話題

話題

あなたはもう試しました?おもしろディープフェイクアプリ6選!

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、6 Best Deepfake Apps and Tools In 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

542 views

読了時間 : 約5分51秒

画像加工の技術は19世紀に導入され、後に映画で使用されるようになりました。そしてデジタルビデオによって技術は急速に向上しました。

 

1990年代初頭、学術機関の研究者がディープフェイクテクノロジーを開発し、後にオンラインコミュニティの開発者によって更に技術に磨きがかけられました。このところ、ディープフェイクの話題であがるのは金融詐欺、デマ、フェイクニュースでの使用といった問題ばかりです。

 

そういった背景から、制限がかけられるようになりました。正しく使用すれば、非常に便利なものでありますが・・・

 

 

ディープフェイクテクノロジーとは?

ディープフェイクとは、人工知能によって生成され操作されたビジュアルコンテンツを指し、本物に近い形で偽造された画像や音声を生成します。ほとんどの場合、既存のビデオまたは画像内の個人は、モデルとなる人物に置き換えられます。

 

ディープフェイクは、表現学習を備えた人工ニューラルネットワークに基づく機械学習手法のサブクラスであるディープラーニングモデルを使用して作成されます。これには、生成的敵対的ネットワークやオートエンコーダーなどの生成的ニューラルネットワークアーキテクチャのトレーニングが含まれます。

 

従来のコンピューターで優れたディープフェイクを作成することは困難ですが、インターネット上には、人々がディープフェイクを作成するのに役立つツールがたくさんあります。このテクノロジーはまだ初期段階にあるため、完全ではありません。

 

強力なグラフィックカードを備えたハイエンドデスクトップを要しない、厳選のディープフェイクアプリとツールをピックアップ致しました。使い方は自由ですがプライバシーにはご注意下さい。

 

 

6位. Doublicat

 

長所

✅ライブフェイススワップ、ジェンダースワップで遊べる

✅新しいビデオとGIFが毎日投稿される

✅映画のキャラクターや有名人と顔を入れ替えられる

 

短所

❌アプリに「不明なエラー」が表示され、理由もなくクラッシュすることがある

 

プラットフォーム: Android | iOS
価格:無料

 

Doublicatを使用して自撮りすると、アプリ内のGIFに保存されているブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオ、テイラー・スウィフトなど有名人の顔に約5秒で交換することができます。

 

重ね合わせた顔はオリジナルと同じ表情をするので、面白いです。結果を家族や友人に転送したり、Instagramに投稿したりできます。

 

顔を動かし過ぎると若干違和感が出ますが、面白いアプリに間違いございません。アプリ開発者によれば、画像自体は処理された直後にサーバーから削除されますが、プライバシーについては保証できません。

 

 

5位. FaceApp

 

長所

✅印象フィルターで自分撮りを完璧にする

✅顔の特徴を簡単に拡大または最小化する

✅温度飽和などを調整する

✅すべてのステップで前後を比較する

 

短所

❌無料版には制限がある

 

プラットフォーム: Android | iOS
価格:無料

 

FaceAppは、ロシアの会社WirelessLabによって開発されました。ニューラルネットワークを使用して、写真の顔のリアルな交換を実現します。

 

このアプリは、笑顔に加工したり、年をとったり、若く見せたり、性別の交換を楽しんだりすることができます。タトゥー、ビネット、レンズブラー、背景オーバーレイもFaceAppの一部です。

 

2018年、現実的な性転換の変化により、トランスジェンダーとLGBTのコミュニティから大きな注目を集めました。また、ソーシャルメディアとユーザーデータのプライバシーをめぐる報道で批判の声も上がりました。

 

 

4位.ディープフェイクウェブβ

 

長所

✅速くて使いやすい

✅高品質のディープフェイクを生成する

✅すべてのディープフェイクには、ビデオが本物ではないことを示す明確で目に見える透かしがある

 

短所

❌ユーザー登録が必要

 

プラットフォーム: Webベース
価格: 1時間あたり2ドル

 

このツールを使用すると、Web上にディープフェイクビデオを作成できます。ただし、ここでの学習曲線は、他のアプリで見られるものより少し多くなります。

 

サインアップして動画をアップロードする必要があります。他のすべては、強力なGPUを使用するクラウドで行われます。ビデオ/画像から学び、顔を入れ替えるのに約4時間かかります。トレーニング済みモデルを使用して顔を交換することもできます。これには約30分かかります。

 

出力ビデオの品質は「損失」値に依存します。損失値が低いほど(アップロードされたビデオから学習している間)、品質は高くなります。そしてもちろん、あなただけがあなたのビデオと学習データにアクセスすることができます。

 

 

3位. DeepFaceLab

ディープフェイクの品質の進歩

 

長所

✅オープンソースのディープフェイクシステム

✅柔軟で使いやすいパイプライン

✅ユーザーはシームレスに顔を交換して老化させることが可能

✅コミュニティで作成された事前トレーニング済みモデルとすぐに使用できるファセットセットが含まれる

 

短所

❌音声置換は含まれない

 

プラットフォーム:Windows
価格:無料

 

DeepFaceLabは、ディープフェイクを作成するための主要なソフトウェアです。新しいニューラルネットワークを利用して、ビデオの顔を置き換えます。これはGitHubでホストされており、インターネット上で無数のチュートリアルを生み出しています。

 

開発者によると、ディープフェイク動画の95%以上がDeepFaceLabで作成されています。

 

DeepFaceLabを使用するには技術的な知識が必要です。ツールをダウンロードして解凍すると、多数のフォルダーと一連のバッチファイルが表示されます。すべてのトレーニングモデル、ソースビデオ、および出力で構成される「workspace」という名前のフォルダーがあります。このツールは、バッチファイルが機能できるように、特定のファイル名と場所で機能します。

 

2位.FaceSwap

 

長所

✅オープンソースのディープフェイクシステム

✅トレーニングモデルを自動保存するため、いつでも停止可能

✅高品質のディープフェイクを生成

 

短所

❌最高のパフォーマンスを得るには、CUDAを備えた最新のGPUが必要

 

プラットフォーム: Windows | MacOS | Linux
価格:無料

 

FaceSwapはDeepFaceLabに似ていますが、より多くの機能、より優れたドキュメント、およびより優れたオンラインサポートを提供します。MacとLinuxどちらでも利用できます。

 

これは、最初のビデオのインポートから最終的なディープフェイクビデオの作成まで、ディープフェイクプロセスのすべてのステップを実行する機能が満載されたオープンソースツールです。このツールを実行するには、CPUでのフェイススワッピングが非常に遅いため、性能の良いグラフィックカードが必要です。

 

Python、Keras、Tensorflowを搭載したFaceswapには、ソフトウェアをサポートおよび開発する活発なコミュニティがあり、役立つチュートリアルが豊富です。

 

 

1位.Zao

 

長所

✅必要な写真は1枚だけ

✅独自の絵文字を作成できる

✅ワンタップで同じスタイルの有名人に交換可能

 

短所

❌ユーザーはスクリーンショットを保存または撮影できない

 

プラットフォーム: Android | iOS
価格:無料

 

Zaoを使用すると、動画内の有名人の顔に当てはめて遊ぶことができます。

 

1つの写真をクリックするだけで、無料で何千種類のヘアスタイル、衣装、メイクを試すことができます。

 

2019年、Zaoは、テレビ番組や映画の短いクリップでユーザーがお気に入りの俳優と顔を入れ替えることができるようにすることで、わずか1か月で中国で最もダウンロードされた無料アプリとして注目されました。人気が高まるにつれ、その開発者はアプリのプライバシーポリシーについての問題が浮き上がりました。

 

顔を入れ替えるのに数秒しかかからないものの、期待するほど自然に見えない場合があります。

 

以上、ご紹介したツールはすべて、AIがどれほど進化したかを表しています。かつてはディープフェイクビデオを作成するために数千枚の写真が必要でしたが、今では1枚の写真でそれが可能となっています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ