その他

その他

ブロックチェーン技術により革新が起こる9つの業界

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Top 9 Blockchain Business Opportunities
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

219 views

読了時間 : 約9分3秒

まず、ブロックチェーンについて、簡単に理解しよう。ブロックチェーンとは、取引などの様々な情報を安全に記録するためのデジタルブックだ。このような技術の影響によって、この10年間、ビジネスの手段は大きく変化してきた。ブロックチェーンのような革新的で、急速に発展している。すなわち、この技術は日々人気を獲得しており、世界に急速に広まりつつあるのだ。

 

この記事では、ブロックチェーン技術によって開発することを計画している、9つの業界について紹介する。これらの業界では、近い将来においてブロックチェーンの導入後、大きな利益をあげるであろうことは間違いない。

1.銀行業界

 

現在、銀行業界は様々な問題に直面しているが、ブロックチェーン技術がそれらを解決できる可能性は高い。今日では銀行は顧客からお金を預かり、彼らの送金・振替を行なっている。ブロックチェーンは、アクセスできる銀行が限られている発展途上国にとって極めて有益だ。

 

私たちが知る限り、ブロックチェーンは様々な取引の記録を追跡することができ、独自の保全システムを確保している。この追跡は数百万ドルレベルまで可能であるため、日々の銀行業界の流れについても十分対応可能だ。記録は信頼性が重要であり、ブロックチェーンのような会計システムはデータ流出のようなリスクをかなり軽減してくれる。取引には少額の手数料がかかるが、資金や情報の伝達は即座に行われる。将来的には、この分野はますます発展し、システムの開発が進むごとに便利に、安く、より速くなるだろう。

銀行業界におけるブロックチェーン技術採用の具体例としては、中国産業銀行(ICBC)やマスターカードが挙げられる。

 

中国最大の銀行であるICBCがブロックチェーンを採用する目的は、結婚証明書や居住地登録などの文書について、偽造の可能性を排除することだ。さらに、重要な文書を全てブロックチェーンに記録することにより、必要な文書を取得するのに法的手続が不要となり、公的機関の負担を軽減することができる。

 

一方マスターカードは国際的に人気のある支払いシステムだが、カード使用時点における安全性を確保するため、ブロックチェーンの導入を検討している。バンク端末でブロックチェーンを使用すれば、取引がより安全になり、顧客はプラスチックカードを使用する必要がなくなる。また、盗難や不正アクセスのリスクも軽減することができる。

 

さらに、電話センサーを介することにより支払い時の表示を便利にすれば、データの読み出しが容易になり、カードが素早く利用できるようになる。

 

これらのプロセス革新は、マスターカードの管理のもと、13の国際銀行でテストされているところだ。聞くところによると、かなり肯定的な反応のようだ。

 

 

2.ヘルスケア業界

 

ヘルスケア業界のシステムは時代遅れのものばかりだが、変革を行い、新しい価値を提供していくためには成熟しすぎている業界でもある。

 

医療記録の伝達や保管については、システムが非常に時代遅れであり、全てを根本的に変える必要がある。多くの国ではこの状況を認識し、便利で安全なブロックチェーンを用いて、システムの変革と最新ヘルスケアへの発展を試みている。

 

実際、この業界においてはデータのエラーや損失、詐欺などにより、サービス利用者は不信感を抱いている。

 

この点、ブロックチェーン技術を利用すれば、病院が医療記録などの文書データを安全に保存し、それらを認定された専門家や患者と共有することができる。また、データのセキュリティ、患者の診断や医療文書の正確性・作成のスピードを大幅に向上させることができる。

 

ブロックチェーン技術は近代化に伴って患者の信頼は大幅に回復するだけでなく、情報処理速度をアップさせることができるうえ、それらの文書を利用するために医療従事者間で安全にデータをやり取り・保管することができるのだ。

ヘルスケア業界におけるブロックチェーン導入の具体例として、SimplyVitalHelthとMediLedgerが挙げられる。

 

SimplyVitalHelthは、患者のデータを病院間で迅速・安全に転送できるシステムを開発した。もともと、入力されたデータは、変更・削除されると機能しなくなるため、データが不正に破壊される可能性があった。システム開発により、そのようなデータ破壊や転送の遅さに悩まされることはなくなる。

 

一方、アメリカの新興企業、MediLedgerは、医薬品の動きを最大1分まで追跡できるシステムを開発した。このシステムにより、様々な詐欺を防ぐことができMediLedgerはファイザーやジェネンテックといった大手企業など、多くの医薬品関係者を結びつけることに成功した。

 

なお、2023年には、アメリカでは新しい医療法が導入される予定だ。その医療法では、すべての処方薬の状態・動きは管理されていなければならないと規定しているが、ブロックチェーンという技術によって実行されることであろう。

 

 

3.司法業界

 

ブロックチェーン技術は、司法業界、特に現代の法制度の問題の大部分の解決にも貢献することができる。さらに、さまざまな情報をより安全に保管し、確認することができるようになる。例えば、裁判中に、誤ったデータが発見された場合はそのデータを修正・排除することができる。ブロックチェーン技術はこのように、司法業界においても非常に需要があるのだ。

 

ブロックチェーンに保管・処理された記録(さまざまな主張書面など)は、迅速・確実に検証することができる。これらの文書に加えられた処理はすべて認証され、自動的に保存される。ブロックチェーンは変更不可であるため、文書の変更・削除も不可能だ。

ブロックチェーン技術は、暗号通貨に関連するような法的問題についても排除可能だ。

 

 

4.暗号通貨業界

 

デジタルマネーは将来私たちの生活に不可欠になるであろう。私たちが安全に利用するためには、ブロックチェーンの助けは必ず必要だ。

 

暗号通貨の人気が高まるにつれ、その売上高、すなわち暗号通貨交換プラットフォームの人気は高まりつつある。

 

現在の暗号通貨交換プラットフォームは、交換プロセスに多数の計算や容量が必要とされる場合、通貨の拡張性に問題がある。

 

この問題によって、ユーザには非常に貴重な時間と膨大な費用がかかっている。

 

しかし、ブロックチェーン技術は、暗号通貨業界の仕事の概念を変えてしまうかもしれない。Zen Protocolが、全ての暗号通貨交換プラットフォームに取って代わるものを開発したのだ。この開発者たちは、一つの暗号通貨空間で、いくつもの重要な問題を解決してしまった。

 

例えば、Zen Protocolは、高度な知的コントラクトも利用し、様々な運用上のアクションの各コントラクトに対して個別にどれだけのコンピュータ操作が必要になるのか、前もって把握することができる。

Korbitは、韓国で最も人気のある老舗の暗号通貨交換プラットフォームの一つだ。韓国の総資本売り上げの約8%を占めているが、これは非常に安い手数料、優れた安全性を保ち、そして外国人投資家にとっても親しみやすいためである。

 

また、Coinsecureは2014年に設立・活動を開始した、リアルタイムのビットコイン取引のためのプラットフォームだ。新興企業ではあるが、独自の暗号通貨ウォレットや交換サービス、またブロックチェーンに基づいた取引サービスを提供している。2016年には匿名の投資家から120万ドルを調達したようだ。

 

5.政治業界

 

みんな知っているように、政治システムはしばしば腐敗するものだ。ブロックチェーン技術の導入により、官僚主義を大幅に削減し、政治プロセスの全体的なセキュリティ、効率性、透明性、パフォーマンスを向上させることができる。

 

2015年、アメリカでは、Blockchain Technologiesが、古い投票システムからブロックチェーン技術に基づく新しい投票システムに変更することを提案した。Blockchain Technologiesはアメリカでとても人気のあるブロックチェーンベースの組織だ。提案された新しい投票システムは様々なタスクに完璧に対処しており、多くの肯定的な意見を得ている。

アメリカのみならず、亜負荷のシエラレオネでも、2018年に新興会社Agoraが開発した、ブロックチェーン技術を採用した革新的な投票システムが採用された。このシステムにより、選挙は透明化し、費用も安くなったため、市民当局は自身の仕事に非常に満足したようだ。

 

2017年の初めには、”DCブロックチェーンサミット”の開催後、アメリカ当局が、アメリカにおける税制によってブロックチェーンを使用する必要がある、と判断した。Sage Communicationsは課税プロセスをスピードアップするシステムを構築することを宣言しており、将来的にはエラーの少ないシステムを構築できた後、速やかにアメリカ当局に報告・提供することになるであろう。

 

 

6.公共

公共財システムは、動きが遅く、官僚主義の不利益を被っているシステムの一つであり、大きな変化を必要としている。ブロックチェーン技術を用いれば、例えば様々な失業手当を安全な形で評価・検証・分配することができる。また、基本収入の実現化にも貢献する。すでに、普遍的で安定した基本収入を実現するため、ブロックチェーン技術に基づいた新技術の開発に取り組んでいるプロジェクトが存在している。

CBA(オーストラリア連邦銀行)は、スマートマネーブロックチェーンという革新的なプロジェクトのテストを開始した。このプロジェクトは障害を持つ人々を対象としている。Data61 CBA開発者は、Block61チームと共同で、障害者用の特別なトークンを作成した。このトークンの使用状況を追跡することで、お金がどのように、誰によって、いつ使われたのか、把握することができる。また、余計な事務処理が不要となり、全ての情報が適切な環境に保管されるようになる。

 

 

7.動画業界

 

2021年までに、動画はインターネット通信の82%を占めるようになると予想されているが、ブロックチェーン技術により全体的な動画インフラの改善・分散化をすることができる。動画通信開発の現場では、動画インフラ構造の分散化がますます要求されるようになってきている。動画コーディングの分散化、インターネットリソース上でのコンテンツの保存・配信ができれば、動画通信のコストを大幅に削減することができる。

新興企業VideoCoinはそのようなシステムを開発しており、現在の動画システムの問題の多くに対処することができる。VideoCoinプラットフォームを使用すれば、動画の無料配信を実現するために、一部の国で実施されている発言の自由の禁止から脱却することができる。動画制作者は、動画の作成・配信・適切な収益化のために、独自の「足場」を作成することができるのだ。

 

 

8.教育業界

 

教育業界は、世界で最も重要な産業の一つだ。教育分野やそのインフラを発展させるためには、早くて便利な方法がさまざまにある。

 

ブロックチェーン技術は、コースワークなどの機密情報を補完することができる。たとえば、5年前にほかの人が提出した作品を別の人が使用することはできない。さらに、ブロックチェーンに記録されているグレードを変更したり消去することはできないため、「正直さ」を保証することができる。

 

人々が仕事を得るとき、高等教育機関の卒業証書・卒業証明書を偽造することが、よくある。ブロックチェーン技術を用いれば、卒業証書を改ざんすることはできなくなる。

 

今日では、卒業証書をチェックするためには、教育機関に問い合わせる、という方法が取られるが、これは1か月ほどかかることもあり、長い時間を要する。ブロックチェーン技術により、卒業証書のデータを数秒で提供することができるため、会社側は採用プロセスをスピードアップさせることができる。

 

マサチューセッツ工科大学(MIT)の従業員は、卒業証書とともにブロックチェーン技術の実演として、ブロックチェーン内に保管する教育証明書のデータの書き込み方を実演して見せた。

 

彼らはOP-RETURNと呼ばれるビットコインブロックチェーンの機能の一つを利用し、各トランザクションに情報を追加した。マサチューセッツ工科大学は、SHA256を使用して文書のハッシュを計算し、それをトランザクションに追加することで暗号化された署名を補完することを提案した。ブロックチェーンで5回確認すれば、証明書がシステムでいつでも利用可能になる。

 

新興企業Socrates Coinは、ブロックチェーンを用いた教育システムを開発しており、近い将来、大幅に進化することが期待される。すでに教師、学生、個別カリキュラムの開発というグローバルなコミュニティを育成しており、学生については様々な年齢・文化・居住地から集めている。

The Blockchain-Distribed Bookger 技術と呼ばれるが、この技術により、様々なデータの記録・転送が安全に行うことができる。この技術は私たちの今日の生活を大幅に変え、データやトランザクションを用いるあらゆる業界の概念を破壊する可能性すら含んでいる。

 

それで十分だ。あなたが生活の中で最新技術を実感したいかどうかはわからないが、私たちの財務データが安全に守られることによって、多くの人が安心や自信を得られることは間違いないだろう。

 

 

9.サイバーセキュリティ

 


ブロックレジスタはすべてのユーザーが公にアクセス可能だが、重要なことは、全てのデータが自分自身でチェックされ、最も多様な暗号化を使用して暗号化される。このようにデータセキュリティが実行され、さまざまなハッキング、追加修正、予期せぬ変更からデータが保護される。しかし、まだ開発されてから日が浅くいプログラムについては、ハッキングや誤ったデータが出現することがある。ハッキングはすぐに減少するであろうが、インフラ構造やサイバーセキュリティシステムの開発スピード次第だ。このレジスタにより、ユーザーは自らのデータを保護し、利用者を制限することができる。

 

Guard timeは、ブロックチェーン技術に基づくキーレス・シグネチャー・インフラ(KSI)を使用する会社だ。このシステムは、サイバー攻撃をリアルタイムで検出することができる。2016年には、この技術により、ガードタイムはエストニアの医療記録全てを保護することができた。

 

Remmeは、パスワードを使用せずにクライアントとデバイスを認証しようとしている、サイバーセキュリティ業界における新製品の一つだ。分散型システムを採用しているが、これは中央集中型システムよりも優れているため、ブロックチェーン技術に基づいて作成されている。もちろんサイバー攻撃にも強い。

 

Obsidianは、メッセージサービスの機密性を高めることに貢献している。ソーシャルネットワークは非常に人気があるが、それだけに情報が確実に保護されなければならない。にもかかわらず、データの漏洩は依然として発生している。これは、Obsidian Messengerにより解決することができる。

 

サイバーセキュリティには、知的財産といった機密情報の保護も含まれる。ブロックチェーン技術を使用すれば、全ての著作権を知的コントラクトの形式で保存することができ、これにより、オンラインにおける取引増加とともに、取引を自動化し情報がコピーされるといったリスクを防ぐことができる。

 

IP登録でブロックチェーン技術を使用すれば、作成者、所有者、またはユーザーが特定のコンテンツの著作権についての情報を入手するといったことも可能だ。

おすすめ新着記事

おすすめタグ