話題

話題

若者の自殺防止に活用されるAIアルゴリズムとは?AIが若年層ホームレスの自殺を20%削減 ソーシャルネットワーク情報を活用

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、AI-Based Tool Aims To Prevent Suicide Among Youth
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

657 views

読了時間 : 約1分54秒

・新しいAI搭載モデルが、ホームレスの若者の自殺を防ぐ

・実際のソーシャルネットワーク情報を活用

・最大20%のホームレスの若者のカバレッジバイアスを削減

 

若者の自殺率は1960年代から1980年代の間に300%増加しました。オーストラリアでは、自殺(15歳~25歳)は2番目に多い死因となっています。

 

米国では、十代の若者たちの間で3番目に多い死因が自殺です。

 

疾病対策予防センターは、10歳から24歳の自殺率は2007年から2017年にかけて50%を超えたと発表しており、National Health Care for the Homeless Councilでは、ホームレスの半数以上が自殺について考えた、もしくは自殺を試みたと述べています。

 

この深刻な自殺問題に対処するため、米国の研究者チームは、自殺のリスクを軽減できる人工知能(AI)搭載モデルを開発しました。このモデルは若者を対象としており、実際のソーシャルネットワーク情報を活用して機能します。

 

堅実なデータの抽出と活用

 

このAIモデルは、戦略的な人材配置、つまり親族や友人が必要に応じてサポートできるようなネットワークの作成に基づいています。研究チームは、そのアルゴリズムを開発したのです。

 

実際の交際グループを分析し、「ゲートキーパー(命の門番)」として訓練できる個人を特定・抽出します。そして、グループ内で自殺兆候がある人が現れた場合、それに応じたサポートを施すのです。

 

AIは限られたリソースの中で、最大限の人々が監視し、ゲートキーパーの選出をします。

 

この研究で開発されたAIモデルは、不確実な処理を現実のものにしました。例えば、ネットワーク内の人がゲートキーパーになるトレーニングを受けることができない場合でも、この開発されたアルゴリズムが堅実なノードカバレッジを抽出するのです。

 

研究チームは、ロサンゼルスの若者ホームレスのネットワークを調べました。彼らの50%が自殺について考えたことがあるからです。AIモデルは、限られたリソース(ゲートキーパー)の中でも、自殺予防トレーニングを効率的に展開することができます。

 

実際、プロジェクトの資金を決定する政策立案者が、自殺予防トレーニングを受ける必要があるゲートキーパーの人数決定をするときにも活用されています。このプロジェクトにより、ネットワーク内のすべての人々には、少なくとも彼らを監視・支援できるよう訓練された親族や友人がいるのです。

 

 

最終的な目標は、ホームレスの若者を保護できる公平なAIを構築することです。既存のアルゴリズム(カスタマイズなしで実装された場合)では、保護率のバイアスが60%もあります。

 

一方、新しいアルゴリズムでは、ホームレスの若者グループのカバレッジバイアスを最大20%削減できます。

 

研究チームは、公平かつ堅実なデータを抽出するため、さらに研究を進める必要があると考え、数多くの課題や困難な問題に対処し、コンピューターサイエンスの分野を発展させていくため、さらなる研究が進んでいます。

 

AIは、自殺を防ぐだけではなく、自然災害時に人々を保護する際にも活用できる特性も持っているのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ