マーケティング

マーケティング

【SNS動画広告のトレンド】Instagram(インスタグラム)広告の人気とSNSマーケティングの変化

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、The rise of Stories and the changing face of social marketing
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

316 views

読了時間 : 約5分9秒

ビジュアルコンテンツは、今まで以上にSNSメディアで重要になりました。スマホを使えば使うほど、画像や動画を通して自分の生活をシェアするようになりました。ニュースフィードが減少する一方で、SNS上のストーリーの使用は高まりました。SNSマーケティングでどのように利用するのでしょうか。何を知っておくべきかについてご紹介します。

 

この変化は、またSNS上の面白い変化ももたらしました。ストーリーは、人気のプラットフォームをさらに人気にし、大きな疑問が生まれました。ニュースフィードは消えてしまうのか?

今年の前半に、マーク・ザッカーバーグ氏は、ストーリーの成長を認めました。

 

ストーリーでいくつかの企業が成長したことも重要な変化でしょう。

ストーリーは、人々がすべてのSNSアプリでシェアするような方法で、何度も投稿することを予想していました。

だから、ストーリーは1日の動画を投稿するのに最適なフォーマットなのです。

ストーリーの成長は、製品の製作に影響を与えるでしょう。

世界で1位、2位のストーリーアプリであるWhatsAppやInstagramなど、私たちのビジネスを考えることになります。

 

事実、Facebookは、この変化を何年も前から気付いていたようでした。WhatsAppやInstagramなどのを取り入れ、メッセージとビジュアルコンテンツの上昇に追いつきました。つまり、SNSメディアの新しいエリアに来ているということでしょうか?統計では、面白い変化が起こっていることを示しています。

 

我々が知っておくべき統計

 

Block Partyは、調査を行い、ストーリーの上昇やSNSメディアにどのように影響を与えるかを調べました。これは、SNSメディアがどこへ向かっているのかわかり、また、大事なことに、どのようにこの変化についていくのかを示しています。現在、Instagram、WhatsApp、Snapchat、およびFacebook Messengerに毎日ストーリーを投稿するアカウントが、9億7000万を超えていると推定されています。

 

2016年第二四半期から2017年第三四半期にかけて、ニュースが15倍も増加したのに対し、2016年の初めから842%の増加がりました。この成長はすぐには止まらなさそうです。1億ものSNSアカウントが今年の終わりまでに、ストーリーを使用すると推定されています。

Facebookも、ストーリーが2019年にニュースフィードより勝ることを予期しています。スナップチャットは、すべてのSNSプラットフォームのトレンドで、インスピレーションでした。若い世代に人気で、短い動画で人気をあげました。デイリーユーザーの81%がストーリーに投稿すると予想されていて、プラットフォームのコアになっています。

 

実は、アプリの中心にカメラの機能を置いたのは、スナップチャットのアイディアでした。今では、多くのアプリがこの方法を真似ています。

 

しかしながら、Instagramはこのトレンドを、大きなユーザーに導入することで次の段階へ押し上げました。現在では、Instagram上には、3億人以上のストーリーユーザーがいます。50%以上のビジネスがInstagramのストーリーを毎月作成し、この統計は、来月にも増加することを予期しています。

 

企業はどのようにInstagramストーリーを使うのか

 

Block Partyは、ベストプラクティスとユーザーがどのように関わっているのかを理解するために、企業がどのようにInstagramストーリーを使用するのかを調べました。2週間で100以上の企業をモニタリングし、ビジネスの79%がストーリーを投稿しました。一方で、97%がニュースフィードに投稿しました。

Instagramで活動し、SNS戦略に取り入れていることがわかりました。一週間で平均2.9ストーリーを投稿し、一方で、これらのブランドは平均で1ストーリーに対し8投稿を行いました。ブランドにより、ストーリーの投稿戦略は異なるようでした。つまり、まだストーリー戦略を行っていなかったら、同じ業界の企業の動向を見て、ユーザーによい方法を見つけることができます。

 

マーケティング担当者はどのようにこの変化を受け入れるのか

 

この変化が起こるにつれて、マーケティング担当者は、戦略を立てながら、ユーザーとの関連性を保つために、この傾向の最前線にいるべきです。現在は、多くのブランドがプラットフォームでストーリーを投稿しています。

 

しかしながら、すべてのブランドの戦略がうまくいっているとは言えません。ユーザーとのエンゲージメントを保つテストのようなものです。では、SNSを向上するために変化についていく5つのコツをお教えします。

 

ストーリーをより戦略的にする

ストーリーをより戦略的にしましょう。ユーザーの興味を引く素晴らしい方法になるでしょう。何度もストーリーを投稿し続ける必要はありません。

 

まず、他のSNSアカウントのように始めましょう。可能なら、一週間や一ヶ月先の計画を立てましょう。SNS戦略で、ストーリーを使用すればするほど、注意を引くことができます。

 

何の仕事かフォーカスするか

 

ストーリーに専念するために、既存のSNS戦略を放棄する必要はありません。ユーザーにどのように作用するか知っているのであれば、一貫しているようにしましょう。ストーリーは戦略に非常に役立つことがありますが、ブランドにとって成功する可能性がある他のすべてのコンテンツタイプを無視する必要はありません。何の仕事は、何の仕事をするかもしれないのかの間のバランスを探しましょう。

 

トレンドを追う(エキスパートは何をしているのか)

ストーリーを作るのに正しい方法も間違った方法もありません。しかし、ストーリー戦略を成功させているブランドはたくさんあります。そのようなコンテンツからインスパイアーを受けましょう。

 

重要なのは、すべてのクリエイティブなアイディアをユーザーのために可能な限り最善の方法で調整することです。さらにいうと、投稿習慣の変化のトレンドを追うことは役に立ちます。例えば、ARやGIFステッカーが人気になりつつあります。チームを編成し、どのようにして、ブランド、マーケティング、ビデオ、デザインスキルをミックスさせたストーリーができるかを考えていきましょう。

 

物語を作りだす

 

ストーリーは、一つの投稿だけで物語を語ることはありません。実際のところ、多くのブランドは、ストーリーを物語の一部として使用し、投稿のシリーズを通じて完全なストーリーを作成しています。ニュースフォードの投稿と同様に、ユーザーの注目を集めるためには、魅力的なコンテンツを作成する必要があります。

 

SNS上で、物語の語り手はいつも成功します。ストーリーは、それを体験できるフォーマットがあるのです。例えば、The New York Timesは、ジャーナリズムの観点を強調するために、長い形式のコンテンツをストーリーに頻繁に投稿しています。ターゲット層が何を楽しむかによって、新しいフォーマットを使用する様々な方法を教えてくれます。

 

さらには、イベント中に、次回公開予定のショートビデオ、ハウツー動画、インタビューの少しだけなどのコンテンツを発信することもできます。

 

難しいスキルを取り入れる

ストーリーの作成は、新しいコンテンツタイプの要求に遅れないようにするために、SNSメディア担当者のための新しいスキルの必要性を引き出します。写真、デザイン、ビデオスキルは、ストーリーの語りのプロセスを向上させますが、同時に魅力的なコンテンツを作成するという目的で複数のチームを結集させることもできます。

 

デザイナーや写真家ではなくても、現在はSNSマーケティング担当者になれますが、すべてのビジュアル要素がいかにして改善された結果に貢献できるかを理解しておくことは、役に立ちます。それにもちろん、デザインのスキルもあげることができます。

 

結論

ストーリーは成長し続けていますが、ニュースフィードも終わりではありません。自身のSNSチャンネルに合うようにうまく組み合わせてみましょう。

 

ストーリーはどのようにしてゴールに近づけてくれるのか。既存の戦略にどのように役に立つのか?

ビジュアル動画が増加しており、ARの統合はあなたの創造的なアイディアにさらに興味ふかい機能をもたらすことができます。異なる要素をテストし、ユーザーがどのように反応するのか試してみるのもよいでしょう。

 

競合から目立つために、ブランドのハイライトをクリエイティブなストーリーで発信しているブランドもあります。ビジュアル動画を学び始めることに便利です。そして、最低限のスキル(写真、デザイン、ビデオなど)は、今よりタスクを成功するものにしてくれます。SNSメディアは、確かに変化していますが、遅れていいわけではありません。モチベーションと、インスピレーションを持って、新しく革新的なアイディアを使い、企業を目立たせましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ