プログラミング

プログラミング

新しいテスト方法を知って効率UP!役立つソフトウェアテストのトレンド8選

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、8 SOFTWARE TESTING TRENDS FOR 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

154 views

読了時間 : 約4分11秒

ソフトウェアテストの役割は日々拡大しています。今日では、単にミスを見つけて製品を改善するだけではありません。今は、プロジェクト承認の段階から始まる長期フェーズになっています。例えば、製品アイディアの調査、可能性のある脅威の予測、ユーザー行動の分析などがテストの一部になっています。


プロジェクトの引き渡しや立ち上げ期間は明らかに削減されてきています。しかし、パフォーマンス要件は増えています。これにより、従来のテスト方法を捨て、2020年の新しいテスト方法のトレンドが確立します。これから2021年おすすめソフトウェアテストをご紹介します。

 

AI、機械学習

情報技術の最近の進歩のほとんどは人工知能とニューラルネットワークに関係しています。AIと機械学習はソフトウェアテストに大きな影響を与えています。


1.AIツールはほとんど人間の監督なしにゼロからQAチームがデザインテストをするのを助けます。
2.AIはテストの対象を増やす為に、要求されたトレーサビリティーマトリクスを構築します。
3.ユーザー行動に基づき、機械学習は潜在的な課題や脅威をより早く予測できます。
4.AI機械学習は誤りの識別と追跡の精度を向上させるのに利用されます。


このような方法で、人工知能はプロジェクトテストチームの業務をシンプルにしてくれます。これにより、クオリティの高いコードやUIを実現します。

 

自動化

テストの自動化はAI開発の結果として開発されています。QAチームはテスト内容を管理するより新しい経験を開発することに時間や労力を使うことができるようになります。


専門家は、自動化されたテストプロセスの数が将来的に増加し、チームがそれぞれのテストプロセスを常に立ち上げる必要がなくなると予測しています。だからこそ、新しい変化に注目し、正確に把握する必要があるのです。


自動テストは手動を完全に置き換えるものではありません。ユーザー体験に影響する要素の場合は特にそうです。もし、間違ったプロセスを自動化してしまったら、大問題になります。


なので、2021年のトレンドはテストの自動化ではなく、手動と自動のバランスを見極めることです。

 

継続的インテグレーションおよび継続的デリバリー(CI/CD)

ビジネスプロセスを改善しようとしている全ての企業は、CI/CDに興味をもっています。この原理は、重要なITシステムの運用をスムーズにします。


このコンセプトの本質は、異なるタイプのコードをデプロイするソフトウェア開発のすべてのステージに自動テストが含まれていることです。


利点としては、プロジェクトの最終段階ではなく様々なバグをすぐに特定できることです。こうすることで、遅延を防ぎすべてのエラープロセスを改善します。また、CI/CDは、DevOpsのコンセプトを最大限に実践することができます。

 

テストセンターオブエクセレンス(TCoE)

人々は何年もTCoEを話題にしてきました。にもかかわらず、いまだ全範囲に実装できていません。専門家たちは再び、TCoEが2021年のトレンドになると予測しています。


TCoEは、全プロジェクトが展開される際に従うことのできる再生可能なテストフレームワークと基準を開発することに注力したチームです。


このような中心を作る理由は、新しい基準を作る必要性があるからです。チーム内のワークフローや相互依存を改善してくれます。さらに、TCoEは以下を可能にします。


・質を下げずにテスト時間を削減
・効率的な自動テストのための基礎を構築
・会社の品質保証のフレームワークを調整

 

パフォーマンステストの代替

ハイパフォーマンスの達成が以前はソフトウェア開発の主要タスクでした。しかし、最近は以下コンポーネントについても同じように開発者は取り組む必要があります。


・セキュリティ
・ユーザビリティ
・事業価値
・シンプルな構成


そのため、パフォーマンステストを行うだけでは十分ではありません。それぞれのコンポーネントについても気にかける必要性があります。つまり、テストの優先順位はもはや一つの要素だけではないのです。QAチームはより詳細にコンポーネントを監視しなければいけません。

 

IoTテスト

モノのインターネットは急速に発達している概念の1つです。5G基準がまもなく適用されます。これにより、大幅に帯域幅とネットワークスピードが増します。さらに、ウェアラブルの信頼性も向上するでしょう。数千個の新しいIoTサービスが世の中に出回るでしょう。


ソフトウェアテスターはこのような状況に備える必要があります。モノのインターネットは新しいデバイスそれぞれに新しいプログラムをセットすることです。まず、すべてのリスクやIoTツールのもつ脅威を説明する方法に焦点をあてる必要があります。その後で、それらの問題を素早く軽減する基準を開発する必要があります。


IoTソフトウェアテストは以下をテストすることです


・セキュリティ
・使いやすさ
・互換性
・データ整合性
・パフィーマンス


全てのネットワークにつながって以来、セキュリティは鍵となるでしょう。さらに、IoTデバイスや関連サービスはユーザーに通知せず情報を収集します。最後に、需要の広がりによって、いくつかの企業は、セービスを早く出すためにセキュリティ部分を無視するかもしれません。

 

 

アプリセキュリティテストの開発

例えIoTをあまり利用していなかったとしてもあなたは常に危険にさらされています。その大きな理由は、PCやスマートフォンで多くのアプリを利用しているからです。


すべての新しいソフトウェアは、ユーザーにとってチャンスであると同時に、潜在的な脆弱性もあります。そのため、テストチームはアプリに侵入の可能性がないかチェックするための基準やアプローチを開発する必要があります。


さらに、企業向けソフトウェアのテストにも注力しています。近代の事業は全て沢山のソフトウェアを利用しています。たとえちょっとの脆弱性でもチームの効率に大きな影響を与える場合もあります。

 


セキュリティは重要な側面の一つであり、効率的なソフトウェアを作成するための十分なアプローチがあるため、パフォーマンステストは後回しにされます。さらに、新しい脆弱性はすぐに現れます。

 

 

主要テストツール

ソースコードを閲覧、編集できることは品質保証チームにとって重要です。カスタマイズはチームの作業を効率的にし、新しいテスターたちにもスムーズな学習曲線を提供し、より精度の高いプロジェクト要望にも対応します。


そのため、もう一つのトレンドはソフトウェアテストにオープンソースツールを利用することです。それらは、ソフトウェアテストをより個別化、革新的で、実験的にします。



行き詰っている全てのテスターは、以下ツールの利用をおすすめします。


・Selenium
・Robotium
・Jmeter


上記のツールは品質保証、エラー発見のためのツールで、ソフトウェアを完璧なものにします。しかし、テスターは新しいトレンドをチェックしておかねばなりません。新しいIoTデバイスの出現によって新しいテストツールが開発されるかもしれないからです。

 

テスターの重要性は数倍に

ご覧の様に、2021年は全ての分野でソフトウェアの大きなアップデートが行われます。開発段階でできるだけ早くバグを見つけることが重要です。予測によると、テスターと品質保証チームの重要性は増すといわれています。


まず、彼らプロジェクトのすべての段階でより密接に開発者と作業をします。さらに、ソフトウェアの品質や優位性はコードよりも彼らにかかっています。


最後に、テストそのものの重要性が高まったことで、企業はこの要素にかなり大きな予算を割くようになります。そうしないと、質の低い製品をリリースしたり、セキュリティシステムの脆弱性を見逃したりする危険性があるからです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ