プログラミング

プログラミング

CMS vs カスタム開発:Webサイトを制作するならどっち?

LINE25

Line25 was built in March 2009 as a place to share web design ideas and inspiration through articles, tutorials and examples of stunning site designs.

本記事は、Which is Better: Custom Development or a Standard CMS?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

293 views

読了時間 : 約2分56秒

コンテンツマネジメントシステム(CMS)はWeb開発をより簡単で利用しやすいものにしました。CMSプラットフォームはデザイン、テーマ、機能といったサイト構築に必要なツールを予めコード化して提供します。

 

CMSソフトウェアの増加するにつれて、カスタム開発は一見減少しているように見えますが、実際のところは違います。カスタム開発はパフォーマンスや安全性を大いに高めるだけでなくWebサイトにパーソナルタッチを加えることができ、CMSかカスタム開発どちらがより自社に適しているか選択する際、値段、開発にかかる時間、パフォーマンス同様に企業のビジネスニーズを考慮することも重要です。

 

 

CMSとは何か?

コンテンツマネジメントシステムとはWebを構築する際にすでにコード化された機能やテーマを使用できるプラットフォームです。通常、CMSはプログラミング言語を学ばずに、コーディングによって様々なエレメントやデザインパーツの変更が可能です。CMSプラットフォームは広範囲にわたりプラグイン、ビルトイン機能やテーマなどが利用もしくは購入することが可能です。

 

カスタム開発において、Web職人はPHPフレームワークLaravel などをゼロからのサイト構築に使います。そのため、全ての機能やデザインが独特なものとなるので特定の要求を満たすWebサイトを制作します。

 

 

CMSが他のカスタム開発と異なる点

 

開発にかかる時間

サイトをゼロから構築するにはCMSの利用が断然早いです。開発にかかる時間はWebサイトの複雑さによります。 CMS プラットフォームは全てのサイトのバックボーンとなるすぐに使えるテーマや様々な機能を提供します。

 

 

値段

CMSプラットフォームはすぐに実装できる機能をカスタム開発に比べて大幅に安く利用することができます。デペロッパーですら、CMSのコードを再利用します。サイトの全てのボタンを一から制作するのは時間も労力もかかります。CMSを使えばドラッグアンドドロップでより簡単に行えます。

 

 

パフォーマンスと安定性

カスタムビルドされたWebサイトと違い、CMSにより構築されたサイトのパフォーマンスは複雑性に左右されます。大量のユーザートラフィックや複雑な機能を実装していない場合、CMSはゼロから構築されたサイトに匹敵します。他の場合、カスタム開発はカスタマー体験やサイトの信頼性を確かなものにします。

 

 

スケーラビリティ

カスタムビルドされたWebサイトはビジネスが拡大した際、サイトの修正が簡単に行えます。CMSはプラットフォームのインフラを制限します。顧客が増えた際、サイトのキャパを拡大することも不可能に近いのです。

 

 

メンテナンス

CMSはユーザーフレンドリーなインターフェイスによりサイトの操作を簡単にします。CMSはインフラも管理しているため、何か不具合が発生した際はサポートサービスに連絡することができます。一方で、自身で制作したWebサイトの場合、サイトについてくまなく知っているのでメンテナンスは容易に行えます。もし、メンテナンスを専門に取り扱うチームがあれば、長い目で見るとカスタムビルドされたWebサイトがよりオススメです。

 

 

デザイン

CMSプラットフォームはあなたの要望を叶える素晴らしいデザインを提供します。 自分好みにテーマをカスタマイズしたい場合は、コードを少し変更することでこれを行えます。独自の特定のデザインに重きを置いているのであれば、専門のデザインチームとのコラボレーションをオススメします。

 

 

安全面

安全面ではカスタム開発はCMSに勝ります。カスタム開発では、サイトの安全性に関して全て管理することが可能ですが、CMSでは外部に全てを依拠します。CMSにより安全性について考える重荷からは解放されますが、ペーシの信頼性が下がることもあります。

 

 

CMS vs カスタム開発: どちらを選ぶべき?

どちらを選ぶか決断する際、CMSが事業目的を満たすかどうか把握することは重要です。ブロガー、アーティスト、ミュージシャンなどのクリエイターなど例外的に複雑な機能をサイトに必要としない場合、CMSはとても有益です。すでに存在するテーマを調整、もしくはゼロからデザインできます。しかし、メインとなる機能はプラットフォームによりカバーされます。

 

一方で、サービスや商品の提供が事業目的であればカスタム開発がオススメです。プロのデベロッパーの手にかかればCMSより安定した独自のWebサイト制作が可能です。デザインや機能もターゲットオーディエンス、ブランドのスラいるやマーケティング要素を踏まえ、要望に沿ったものになります。

 

これまでの話をまとめると、予算に余裕がある場合カスタム開発がオススメです。長い目で見ると、維持、更新を簡単に行うことが可能で、ゼロから構築する際にWebサイトとの相互作用が上手くいくからです。しかし、Webサイトに関するアイデアを得たい、簡単な機能のみで事足りるのであれば手早く、手間もかからないCMSをオススメします。

おすすめ新着記事

おすすめタグ