プログラミング

プログラミング

Googleの新しいメタロボット制御に対応できるYoast SEO12.2が発売される

Yoast

The mission of Yoast is SEO for Everyone. We want to give everyone the opportunity to rank in the search engines. Our SEO plugin, blog posts, and online courses should enable both large companies as well as small websites to attract the traffic they desire.

本記事は、Robots meta changes for Google
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

553 views

読了時間 : 約1分46秒

Googleは新機能について発表することがあります。私たちは、なぜそんなことをしたのかと疑問に思うこともあるでしょう。今週 Googleは新しいメタロボット制御を導入しました。これにより、サイトは検索結果におけるスニペット表示を制限できます。これには理由があるはずですが、はっきりと公表はされていません。

 

新しく導入されたメタロボット制御を使用すると、次のようなことができます。サイトから200文字以上は表示しない 、または画像を見せないなどです。私たちにとって意味のない事ですが、なぜそうするのでしょうか。

 

 

フランスの著作権法

視点を変化してみましょう。フランスは新しい著作権法を導入しました。これはヨーロッパの新しい著作権法の最初の導入です。

 

私は弁護士ではありませんが、Googleがこのブログ投稿で説明しているように、発行者はスニペット表示をオプトインする必要がありますが、以前はオプトアウトする必要がありました。ブログの投稿はフランス語ですが、その下部に英語版があります。

 

新しいメタロボット機能を使用して、全てのディスプレイにオプトインすることもできます。基本的に、メタロボットを使用して、スニペットテキスト、ビデオ、画像を表示するようにオプトインします。

 

このフランスの法律は新しいヨーロッパの法律を導入しているため、ヨーロッパ全体でこの著作権法が同様のものを必要とする可能性があります。スニペットを失いたくない場合、より多くの国がオプトインする必要があることを意味します。もちろん、どうなるかわかりませんが安全策をとるだろうと予想します。

 

 

Yoast SEOへの簡単な変更

これは非常に多くの国に影響を及ぼす可能性があるため、すべてのYoast SEOユーザーに変更を加えることにしました。そのページがまだnoindexまたはnosnippetに設定されていない場合、すべてのページのメタロボット文字列に次のビットが追加されます。

 

max-snippet:-1、max-image-preview:large、max-video-preview:-1

 

これにより、誰も予想外のことに遭遇することがなくなり、ヨーロッパで法律が変更されても対応する準備が整いました。

 

 

ロボットのメタ値を変更

ロボットのメタ値を変更したい場合は、私たちのコード内にあるフィルターを使用して変更できます。このフィルターはwpseo_robotsと呼ばれいつでも使用できます。

 

 

Yoast SEOを使用してオプトイン

これは、Yoast SEOの全てのスニペット機能にオプトインしていることを意味します。Yoast SEOを使用して検索結果を最適化する場合、それが最善であると言っていいと思います。同時に、これらの値をよりきめ細かく制御したい場合は、コメントでお知らせください。

 

これらの変更を含むYoast SEO12.2は、10月1日にリリースされます。スキルを高めたい場合は、こちらをご覧ください。

おすすめ新着記事

おすすめタグ