マーケティング

マーケティング

【クラフト紙とは?】品質・種類・用途を徹底解説

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、What Is Kraft Paper? Qualities | Types | Uses
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

91 views

読了時間 : 約7分3秒

あなたはクラフト紙と聞いて何を思い浮かべますか?軽いものを入れるのに使われる厚い茶色の紙を思い浮かべる人もいるでしょう。また、工作などで使われる高級紙を思い浮かべる人もいると思います。

 

 

近年では、環境問題への関心が高まる中、環境に配慮した企業や製品への愛着が高まっています。クラフト紙もその一つです。クラフト紙は、環境に配慮したデザインと品質の高さから、長年にわたって人気を博してきました。

 

 

この記事では、クラフト紙はどのような成分で出来ているため環境に優しいのか、クラフト紙にはどのような種類があるのか、何に使われているのかを解説していきます。まずは基本的なことから始めましょう。

 

 

クラフト紙とは?

クラフト紙とは、クラフト製法で作られた化学パルプから作られた段ボールや厚紙のことです。強度があり、比較的粗く、引っ張り強度が強いのが特徴です。

 

 

クラフト紙の名前は、「強度」を意味するドイツ語のkraft(クラフト)にちなんで名付けられており、強い紙を作る特定のパルプ工程を指しています。このプロセスは、1879年にドイツの化学者カール・フェルディナンド・ダールによって発明されました。

 

 

5年後に米国特許296,935号が発行され、1890年にはスウェーデンで最初のクラフト紙製造会社が誕生しました。1930年代には回収ボイラーが発明され、クラフト工程がさらに強化され、より効率的で環境に優しいものになりました。1940年代半ばまでには、クラフト法は木材パルプの生産に最も一般的に使用される技術となりました。

 

 

クラフト紙は、他の紙とは異なり、竹、樹脂性松、アグリ残渣など、様々な種類の木材や非木材を使用して紙を作ることができます。また、配向性の高い繊維を含んでいるため、丈夫で耐久性に優れています。

 

 

クラフト紙は、包装用に特別に設計された紙で、高い弾性と耐引裂性を持っています。密度は40~123g/㎡です。また、クラフト包装紙は軽量であるため、他の多くの梱包材よりも保護性に優れ、輸送コストを低く抑えることができます。

 

 

一般的な用途

クラフト紙は、世界中で幅広い用途に使用されています。

例えば、

 

・消費財・食品・小麦粉袋などの紙袋
・マルチウォールサック
・封筒
・パーティクルボード
・花束のラッピング
・ダンボールを重ねたもの
・紙やすりの下地

 

などが挙げられます。

 

 

環境に優しい名刺やブランド印刷のパンフレットの作成にも使われています。印刷する際には、耐圧縮性・耐引裂性に優れたクラフト紙をコーティングしたものがよく使われています。

 

 

どのように作られているのか?

クラフト紙は、広葉樹、針葉樹、さらには非木材のアグリ残材を使用して作られます。クラフト紙の製造工程では、木材を木材パルプに変換しますが、このパルプには紙の主成分であるセルロース繊維が含まれています。

 

 

最初に、木材チップは、消化器と呼ばれる大きな圧力容器の中で、硫化ナトリウム、水酸化ナトリウム、水の高温混合物で処理されます。この容器は最大20トンのパルプを収容することができ、連続処理とバッチ処理の2種類の処理に対応しています。この混合物は、リグニン、ヘミセルロース、セルロースを付着させている結合を分解します。

 

 

クラフトパルプは、木材に含まれるリグニンをほとんど除去しているため、他のパルプ加工法に比べて強度が高いのが特徴です。

 

 

また、このプロセスのもう一つの大きな利点は、パルプ化に使用する化学物質の約90%を回収し、環境に悪影響を与えることなく再利用できることです。これにより、このプロセスは手頃な価格で持続可能なものとなっています。

 

 

一部の紙は、最終的にポリエチレンでコーティングされ、バクテリア、湿気、油分に対する耐性を高めています。また、耐水性を持たせ、そのリサイクル性を維持するためにゼイン(プロラミンタンパク質のクラス)でコーティングされている紙もあります。

 

 

クラフト紙の種類

クラフト紙は、未晒しのものと晒したものの2つに分類されます。

 

1. 未晒クラフト紙

未晒し、または自然なクラフト紙は一般的な包装紙の最も強いもので、強度が必要なときに使用されます。これらはさらに分類することができます。

 

1.a) 未加工のナチュラルクラフト紙

安価で耐久性のあるクラフト紙で、強度が高く繊維が強いため、多くの用途で好まれています。破裂強度、耐引裂性に優れており、リサイクル材を5%まで使用することができます。

 

 

主にブックカバー、包装紙、運搬用シート、塗料のマスキング、文房具、間紙、床保護ライナーなどに使用されています。また、印刷も可能なので、ブランディングにも最適です。

 

1.b) 黒いクラフト紙

黒いクラフト紙は、主にダークボーダーや光バリアが必要な場所で使用されるユニークな装飾ツールです。 クリーンでプロフェッショナルな印象を与えるだけでなく、滑らかな表面の質感により、光沢のある見た目となります。

 

 

この紙は、一般的にバナー、掲示板、テーブル掛け、ラッピングで使用されています。これはまた、面白い作品を作るのにも適しています。

 

1.c) 着色クラフト紙

引き裂きや穴あけに強い、これらの厚紙は、アートプロジェクト、バナー、テーブル掛け、掲示板などに使用されます。片面は滑らかで指描きや線画に適しており、もう片面はチョークやアクリル絵の具に適したテクスチャーの表面になっています。

 

1.d) 再生クラフト紙

リサイクル繊維を使用しているため、通常のクラフト紙よりも若干耐久性は弱いです。しかし、コストが安く、環境に優しい素材となっています。また、ソフトな手触りと多くの有益な品質を持つ傾向があります。例えば、パック内部の包装、ダストカバー、新聞紙の梱包、床保護ライナー、ボイドフィラーや荷敷きなどに使用されています。

 

1.e) 発泡クラフト紙

高品質のクラフト紙をラミネートしたポリエチレンフォームロールは、耐薬品性に優れています。密度が高いため、化学物質の浸入を防ぎ、遮音材としての役割を果たします。また、包んだ素材を隠す効果もあります。パッド入りの封筒や袋に多く使用されており、どんな形状や表面にも馴染んでいます。

 

1.f) サッククラフト紙

この紙は、気孔率と強度のバランスが完璧です。耐引裂性、高弾性に優れています。セメントなどの粉体原料のバルブサックに最適です。

 

 

要求される靭性に応じて、何層にも重ねて使用することができます。また、湿気や細菌から材料を保護するためにポリエチレンでコーティングされている場合もあります。

 

1.g) 電気絶縁

電機クラフトは、パルプから帯電したイオンや不純物を除去する独自の洗浄方法で作られています。変圧器、ブッシング、高圧ケーブルなどの電気部品の絶縁に特化しています。

 

1.h) 吸水性クラフト紙

気孔率が高く、樹脂含浸用の吸収性に優れています。実験用濾紙や苗木植栽用の特殊袋として使用されています。また、合板などの基材に吸収紙を含浸させて、建築・家具などにも使用されています。

 

1.i) プリントクラフト紙

クラフト紙は、かっこいいメニューやグリーティングカード、マーケティング資料にも使えます。クラフト紙の滑らかなブラウントーンは、どんなプリントにもヴィンテージ感を与えます。再生紙のように、コーティングされていない自然な風合いで、手触りが良く、インクがきれいに出るようになっています。

 

2. 漂白クラフト紙

天然のクラフト紙を漂白剤などで処理して作られています。漂白紙は、天然のクラフト紙を漂白剤などで処理して作られています。漂白された紙は、強度が増し、見た目も良くなるため、包装や包装に広く使われています。

漂白されたクラフト紙は、強度が高いだけでなく、リサイクルが可能で、環境に優しく、耐久性があり、無毒で、美的にも優れています。用途に応じて、さらに4つのグループに分類されます。

 

2.a) 片艶さらしクラフト紙

片艶さらしクラフト紙は、紙の片面に高い光沢を持たせているため、紙の不透明性、印刷性、耐久性に優れています。主に食品包装、包装、工業用コーティング、ラミネートなどに使用されています。

 

2.b) 機械仕上げ

クラフト紙の中で最も汎用性の高い紙で、剛性が高く、業務用としての用途も豊富です。これらの紙は一般的に食品包装、包装紙、アルミ箔ラミネート、保護製品に使用されています。

 

2.c)平滑仕上げ

この紙は、優れた印刷品質と兌換性を必要とする製品に使われています。このタイプの紙は、一般的にリール包装、買い物袋、そして書類を入れたり隠したりするのに使用されます。

 

2.d) クレイコートクラフト紙

漂白したクラフト紙に粘土をコーティングすることで、不透明度、平滑性、印刷性を高めることができます。多くの場合、片面がシリコンでコーティングされ、剥離ライナーとして使用されます。この紙は寸法安定性があり、平らなため、グラフィックアート業界でよく使用されています。

 

2.e) 医学等級の漂白クラフト紙

これらは通常、無菌医療包装用に製造され、パウチ、リール等の器具を直接密封するのに使用されています。また、創傷や粘着性を必要とする医療器具にバリア機能を持たせています。

 

 

このタイプの漂白紙は、滅菌のために米国食品医薬品局の基準に準拠しなければなりません。

 

リサイクル

クラフト紙の用途は多岐にわたるため、製造会社や倉庫、物流センターなどの廃棄物の中に大量に含まれています。これらの企業にとって、廃棄物の中からクラフト紙を取り除くことは、リサイクル率を高めるための有効な手段です。

 

 

具体的なリサイクル方法は、制約条件や設備によって異なりますが、多くの場合、基本的には以下の3つのステップを踏むことになります。

 

 

1.収集・分別

まず最初に、クラフト紙がリサイクル可能かどうかを判断します。ワックスや釉薬が塗布されているものは、リサイクルが非常に難しく、費用もかかります。良好な状態のクラフト紙とリサイクルが難しいクラフト紙を仕分けします。

 

 

2. 梱包・出荷

クラフト紙を適切に選別したら、次は輸送コストを削減するために効率よく梱包し出荷します。

 

 

3.粉砕

クラフト紙は、原料センターから工場に運ばれた後、パルプ化され、新たな紙製品の原料として使用されます。粉砕工程では、パルプ化、スクリーニング、インク除去、分散、漂白、水・化学処理、固形廃棄物処理などの一連の工程が行われます。

 

 

再生クラフト紙の市場価格は、繊維の質と強度に大きく依存しています。ほとんどの場合、リサイクル製品には少量の汚染物質(汚れ、生ごみ、油、鉄くずなど)が含まれており、これが繊維の品質を劣化させ、価格を下げています。

 

 

世界市場

2017年の市場シェアは、未加工のナチュラルクラフト紙が最も高くなっています(48%以上)。これは、用途が多い(強度が高く、破れにくい特性による)ことが要因となっています。世界の市場シェアは西ヨーロッパと北米が独占しており、欧州が約25%、アメリカが約28%を占めています。

 

 

2020年から2025年まで、世界のクラフト紙市場は年複利成長率3%で成長すると予測されています。2025年には180億ドル以上に達する見込みです。

 

 

この成長の主な要因は、耐久消費財、化粧品、食品・飲料など、いくつかの最終用途産業におけるクラフト紙の需要の増加です。また、クラフト紙のリサイクル性の特徴と、地域をまたいだ急速な都市化も、予測期間中のクラフト紙市場の成長に大きく貢献すると考えられます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ