話題

話題

【タイプ別】世界の有名な橋23選!

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、23 Different Types Of Bridges
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

447 views

読了時間 : 約7分16秒

橋は、一般的に川や谷にある建築物である。世界でも公共交通機関の発達において重要な役割を果たしている。

 

もっともわかりやすく、シンプルな作りの橋は足がかりだろう。人類が初めて作った橋は、かなりの頻度で木に倒されることがよくあった。そこから18世紀に幾度にもわたる改良が重ねられた。そして、1716年にフランス人の技師が書いた橋の建築術本が出版された。

 

1770年代後半、人類は鉄製の橋の造成に成功するという偉業を成し得た。18 世紀から19世紀にかけて、アメリカやカナダで数千にもわたる橋が建設された。そこからスイスやドイツで、近代的なデザインが生み出されたのも記憶に新しい。

 

今日、橋は形、素材や移動可能なものなど多種多様である。いくつかの分類に分けられる。用途に合わせて、世界で使われている橋のもっとも普及している形を紹介しよう。

 

 

23 クラッパー橋

長さ:短

 

クラッパー橋 は巨大で平らな石が重なった原始的な形をしている。その多くが中世に、かわをわたる目的で建設された。

 

ポスト橋は、イギリスにあるデヴォンという場所にある。2メートルと4メートルの長さ以上の石が積み重なっている。重さは八トン以上にもなる。13世紀、Tivistockという街に荷車を運ぶ為に建設された。

 

22  自然の橋

長さ:短

自然界には、橋に似た形をしたアーチが多く存在する。川の流れや風による浸食、岩が崩れることによってだんだんと形成されてきた。

 

アズルの窓は、ゴゾ島にある海の浸食によって作られた。おそらく19世紀にできたと推測される。他で有名なのは、ヴァージニアある。地形の変化によって90フィートにも及ぶ、215ほどの高さのアーチが出ている。

 

21 桁橋

長さ:短

 

ビーム橋は支えを使わず、橋の両端で全体が支えられているもっとも基本的な形の橋である。そのような橋を建てる目的は、それぞれパーツが体重移動をうまく支えている為である。長くなればなるほど、耐えれる重量が制限されてしまうので多くが比較的短いものだ。滅多に250フィート超えるものはない。

 

 

20 トラス橋

長さ:短〜中

 

強度を高める為に、トラスや梁が使われている。三角形をしており橋の両脇に配置することで圧力に耐えている。トラス橋を建てる方法は数多く存在するが、最終的なゴールは同じで、圧力と伸張をうまく分散させる為にその形をとっている。耐久性のある梁が作られるようになってから、外部荷重にも長い距離、安定して耐えることのできる橋を作れるようになった。

 

その上、他の橋とは異なり上部、中央部、下部と別れて荷物を運ぶことができるので橋の用途が広がりより経済的になる。

 

 

19屋根付き橋

長さ:短

 

ニューブランズウィックのハートランドブリッジが1,282フィートあり、最長の屋根付き橋として知られている。「屋根付き橋」という用語は、実際にに屋根のある橋だけを指すのではなく、特定の種類の建造物を指すときもある。例えば、耐荷重量を分散させる木造のトラス橋なども含まれる。

 

木で守られているので、そう出ない橋と比べて、その寿命は長く100年以上使い続けれている橋もある。最近では、1600もの橋があるが、その多くが短いもので小川にかかっているものが多い。

 

 

18 アーチ型の橋

長さ:短

 

この形は、30世紀以上前に登場し、化学素材が一般的に建築物に持ちられるようになって肩産業革命から今もまだ残っている。このアーチ型の橋の下部は他のタイプの橋と見た目が異なる。その理由としてはこの曲線で荷重を分散させる効果がある。

 

17下路アーチ橋

長さ:長

 

これが、アーチ橋の一般的な形で上部が盛り上がっている。中央部分は、支え棒やサスペンションケーブルなどを介して支えられており、それに加えて橋の両端が陸で支えられている構造をしている。

 

有名な例を挙げれば、シドニーブリッジ(オーストラリア)やタインブリッジ(イングランド)、バイヨンブリッジ(アメリカ)などがある。

 

 

16 月型橋

長さ:短

 

これは歩行者用の橋として使われている。川の水の反射すると綺麗な円がうかびあがることからこの名前がつけられている。この構造はアジアから由来するもので、中国で建設され始めた後日本でも作られるようになった。

 

このタイプの橋は主に石や木、鉄などを材料として作られる。高さが低く、土台とする地面を必要としないのもこの橋の利点である。橋を建設する為に段階的なアプローチ方法を必要とせず、上部は歩行者が活用でき下部は、ボートなどが通れる画期的な橋の構造だ。

 

 

15移動式の橋

長さ:短

 

この名前からよく分かるように、ボートや船が通ることのできるように橋を移動させることができる。真上に引き上がるタイプもあれば、はね橋や旋回橋といった形もある。

 

モーターの力で橋を引き上げており、水力のピストンや巻き上げ機などを使っている。全長はかなり長くなる傾向があるが実際の橋の部分は、数百フィートと短い。技術とコストの面を考えられてそうなっている。橋が上に上がるのは、運河を船が通るときで巻き上げる機械は適度なメンテナンスが必要になる。

 

 

14 ストレス・リボン橋

長さ:中

 

この橋は、張力構造をとっておりデッキに二つ以上のサスペンションケーブルが埋め込まれた構造になっている。これらのケーブルが支柱間のカテナリーアークに繋がり、耐久性の高さを強めている。

 

一般的にはコンクリートや鋼で補強されており、見た目の美しさにも加えてメンテナンスをする必要がないため、とても経済できである。

 

 

13 スパイラル橋

長さ:中〜長

 

螺旋状の橋は、道路の形を活かして地形に沿いやすい。橋の構造は傾斜がゆるく、高度差を感じることなく車が上昇することができる。

 

この橋の構造は、ジグザグ型の道路に変わる方法であり道路を上昇をしたり下降する時に、方向転換をする必要がない。構造自体は、渦状ではなく螺旋を描いている。多くの立体駐車場がそのようなデザインを参考にしている。

 

 

12 ボックスジンジャー橋

 

長さ:中〜長

 

この橋の梁は、箱の形をしたけたでできており、そのけたは鋼やプレストレストコンクリート、鉄筋コンクリートなどの合成素材でできている。

 

通常、箱は台形や長方形をしている。スラブの高さ、橋の重量、建設費を削減することでコンクリートの単位面積当たりの強度を高めていくことができる。このようなタイプの橋は、高速道路や旅客鉄道用の道路に使われる。

 

 

11 セグメント橋

長さ:長い(100メートル超)

 

大規模のセクションで構造を構成する従来の建設技術とは異なり、セグメントブリッジはセグメントと呼ばれる小さなパールで構成されている。

 

パーツは、別の場所で組み立てられて現場に運ばれるか、最終的な場所で組み立てられるかのどちらかである。このタイプの橋は、長い目で見て経済的だが、ハイテクノロジーを必要とする機械や建設中に気をつけなければいけないことが増えてくるので対策を取る必要がある。

 

 

10 高架橋

長さ:長

 

高架橋は高いタワーが短いスパンで並んだ橋のことを言い、谷や鉄道を結ぶ道路としてよく活用されることがある。橋やトンネルよりもコストパフォーマンスが良く、多くが

 

水上に建設されたものは、アーチや島を利用して作れており船を通行可能にするためにトンネルや他のタイプの橋と併設して建設されることが多い。

 

 

9 カンチレバー橋

長さ:中

 

カンチレバーと呼ばれる水平に伸びるパーツを使用している。一端のみの補強でされているものだ。規模の小さい歩道橋の場合、簡易な梁だけで対応することができる。それが長い橋になる場合は、ボックスガーダーまたはトラス(プレストプレスコンクリートから構築)が使用される。

 

 

カンチレバーは構造上、川の流れを遮ることないためとても実用的だ。主に、歩行者や自動車そして電車用として使用される。世界最長のカンチレバーは、ケベック橋だ。1917年に、カナダのケベックとレビスに建築された。その計画は二回失敗をし、完了までに30年以上の歳月がかかった。

 

8吊り橋

長さ:中くらい〜長い

 

吊り橋では、デッキを支えるケーブルが垂直に吊り下げられており、端に加わる重力を張力に変換するためにメインケーブルは橋の両端に固定されている。橋のケーブルは使用する材料が少なく長い期間保つので、地震などでの耐朽性にも優れている。

 

 

7 斜張橋

長さ:中

 

吊り橋とは異なり、これらの橋にはタワーからデッキに直接伸びるケーブルがあり、水平や扇のような形をしている。長さは吊り橋よりも短く、肩もち橋よりも長い。斜張橋は経済的で、桁の長さも短いためエレガントに見えるといった利点があります。

 

 

6 輸送橋

長さ:短

 

輸送橋は、川を横断する道路の一部として、船が航行可能な皮や他の水辺の地域を横断するために使用される。

 

これまでに建設されたこのタイプの橋は30未満と少なくその内、現在使用されているのは12だけだ。例を挙げれば、イングランドのミドルスブラトランスポーターブリッジなどがある。それは帆船を収容するために570フィートほどの距離がある。

 

5 けた橋

長さ:短〜中

 

名前からわかるように、この橋は鋼やコンクリートのけたでできている。けたというのは、デッキ上にある小さな梁をサポートするパーツである。ほとんどのけたには、耐久フランジを含む断面がある。

 

桁橋の多くが長さやコストの問題から、ポピュラーな橋として認知されるまでに多くの時間がかかった。科学技術の発展や建設技術の向上で、数十年前から、だんだんとこのタイプの橋か普及するようになった。

 

 

4 エクストラドーズド橋

長さ:中

 

エクストラドーズド橋は、斜張橋とプレストレストボックス桁橋の要素を組み合わせたものだ。斜張橋よりも小さなパイロンを使用し、桁橋で使用されるよりも幅の薄い桁やデッキ構造を採用している。

 

それらの素材は比較的高価なものが多く、効率が良くない。しかしエクストラドーズ橋で使う材料は少ないため、比較的やすく建築期間もかからずに建築することができる。ここでの留意点は、全体の清掃やケーブルの代替案を検討することができないことである。

 

 

3 トレッスル橋

長さ:短

 

感覚の狭いフレームに支えらえて構築されている。橋脚として使用される架台は木や鉄で作られた合成フレームで、19世紀に背書きで広く普及するようになったものだ。

 

実は、以前は木製の橋は、かつて鉄道の全長を3%ほど占めていた。現在では脆くなっているものも多いが、重要な財産と考えれている。鋼と木で作られた架台などは、埋められた橋が洪水を止める働きをするので、洪水が起こりやすい場所に建設されることがよくある。

 

 

2 斜張橋(現代版)

長さ:短〜中

 

このような橋では、負荷の分配は桁のカンチレバーに頼ることはないがその代わりとして、スパーの角度を変えて土台にかかる力を軽減するように構造が考えられている。

 

一部の橋では、桁は尾部によって適切な角度までタイトルがつけられることもある。多くのデザインは、デッキの重量を支えるためにカーブのついた後方桁を備え付けてある。

 

 

1 サイドスパー斜張橋

 

長さ:中

 

ケーブルサポートが道路に跨がらない珍しいタイプの橋で片持ち梁になっている。ケーブル経路は通常、橋の中心に合わせられる。力は張力を介して圧縮力に伝達され、基礎に伝わるようになっている。

おすすめ新着記事

おすすめタグ