話題

話題

中国が時速600キロに達するリニアモーターカーのプロトタイプを発表

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、China Reveals A Maglev Train Prototype That Goes Up To 600 Km/h
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

694 views

読了時間 : 約2分9秒

・China Railway Rolling Stock Corporationは、最高速度600 km / hに達するリニアモーターカーのプロトタイプを発表しました。

・2021年に生産を開始します。

・現在、中国の高速鉄道は時速350kmまで可能です。

 

 

中国では新しい列車輸送システムが形成されつつあります。

 

最近、中国の大手鉄道メーカーであるCRRC(China Railway Rolling Stock Corporation)は、最高速度600 km / h(373 mph)に達することができるリニアモーターカーのプロトタイプを発表しました。

 

生産は2021年に開始予定ですが、その前にプロトタイプで一連のテストをします。 高強度、超軽量の素材で列車の車体を構築することは、エンジニアにとって大きな課題でした。 最高のパフォーマンスを実現するには、高速になった時に発生した問題も克服する必要がありました。

 

 

音と振動を減らす

リニアモーターカー(Maglev (magnetic levitation)磁気浮上の略)列車は、2セットの電磁気装置を使用します。1つは反発して列車を軌道から押し上げ、もう1つは「フローティング列車」を前方に移動します。 鋼製の車輪とレールの摩擦がないため、列車は時速600kmを超える速度になります。

 

従来の列車とリニアモーターカーの大きな違いは、エンジンにあります。リニアモーターカーのエンジンは非常に小さいため、車輪付き列車を動かすために使用されるエンジンの種類と比較することはできません。 また、それらは化石燃料を動力源とはしていません。

 

高速だけでなく、リニアモーターカーには他にも多くの利点があります。 線路に触れないため、従来の列車に比べて振動や騒音がはるかに少なくなります。 摩擦と振動が少ないと、機械的損傷や天候による遅延が少なくなります。

 

エネルギーのほとんどは、空気抵抗を克服するために使用されます。 距離単位あたりに必要なエネルギーは、速度の2乗に増加します。 たとえば、400 km / hで移動するには300km / hの2.5倍の電力が必要になります。 これが飛行機が効率的である理由です:エネルギー消費を減らすために高高度でより低い温度とより低い気圧を使います。

 

コンセプトに必要な大きな市場

CRRCによると、中国はすでに強力なトラクション、サスペンション、コントロール、ガイダンスなどのテクノロジーのリーダーです。

 

時速600kmに到達することは信じられないほどの偉業です。 上海から北京までは飛行機で4.5時間、高速鉄道で5.5時間かかるのに対し、わずか3.5時間で行くことができます。

 

リニアモーターカーを必要とする大きな市場がなければ、この技術は成功しません。 重慶、杭州、済南を含む中国の都市はそのような列車を検討していましたが、最長のルートでさえ31マイルありませんでした。

 

China Maglev Train Prototype写真提供: SCMP

 

リニアモーターカーは、高速列車よりもはるかに高い電磁界を必要とします。 したがって、このテクノロジーを使う時は、人が集まっている場所から遠ざけなければいけないという、新たな問題があります。

 

時速600キロに達した列車はこれが初めてではありません。 2015年、日本のリニアモーターカーは603 km / hの世界記録を達成しました。 彼らは現在、名古屋と東京の間で時速505 kmのリニアモーターカー輸送システムに取り組んでおり、2027年に一般公開される予定です。

 

研究開発に何十年もかかっていますが、リニアモーターカーは中国、日本、韓国の3か国でしか運行されていません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ