プログラミング

プログラミング

【仮想通貨】プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンの違いを理解しよう

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Private Blockchain vs Public Blockchain
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

460 views

読了時間 : 約5分55秒

ブロックチェーンは、決済システムの開発からIoTまで、あらゆるところで使用できるユニークで独創的なテクノロジーで、これを「新しいインターネット」と呼ぶ人たちもいます。実際、あらゆる種類の取引を記録するようにプログラムできるデジタル取引記録というアイデアは、仲介者や制限なしに直接他の人と重要な情報を交換したいと考えているユーザーには魅力的です。

 

しかし、もう一つ覚えておかなければならないことがあります。1つ1つのブロックチェーンはすべて異なっています。さまざまなブロックチェーンタイプの主な機能に関する知識は、暗号通貨の投資家や暗号通貨に関わるビジネスオーナーにとって有益です。ここではプライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーンの違いを見てみましょう。

 

まず、ブロックチェーンを定義することから始めるのが良いかもしれません。

 

 

ブロックチェーンとは何か そして何のためのものなのか

最も基本的なレベルでは、ブロックチェーンは、すべての人の公正さを保つために、複数の関係者がネットワーク上で共有する一連の取引記録です。エンドユーザにとって、基本的なブロックチェーンの技術には、冗長性と対腐敗性2つの利点があります。

 

 

もう少し詳しくみてゆくと、共有取引記録のより素晴らしい性質を見つけることができます。したがって、ブロックチェーン技術を利用することに決めたのなら、次のことが期待できます。

重要なデータの単一ソース。ネットワーク内のすべてのユーザーは常に同じ情報源を参照します。この性質は、医療へのブロックチェーンの導入に決定的な利点をもたらします。

厄介な人為的エラーの早期検出。ネットワーク内のすべての関係者の同意が必要となるために、すべての人間またはアプリケーションのエラーを簡単に検出して修正することができます。

高いセキュリティレベル。必要に応じて、可能性のある詐欺行為につながる「不快な状況」を防ぐために、すべての当事者の取引記録を比較することが可能です。

仲介者の排除(ディスインターミディエーション)。この言葉は読みにくいよう感じるかもしれませんが、必要なパーティーに接続するための追加の仲介費用は必要でないという意味です。

より良いカスタマー体験。ネットワーク内のあらゆるメーカーや顧客とビジネスを行うことができます。

監査の透明性。

 

 

 

ブロックチェーンは様々な側面を持ちます。

 

2015年には、Ethereumの共同創設者であるVitalik Buterinが、ブロックチェーンを3種類に分類しました。

パブリックブロックチェーン:自由に行われた取引の記録。

コンソーシアムブロックチェーン:コンソーシアムが所有する取引記録。すべての取引は、コンソーシアムによって選択されたノードによって調整されます。

完全にプライベートなブロックチェーン:中央権力によって整理された取引記録。

 

 

同時に、イギリスの政府科学顧問であるMark Walport卿は、異なるブロックチェーンの分類を発表しています。

– 許可されていない(オープン)公開取引記録。

– 許可された(クローズド)公開取引記録。

– 許可された(クローズド)プライベート取引記録

 

 

 

 

プライベート対パブリック

 

ほとんどの場合、混乱や誤解を避けるために、パブリック(オープン)とプライベート(クローズド)の2つの主要なブロックチェーンタイプにしか区別しないことがよくあります。第1のタイプは、最初は未許可(クローズド)の取引記録への入力のリストを含みます。 2番目は完全にオープンで、監督当局は必要ありません。

 

ブロックチェーンの違いを理解するために、以下のクイズに挑戦してみましょう。

1.取引記録エントリを作成できるのは誰ですか?

2.最重要データにアクセスできるのは誰ですか?

3.ネットワークの整合性に責任があるのは誰ですか?

 

 

 

とてもよく似ていて・・・

 

ここまでは問題を非常に単純化して説明してきました。しかし、既存の方法では、前述の2つのブロックチェーンタイプの違いを感じるのはそれほど簡単ではないことがわかります。その理由は、パブリックチェーンとプライベートチェーンに共通する点がいくつかあるということにあります。ここでは、それらのいくつかを示します。

– どちらも、共有取引記録を使用する分散型P2Pネットワークです。そのようなシステムは、信頼性の高い暗号化交換プラットフォームを構築するために使用されるのが典型的な利用例です。

– 両方とも特別なルール(コンセンサスメカニズム)を使用して取引記録の内容を整理します。

– 詐欺師やハッカーとの衝突の場合にもレジストリの完全性を保証します。高レベルのセキュリティを提供するリストをチェックすることができます。

 

 

 

・・・そして全く異なる

 

一般的に、特定のブロックチェーンの種類を使用する必要性は、必ず満たされなければならないユーザーのニーズに基づいています。一部の企業は、活動の特定の性質上、オープンなネットワークという考え方を支援していません。代わりに、そういった企業は独占的にすべてのトランザクションを制御する機会を提供してくれるプライベート(クローズド)ピアツーピアネットワークで取引を行うことを好みます。パブリックブロックチェーンでは、どの参加者もトランザクションを作成および監視できます。特別なアルゴリズム(作業証明または取り分の証明)を使用すると、システムはかなり高いセキュリティレベルを実現できます。

 

 

 

 

 

公開取引記録の利点

 

おそらく、オープンなブロックチェーンの主な利点は、監督当局が存在しないことです。開発者、採掘者、製造業者、顧客を含めたあらゆる人々が、ネットワーク内で取引をすることができます。また、オープンなネットワークでは、メンテナンスコストが最小限に抑えられた分散型アプリを開発できます。公開取引記録に関するその他の利点と欠点には以下のようなものがあります。

 

検閲が無い。オープンなシステムでは、他の部分を気にせずに重要な要素を変更するのは非常に困難です。その結果、公開取引記録はより良い信頼レベルを提供します。弱点は実際しばしば強みとなるのです。

強力なネットワーク効果。オープンシステムでは、開発者は新しいアプリケーションにユーザーを集める機会が増えます。重要な点は、公開取引記録のすべての部分へ、地球のどこからでも直接接続できることです。そのため、情報は一気に拡散します。通常は、ウェブウォレットが利用可能なアプリをサポートして情報を得られるようにするだけで十分です。

公正な価格でのデータセキュリティ。さらに、ハッカーが公開取引記録を攻撃するためには、本当に強力な手法が必要になります。つまり、パブリックネットワークをハッキングすることは、最も意志の強い侵入者にとっても効率が良くないということです。

 

 

 

プライベート取引記録の利点

前述のように、プライベートブロックチェーンは、各パート間のトランザクションへのアクセスを制限します。トランザクション検証、監査、データベース連携などの重要な機能の全ては、限られた人たちにしか利用できません。言い換えれば、プライベート取引記録は、独自のルールセットを持つ集中管理システムです。率直に言えば、クローズドブロックチェーンは、従来のデータベースと機能的にはほとんど変わらないことがよくあります。データベースと同様に、プライベート取引記録は、アクセス権、複数の入力の検証、複数コピー、追加のみの書き込み、およびアクセスするすべての人のログを提供します。それでも、プライベートブロックチェーンには利点があります。

 

 

より安価な取引。公開取引記録とは反対に、閉鎖されたネットワークであるため、関係者間のすべての取引は、権限を与えられた少数の人によって検証されます。

– プライベート取引記録は、最も容量の小さいネットワークでの、より高いトランザクション速度(TPS)を誇ります。

迅速なトランザクション検証。

トランザクションのロールバック。必要に応じて、取引記録を所有している会社が取引を取り消し、残高を変更することができます。時には、そのアプローチが功を奏し、貴重な資産が不正行為をはたらいた者に移るのを防ぐことができます。

 

 

 

結論

 

お分かりの通り、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンは全然違うものです。 「プライベート対パブリック」ではなく「プライベートとパブリック」と言うほうが真実に近いでしょう。各システムにはそれぞれ長所と短所があります。あなたが本当に決めなければならないのは、どのタイプのブロックチェーンがあなたの現在のニーズを満たすかということだけです。

 

もう一つの良い知らせは、Nuco Inc.によって実装されたDubbed Aionのようなプロジェクトがあることです。これらのプロジェクトの主な目的は、異なるネットワーク間で安全かつ高速なデータ転送を確保するためにプライベートとパブリックの取引記録を組み合わせることです。

 

 

 

※本記事は、Private Blockchain vs Public Blockchainを翻訳・再構成したものです。

 

 

▼こちらの記事もおすすめです!

 

おすすめタグ