益化の対象にはなりません。

 

・ミッドロール動画広告:このタイプのYouTube広告は、(テレビコマーシャルのように)視聴中に再生され、10分を超えるコンテンツでのみ利用可能です。広告は手動または自動で追加され、テレビやゲーム機からの視聴は収益化可能な視聴にはカウントされません。ミッドロールはスキップ可能ですが、ユーザーは30秒または広告全体(どちらか短い方)を視聴する必要があります。

 

・バンパー動画広告:このYouTubeの広告タイプは、コンテンツの前に再生されます。通常、モバイルビューのために最適化されているスキップできない小さな6秒の動画広告です。

動画のガイドライン

・推奨される寸法:426×240(240p)、640×360(360p)、854×480(480p)、1280×720(720p)、1920×1080(1080p)、2560×1440(1440p)、3840×2160(2160p)。
・最小寸法は426×240。
・最大寸法は3840×2160。
・アスペクト比は16:9(4:3の場合は自動でピラーボックスが追加される)。
・最大ファイルサイズは128GBまたは12時間のいずれか少ない方。
・利用可能な動画形式:MOV、MPEG4、MP4、AVI、WMV、MPEGPS、FLV、3GPP、およびWebM。
・スキップ可能な動画の長さは最大12時間(5秒後にスキップ可能)。
・スキップ不可の動画の長さは最大15秒または20秒(一部地域では30秒)。
・ミッドロール動画の長さは最小30秒。
・バンパー動画の長さは最大6秒。

ディスプレイ広告

YouTubeのディスプレイ広告は、ユーザーの検索クエリに表示され、動画を視聴しているときに右の動画欄に表示されることがあります。この広告は静的なものであり、自動的に再生されるわけではありません。しかし、動画がクリックされると、表示されるコンテンツの種類は、単純に上記の標準的な動画プレーヤーのガイドラインに従うことになります。

動画のガイドライン

・静止画の推奨される寸法は、大きい方の側面図では300×250、小さい方の側面図では300×60。
・実際に推奨される動画の寸法:426 x 240 (240p)、640 x 360 (360p)、854 x 480 (480p)、1280 x 720 (720p)、1920 x 1080 (1080p)、2560 x 1440 (1440p)、3840 x 2160 (2160p)。
・アスペクト比は16:9(4:3の場合は自動でピラーボックスが追加される)
・最大ファイルサイズは128GBまたは12時間のいずれか少ない方。
・利用可能な動画形式:MOV、MPEG4、MP4、AVI、WMV、MPEGPS、FLV、3GPP、およびWebM。

 

YouTubeの動画仕様の詳細については、Googleヘルプセンターを参照してください。

LinkedIn の動画仕様

LinkedInはまだ動画コンテンツの導入の初期段階にあるにもかかわらず、このネットワークは依然として共有の頼りになるソースです。実際、ビジネスエグゼクティブの75%近くが毎週オンライン動画を見ていると答えています。この数は今後も増えていく可能性が高いため、LinkedInは今後も動画コンテンツを前面に押し出していくことは間違いありません。

共有動画

アップロードできる動画形式は共有動画を介したものだけです。共有投稿やLinkedIn Pulseの記事でYouTubeのリンクを共有するオプションはありますが、独自の動画をアップロードする方法はまだ1つしかありません。

動画のガイドライン

・アスペクト比は1:2.4~2.4:1。
・最大ファイルサイズは5GB。
・利用可能な動画形式は、ASF、AVI、FLV、MOV、MPEG-1、MPEG-4、MKV、およびWebM。
・動画の長さは最小3秒、最大10分。
・動画の最大フレーム数は60fps。

 

LinkedInの動画仕様の詳細については、LinkedInヘルプセンターを参照してください。

動画広告

2018年現在、LinkedInは動画広告を提供しています。要件は共有動画とは少し異なりますので、有料キャンペーンの広告を展開する際には必ず検討しましょう。

動画のガイドライン

・必要な寸法は以下の通り。
横長の動画:最小 640 x 360、最大1920 x 1080。
正方形の動画:最小360 x 360、最大1920 x 1920。
縦長の動画:最小 360 x 640、最大1080 x 1920。
・アスペクト比は
横長:16:9
正方形:1:1
縦長:9:16
・最大ファイルサイズは200MB
・利用可能な動画形式はMP4
・動画の長さは最大30分だが、LinkedInのガイドラインでは、ほとんどの広告は15秒前後が最も効果が高いとされている
・フレームレートは30fps以下。

 

LinkedIn広告の動画仕様の詳細については、LinkedIn Marketing Solutions ヘルプをご覧ください。

Pinterestのプロモーション動画の仕様

Pinterestはユーザーへの提供を拡大し続けており、単なる埋め込みリンクだけではなく、オーガニック動画も追加しています。

共有動画

Pinterestのユーザーは、これまでプラットフォームで許可されていた広告形式と同様に、縦型または正方形の動画をアップロードして共有することができるようになりました。これら2つの異なるサイズとスタイルのオプションは、動画がボードにどのように表示されるかに関係しています。

動画のガイドライン

・正方形の推奨される寸法は600×600。
・縦型の推奨される寸法は600×900。
・最小動画解像度は240pです。
・正方形のアスペクト比は1:1。
・縦型のアスペクト比は9:16。
・縦長の推奨される寸法:240×240(256Kビットレート)、480×480(768Kビットレート)、640×640(1024Kビットレート)。
・最大ファイルサイズは2GB。
・利用可能な動画形式はMP4とMOV。
・動画の長さは最大30分。
・動画の最大フレーム数は25fps。

プロモーション動画(正方形と縦型)

Pinterestのプロモーション動画には正方形と縦型の2つの形式があります。どちらのバージョンも、オーガニックアップロードのオプションと同じ仕様です。これらの動画広告はユーザーのボードに表示されますが、広告主は広告マネージャーでスタイルを選択できます。

動画のガイドライン

・共有動画と同じ

文字制限

・両方の形式の動画広告のキャプションの最大値:400文字。

おすすめ新着記事

おすすめタグ