プログラミング

プログラミング

効率も安全性もアップ!クラウド移行とは?クラウド移行サービスの選び方

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、13 Best Cloud Migration Services In 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

61 views

読了時間 : 約10分24秒

もしあなたのビジネスがまだ不格好な自社運用のインフラに頼っているなら、競合他社を出し抜くためにもクラウドへ移行する必要があるでしょう。クラウド技術は近年目覚ましい発展を遂げており、サービスをクラウドへ移行するには絶好のタイミングです。これにより軽快、拡張的、柔軟なサービスになるのです。

 

実際クラウドへ移行する意味は?

クラウド移行は、ビジネスデータとアプリケーションを既存の自社運用のITインフラからクラウドコンピュータ環境へ移行する過程のこと。それは例えば、ビジネスアプリをAzureからAWSへ移行するといった、別のクラウドへ移行することも含みます。

 

しかしながら、仕事量とアプリケーションをクラウドに変えるには、入念に練られた戦略と技術が必要です。そこでクラウド移行ツールが手軽です。

 

以下に、ビジネスコンテンツを移行するという不確かさと苦しみを、効果的に徹底的に解決してくれる、いくつかのクラウド移行サービスを挙げます。

 

Aspire System

<長所>
・特定のクラウド環境に適応するため、アプリケーションの再設計と再構築を行う
・AzureとAWSクラウドインフラに適している
・検査実施済み、品質保証付き

 

<短所>
相談サービスが高価

 

☆小さなビジネスの移行とアプリケーションの再構築に最適

 

Aspire Systemは、コンピュータの停止期間を最小限にし、経済規模を拡大すると同時に、最も効率的にクラウド実行を始めるために、Cloud Migration Enablerと呼ばれるツールを発達させました。これによって、物理的資源の要求と経費が減り、生産性が上がりました。

 

この企業はまた、クラウドの包括的な状況分析の記録や移行計画の基準となるようなクラウドの発展に貢献しました。ここには近年のインフラや仕事量、サーバーの構成、セキュリティ関連の分析も含まれます。

 

一旦適切にすべてが記録されれば、カスタマイズされた移行計画が定式化します。専門家たちが膨大な努力で移行過程の全ての困難に対処してくれるので、技術についての心配は無用です。

 

Zerto

 

<長所>
・データを失うリスクがない
・停止期間がほぼない
・ワンクリックで復旧可能
・初期設定の後のネットワーク設定が自動化される

 

<短所>
・ユーザー接続が改善される可能性がある
・他のプラットフォームに比べて高価

 

☆数回のクリックで仕事量を他のクラウドタイプに移行するのに最適

 

Zertoは仕事量を他の記憶装置プラットフォームや、私有もしくは公共マルチクラウドなどを含む、クラウドタイプへ移行しやすくします。これにより、コンテンツの保護、移行、保存を完全にコントロールできます。

 

Zertoはコンテンツがバックグラウンド移行される割合を調整できるという処理能力の調節ツールに注目しています。その移行をよりスムーズにするために新しいターゲットのサイトに事前準備をすることさえできるのです。

 

そのプラットフォームのおかげで、コンテンツをすばやく入手でき、移行中のコンテンツは生産に少し遅れをとります。一旦移行が完了すれば、アプリケーションをテストし、成功を証明することができます。もし経験したことのないエラーに遭遇したら、コンテンツを元の状態に修復するオプションがあります。

 

Navisite

 

<長所>
・事業中断がない
・柔軟な展開オプション
・必要な容量とサービスだけ有料
・知識豊富なスタッフ

 

<短所>
・チケット販売システムがとても遅い

 

☆全てのクラウド移行過程を通して信頼できる専門家を探すのに最適

 

Navisiteのエンジニアチームは、全てのクラウド移行のライフサイクル、計画や初期評価からカットオーバーの生産と現行のサポートまでを通して、あなたを案内します。

 

3つの移行サービスがあります。

 

・AWS Managed Serviceは、AWSクラウドの配置や動作、管理する様々な資源にアクセスできます。
・Azure Managed ServiceによりAzureクラウド配置を管理し監視することができます。
・Oracle Database Refactoringは、最適な実行を保証すると同時にOracleから退く方法を提供します。

 

Navisiteの最大の魅力は、何百もの自社運用の仕事量を様々なクラウド環境へ移行した専門家を多く保証していることです。アプリケーションやデータが熟練の手によって扱われていることを知ると安心できます。

 

Cuelogic Cloud Migration

 

<長所>
・事業中断がない
・クラウド移行行程の中でDevOpsを統合する
・個人向けトレーニングと採用計画
・30%までコスト削減

 

<短所>
・経験が限られている(あまり大きなクライアントを持たない)

 

☆防犯上の欠陥とデータ規範の損失なくデータを移行するのに最適

 

Cuelogic Cloud Solutionsによって、安心して移行できます。アプリケーションを移行するしないに関わらず、プロバイダー間の変換、もしくはハイブリッドアプローチの探求によって、Cuelogic は効率的な計画の確立と実行を助けます。

 

アプリやデータ、全てのインフラの移行のために、カスタマイズされたツールとサービスを提供します。防犯上の欠陥とデータ規範の損失なく仕事量を動かすことができます。一つの計器盤から全てを監視することができます。

 

一旦クラウドに移行すれば、Cuelogic 開発者たちは、重大なメートル法を追跡すると同時に、インフラ管理のほとんどを自動化し、自動化されたモニタリングツールを設定します。
これにより開発の主導権に注力しより早くフィーチャーを公開することができます。

 

NetApp Cloud Sync

 

<長所>
・使いやすいウェブベースのGUI
・大量の仕事量を断続的に同期する
・詳細な監査と調査
・コストパフォーマンスがいい

 

<短所>
・カスタマーサポートが遅い

 

☆ファイルベースのデータセットをクラウドへ素早く転換し複製するのに最適

 

NetAppは、クラウドレプリケーションと、自社運用とクラウドオブジェクト記憶装置間の移行のための同期ツールを提供します。確実な方法で、ファイルをプラットフォームとオブジェクトストレージ間で動かすことができます。

 

データブローカーは、ソースと標的間の同期関係を管理します。一度同期関係を構築すれば、ツールがあなたのソースシステムを自動的に抽出し、いくつかのレプリケーションストリームに分裂、指定のターゲットロケーションへ設置します。そして決められたスケジュールを基に変えられたデータと同期します。

 

NetAppはビッグデータ分析も提供し、データドリブンのビジネス決定事項について知ることができます。

 

VMware Cloud Solutions

 

<長所>
・一貫性・信頼性のある動作
・アプリケーションの移行、動作、検証についての選択肢がある
・インフラ管理の負担を軽減
・元のAWSサービスの利用を促進する

 

<短所>
・VMwareの運営調整が限られている

 

☆AzureやAWSへの迅速な仕事量の移行に最適

 

一般的な移行過程は、計画・構築・移行の3つの段階に分けられます。各段階で、VMware Cloud Migrationは移行に必要なツールと指示を与えてくれます。

 

主に3つの製品があります。

 

・VMware Cloud Foundationは、公共と私有環境両方のアプリを作動させるために、統合されたクラウドインフラとクラウド管理サービスを提供します。
・VMware HCXは、アプリ移行と、データセンターとクラウドを再び調和させる仕事量を合理化します。
・VMware Cloud on AWSは、Amazon AWS上に構築されたvSphereベースの一貫性のあるインフラにより、クラウド移行を促進します。

 

消費者は、Azure VMware Solution、Oracle VMware Solution、VMware Cloud on Dell EMC、Google Cloud VMware Engineなどの多くのプロバイダーの中から選択することができます。

 

一度、仮想マシンを自社運用のデータセンターからクラウドへ移行すれば、アプリケーションの利用者によってその結果を検証することができます。

 

Cognizant Cloud Migration

 

<長所>
・ユーザーインターフェースが理解しやすい
・カスタマーサービスチームが手厚い
・フルスタックの発見や方法論評価を利用できる
・価格帯が画一化されている

 

<短所>
・特別な注文がない限り、詳細な情報が開示されない。

 

☆企業アプリケーションを効率的にスムーズに移行するのに最適

 

Cognizant Cloud Migrateは包括的な資源を提供し、フルスタック移行のために構成されリスクが軽減されたアプローチによって、ビジネスがクラウド理論を実行するのを助けます。

 

この資源とは、データやアプリケーションをスムーズに他のクラウドベースの環境へ移行するのを確実にする、自動操作や防犯ツールを含みます。例えば、AppLensという名のAI搭載のツールはメンテナンス不要で移行を促進します。

 

インフラをコード化する生成プログラムは、ストレージやデータベース、コンテナ化サービスなどのクラウド資源のためのコードを作成しやすくします。

 

Cognizantの自前プラットフォームは、サーバーレスな構造の上に構築されています。これが多くのコンテンツ移行作業を補助し、修正不要でアプリケーションのコンテナ化と移行を可能にしているのです。

 

Accenture Cloud First

 

<長所>
・インフラを完全に読み込み、最適な結論を割り出す。
・アプリケーションを優先させるディペンデンシーを見つける。
・カスタマーサポートが手厚い

 

<短所>
・より動的なフレームワークが必要となる。

 

☆構造、アプリケーション、クラウドデータの再構築に適している。

 

Accenture Cloud Firstは、クラウド移行過程に伴う複雑性の操作を助けます。彼らの前衛的なクラウド移行フレームワークは、全てのクラウドモデルや様々な伝達モデル(SaaSやPaaS、laaS)にわたって事前に構成された業界固有のツールや技術、自動操作を伴います。

 

例えば、myNavは、作業モデルや業績といった、不確定要素を分析し、ニーズに合った最適な解決策を導きます。
myWizardは、タスクの流れを自動化し、時間を節約してコントロールのポイントを提供します。

 

またAccentureは、専門家チームによって正しいクラウド理論や作業モデル、手引きに辿り着くのを助けます。彼らは、確実でコスト効率の良い方法で、クラウド移行をスムーズに実行してくれるのです。

 

PlateSpin Migrate

 

<長所>
・安全な移行のために集約された検証
・ブロックレベルのレプリケーション
・全てのサーバーの移行がどこへでも可能
・40のサーバーまで同時移行が可能

 

<短所>
・比較的高価

 

☆AzureやAWSへの迅速な仕事量の移行に最適

 

Micro Focus PlateSpin Migrateは、データセンター内の異分子を、x86ベースの仮想的、物理的、あるいはクラウドインフラへ移行します。これによりソフトウェア内(OS、アプリやデータ)から作業負荷インフラが除去され、いくらでも移行が可能になります。

 

PlateSpinによって、カットオーバーの前であっても、仕事量を手軽に構成、作動、検証することができます。移行速度や成功率を上げるためのオプションがあり、移行プロジェクト全般のコスト削減に役立ちます。

 

以上から、このプラットフォームは大量のサーバーをインフラ境界上で移行するのにとても効率が良いとわかります。55,000以上ものハードウェアドライバーをサポートし、各サーバーの移行作業を検証する必要性を自動的に認識します。

 

Carbonite Migrate

 

<長所>
・停止期間がほぼない
・ほぼ全てのプラットフォームで動作する
・集約と自動操作のための包括的なSDK
・AES256ビットの暗号化

 

<短所>
・複数のクラウド環境での使用が困難

 

☆システムからシステムへのリアルタイムな複製に最適

 

Carbonateによって、最小のリスクと停止期間を持たずして、仮想の仕事量を多くの有名なクラウド環境へ簡単に移行できます。移行過程の各段階には多くの選択肢があります。

 

例えば、以下のような設定があります。

 

・規則的な間隔でデータを複製する
・動作を中断することなく、新しいクラウドサーバーで制限なく検証をする
・新しいサーバーをカットオーバーすることで、停止期間をほぼなくす
・各ファイルと配列の正確な複製を保証する

 

過程を通してこのツールは、ターゲットのサーバー上でコンテンツと配列の正確な複製を保存する資源から、断続的に複製します。

 

Carbonateは、AWSやVMware、Google Cloudといったほぼすべての有名なクラウドプラットフォームをサポートします。そしてMicrosoft Hyper-VやVMware ESxi、vSphereのネイティブ統合も提供します。

 

大手クラウドプロバイダーによるサービス

Google Cloud Migrate

Google Cloud MigrateはGoogle Cloud上でアプリケーションの書き換えやイメージ変更、管理過程を修正することなく、アプリケーションの移行・動作を助けます。移行時間を短縮するために、ストリーミング技術を搭載しています。

このサービスは、有益な助言を提供してくれるので、適切な実例を選ぶことができます。組み込み試験やロールバックオプションを採用しています。

 

Azure Migrate

Microsoft Azureは、仕事量をAzureクラウドへ移行するのを簡単にし、また多くの場合完全に自動操作化させるのを助けるような資源やツールを提供します。

 

ここには、仮想マシンを自動的に移行するAzure Migrate Serviceやデータ変換のためのAzure Data Migration Assistant、データをAzureデータセンターへまとめて移動するためのAzure Data Boxが含まれます。またあなたの進捗を追跡し、鋭く洞察する中央計器盤も設置されています。

 

AWS Migration

AWS migration serviceは、ウェブサイトやアプリケーション、データベース、ストレージ、物理的サーバー、仮想サーバーを自社運用の環境もしくは他の公共クラウドからAmazonクラウドへ移行するのを簡単にします。

 

この企業は、移行過程の各段階を簡素化させ促進するため、AWS Prescriptive GuidanceやAWS Migration Acceleration Program(大規模なビジネス向け)など様々な移行ツールやサービスを提供します。

 

よくある質問

クラウド移行のメインステージは?

移行理論には5つのステージがあります。

 

1. リホスト:「リフト&シフト」とも言われ、修正を施すことなく物理的もしくは仮想的サーバーを動かすこと。
2. リプラットホーム:自社運用のインフラを管理されたサービスへ移行するように、ほぼ最適化することなくアプリケーションをクラウドへ移行すること。
3. 再購入:現存のライセンスモデルに少しの変化を加えてクラウドへアクセスする方法。
4. リファクター:PaaSやSaaSベースの技術を買収するためにアプリを修正することを指し、これにより移行過程のコスト効率が上がる。
5. リタイア:コストを節約するため、不使用のアプリケーションから他の従属アプリを取り除くこと、もしくは集約すること。

 

クラウド移行の利点は?

クラウド移行の主な利点は、手頃なコストで仮想の無制限なコンピュータへアクセスできることです。他の利点は以下の通りです。

 

・使う分だけの資源が有料
・ビジネスアプリケーションを迅速に発展、検証、使用開始可能
・ほとんどのクラウドプロバイダーが、データバックアップやウイルス発見ツールを提供している
・設備のメンテナンスについての不安がなくなる

 

クラウド移行の最大の課題は?

時には、思うようにアプリケーションが動作しないことがあります。これは、多くの場合、非クラウドアプリにおける、待ち時間や相互運用性、ディペンデンシーが不足していることや、セキュリティ関連が原因です。

 

また、もし事前に正しく潜在的な経済効果を分析することができていなければ、クラウド移行は費用のかかる取り組みです。これは、クラウド移行やクラウドプラットフォームの使用、長期的な実行からくる金銭的リスクによるためです。

 

こうした経費の不意打ちは、クラウドベンダーと念入りにビジネス目的と必要条件、あなたのIT運用の状態、利用可能なクラウドオプションを確認することで免れることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ