話題

話題

スピード対決! 世界の高速鉄道トップ12

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Fastest Trains In The World | 2021 Edition
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

314 views

読了時間 : 約7分56秒

高速鉄道の分野では、中国の国営鉄道会社であるChina Railwayが他の追随を許しません。イギリスの鉄道雑誌『レールウェイ・ガゼット・インターナショナル』によると、中国は、最速の列車では出発から停止までの平均速度が時速180マイル(300 km/h)をはるかに超えており、他社を圧倒しています。

 

通常、高速鉄道とは時速124マイル(200km/h)以上の速度で運行するものと定義されています。複数の動力要素で構成されており、高度なサービスが要求されます。

 

最初の高速鉄道は、「新幹線」として知られ、1964年に日本で開発されました。それ以来、多くの国が主要都市を結ぶ高速鉄道を開発しています。2018年末までに、中国には18,000マイル(29,000km)の高速鉄道網があり、世界の3分の2を占めています。

 

この記事では、世界の商業的に運営されている高速鉄道をリストアップしています。リストの半分以上は、China Railwayが運営する列車で占められています。中国はすべての高速列車を保有しているだけでなく、常に新しい列車を追加しているのです。

 

12. ヴェラロRUS

モスクワからサンクトペテルブルクへ向かうヴェラロRus

 

最高速度:時速217マイル (350 km/h)
国:ロシア

 

運行会社:Russian Railways【ロシア鉄道公開株式会社】
運行開始:2009年

 

ヴェラロRUSは、ドイツのシーメンス社が開発したロシア軌間【軌間:レールの間隔】の高速電気特急列車です。10両編成で最大600人の乗客を収容することができます。

 

2006年、Russian Railwaysは8編成のヴェラロRUSを30年のサービス契約とともに6億ユーロで発注しました。2011年には、既存の路線でのサービスを向上させてさらに他の地域にも拡大するために、追加の8セットを発注しました。

 

11. Talgo 350

最高速度:時速217マイル (350 km/h)
国:サウジアラビア

 

運行会社:Saudi Railway Organization【サウジアラビア鉄道機構】
運行開始:2018年

 

Talgo 350は、高速走行時の気流や圧力に対応できるよう、最適な流線形の設計が施されています。4,000kWの電力線と標準軌【軌間が1435mm】の線路で走行します。

 

踏切やトンネルを快適に通過することができる車体には、反垂直と反横転の乱調技術が採用されています。また、Talgo Pendular型【車体傾斜式車両】のサスペンションと独立車軸を装備しており、カーブでも車輪が常に路面と平行になるように設計されています。

 

この列車には、快適なリクライニング機能を備えた座席、フットレスト、座席の回転や空調システムの調整など、乗客に優しい機能が搭載されています。また、テーブル、電源コンセント、読書灯なども設置されており、乗客の利便性を高めています。

 

10. CRH2CおよびCRH3C

長沙南駅のCRH3

 

最高速度:時速217マイル (350 km/h)
国:中国

 

運行会社:China Railway【中国国家鉄路集団有限公司】
運行開始:2008年

 

CRH2系は、アルミニウム合金構体を採用した電力分配型の交流駆動電気多連装車両です。日本の新幹線のE2系をベースとしています。2007年、CRH2Aは「国家鉄道科学技術賞」の一等賞を、台車技術は「国家科学技術進歩賞」の一等賞を受賞しました。

 

一方、CRH3の車両は、ドイツの鉄道ICE-3車両から派生したシーメンス社のヴェラロ・プラットフォームです。CRH3C電気多重ユニットは、2つの駆動装置を備えた4つのトレーラーカーと4つのモーターカーで構成される動力分散型の列車です。

 

いずれの列車も、騒音と振動を低減する高剛性車体、気密性と強度を高めるための車窓の最適化、車内の圧力変動を防ぐ圧力保護システムの強化などが行われています。

 

9. AVE

AVE102系

 

最高速度:時速217マイル (350 km/h)
国:スペイン

 

運行会社:Renfe【レンフェ】
運行開始:2005年

 

AVE(Alta Velocidad Españolaの略)は、スペインの国有鉄道会社であるRenfeが運営する高速鉄道のサービスです。「Alta Velocidad Española」は直訳すると「スペインの高速」で、短縮形の「AVE」は「鳥」を意味しています。

 

AVEの列車(特に102、103、105系)は、時速193マイル(310km/h)で走行するように設計されていますが、それよりもはるかに高い速度を達成することができます。2017年現在、AVEのシステムは2,013マイル(3,240km)のヨーロッパ最長の高速鉄道網であり、中国本土に次ぐ世界第2位の長さを誇っています。

 

その新しいバージョンである105系は、分散牽引力を備えた非連結式の電気マルチユニットです。車体はすべてアルミニウム製で、各車両には1つの動力台車があり、両輪に電気モーターが搭載されています。8両編成の場合、総出力10,560kW(14,160hp【馬力】)を発揮します。

 

8. 新幹線E5系およびH5系

走行中の新幹線E5系「はやぶさ」

 

最高速度:時速224マイル(360km/h)
国:日本

 

運行会社:JR東日本およびJR北海道
運行開始:2011年、2016年

 

E5系、H5系新幹線は、いずれも電気式アクティブサスペンションを採用した日本の高速鉄道です。

 

新世代のE5系列車は、これまで以上にスピードと快適性を追求しています。前方15メートルまで伸びる長い先頭部、高速走行時にも停止距離を短縮する最新のブレーキシステムを備えています。

 

H5系では、車両間の接続部を保護する耐久性の高いゴムや、先頭ユニットの除雪機能の向上、電子機器を保護するステンレス製台枠など、寒冷地での使用を想定した様々な改良が施されています。

 

E5系とH5系は最高速度が同じで、デザインも同じですが、違いは車体の帯の色で、E5系はピンク色、H5系はラベンダー色となっています。また、E5系は通常のハロゲンヘッドランプ(白っぽい光)を採用しているのに対し、H5系はLEDヘッドランプ(黄色っぽい光)を採用している点も異なります。

 

日本では、史上最速の時速249マイル(400km/h)の新幹線の実験も始まっています。ただし、運行開始は2025年以降になる見込みです。

 

7. AGV 575

最高速度:時速224マイル (360 km/h)
国:イタリア

 

運行会社:Nuovo Trasporto Viaggiatori【イタリアの鉄道事業者】
運行開始:2012年

 

AGV575(AGVはAutomotrice Grande Vitesseの略【「高速自走車両」の意】)は、フランスのアルストム社が製造する標準軌の高速電気多重ユニット列車です。広い車内空間、空調設備、テレビやインターネットなどの設備を備えています。

 

この列車は、連接式キャリッジ構造に同期永久磁石モーターと分散型トラクションシステムを組み合わせたものです。アルミニウム合金を使用しているため、鉄製に比べて車両全体の重量が1,500ポンド【約680㎏】減少しています。

 

先頭部には衝突防止のための運動エネルギー吸収装置が装備されている一方で、剛性の高い車体と車両間の半剛性リンクにより、衝突や脱線の際の安全性が高まっています。

 

6. ボンバルディア・ゼフィロ380

最高速度:時速236マイル (380 km/h)
国:中国

 

運行会社:China Railway
運行開始:2012年

 

ゼフィロは、カナダのボンバルディア・トランスポーテーション社【本社はドイツにある】が設計した新世代の超高速鉄道車両です。最も経済的で環境に優しい列車のひとつで、中国で初めて導入されました。現在はイタリアでの運行が開始されています。

 

ゼフィロ380は、ゆったりとした美しいインテリア、20%の省エネを実現する流線形の設計など、数々の魅力的な機能を備えています。

 

現在、中国では合計85編成が運行されています。8両編成で最大650人、16両編成で最大1,336人の乗客を収容することができます。

 

5. CRH380A和諧号

最高速度:時速236マイル (380 km/h)
国:中国

 

運行会社::China Railway
運行開始:2010年

 

CRH380Aの巡航速度は時速217マイル(350km/h)ですが、それ以上の速度を出すことも可能です。オリジナルの8両編成では時速302マイル(486km/h)に達します。

 

この列車は、新しく建設された高速幹線の標準的な運転速度である時速236マイル(380km/h)に合わせて再設計されました。海外の設計をベースにしていますが、新幹線の技術を無断で使用しているとの指摘もあるようです。

 

列車全体の設計には、低抵抗の流線型ヘッド、高圧力のタイトな車体、高度な騒音制御技術、高性能トラクションシステム、最大エネルギーフィードバック率95%の回生ブレーキなどを採用しています。

 

4. CRH380B/BL 和諧号

上海虹橋駅のCRH380BL

 

最高速度:時速236マイル (380 km/h)
国:中国

 

運行会社:China Railway
運行開始:2011年

 

CRH380B/BL 和諧号は、シーメンス社の高速鉄道ヴェラロのバージョンです。最高運転速度は時速186マイル(300km/h)ですが、それ以上の速度を出すことも可能です。

 

これはCRH3Cをベースに開発された新世代の高速電気多重ユニット列車です。CRH3Cと比較して、連続運転速度が時速186マイル(300km/h)から時速217マイル(350km/h)に、最高設計速度が時速マイル217マイル(350km/h)から時速236マイル(380km/h)に、最高試験速度が時速249マイル(400km/h)に向上しています。

 

列車の流線形の形状とトラクションパワーの強化により、その性能は大きく向上しています。さらに、減衰性能や車内騒音、圧力制御機能なども年々向上しており、車内での快適性が高まっています。

 

3. フレッチャロッサ1000

最高速度:時速249マイル (400 km/h)
国:イタリア

 

運行会社:トレニタリア【イタリアの民営鉄道会社】
運行開始:2015年

 

フレッチャロッサ1000は、最先端の技術に合わせて設計された新しい高速列車です。ヨーロッパのすべての高速鉄道網で走行可能で、長距離旅客サービスに適しています。

 

全車両に搭載された16基の強力なエンジンにより、商業運用に適した時速223マイル(360km/h)の高速性を実現しています。4つのクラスで最大485名の乗客を収容でき、身体障害者用の上げ起こし式の椅子も備えています。

 

この列車は最新の省エネ技術を採用し、いくつかの持続可能な機能を備えています。また、使用されている材料の85%までがリサイクル可能で、95%の材料は再生可能です。

 

2. 復興号CR400AF/BF

シルバーとレッドのカラーリングのCR400AF

 

最高速度:時速261マイル(420km/h)
国:中国

 

運行会社:China Railway
運行開始:2016年

 

復興号は、電気多重ユニット式高速列車のシリーズです。CR400AFとCR400BFの2種類の車両は、現在運行されている世界最速の非磁気浮上式列車【リニアモーターカーでない】で、設計速度は時速217マイル(350km/h)です。

 

「Fuxing【復興号】」という名称は「若返り」という意味で、2つのバリエーションそれぞれに愛称がつけられており、CR400AFは「Blue/Red Dolphin【イルカ】」、CR400BFは「Golden Phoenix【不死鳥】」となっています。

 

556人の乗客を収容し、Wi-Fiアクセスを含む多くの設備を提供しています。また、エネルギー消費を抑え、標準的な部品設計を採用しているほか、他の電気多重ユニット式車両と比較して、より強化された安全機能を備えています。

 

1. 上海マグレブ

画像提供:Alex Needham/Wikimedia

 

最高速度:時速268マイル (431 km/h)
国:中国

 

運行会社:Shanghai Maglev Transportation Development【上海磁懸浮交通発展有限公司】
運行開始:2004年

 

上海マグレブは、ドイツの技術協力を得て建設された、世界最速の商業電気鉄道です。最初で最古の商業高速磁気浮上式鉄道として現在も運行しています。

 

このプロジェクトは13億ドルと2年半の歳月をかけて完成しました。この路線には18.53マイル(20.5km)の線路があり、さらにメンテナンス用の別の線路もあります。

 

この事業はデータ上、利益を生んでいません。莫大な運営費と、乗客の流れの欠如のため、上海マグレブは毎年数百万ドルの損失を出しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ