マーケティング

マーケティング

お勧めのバイク7選! デザイン・用途別

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、7 Different Types Of Motorcycles [Based On Design & Uses]
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

152 views

読了時間 : 約9分17秒

日本ではオートバイという和製英語で通っていますが、元々はmotorcycle(モーターサイクル)で、国や政府機関で採用されているその法的な定義は、「二輪の動力付き二輪車」が標準です。多くの場合、この定義は3輪車にも適用されます。【この記事ではmotorcycleおよびbikeを「バイク」の表記で統一します】

 

明確な体系があるわけではありませんが、バイクはそのデザインや使用目的によって、様々な種類に分類されます。最も一般的に認識されているバイクの種類は、ロードスター【2~3人乗りのオープンカー】、クルーザー【起伏が少なく直線が長い道路の巡航】、スポーツ、ツーリング、そしてダートバイク【山道などの悪路を軽快に走れる小型バイク】です。さらに、メーカーや一般のメディアでは、いくつかの非公式な名称や分類が使われています。

 

バイクの種類は、標準的な定義がない場合もあれば、重複した特徴を持つ場合もあり、混乱して面倒なものです。そこで私たちは、デザインや用途に応じて分類された、主要なバイクの種類とその下位分類を独自にリストアップしました。

 

バイクに関するいくつかの統計

 

・2019年、世界のバイクの総販売台数は5,100万台強となりました。総売上高は133,397.8百万米ドルに達しました。今後4年間は、販売台数、収益ともに減少すると予想されています。

 

・年間販売台数の多い3大メーカーは、ホンダ(日本)が29%、ヒーロー(インド)が9.8%、ヤマハ(日本)が8.3%となっています。

 

・カリフォルニア州のバイク登録台数は、全米で最も多くなっています(2018年)。

 

・ウィスコンシン州ミルウォーキー市に本社を置くハーレーダビッドソンは、現在も米国を代表するバイクのメーカーです。米国で最も古くから存続しているバイク会社の一つです。

 

1. ロードスターまたは標準的なバイク

Ducati Monster 696|画像提供:Wikimedia Commons

 

例:ホンダCB1100、ドゥカティMonster 696、KTMデュークラインナップ、ドゥカティStreetfighter
主な特徴:適度にパワフルなエンジン、経済性

 

標準的なバイクは、ロードスターとも呼ばれ、他のタイプのバイクよりもはるかに多く見られます。その特徴は、適度にパワフルでありながら経済的なエンジンを搭載していること、低コストであること、そして直立したライディングポジションであることです。フェアリングや風防ガラスがないため、ネイキッド【カウルを装備していないバイク】と呼ばれることもあります。これらのバイクは、初心者や経験の浅いバイク乗りに適しています。

 

標準的なバイクの特徴のひとつは、汎用性が高く、オーナーのニーズに合わせて簡単にカスタマイズできることです。非常に高いエンジンパワーを持つマッスルバイクは、標準/ネイキッドバイクをベースにしていることがあります。

2. スポーツバイク

Triumph Daytona 675|画像提供:Greg Knapp/Wikimedia Commons

 

例:スズキGSX-R、ドゥカティ1299パニガーレ、BMW S1000RR
主な特徴:高性能、非効率、快適、高価

 

スポーツバイクは、より高い性能、つまり加速、スピード、ブレーキ、ハンドリングの良さを重視しますが、ライディングの快適性や、より重要な効率性は犠牲にしています。他のタイプのバイクと比較して、スポーツバイクは、軽量で強靭なフレームの中に、よりパワフルなエンジンを搭載しています。ほとんどのスポーツバイクは、直列4気筒またはV型2気筒エンジンを搭載しています。

 

一般的なスポーツバイクの前後のタイヤは、他の種類のバイクに比べて幅が広く(大きく)、高速でのコーナリングが容易です。また、空気抵抗を減らすために、ボディにフェアリングが装着されている場合もあります。フェアリングを装着していないバイクは、ネイキッドバイクやストリートファイターと呼ばれます。

 

スポーツバイクのフットペグは、標準的なバイクよりもやや高い位置にあり、地上高を確保しています。また、ハンドルバーの代わりにクリップオンを採用したスポーツバイクは、ハンドルの高さが低く、ライダーは前傾姿勢になります。このようなライディングポジションは、若干の違和感があり、疲労の原因にもなりますが、車両の構造的な健全性を維持するためには非常に重要です。

 

YZF-R1 Limited Launch Edition (2009)

 

スポーツバイクは、エンジンの大きさ(排気量)と使用目的によって、次の3つのグループに分類されます。

 

軽量タイプ:排気量500CC以下のバイク。ビギナー向け。

 

中量級:排気量600CCから750CCまでの中堅スポーツバイク。このカテゴリーの上位機種には、オートバイレースで使用されるものが多い。

 

スーパーバイク:理論的には、排気量750CC以上のエンジンを搭載したスポーツバイクは、スーパーバイクまたはハイパーバイクと呼ばれる。ただし、スーパーバイクレース用のバイクであるためには、850CCから1200cc(V2エンジンの場合)の排気量を持つ4ストロークエンジンを搭載しなければならない。

 

3. クルーザー

BMW R18 ファースト・エディション|画像提供:Bullenwächter/Wikimedia Commons

 

例:ドゥカティディアベル、BMW R18、H-Dソフテイル
主な特徴:エンジンの大排気量化、加速の速さ(低域トルク)の向上

 

現代のクルーザーは、1930年代後半から1960年代にかけてアメリカで設計されたバイクが進化したものです。ネイキッドバイクとは異なり、フットペグが前方にあり、ハンドルが高い位置にあるため、背筋を伸ばした状態で走行することができます。これにより、クルーザーは他のどのタイプのバイクよりも、特に中速域でより快適です。

 

ハーレーダビッドソンをはじめとするアメリカの主要メーカーのクルーザーには、高排気量のVツインエンジンが多く搭載されています。しかしながら、近年では直列エンジン(中排気量)のバリエーションも増えています。

 

また、一般的なクルーザーのエンジンは、低回転域のトルクを重視しているため、頻繁にシフトチェンジをしなくても、より速い加速が可能です。

 

クルーザーバイクは、ほとんどオーナーのニーズに合わせて機能を追加するために改造されます。これらのカスタムチューンは人気があり、フルドレス・ツアラーやバガーなどの非公式なニックネームが付けられています。

 

チョッパー(多くの人がご存知でしょう)は、元のサイズから縮小したり、「チョップ」したりしたカスタムクルーザーです。他のカスタムバイクとは異なり、チョッパーは効率が悪くなるほどの大改造が施されています。

 

映画「イージー・ライダー」でチョッパー「キャプテン・アメリカ」に乗るピーター・フォンダ【アメリカの俳優、1940年2月23日~2019年8月16日】|Brian Snelson/Flickr

 

クルーザーのカスタムバイクのもう一つのタイプは、「ボバー」と呼ばれています。典型的なボバーは、フロントフェンダーとリアフェンダーの大部分を含む過剰なパーツを取り除き、燃料効率を高めています。

 

アメリカのメーカー以外では、ホンダ、ヤマハ、スズキなどの日本メーカーのクルーザーバイクが、アメリカ国内外でかなりのシェアを占めています。

 

4. ツーリングバイク

 

例:ハーレーダビッドソン エレクトラグライド、スズキ V-Strom 1000、KTM 1190 Adventure
主な特徴:フロントガラス、大容量の燃料タンク

 

適切な装備を施し、長距離の移動、すなわちツーリングを目的としたバイクは「ツーリングバイク」と呼ばれます。実際には、どんなタイプのバイクでもツーリングバイクに改造することが可能です。

 

ツーリングバイクは、風を防ぐためにヘッドライトの上に風防ガラスがあり、ボディにはフェアリングが装備され、長距離ツーリングのために様々な荷物を積むことができる大きな荷物用スペースがあることが特徴です。ツアラーの仕様はクルーザーに似ており、低回転域のトルクを重視した大排気量エンジンと、ゆったりとしたアップライトなライディングポジションが特徴です。

 

ツーリングバイクは、用途に応じてフルドレス・ツアラー、スポーツツアラー、アドベンチャーツアラーの3つに分類されます。

 

フルドレス・ツアラー


ヤマハ・ロイヤルスター・ベンチャー2006年モデル|画像提供:Wikimedia Commons

 

バガーとも呼ばれるフルドレス・ツアラーは、他のどのタイプのバイクよりも大幅に大きな荷物用スペース(パニアやサドルバッグ)とボディフェアリングを備えています。また、ステレオ、シートヒーター、バックレスト、衛星ラジオなど、通常のバイクにはない部品を搭載している場合もあります。

 

スポーツツアラー/アドベンチャーツアラー

 

比較的新しいタイプのツーリングバイクであるアドベンチャーツアラーは、フルドレスの学習者向けです。高い地上高、付属のスキッドプレート、ノビータイヤなどを備え、オフロードでもオンロードでも活躍します。

 

スポーツツアラーは、その名が示すように、スポーツバイクとツーリングバイクの性能を兼ね備えたハイブリッドバイクです。言い換えれば、スポーツツアラーは、スーパーバイクのパワーとパフォーマンスに匹敵し、同時にツーリングバイクの快適性も備えています。

 

5. ダートバイク/オフロードバイク

KTM 300 XC-W|画像提供:KTM Cdw1952/Wikimedia Commons

 

例:ヤマハ YZ250F、KTM 300 XC-W
主な特徴:エンジンが小さく、舗装されていない道でも走行可能

 

ダートバイクと呼ばれるオフロードバイクは、基本的なオンロードバイクとは構造的に異なります。軽くて、地上高が高く、機動性に優れています。典型的なダートバイクは、小型の2ストローク単気筒エンジン、適度な燃料容量のタンク、硬いサスペンションを備えています。厚みのあるノビータイヤ【トレッド面がイボ状のパターンを持つタイヤ】は、砂や泥、固まっていない土などの険しい地形を進むことができます。

 

ダートバイクは主に、モトクロスやトライアルといった、コースやサーキットの形態が異なるオフロードのスポーツ競技で使用されます。これらの競技は形式やコース・サーキットの種類が異なるため、それぞれの競技に応じた改造が施されます。

 

ダートバイクは、これらの改造に基づいて、様々なタイプに分類されます。

 

モトクロスバイク

モトクロス(MX)は、世界的に最も人気のあるダートバイクレースの一つです。モトクロスバイクは、小型軽量で、175CCから450CCの排気量を持つ2サイクルまたは4サイクルのエンジンを搭載しています。

 

モトクロスから派生したフリースタイル・モトクロス(FMX)やスーパーモトなどのスポーツも同様のバイクを使用しています。

 

トライアルバイク


2017年オーストラリアトライアルチャンピオンのKyle Middleton|画像提供:trils.com.au

 

トライアルは、observed trial【観測試験】とも呼ばれ、競技者は荒れた地形(主に岩場)を通過しなければならず、スピードの代わりに正確さとバランス能力が試されます。トライアルバイクは、ダートバイクの中でも最もエキセントリックなバイクで、余分な重量をなくすためにシートが取り外され、フットペグで立って乗るように設計されています。

 

骨格だけになったトライアルバイクは、非常に軽量で、燃料タンクも小さくなっています。スロットル応答を向上させるために、通常は排気量300CC以下の小型2ストロークエンジンを搭載します。

 

エンデューロ

エンデューロ・ダートバイクは、モトクロス・ダートバイクとはわずかな違いしかありません。実際、MXバイクがほぼエンデューロの基礎となっています。しかし、モトクロスとは異なり、エンデューロはより長いコースで行われ、多くの場合、クロスカントリー・イベントにまで拡張され、様々な障害物が登場します。レースコースによっては、舗装された道路のコースもあります。

 

そのため、一般的なエンデューロ・バイクは、大容量の燃料タンクを備え、長距離のモータースポーツに適した燃費の良さが特徴です。ロードリーガルタイプのエンデューロ・バイクには、ヘッド/テールライトとサイレンサー付きの排気装置が装備されています。

 

トラックレーサー

 

スピードウェイ・トラック・レーシング・バイク|画像提供: Wikimedia Commons/Wisniowy

 

トラックレースとは、密閉された楕円形のレーシングコースで競い合う二輪モータースポーツのイベントです。スピードウェイ、フラットトラック、グラストラック、ロングトラックの4種類があります。

 

トラックレース用のバイクは、メタノールを燃料とする2ストロークまたは4ストロークのエンジンを搭載しており、高い燃焼効率(低燃費で高出力)を実現しています。また、トラックレーサーにはリアサスペンションがなく、機械的なブレーキ機構もありません。

 

6. デュアルスポーツ、オン/オフロードバイク

 

例:KTM 690 ENDURO R、カワサキKLX250、ホンダCRF450L
主な特徴:公道仕様、高い車高、かなりパワフル

 

デュアルスポーツバイクは、オンロードとオフロードの両方に対応しています。ダートバイクのように、ヘッド/テールライト、サイドミラー、スピードメーター、マフラー、ナンバープレートなどを装備しています。

 

1960年代後半、ヤマハはDT-1を発売し、二輪車メーカーとして初めてデュアルスポーツバイクという概念を提唱しました。単気筒250CCエンジン、中・大容量の燃料タンク、先進的なデザインで、それまで開拓されていなかった二輪市場を開拓しました。

KTM 690 Enduro|画像提供:Wikimedia Commons/Richard Linnander

 

デュアルスポーツバイクを作るには、3つの方法があります。1つ目は、既製のダートバイクに公道走行可能なコンポーネントを追加する方法です。これらは、パワーウエイトレシオは高いものの、耐久性は低いです。もう1つの手法は、前者とは逆で、標準/公道走行可能なバイクをよりダート向けに改造するというものです。

 

3つ目の選択肢は、ダート用とストリート用のコンポーネントをカスタムブレンドした全く新しいモデルを設計・制作することです。もちろん、そのようなデュアルスポーツバイクは、他のものよりもはるかに耐久性が高く、重量もあります。

7. スクーターとモペッド

ピアジオ・ビバリー・スポーツ・ツーリング350|画像提供:Thesupermat/Wikimedia Commons

 

スクーターとアンダーボーン(スクーターと同じで駆動系が似ているもの)は、バイクの中でも別の種類と考えられがちです。実際、スクーターのデザインの重要な要素は、初期のバイクの中にも多く見られます。しかしながら、バイクとスクーターは様々なケースで区別されています。

 

バイクと比較して、スクーターは軽量で、オートマチックトランスミッション(CVT)を採用しているため、乗りやすく、習得が容易です。また、アプリリアSRV850のようなスーパースクーターを除けば、50CCから250CC程度の比較的小さなエンジンを搭載しているものが多くなっています。さらに、スクーターは車輪が小さく、収納スペースも大きいです。

 

モペッドは、バイクと自転車の中間的な存在です。スリムなステップスルーフレームのデザインで、50ccの2ストロークエンジンを搭載しています。モペッドの中には、乗り手がペダルを踏むことで動力を得るものと、エンジンで動力を得るものとがあります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ