プログラミング

プログラミング

PR

テクノロジーはどう進化するのか

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Technological Trends 2019
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

468 views

読了時間 : 約4分55秒

過去数年間にわたる技術の開発は、急速に発展しました – 予想外、ある意味では恐ろしいことさえ起こっています。 生活のさまざまな分野に人工知能が導入され、現実の対象物のデジタルな”双子”が開発され、他にも多くの出来事が私たちの心を揺さぶり、あいまいな印象をも与えてます。

 

この分野は予測が難しいという事実の一方で、明らかに数多くの傾向が存在しています。 人工知能(AL)の使用 は、来年もさまざまな技術分野に影響を及ぼし続けると考えられます。

 

OrlandoのDavid Shirleyの専門家は昨年、2025年までにすべての市場において、自社に積極的にAIを導入するようになると述べました。 AIの使用は、次のような分野で期待されています。

– 新しいビジネスモデル、さらにはエコシステムの開発。

– 意思決定の改善。

– 顧客行動パターンに関する研究。

 

AIはビジネスプロセスを最適化することができます。 しかし、その一方で、倫理、政治、技術の分野の専門家からはすでに指摘されているリスクが存在します。

 

Gartnerによると、昨年59%の企業がAIに関する情報収集を始めました。 いつ、自身のAI戦略を開発する必要が生まれるのか。 同時に、いくつかの企業は、すでに進歩を重ね、AIツールのパイロット版実装に取り組んでいます。

 

Shirli氏によると、現時点では、人間に取って代わることができるような地球規模のAIを作り出すのには及んでいません。 特定のタスク用に設計され、高度に専門化された人工知能のみということです。 専門家はそんなAIは有望なものであると信じていますので、グローバルなプロジェクトについての考察は研究者と空想科学小説作家に任せましょう。

 

しかし、リスクを過小評価してはならないと考える専門家もいます。 AIに関する公的や政治的な議論の枠組みの中で、あらゆる人工知能をテストするためには、統一されたプロトコルを作成する必要がある、という意見が出ています。 これにより、セキュリティレベルが確認され、悪影響が生じる可能性が低くなります。 このような両極端な意見を考慮に入れると、将来的には、人工知能の研究に焦点を当てた特別な機関を創設することもありえます。

 

AIの最大のリスクは自己改善であるかもしれない、という意見があります。 自己改善のプロセスは、技術が人類にとって危険になることを想像させます。 これは、次の事実から明らかになるでしょう。

– 仕事の数が減る。

– 人々は従業員としての独自性の喪失を感じるようになります。

 

AIの将来の発展に関する予測は非常に困難です。 一方で、2019年に技術革命が起こると信じる理由もありません。さまざまなシナリオが考えられるため、今日の開発がテクノロジーの将来に与える影響を評価することは困難です。 そのようなあいまいさをはっきり示す例としては、サービス数学者Stephen Wolframによる実験を挙げることができます。

 

写真がAIによって認識される彼のサービスImageIdentifyは、ばかげたことや冗談のような現象を引き起こしています。 この人工知能は、帽子のナマケモノを、男とドラゴンのイメージ – アメリカンロブスターと呼びました。

 

2019年の傾向に基づいて将来のAIの開発の見通しや予測について、確実なことを話すことは困難です。ビジネスにおけるAIの使用が、現時点で非常に特殊なタスクを解決することを目的としていることは明らかです。

 

また、いわゆる「スマート」アプリケーションは、AIに基づいて使用されます。 たとえば、仮想アシスタントや企業のアシスタントにすることができます。 企業自体の運用を最適化するための補助ツールもあります。 同じくOrlandoの David Searleによれば、そのようなアシスタントは、彼らの代わりとしてではなく、人々の仕事をサポートするために使われるべきです。

 

デジタルの”双子”

デジタル対応物は、デジタル形式での実世界のオブジェクトやシステムの表現です。 例えば、私たちはグローバルネットワークに接続された技術(インターネットにアクセスできる冷蔵庫など)について話すことができます。こういったデジタル対応物は2020年までに210億デバイスになるかもしれない、という予測があります。 これは、IoTの動向を背景にしています。

 

IoT

 

IoTの外側の空間に関しては、デジタルな双子というのは、物事のためだけではなく開発されています。 シャーリーは、時間が経つにつれて、私たちの世界の大部分の側面のデジタル表現は、その現実の対象と結び付くと信じています。 専門家自身は、バイオメトリックや医療データを持つ人々の将来の双子、ならびに都市全体の双子が、あらゆるシミュレーションを実行することを可能にすると信じています。

 

しかし、そのような傾向が多くのリスクを伴うという事実を無視することはできません。 その中には:

現実世界と仮想世界との間の境界をぼかす。

– プライバシー、医療データ、その他の機密情報の機会。 まず第一に、それはデータセキュリティの保証がありません。 ハッキングなどのリスクは、脆弱性やさまざまな悪影響をもたらす可能性があります。

 

上記を考慮すると、AIの傾向について話すことは区別されることができます。 管理の利便性を向上させる目的でデジタルについて話しているのであれば、上記の2番目の場合よりも、情報セキュリティの問題はより簡単です。 あなたが遠隔で給湯の時間を設定できるようにボイラーをインターネットに接続するという場合は、本格的なデジタルシミュレーションより、セキュリティの脅威が小さいです。

 

ブロックチェーンの再考

ブロックチェーンのトレンドやプロジェクトは業界のあらゆる人にとても人気があるので、原則として、このトピックが関連することに疑いの余地はありません。 しかし、その方向自体は比較的新しいものです。 したがって、数年前の時点では、多くの不正なプロジェクトが出現する危険性がかなりありました。

 

現在は、暗号通貨(Ethereum、Bitcoin)の売上高がますます広がっています。 他の事業参加者の財務上およびコンピュータ上の文盲を推測することはすでに困難です。 そのため、単純詐欺的なプロジェクトは急速に崩壊し始め、業界関係者はますます有能になりつつあります。

 

2019年には一部の大企業が暗号通貨に関連するプロジェクトの立ち上げを発表すると思われます。 この分野の傾向の差別化、詐欺の減少、およびブロックチェーンにおける体系的レベルの増加により、ますます多くの大企業が真剣にプロジェクトに取り組むようになっています。

 

米国のいくつかの大手銀行は、彼らの顧客がクレジットカードを使って暗号通貨を購入することは支持しないとしました。専門家Paul Brodyによると、ブロックチェーンの長期的な将来は、大企業が共通の公共インフラストラクチャでビジネスを行うことができるかどうかに大きく依存します

 

一部の分析学者は、暗号通貨に関する政府の方針が緩和される可能性があると考えています。 当初、Bitcoinは政府の操作をできるだけ排除するように開発されました。 それゆえ、それに対する態度が適切になりました。 たとえば、巨大企業を含む中国のような国では、このテクノロジーに対して敵意をむき出しにして対抗しました。

 

北京は暗号通貨交換の活動を禁止しています。 また、政府は、市民に対し、暗号通貨を使った運用や投資には、高レベルのリスクが伴うことを警告しました。 おそらく、ブロックチェーンを政府や金融サービスの透明性を高めるための便利な技術と考えると、一部の政府では政策は緩和されるでしょう。 しかし、ブロックチェーンにはまだ多くの落とし穴があるので、現時点で決めつけるには時期尚早です。

 

まとめ

技術に明らかな動きがあるにもかかわらず、多くの傾向は最後までわかりません。 同様に、研究者とアナリスト自身が異なる、時には反対の予測をするので、どんな技術が使用されるようになるかも不明確です。

 

AIの導入と現実のオブジェクトのデジタルな双子は、個人データとプライバシーの保護の問題を引き起こします。 サイバーレートが上昇するリスクもあります。

 

したがって、現時点では予測は非常に単純です。 以前は珍しかった革新的な技術の使用は、生活を楽にし、ビジネスプロセスを合理化することができます。 しかし、これらの技術の適用限界については未解決の問題が残っており、倫理、政治および情報セキュリティの分野の専門家はこのことを繰り返し指摘してきました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ