話題

話題

PR

ルネサンス様式の28つの建築物

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、28 Incredible Architectural Structures From The Renaissance
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

3,730 views

読了時間 : 約10分20秒

14世紀初め、ヨーロッパはルネサンスという新しい文化的・政治的運動を経験しました。それは近世の知的思考に大きな影響を与え、この新しい考え方は、芸術、建築、政治、科学と文学に現れました。

 

ルネサンス建築はヨーロッパのさまざまな地域における14世紀初頭から17世紀まで続いた建築様式であり、古代ギリシャ・ローマ文化の特定の要素の意図的な復興と発展を表しています。ルネサンス建築は最初にイタリアのフィレンツェで始まり、瞬く間にイタリア全土に広まり、また、ヨーロッパのさまざまな国々に広がりました。

 

ルネサンス建築の重点は、古典古代の建築、特に古代ローマ時代の建築で実証されているような、対象性、比率、幾何学、規則性にありました。ここに、ルネサンス様式の28つの建築物を紹介します。

28.  旧聖具室 – フィレンツェ, イタリア  1421-1440年

旧聖具室は、イタリアのフィレンツェにある古いキリスト教の建物です。この建物は、初期イタリア・ルネサンスの最も重要なモニュメントの1つと見なされています。フィリッポ・ブルネレスキによって設計されました。ブルネレスキは、14世紀から18世紀にかけてフィレンツェの著名な家族の1つであるメディチ家から依頼を受けた、ルネサンス最初の建築家でした。

 

内部は、空間の幾何学的な統一のためにアーチと付柱(ピラスター)のリズミカルなシステムによって分割されています。ピラスターは純粋に視覚的な目的のためのものです。これらはエンタブラチュタを支えます。その唯一の目的は、空間を2つの平等な水平ゾーンに分割することです。上部のゾーンは、ドームの下にペンデンティブがあります。これは、ビザンチン建築の典型的なもう一つの比較的目新しいものです。

27. サンタ・マリア・プレッソ・サン・サティロ教会 – ミラノ, イタリア 1472-1482年

サンタ・マリア・サン・サティロ教会は、聖アンブロジウスとマルチェッリーナの告白者であり兄弟である聖サティラスに捧げられています。教会は実際には西暦879年に建てられた原始的な礼拝所にあります。現在の礼拝所は1472~1478年に立てられ、ドナト・ブラマンテとジョヴァンニ・アントニオ・アマデーオによって設計されました。

 

一部の歴史家は、ブラマンテの役割はわずかであり、ほとんどの仕事はアマデーオに起因すると主張しています。 教会は、トロンプ・ルイユ(騙し絵)の最初の例の1つと見なされている祭壇で有名です。 金メッキのインテリア、テラコッタ色の描写、そして祭壇が見どころです。

26. 無実の病院 – フィレンツェ, イタリア 1419-1445年

無実の病院は、イタリアのフィレンツェにある歴史的な建造物です。フィリッポ・ブルネレスキによって設計されました。 フィレンツェで最も古く、最高の建築物の1つと見なされているこの建物は、もともとは孤児院でした。建物はすっきりとしたバランス感を反映しています。

 

ファサードは、コンポジットオーダーの柱から伸びる9つの半円形のアーチで構成されています。 各アーチの上には、幕屋の窓(tabernacle windows)があります。 幕屋の窓は、上部に三角形のペディメントがある長方形の窓です。 アーチのスパンドレルには、孤児のレリーフのある、青いテラコッタ調のラウンデル(円を基調としたシンボル)があります。

25. クイーンズハウス – グリニッジ, ロンドン 1616-1619年

ルネサンスは、15世紀の終わり頃にイギリスに到達しました。イタリアとは異なり、ルネサンスのスタイルとアイデアはイギリスにゆっくりと浸透していきました。クイーンズハウスは1616年から1619年に建てられたかつての王宮であり、英国の建築史上最も重要な建物の1つです。 ロングリートやバーリーハウスなどの初期の英国ルネサンス様式の建物と比較して、古典的な方法がより詳細に融合しています。

24.  ルチェッライ館 – フィレンチェ, イタリア 1446-1451年

ルチェッライ館は、イタリア、フィレンツェのヴィーニャヌオーヴァ通りにある15世紀のタウンハウスです。 宮殿は1446年から1451年の間にレオン・バッティスタ・アルベルティによって設計され、ベルナルド・ロッセリーノによって実行されたと考えられています。その壮大なファサードは、互いに比例関係にあるピラスターとエンタブラチュアの使用に基づいたルネサンス建築の新しいアイデアを最初に示したものの1つでした。

 

ルチェッライ館は、古代の復活の影響を表していますが、ルネッサンスの独創性に満ちています。架構式構造のアーティキュレーションのスキームの適用を通じて達成されたグリッドのようなファサードは、合理的なヒューマニストの明快さを表わしています。

23.  バンケティング・ハウス –  ロンドン 1619-1622年

名前が示すように、バンケット(宴)を催すための場所です。イニゴー・ジョーンズは、近世の最初の重要な英国の建築家で、ローマとイタリアの古典建築様式をイギリスに紹介した最初の人物でした。彼の重要な作品の中には、1619年に建てられ、1622年に完成したバンケティング・ハウスがあります。

 

バンケティング・ハウスという用語は、誤解を招くようなものでした。 実際、家の中のホールは、宴会だけでなく、王室のレセプション、式典、仮面劇の公演にも使用されていました。

22.  パラッツォ・デル・テ(テ宮殿)-  マントヴァ, イタリア 1524-1534年

1524年、マントヴァ侯爵のフェデリーコ2世ゴンザーガは、建築家ジュリオ・ロマーノに、快楽の宮殿、ローマン・ヴィラの設計を依頼しました。宮殿パラッツォ・デル・テは1534年に完成しました。ジュリオ・ロマーノの指導の下、ベネデット・パグニやリナルド・マントヴァーノなどの地元の装飾画家がフレスコ画に幅広く取り組みました。現在も、これらのフレスコ画はパラッツォの最も顕著な特徴のままです。

21.  メディチ・リッカルディ宮殿 (マージ礼拝堂)-  1445-1460年

メディチ・リッカルディ宮殿は、有名な建築家兼彫刻家ミケロッツォ・ディバルトロメオ・ミケロッツィによって15世紀にフィレンツェの街に建てられました。ブルネレスキと同じように、ミケロッツォもまた、コジモ・デ・メディチに広く雇用されていたメディチ家から非常に好まれた建築家でした。

 

メディチ家からの依頼により、ミケロッツォによって15世紀半ばに建てられたこの建築物は、ルネッサンス建築の傑作となりました。邸宅の堅牢な造りは、少なくとも1世紀の間、フィレンツェのメディチ家の政治的および文化的優位性の象徴でした。

 

それは、素朴さや切石のスタイルを含む石造りでよく知られていました。合理性、秩序、古典主義のルネサンス精神がここに表現されています。

20.  聖天使首大聖堂 –  モスクワ, クレムリン, ロシア 1505-1508年

聖天使首大聖堂は、1250年の最初の建設以来、長い歴史があります。ロシア正教会は、ロシアのモスクワ、クレムリンの大聖堂広場にあり、大クレムリン宮殿とイワン大帝の鐘楼の間にあります。現在の大聖堂は1508年に建てられ、1333年に建てられた石造りの教会に取って代わりました。

 

イタリア・ルネサンスの多くの要素が組み込まれていましたが、それらの多くはさまざまな修復や改修工事中に失われました。その外観は、半円形のニッチ、貝殻の形をした装飾品、弧状のフレームを備えた出入り口が特徴で、イタリア・ルネサンスの影響を示す花の装飾品でコーティングや装飾がされています。一方で、内部は典型的なロシア風の教会です。

19.  サンタ・アンドレア聖堂 – マントヴァ, ロンバルディア, イタリア 1472-1790年

北イタリアの盛期ルネサンス建築の主要な作品の1つとして見なされています。サンタ・アンドレア聖堂は、イタリアのマントヴァにあるローマカトリックの共同大聖堂で、レオン・バッティスタ・アルベルティによって設計されました。この大聖堂の興味深い事実の1つは、その建設が開始されたのは1472年でしたが、完成したのは328年後の1790年だったことです。

18.  シベニクの聖ヤコブ大聖堂

クロアチアのシベニクにある聖ヤコブ大聖堂は、3つのアプス(後陣)とドームを備えた3廊式の大聖堂です。大聖堂は、国を代表するルネサンスの最も重要な建築物です。 2000年以来、ユネスコの世界遺産に登録されています。

17.  サン・エステバン修道院 – サラマンカ, スペイン 1610年

サン・エステバン修道院は、スペインのサラマンカにあるドミニコ会の修道院です。歴史によると、ドミニコ会は1255年頃にサラマンカに定住しました。元の修道院は1524年に取り壊されましたが、新しい修道院の建設は1610年に行われ、建築家のマーティン・デ・サンティアゴとロドリゴ・ヒルデ・オンタニョンが参加しました。

 

伝説によると、クリストファー・コロンブスはかつてこの修道院を訪れています。この地には、サラマンカ大学の地理学者に対して、西に航海してインド諸島に到達するという彼の考えを擁護するために訪れたようです。そのファサードには、教会の正面と修道院のポルチコが組み込まれています。 教会の前部は、プラテレスコ様式(銀)建築の例外的な例の1つです。

16.  セント・ポール大聖堂 – ロンドン 1675-1710年

セント・ポール大聖堂は、ロンドンの主要で最も有名なランドマークの1つです。高さ365フィート(111 m)の巨大な建物で、1710年から1967年までロンドンで最も高い建物でした。そのドームは世界で最も高い建物の1つです。現在の教会は17世紀後半にさかのぼり、クリストファー・レン卿によって設計されました。

 

クリストファー・レン卿は、歴史上非常に尊敬されている英国の建築家の1人でした。彼の作品はバロック建築の影響を強く受けています。

 

大聖堂は、パラディオ、17世紀のローマのバロック様式、そして彼がフランスで見たマンサートなどの建物からインスピレーションを得た英国中世の大聖堂の合理化を表す、抑制された、あるいは即興のバロック様式で建てられています。

 

幅が比較的長く、翼廊が強く突出しています。背後の建物の形を隠すのではなく、意図的に露出するように設計されたファサードに重点を置いています。

15.  ハエン大聖堂 – ハエン, スペイン 1249-1724年

現在のハエン大聖堂は、1つではなく、時間の経過による損傷のために複数の建築家によって多数の追加と変更が行われた結果です。それらの中で最も重要なのは、その立っている構造のほとんどを設計したアンドレス・デ・バンデルビーラでした。 その最も保存された見栄えのする建築要素は、そのファサードです。

14.  ラジヴィウ宮殿 – ヴィリニュス, リトアニア  1635-1653年

ラジヴィウ宮殿は、リトアニアのヴィリニュス旧市街にある後期ルネサンス建物の最高例の1つです。この宮殿は、この国に現存する数少ないルネサンス建築の1つで、恐らくヴィリニュス市内で唯一のものです。

 

宮殿は、オランダ・ルネサンス建築とリトアニア・ルネサンス建築のマネリスティックな装飾が完璧に調和しています。構造の中核となる要素の元のレイアウトと対称性は、パリのフォンテーヌブロー宮殿とリュクサンブール宮殿に特有のものでした。

13.  サン・ロレンツォ聖堂 – フィレンチェ, イタリア  1422-1470年

サン・ロレンツォ聖堂はイタリア、フィレンチェで最も古く、最も大きな教会の1つです。イタリアで最も強力な家族の教区教会でした。当初はブルネレスキによって設計されましたが、彼の死後は完成しませんでした。後者のほとんどの作業はもう一人の盛期ルネサンスの偉大な精神、ミケランジェロによって行われました。

12.  アウクスブルク市庁舎 – アウクスブルク, バイエルン州, ドイツ 1615-1624年

アウクスブルク市庁舎は、ドイツ、バイエルン州アウクスブルクの行政の中心地として機能しています。北アルプスにルネサンス様式で建てられた最も縦横な世俗的な建物の1つとして広く考えられています。エリアス・ホルによって設計されたこの建物は、ドイツの人々にとって歴史的および文化的に重要です。「黄金の間」と呼ばれるゴールデン・ホールは最も印象的であり、ドイツのルネサンス後期の最も重要な文化財の1つです。

11.  ブレーメン市庁舎 – ブレーメン, ドイツ  1405-1409年

ブレーメン市庁舎は、自由ハンザ都市ブレーメンの上院議員の席です。これは、ヨーロッパにおけるブリック・ゴシック建築の最も重要な例の1つでもあります。1545年から1550年にかけて、新しいWittheits-Stube(評議会会議所)いくつかのオフィスを含む、3階建ての拡張部分が市庁舎と大司教の宮殿の間に建設され、大聖堂に面したルネサンス様式の切妻が描かれました。

10.  ローゼンボー城 – コペンハーゲン, デンマーク  1606-1624年

ローゼンボー城は、デンマークのルネサンス様式の完璧な例です。城はもともとデンマークの王クリスチャン4世の下で1606年に夏の離宮として建てられました。高い塔と砂岩の装飾が施された赤い石積みが注目です。

 

ローゼンボー城の主な見所には、絶対主義者の王たちが戴冠式に用いた椅子と、正面に立っている3頭の銀製のライオンがいる女王の王座があります。ロングホールには銀製の家具の大規模なコレクションもあり、そのほとんどは17世紀のものです。

9.  アントワープ市庁舎 – アントワープ, ベルギー 1561-1565年

16世紀、アントワープは北ヨーロッパで最も忙しい貿易港であり、最も繁栄した都市の1つになりました。小さな市庁舎を、都市の成長を補完するために新しい大きな市庁舎に置き換える必要がありました。しかし、戦争の脅威が当分の間それを妨げました。

 

1561年にようやく建設され、1565年に完成しました。この構造は、フランドル建築とイタリア建築の融合が組み込まれています。アーケードの低い敷地にある素朴な石と、豪華な装飾が施された中央部が特徴です。

8.  ポズナン市庁舎 – ポズナン, 西ポーランド 13-14世紀

ポズナン市庁舎はポーランドで歴史的に有名な建築物の1つです。元の市庁舎は1300年に市の管理棟として建設され、15世紀後半に拡張されました。大火災によって損傷を受け、1560年、市議会はジョヴァンニ・バッティスタ・ディ・クアドロに大規模な再建を依頼しました。 建物は現在、ポズナン市の博物館となっています。

7.  クラシチン城 – クラシチン, ポーランド 1580-1631年

クラシチン城は、ポーランドの王族の住居として使用されていたルネサンス様式の城です。 城の建設は1580年に始まりましたが、1633年にポジーリャのマルチン・クラシツキによって完成しました。この城の最も貴重な要素の1つは、神の塔にある礼拝堂です。

 

これは、クラクフのヴァヴェル大聖堂にあるシギスムンドの礼拝堂と比較されています。他の興味深いものの中で、豊かな彫刻が施されたポータル、ロジア、アーケード、そしてユニークなズグラッフィートの壁の装飾があります。

6.  グリプスホルム城 – マリエフレード, セーデルマンランド, スウェーデン 1537-1709年

グリプスホルム城は、スウェーデンのセーデルマンランドにあるマリエフレードにあります。 18世紀までスウェーデン王室の住居の1つでした。 1370年代に要塞として建設され、後にデンマークの女王マーガレットに売却されました。 その後、1498年にカルトジオ会修道院に改築され、後にスウェーデンの宗教改革の間グスタフ1世によって没収されました。城はスウェーデンの数少ないルネサンス建築の1つです。 現在は博物館となっています。

5.  クロンボー城 – ヘルシンゴー, デンマーク 1574-1585年

ユネスコ世界遺産に登録されているクロンボー城は、北ヨーロッパの重要なルネサンス様式の城の1つです。デンマークの北西端、デンマークとスウェーデンの間にあります。城は、4つのセクションに分かれています。つまり、天井画、石のポータル、ボールルーム、小さなホール、礼拝堂で装飾されたロイヤルアパートメントです。

4.  バラヌフ・サンドミエルスキ – ポトカルパチェ県, ポーランド 1591-1606年

バラヌフ・サンドミエルスキ城は、マニエリスム様式の建築の理想的な例です。ポーランド南東部のバラヌフ・サンドミエルスキの町にあります。城は一般に「小さなヴァヴェル」として知られています。1898年、クラクフの建築家の下で、いくつかの重要な変更が行われました。この再建の際、1階の部屋の1つがアールヌーボー様式で装飾された礼拝堂となりました。 現在は歴史博物館となっています。

3.  ヨハネスブルグ城 – アシャッフェンブルク, ドイツ 1605-1614年

宮殿は、マインツの大司教ヨハン・シュヴァイクハルト・フォン・クロンベルクから依頼された建築家ゲオルク・ライディングによって1605年から1614年の間に建てられました。 これは、ドイツのルネサンス期で最も対称的な数少ない宮殿の建物の1つです。

 

建物は3階建てで、それぞれの外観は筋膜のみで構成され、中央の3層の横切妻が各屋根にあります。 塔は四隅のそれぞれにあり、建物の線を越えて外側に伸びています。 今日、これらの歴史的建造物のほとんどのようにオープン博物館となっています。

2.  フィリッポ・ブルネレスキ, サント・スピリト聖堂, フィレンチェ

イタリア・ルネサンスの最も顕著な例の1つであるサント・スピリト聖堂「聖霊聖堂」は、トスカーナのフィレンツェにある教会です。 現在の教会は、ブルネレスキによって1428年から1434年の間に設計されました。

1.国立マルチャーナ図書館 – ヴェネツィア, 北イタリア 1537-1553年

国立マルチャーナ図書館は、イタリア北部のヴェネツィアにある盛期ルネサンスの有名な図書館の1つです。国内で現存する最古の写本保管庫の1つであり、今日世界で最も優れた古い文献コレクションの多くを保管しています。

 

図書館の名前は、ヴェネツィアの守護聖人であった聖マルコにちなんで付けられました。 当初はヤーコポ・サンソヴィーノによって設計されました。彼の作品の中には、1537年から1553年の間に建設された最初の16のアーケードベイがあります。サンソヴィーノは1570年に亡くなりましたが、追加の5つのベイを担当したヴィンチェンツォ・スカモッツィによって1588年に作業が続けられました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ