マーケティング

マーケティング

音声アシスタントの有効活用について Google音声検索でスニペットがどのようにデータを構築してアクションするのか?

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、What’s powering conversational search? Featured snippets, structured data and actions
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

580 views

読了時間 : 約8分48秒

音声検索は未だに熱いですが、予測よりも反応が少し遅いです。GoogleFriendsは、新しい装置の、音声を介してコントロールする今までにない方法と、その可能性で、アプローチをし続けています。これらの音声検索の結果は、知識グラフデータとスニペットの機能が混在したものです。しかし、新しいデータレイヤーが形成され、音声エクスペリエンスのより多くの部分を、少しずつ強化しています。ここで頻繁に話したテクノロジーは、Yoast構造データです。

 

 

音声は未だに送信されますが、予想よりも早くないかもしれません

 

 

ヴァーチャルアシスタントが始まった時、多くの人が、それを新しい世界秩序として歓迎しました。2020年までに、検索の半分以上が音声で作動すると予測した人もいました。これは、少し楽観的なものだったかもしれません。導入が増加し、ビッグテクノロジーが音声検索を推していましたが、これは、明日がないということを意味していると思います。臨界質量が、何らかの形で外れているのではないでしょうか。

 

 

GoogleFacebookAmazonから発表されたほとんど全ての製品に、ボード上のアシスタントがあります。例えばBluetoothヘッドフォンの新製品で、最近ヒットしたもののほとんどに、内部音声アシスタントが搭載されています。しかしGoogleは、将来は音声に操作されるとは思っていません。多くのケースにおいて、人々はスクリーンを必要とすると思っています。なぜなら、Googleによる最近の研究で、50%が音声とタッチの結合による反応であることを明らかにしました。

 

 

音声は二股です

 

 

音声検索は、ふたつの主要なパーツから成り立っていることを覚えておいてください。

 

 

・声での検索

 

 

・声でのアクション

 

 

音声検索戦略において、これらのパーツを区別する必要があります。多くの会社において、“Ok Google、電気をつけてというアクションを構築することには意味がありません。ウェブの検索、質問への返答、コンテンツによるガイドに意味があります。オーディエンスとの会話を楽しみましょう。

 

 

声によるウェブ検索

 

 

前に述べたように、多くのウェブサイトオーナーにとって、会話型検索の検索部分はどこにあるかです。これは、検索結果を得るために声を使用することと、あなたの質問に返答することです。これはまた、会話型インターフェースの構築に基づいた、実証されていない音声戦略に大量のお金を投資せずに、通常のコンテンツを操作できる場所でもあります。さあ、見てみましょう。

 

 

検索結果は、次からデータを取得します

 

 

アシスタントに何かを調べるように頼んだ時の検索結果は、どこにあるのでしょう?これは、あなたが尋ねた質問や、どのアシスタントを使用しているかによります。もし、例としてGoogleを使用しているとしたら、以下の3部分に分けることができます。

 

 

・事実のデータ:知識グラフを活用した返答ボックス

 

 

・より複雑で一般的な検索:スニペットの機能

 

 

Google独自のプロパティ(ローカルパック、地図、フライト、ショッピングなど)から

 

 

もし“Ok Google、エッフェル塔の高さはどのくらいと尋ねたらエッフェル塔は、324mですという答えが素晴らしい声で返ってくるでしょう。これらすべては、知識グラフという、Googleが長年にわたって形成してきた事実のネットワークから返ってきます。これは、Googleが直接返答するために、頼ることのできる情報です。

 

 

Googleは更に複雑な質問に対して、スニペットに表示された結果をよく見ます。スニペットの機能に現れたコンテンツの部分は、Googleによって実証された良い結果と言えるでしょう。もちろんこれは絶対ではありませんし、より良い結果を見つけることも時々あります。しかし、一般的には、コンテンツの用語、質問、問題のためにスニペットの機能を持つことは、音声検索が話すためのベストな候補なのです。

 

 

Google“Ok Google、メタディスクリプションとは何?と尋ねてください。すると、Yoastがこの質問のためのスニペットによって、大声でやってみよう!と言うでしょう。もちろん、これらの結果は時々変わります。しかし、私達は長い間、このスニペットをもっていました。

 

 

 

 

大分前に、クエリで作成されたJoostの録音です。

 

 

3つ目は、ローカル検索結果のローカルパックやGoogleフライトなど、Googleが独自のプロパティから入力できる質問やクエリに対するすべての回答を網羅しています。まるで、ローカルな結果のローカルパックやGoogleフライトのようです。また、Googleが所有する多くのクエリがアクションに変換されるため、状況はすぐに曖昧になる傾向があります。よって、もしフライトチケットを予約したい時には、検索ではなく標的に向けたアクションをするのです。

 

 

スニペットを手に入れるチャンスを、どのように改善すれば良いでしょう?

 

 

多くのウェブサイトやコンテンツタイプにおいて、音声アシスタントでコンテンツを得るチャンスは、スニペットを経由したものです。スニペットを得るためには、権限、良い評判、素晴らしいコンテンツが必要です。もしあなたのクエリやフレーズによって、ウェブページが既にランクインしているのであれば、スニペットをカバーするチャンスがあります。

 

 

BERTアップデートの開始以来、Googleは、言語の理解、複雑なものの発見、ロングテール検索がよりできるようになりました。これは、検索エンジンが、検索クエリに一致する結果をよく出すということです。Googleが、スニペットにBERTを使用していると明示的に述べています。このことを、覚えておかなければなりませんよ。

 

 

もちろん、BERTは確実なものではありません。これはとても洗練された言語モデルですが、未だにモデルでしかありません。これは、コンピューターが言語を理解するのに役立ちますが、コンピューターを人間に帰るわけではありません。これによって、全てが読みやすくなるということです。

 

 

スニペットを得るチャンスを最大にするために、以下を考慮してください。

 

 

・キーワード検索をしましょう。

 

 

・何がランクインし、改善しているかを見ましょう。

 

 

・全てを得ようとせず、必要なものを優先しましょう!競争相手よりも優れたコンテンツで、ユーザーの役に立つものを優先してください。

 

 

・ユーザーの検索意図と、それが答えと一致するかをチェックしましょう。

 

 

・質問に対する答えを見つけるために“Answer the PublicAlso Askedを使いましょう。

 

 

・消化しやすく、シンプルに理解できる言葉を使いましょう。

 

 

・短くきびきびした返信をキープしましょう。

 

 

・コンテンツを大声で話しましょう。または、コンピューターに大声で話させましょう。

 

 

・データ構成でコンテンツを作りましょう。(スニペットには必要ありませんんが)

 

 

・一般的に良いコンテンツを作りましょう!

 

 

これは、スニペットを捉える良い方法です。これらの方法での音声検索によって、素晴らしい結果を得られるでしょう。

 

 

図式化されたスニペットはありませんか?

 

 

以上のリストで、スニペットに関連したデータ構造について述べました。これは、定期的ポップアップされる質問です。Googleは、スニペットのランクインのために、データ構造を使用しますか?お気に入りのGooglerは、何度もこれを否定しています。

 

 

現時点では、データ構造はたくさんのことに使われています。しかし、それはスニペットのためではありません。しかし、これをあなたのウェブページに追加してはいけない、ということでもありません。なぜなら、データ構造はウェブページを、検索エンジンが簡単に理解できるようにするからです。しかしこれは、スニペットを得るために必須ではありません。得るためには、素晴らしいコンテンツが必要なのです。

 

 

あなたの声によるアクション

 

 

音声アシスタントで、スニペットがあなたのコンテンツを大声で言っている時に、図式を持つことはできません。しかし、これでストーリーは終わりません。私達は、より多くの場所でポップアップを見ており、その場所のひとつはスマートアシスタントなのです。少なくともGoogleにおいて、図式は一部の音声アクションを強化します。現在Googleは、ニュース、ハウツー、FAQ、レシピ、ポッドキャストに基づき、アクションを構築しています。

 

 

 

 

データ構造は、音声操作の開始点になります。

 

 

Googleは、アシスタントのアクションを組み立てます

 

 

Googleはアクションを使用して、ユーザーがアシスタントを使用してスマートデバイスで操作できるコンテンツを、検索して表示します。あなたは自身のアクションを構築でき、アシスタントは、特定のコンテンツで返答できます。しかし、それらを構築するにはたくさんのカスタムウォークが必要です。したがって、おそらく多くのサイト所有者にとって実行可能なオプションではありません。

 

 

幸いにも、スマートデバイスでウェブコンテンツの特定の部分を得るとても簡単な方法を、Googleは提供してくれています。データ構造は、あなたのウェブサイト中で見つけます。これは、図式データ構造が存在することを示す、もう1つの兆候です。

 

 

 

 

アクションを使用すると、アシスタントを使用して実行できます

 

 

ウェブサイト上の追加データ構造によって、素晴らしい結果だけを得るわけではありません。しかし、Googleはこのことによって、アシスタントで自動的にアクションを生み出すことができます。2羽の鳥と1つの石について話しましょう。現時点では、サポートされている多数の図式プロパティのうち、Googleは、よくある質問、ハウツー、ニュース、ポッドキャスト、レシピといった、5つのデータ型のアクションを生成できます。最初の2つは、最近発表されたばかりです。

 

 

 

 

視覚的なハウツーの場合に、スマートディスプレイは、音声と画面を組み合わせて人々をガイドします。

 

 

もちろん、2つの注意事項もあります。例えば、ニュースコンテンツにおいてGoogleは、すでにGoogleニュースに参加している投稿者のコンテンツのみを許可します。よくある質問とハウツーは、スマートディスプレイでしか機能しません。スマートディスプレイは開発者向けプレビュー版のため、まだ一般公開されていません。もし興味があるものへの登録をしたければ、今こそ始める時です。

 

 

データ構造の調整は最小限にしましょう

 

 

既に、図式を作るために投資しているのであれば、必要なコードの追加は難しいことではありません。ここには、必要なものと推奨プロパティの区別があります。時々Googleは、エラーをなくすために更なる追加を求める時があります。完全に形成された構造化データは、豊富な結果を得るチャンスを高める可能性があります。または、アシスタントがアクションをプルアップする可能性があります。

 

 

いくつかのデータタイプにおいては、スマートディスプレイに表示させるために、データ構造の特定の部分を追加しなければなりません。例えば、レシピを見ているとしたら、豊富な結果を得るために“recipeIngredient”“recipeInstructions ”による検索をお勧めしますが、スマートディスプレイでガイダンスを得なければなりません。しかし、完全なレシピデータ構造の実装を構築する場合には、これを追加しますか?

 

 

Yoast SEOのデータ構造コンテンツブロックで、ハウツーとよくある質問の図式を追加することは簡単です。WordPressブロックエディターで投稿を開き、単純にブロックを追加すれば良いのです。関連するコンテンツで満たされ、良い状態になるでしょう。

 

 

 

 

フィールドに入力するだけで、有効な構造化データでハウツーを作成できます。

 

 

サンプルコードと必要なプロパティに注意してください。Googleは、定期的に変更する傾向があります。また、ドキュメントとテストツールを、常に同じページに置かないということを覚えておいてください。最後に、データ構造は検索エンジンが決断した豊富な結果に結びつく、という保証はないということを忘れないでください。

 

 

話せる図式

 

 

他の関連する新しい追加図式は、話せるプロパティです。これは、あなたのコンテンツに人々を惹きつけるアクションではありません。しかし、ウェブページのどの部分がオーディオプレイバックに一致するかを教えてくれます。これは、あめりかのGoogleニュースコンテンツでのみ使用されています。しかし、最近Googleは、他のタイプのコンテンツのためにも公開しています。適切に設定すると、Googleアシスタントがコンテンツを読み上げ、属性を設定し、完全なURLをデバイスに送信します。現在ベータ版ですが、マシンが読み込めるかどうかを判断するのに役立つ、優れた方法です。

 

 

ウェブサイトオーナーにとっての音声の価値

 

 

現在、たくさんのことが起こっています。音声検索を強化するテクノロジーは、人々がどのように伝えたかを、検索エンジンがより理解するのに役立っています。質問に対してより良い返答をするにあたって、検索結果を改善するため、これらの洞察を使用することができます。また、より良い仕事ができるよう、新しいアプリケーションを開発することもできます。しかし“普通”のウェブサイトにとって、音声はどのような価値があるのでしょう?

 

 

ほとんどのウェブサイトにとって、細かな音声戦略を持つことには価値がありませんん。しかし、あらゆる種類のアシスタントにアクションを構築し、最高の結果を期待することは、それほど費用対効果が高くありません。スニペットを得るための戦略を持つことが重要です。これは、あなたが持っている、または制作できるコンテンツに基づいており、検索と音声の2つの場所で同時に働くというボーナスが追加されています。

 

 

追加で、少なくともGoogleの音声検索で、データ構造がデータを提供することに焦点を当てます。Googleがデータ構造を一生懸命プッシュしているので、来年、もっと多くのことが起こってもおかしくありません。Googleにとって、図式構成データはウェブサイトのコンテクストレイヤーを提供します。知識グラフ、言語処理、コンピュータービジョンを組み合わせて、Googleは世界を理解するための準備を進めています。

 

 

結論

 

 

この記事では、Googleなどの検索エンジンがが音声アシスタントに答えを提供する、いくつかの方法を述べました。現在あなたは、音声の価値をよく理解しているはずです。音声検索戦略を決める時には、ぜひこのことを思い出してみて下さい。

おすすめ新着記事

おすすめタグ