話題

話題

PR

P2P貸付プラットフォームおよびソフトウェアを構築する方法

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、How to Build a Peer-to-Peer (P2P) Lending Platform and Software
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

365 views

読了時間 : 約8分40秒

コンサルティング会社PwCの見積もりによると、P2P貸付業界は2025年までに1500億ドルまで成長するとされています。この記事では、独自のP2P貸付プラットフォームを構築することによって、この急成長市場のシェアを獲得する方法を学びます。

 

P2P貸付とは

これは、貸し手と借り手が同等の当事者(個人および/または会社)であり、銀行、クレジットブローカー、その他の伝統的な金融機関という形で、仲介者が参加することなく行われる貨幣貸付メカニズムです。 ほとんどの場合、このような関係はインターネット上の特別なサイト(P2Pプラットフォーム)で構築されています。

 

Peer-to-Peer Lending Platform

アメリカのトップピアクレジットサイト(2016年8月 – 2017年7月)

 

仲介者がいない場合、金利は低くなり、投資家の利益は大きくなります。 事実、銀行を維持することは高価な喜びです。 建物、スタッフ、コンピュータ機器および特別なソフトウェアの購入が必要であり、すべての安全規則に従う必要があります。

 

P2p Lending Platform

銀行による伝統的な貸付モデル

 

これらの支出にいくつかの支店を掛けてると、同じ銀行でなぜ信用率が10%、そして預金率 – 2%のレベルになるのかが理解できます。 銀行は投資家の利益の大部分を消費しているのです。

 

How to Build a Peer-to-Peer Lending Software

P2P貸付モデル

 

P2P融資では、銀行の不動産、スタッフの給料、高価な設備の費用を考慮する必要はありません。 したがって、ローン金利は10%、投資家の利益 – 8%のレベルにすることができます。 残りの2%はP2Pプラットフォームから削減されます。

 

このような融資は簡単な方法で機能します。

1.人々は、借り手または貸し手(投資家)としてP2Pプラットフォームに登録します。

2.借り手は、金額、ローンの条件、および自分自身に関する簡単な情報を指定して、ローンの申請書を提出します。

3.プラットフォームはリスクを評価し、信用格付けを決定して適切な金利を設定します。 これは、オラクル(外部から雇われた人や組織)や特殊なアルゴリズムによって行われます。

4.アプリケーションは、貸し手が表示する合計プールに行きます。

5.ローン条件がいずれかの貸し手に適している場合は、ローン契約が結ばれます。

 

唯一の難点はP2Pプラットフォームそのものです。 このサイトは、快適で信頼性があり、安全で、多数の言語をサポートしている必要があります(これにより、視聴者の範囲が広がります)。 このようなプラットフォームを作成するのは困難ですが、これを達成できれば成功する可能性があります。

 

P2P貸出プラットフォームの構築方法

ステップ1:事業者登録フォームを決定する

法人の登録フォームを選択するときは、次のような事項を考慮に入れる必要があります。

– 企業または有限責任会社としての登録は、破産または不可抗力の場合に債権者から保護します。

– 企業は、会計および税務申告の要件を含め、LLCよりもはるかに多くの要件を課しています。 さらに、企業は定期的に株主総会を開く必要があります。

– 異なる登録形態は異なる税ステータスを意味します、しかしLLCは、LLCまたは法人として税金を払うことを選択できます。

– 企業は、各参加者の持分に応じて損益を分配する義務があります。 LLCでは、分配は事業協定に従って行われ、その条件は会社の参加者によって決定されます。

 

ステップ2:会社名を登録する

通常、会社(商標)は、事業を営む州で登録する必要があります。 P2Pプラットフォームの場合、これは本社の場所です。 この段階では、次のような事項を考慮する必要があります。

 

– 名前は無料である必要があります。これは、米国特許商標局のWebサイトで確認できます。

– ブランド名はドメイン名と一致する必要はありません。

– 登録規則は州によって大きく異なる場合があります。

– 会社の名前で人々が活動の範囲と登録フォームを理解できることが望ましいです(これは必須です)。 たとえば、P2P Lending、Inc.(会社の場合)、またはP2P Lending(LLC)の場合は有限責任会社です。

 

ステップ3:プラットフォームドメインを登録する

ドメインはあなたのウェブサイトアドレスです。 長くて読みやすいものではありません。 これがブランドの略称である場合は、略した方がよいでしょう。 この段階で重要な点は次のとおりです。

– ドメイン名と会社名は一意である必要があります。 ドメインが無料であるかどうかや、Googleで検索されやすいように、多くのサイトに掲載されている名前でないか、確認してください。

– ドメイン登録にはお金が必要です。 原則として、これらは少額です。 最大20ドルですが、ドメインゾーンによっては例外があるかもしれません。100ドルを超えることもあります。

– ドメインを登録するとき、あなたはドメインを所有するわけではなく、借りることになります。

 

ステップ4:チームを作成する

これはあらゆるプロジェクトの主な成功要因なので、チームの選択は最大限の真剣に取り組まなくてはいけません。 これを行うには、次の推奨事項に従ってください。

– スタッフは、Webサイトの運用方法を知っており、財務、金融法、マーケティング、または広告のエキスパートである人々を入れる必要があります。

– さらに、信用事業を築き、信用リスクを評価する方法を理解している、銀行セクターでの経験を持つ人々を必要とします。

– 長期的な焦点を持っている人々を雇う必要があります、すなわち、累積ボーナスとともに、長期契約と社会的なパッケージを提供しなければなりません。

 

可能であれば、他の会社の従業員、できれば成功した会社の従業員を引き寄せるのが良い方法です。 そのような人々は、経験、必要なスキル、そしてタスクの理解を持っています。 しかし、これは競合他社の立場を揺らがすことになるかもしれません。

 

ステップ5:立ち上げ時の資金の調達

サイトのコンテンツや開始時のその他の運営費に加えて、最初のローンを発行するための資金が必要になります。 P2P投資家がすぐにあなたのサイトに来ることを期待しないでください。 次の方法でお金を集めることができます。

– Primary Coin Offer(ICO / STO)。 あなたは配当利益をもたらすか、手数料を減らすトークンを作成することができます。

– ベンチャーキャピタルの誘致。これを行うには、詳細な事業計画を立て、ビジネスの天使(ビジネスのシェアと引き換えに多くのお金を投資する人々)に手を差し伸べる必要があります。

– 銀行ローン。 しっかりした誓約が必要です。

 

スタートアップ資本の量は、プラットフォームの開発コスト、チームの規模、およびマーケティング戦略によって異なります。 P2P融資のためのプラットフォームを構築するための価格は、およそ1万ドルから2万ドルで変動します。 あなたが賞金キャンペーンを使用する場合、それはマーケティングプロモーションにも同額かかります 。

 

ステップ6:P2Pプラットフォームを開発する

ブロックチェーンのプログラミングチームを雇うか、開発を外注することで、プラットフォームを最初から作成できます。 ただし、White Label(カスタマイズ可能なすぐに使える製品)のようなソリューションを使用することをお勧めします。 ホワイトラベルを使用するときは、次のことを覚えておくことが重要です。

これらは、ユニークなクレジット商品には適していないサンプルソリューションです。 White Labelはあなた自身の信用シナリオを統合することができます、しかし適切な専門家を雇うことを必要とするでしょう。

オープンソースのWhite Labelを使用することをお勧めします。 このような製品はエラーが少なく、ユーザーから信頼されています。 P2Pプラットフォームの開発期間は4〜12ヶ月です。 White Labelで、今回は3つに切ることができます。 コストも下がります。

 

ステップ7:Webポータルを作成する

P2P貸し出し用のサイトを作成するときは、次のようなときに考慮することが重要です。

– ポータルは、最大数の支払いゲートウェイと統合する必要があります。

– サイトインターフェースは直感的であり、いくつかの主要言語をサポートするべきです。

– いくつかのホワイトラベルは基本的なウェブサイトのデザインを含みます。 下書きとしてのみ使用してください。 あなたのサイトデザインはユニークで認識可能でなければなりません。

 

ステップ8:サイトとプラットフォームのテスト

各カスタムプラットフォームの使用シナリオをテストし、すべてが想定どおりに機能することを確認する必要があります。 この場合、最も注意を払うべき事項は次のとおりです。

セキュリティ。 ユーザーと支払いゲートウェイとの接続は暗号化されなければならず、個人データは7つの封印の背後に隠されており、金融ゲートウェイは1000と1のロックのために閉鎖されています。

ユーザビリティ。サイトへの最初の移行時のユーザーは、登録方法、ローンの申し込み方法、または投資方法を理解する必要があります。

パフォーマンス。 PageSpeed Insightsサービスを使用して、さまざまなデバイスにサイトを読み込む速度を調べることができます。 ポータルのパフォーマンスを向上させるためのツールもあります。

 

ステップ9:プラットフォームの立ち上げ

サイトを立ち上げる前に、最初のユーザー、つまり借り手と投資家 や、 割引、より低い(または投資家にとってより高い)金利、融資を許可するためのより忠実な条件などを提供するマーケティングキャンペーンを実施する必要があります。 しかし、以下のことを覚えておく必要があります:

ローンを取得した後、消える詐欺師。 リスクアセスメントやユーザー識別のアルゴリズムに抜け穴が見つかる可能性があるので、最初はそのような人々がたくさんいます。

– フィッシングリソースを悪用したり、Webサイトをハッキングしたり、DDoS攻撃を仕掛けたりしようとするハッカー。

 

ステップ10:テクニカルサポートサービスを開始する

すべての予防措置、テスト、およびデバッグをしても、起動後のプラットフォームには必ずと言っていいほどエラーとバグが起こります。 そして、ほとんどの場合、それらはフルタイムのスペシャリストによってではなく、ユーザーによって検出されるでしょう。 したがって、最初の数か月以内に最大の負荷で機能するサポートサービスを迅速に開始することが重要です。 以下を実施すれば成功できるでしょう:

– エラーとバグの大部分を見つけて取り除く。

– 開発時に見逃していたことを理解し、不足している機能、要素、または指示を迅速に追加します。

– ユーザーからのフィードバックを得て、プラットフォームをより便利でわかりやすくするために何を改善する必要があるかを理解します。

 

政府の規制を遵守する方法

弁護士を雇う

貸出市場は厳しく規制されているので、州内の弁護士は、このセグメントで事業に従事しているあらゆる組織の業務に必須です。 あなたは、以下の事項の前に弁護士を雇わなければなりません。

-標準貸付契約を作成する。

– 最初のローンまたは投資契約、あるいはその両方に署名する。

 

銀行の専門家と協力する

スタートアップチームには、銀行業界で少なくとも1人の教育と経験を持つ人が必要です。 クレジット商品の関連性と手続きの業界標準への準拠を確実にしなければなりません。 特に、資金の電子的移転に関する法律、私的信用報告に関する法律および銀行の秘密に関する法律を遵守することを確実にすることが大切です。

 

差別禁止方針を確立する。

連邦消費者信用法では、差別的融資慣行の使用が禁止されています(例外があります)。

 

P2P Lending Software

間接的な差別の例

 

実際に借り手を選択するとき、書面の基準で中立的に思われる場合でも、間接的な差別についても注意する必要があります。

 

包括的な融資契約を結ぶ。

契約は、信用条件を開示するための統一された方法を確立する「貸付真理」法を遵守しなければなりません。

– すべての条件は、取引のすべての当事者が理解できる言葉で説明および開示されるべきです。 例としては、伝統的な銀行のクレジット契約があります。

– 契約には、与信条件だけでなく、罰金、延滞金、一部支払、またはローン返済の拒否(不可能)も含まれている必要があります。

 

国内外の法律を覚えておいてください。

いくつかの州では、P2P貸付に従事している組織に追加の要件があるかもしれません。 国際法は、主にマネーロンダリングとテロ資金の撲滅を目的としており、時には沖合地帯も対象としています。

 

暗号通貨法を覚えておいてください。

ICO / STOで募金をした場合は、SECに登録する必要があります。 デジタル資産が支払いの手段としてのみ使用される場合、暗号通貨の相場の上昇が投資収益の形成につながる可能性があり、そこから税金を支払う必要があることを覚えておかなければなりません。

 

P2P貸し出しプラットフォームの作成に使用できるWhite Label

再建協会/White Label クラウド

Rebuilding Society – P2P貸付プラットフォームを立ち上げるためのツール。White Label Crowdfunding – 新しいP2Pサイトの作成を簡素化する子会社。

 

Zidishaのオープンソースプラットフォーム

発展途上国の企業にマイクロローンを発行することを専門とするオープンソースプラットフォーム。

 

Cloud Lending Solutions

投資家管理、クレジット局とローン分割の統合を提供します。 Cloud Lending Solutionソフトウェアは、バックオフィスプロセス(作成、引受、資金調達および市場ローンのサービシング)にも役立ちます。

 

Agriya’s Lending Software

インドに本社を置くWeb開発会社。 ピアツーピア貸出サイトや他の種類のクラウドファンディングプラットフォームを作成するためのソフトウェアを専門としています。

 

Strategic Information Technology

ローン・プラットフォームに統合できるいくつかのソフトウェア製品が含まれています。リテール・バンキング・ソフトウェア、貸付ツール、債権回収および投資機能です。

 

Madiston

自身の信用モデルをカスタマイズし、逆オークションを行い、貸し出しや入札を自動化することができます。

 

MyAzimia

支払いの統合、与信管理、レポート作成などを提供します。 これは、ピアツーピアのクレジットプラットフォームを作成するためのシンプルで視覚的なビデオチュートリアルの存在によって際立っています。

 

Crowd Valley

P2PクレジットのサイトをWhite Labelで作成するためのプラットフォーム。 ソフトウェアは、ローンを発行するためのカスタマイズ可能なモジュール、アプリケーションフォーム、電子署名機能、借り手と貸し手のためのマッチングアルゴリズムなど多くを含んでいます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ