話題

話題

AI技術が車のハイビームを自動で切り替える カメラが動く車両を感知 進化する安全技術

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、New AI Automatically Controls Vehicle’s High Beam Light System
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

363 views

読了時間 : 約1分21秒

・新しい人工知能により、車のヘッドライトが対向車の視界を遮ることなく夜間でも見やすくなりました。

 

・新しい人工知能はハイビームの光を曇らせまぶしさをなくすことができます。

 

 

車のヘッドライトに搭載されたハイビームのおかげで夜間でも見やすくなった一方、対向車の目をくらませる危険が生じています。

 

今日、すべての車にハイビームが搭載され広範囲を明るく照らしてくれますが、手動で切り替える必要があります。ドライバーは人間なので間違った扱い方をしたり、そもそもあまり使わなかったりします。

 

現在、Nvidiaコーポレーションの研究者は、車のヘッドライトが対向車の視界を遮ることなく夜間でも見えやすくする人工知能を開発しています。つまり、AIが対向車の接近を感知してヘッドライトの光を和らげるのです。

 

オートハイビームネット

 

研究者は開発したオートハイビームネットと呼ばれるAIに、自動でヘッドライトをコントロールできるように、車のフロントカメラで撮影した写真から様々な種類のシーンを学習させました。

 

そのAIは動いている車両(テールランプとヘッドライトが点いている)にだけ反応し、路側帯に停車している車などの動いていない車には反応しません。

 

以下の二つのモードに分けてハイビームをコントロールします。

 

1. ハイビームのオンオフを自動でコントロール

 

2. ライトのまぶしさを無くす

一つ目のモードでは、運転時の視界が悪い場合(霧や照明の少ない夜間)に自動でハイビーム切り替えシステムを起動します。システムが動いている車両を見つけると自動でロービームに切り替えるかヘッドライトを消します。カメラのフレームから車が消えると自動でハイビームに戻します。

二つ目のモードでは、AIが動いている車を見つけるとヘッドライドの光を曇らせ一部の範囲の危険なまぶしさを無くすことができます。

動いている車両がカメラのフレームから消えると、ヘッドライトの光を自動で元に戻します。安全のためにこのモードは常にオンにしておくほうがいいでしょう。

 

この技術は数年前にヨーロッパの国々に採用されました。アメリカにはまだ採用されていませんが、米国道路交通安全局が調査に乗り出しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ