話題

話題

激しい山火事の本当の影響は?発生する雲はオゾン層の破壊にまで影響

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Intense Wildfires Send Smokes Into The Stratosphere & Damage Ozone Layer
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

262 views

読了時間 : 約1分31秒

・研究者たちは、火災によって上昇する熱によって、どのように積乱雲が形成されるかを観測しています。

・彼らは2017年に太平洋岸北西部で発生した山火事を調査しました。

・カナダのある地域では、オゾン層の50%までが破壊されました。

 

最近、山火事が大きな注目を集めています。山火事の発生頻度と強度の変化が重大な結果をもたらす可能性があることが言われています。しかし、山火事の最も重要な側面の1つは、まだよく理解されていません。火山噴火や山火事などの熱源の上に発生する、高密度でそびえ立つ垂直雲の一種です。

 

研究者たちは、火災によって上昇する熱によってこれらの雲がどのように形成され、どのようにしてオゾン層の保護に影響するほど高くなる(14マイル上空まで)のかを初めて観察しました。彼らは、2017年に太平洋北西部で発生した山火事を調査ました。ほとんどの山火事とは異なり、この事件は7~14マイル上空の積乱雲を成層圏に注入しました。成層圏では異常に長い時間(8カ月以上)濃い煙が観測されました。

 

チームは、地上のリモートセンシング、気象観測用気球、人工衛星を使って、北半球上の煙を追跡しました。彼らは有機物と煤と呼ばれる不純な炭素粒子のレベルを測定しました。

山火事への新たな洞察

これまでのコンピューター・シミュレーションでは、核兵器によって大量の煙が成層圏に押し込まれた場合にどうなるかが示されてきました。2017年、この実験は自然界で行われました。

 

カナダ西部の山火事では、研究者たちは 「自己浮遊」 と呼ばれる過程を直接観察することができました。その結果、都市が燃焼すれば、成層圏に十分な量の煙が排出され、長期にわたって深刻な気候上の影響を及ぼすことが確認されました。これには、太陽光線を遮断し、オゾン層を破壊することが含まれます。オゾン層は、太陽からの短波長の有害な紫外線をフィルタリングします。

煙が成層圏にとどまる限り、その成分(有機物と煤)は太陽光を吸収したり、宇宙に送り返したりします。これは半球の減光効果を引き起こし、最終的には作物不足に繋がります。

 

大部分の山火事は半球の減光効果を引き起こしませんが、その地域のオゾンに富んだ空気を押し出します。研究者たちはCALIPSO衛星を使ってオゾン損失を測定しました。その結果、2017年の山火事では、カナダの一部でオゾン層の50%が破壊されたことがわかりました。

 

要約すると、2017年の山火事による煙の緯度方向の広がりと光化学反応の分析は、核戦争による気候への影響の可能性について新たな洞察を提供しています。また、気候変動によってこうした山火事の発生が増加しているため、特に北米西部のような地域では、より密度の高い火災雲が成層圏に達する可能性があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ