マーケティング

マーケティング

ソフトウェア業界のソーシャルメディアマーケティング担当者のための、5つの統計を徹底解説します!

Sprout Social

本記事は、5 stats for social media marketers in the software industry
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

237 views

読了時間 : 約3分47秒

インターネット主導の世界において、ソーシャルメディアでブランドをプロモーションすることは、良いアイディアであるだけでなく、不可欠なことです。製品やサービスを持つインターネットとソフトウェアの会社は、ソーシャルメディアのプラットフォームが、新しい顧客にリーチして製品を見せ、業界でのシェアを確立すると信じています。

 

 

美容ブロガー、小売業者、食通、芸能人の飽和を超えて、マーケッターがソフトウェアビジネスでマーケティングゴールを達成するための、多くのスペースがあります。納得できませんか?以下は、ソフトウェア会社のソーシャルメディアマーケティングについて理解を深めるための、5つの統計情報です。

 

 

1.IT製品を購入した86%の顧客が、ソーシャルメディアの利用によって購入を決断しています

 

 

ソーシャルメディアは、業界全体の購入への道の足がかりとなっています。ソフトウェアとハイテク業界も、例外ではありません。IT製品を購入した86%の顧客が、ソーシャルメディアの利用によって購入を決断しています。強力なブランドアイデンティティと関連性が高く、刺激的で教育的なソーシャルコンテンツは、リードをコンバージョンに変えることができます。

 

 

共有コンテンツのほかに、B2Bソフトウェアに精通した購入者は、信頼できる仲間が洞察を共有するソーシャルサイト、ブログ、レビューサイトでブランドに関する議論を掘り下げます。また、顧客からのフィードバックをマーケティングコンテンツとして共有することで、物語を制御します。顧客の成功を強調する声とケーススタディは、新しいリードの間で信頼と好意を築くでしょう。

 

 

 

 

2.3人に1人の顧客がソーシャルメディアにアドバイスを求めたり、ビジネスとやり取りをしています

 

 

ソーシャルメディアはあなたのコンテンツが輝くだけの場所ではなく、カスタマーサービスのツールとして重要です。懸念やフィードバックを待つ間、何時間も保留にされていた時代は終わりました。顧客は、ビジネスとの迅速でパーソナライズされたコミュニケーションを望んでおり、また、3人に1人の割合でソーシャルを利用し、それを実現しています。

 

 

複雑な製品を持つソフトウェア会社は、バグや潜在的なフローによる苦情を受けることになるでしょう。それは、ただの獣のようです。最も多い問題に対して、どのようなリアクションや返答をしますか?Sprout Social Index, Edition XII: Call-out Cultureでは、顧客の50%が、ソーシャルでの悪い返答によって、ブランドから離れています。

 

 

 

 

レスポンシブでタイムリーなカスタマーケアは、ユーザーを満足させ、さらに一時的に不満を抱いているクライアントを、ブランド支持者に変えることもできます。

 

ソーシャルモニタリングによって、企業は潜在的な問題が起こる前に、それを明らかにすることができます。または、小さな問題が大きな頭痛の種にならないよう、対策を講じてください。モニタリングから収集した製品の洞察は、顧客からの最も一般的な苦情や質問のいくつかに対処する、コンテンツに変換できます。

 

 

 

 

3.ビジネスバイヤーの72%は、ベンダー企業がニーズに合わせ、コミュニケーションをパーソナライズすることに期待しています

 

 

ビジネス向けのソフトウェアの購入には、多くの利害関係者が関与していますが、ほとんどのバイヤーは、ソフトウェアベンダーを選択する際に、依然としてパーソナライズされたコミュニケーションと経験を求めています。

 

これは人と人とのつながりの問題であり、あなたのマーケティング活動はそれを反映すべきです。ターゲットオーディエンスの特定のニーズに磨きをかけるため、ソーシャルカンバセーションのモニタリングを続け、関連するコンテンツを配達し、思慮深くお勧めを伝えましょう。

 

法人の購入者は、通常の消費者よりも製品の推奨を重視する傾向があり、そのため、適切なタイミングで彼らにリーチすることは、ビジネスにとっての大きな利益につながります。そのアウトリーチは、常にブランドから直接出す必要はありません。チームの個人が関与して顧客に応答し、フィードバックを求め、ソーシャルで製品の推奨事項を作成するように促してください。

 

 

 

 

 

4.顧客の56%(事業購入者の66%を含む)は、最も革新的な企業から積極的に購入しようとしています

 

 

革新は、ソフトウェア業界において、マーケティングの話題以上のものであり、必要なものです。66%のビジネスバイヤーは、最も革新的な企業から積極的に購入しようとしています。革新と混乱が当たり前の業界では、業界のトレンドを追跡して先を行くことは、困難に思えるかもしれません。

 

しかし、ソーシャルリスニングを通して、インターネットとソフトウェア会社は、消費者行動の変化を追跡し、トレンドに積極的に対応することができます。適切なプラットフォームによって、組織は社会戦略を改善し、貴重な情報を発見することができます。また、それを製品開発やサービスに適用することも可能です。

 

会社が革新的であることを顧客に伝え、提示するだけでは、十分とは言えません。製品マーケティングチームと連携して、主要な機能を強調し、競合他社との差別化を図り、ソフトウェアの力を示すコンテンツを作成しましょう。

 

 

 

 

 

5.2022年までに、ビデオはすべてのオンライントラフィックの82%を占めるでしょう

 

 

過去数年間で、ビデオマーケティングが増加しています。視覚的に魅力的なメディアは、他の種類のソーシャルコンテンツよりもオーディエンスを魅了します。2022年までに、ビデオコンテンツはすべてのオンライントラフィックの82%を占めると予測されています。もしまだ、ビデオコンテンツを作成していないのであれば、今が始める時かもしれません。

 

 

 

 

 

製品の説明が専門用語や複雑な技術(技術に重点を置いている)にしばしば傾いているソフトウェア会社にとって、ビデオは物事を盛り上げるための素晴らしい方法です。

 

視聴者は、メッセージをビデオで見ると95%を保持しますが、テキストで読むと10%になります。 したがって、新製品の機能をリリースする場合、上記の例のようなハウツーのヒントを強調する場合、または単にブランドを世界に紹介する場合でも、ビデオで永続的な印象を与えることができます。

 

これらの統計と調査結果で武装し、社会的戦略を洗練し、ソフトウェアを輝かせましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ