話題

話題

フランス国旗のデザイン、歴史、象徴とは?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、The French Flag: Design | History | Symbolism
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

123 views

読了時間 : 約5分49秒

フランスのトリコロール(三つの色)という別名としても知られているフランスの国旗は、世界で有名な国旗の中の1つであり、フランスの象徴として讃えられてきました。

 

現在、フランスの国旗は、左から順に青、白、赤の3色の垂直なラインで構成されていますが、実はフランスの国旗は、昔から3色という訳では無かったのです。

 

この記事では、5世紀頃のフランク王国から、中世、ナポレオンの時代、そして現代にわたるフランスの長い歴史について、またフランス国旗のデザインの側面、重要性についてまとめました。

デザイン

今現在使われているフランス国旗には、2つのバージョンがあり、1つは暗い色、そしてもう1つはより明るい色のものになっています。これらは、基本的には同じように使われますが、明るい色の方が、デジタルで表示される場合や、政府関係のさまざまな建物などの場面で頻繁に利用されています。

 

より明るい色の国旗は、16進値では、青(#0055A4)、白(#FFFFFF)、赤(#EF4135)で表され、フランスの大統領であるヴァレリー・ジスカール・デスタン政権下で、1976年に初めてテレビ番組に導入されました。

 

デザインの観点から見るフランスの国旗の重要な側面は、使われている色の割合です。現在、3色すべて同じ幅で表示されています。しかし、初期の頃、三色の割合は、青(30%)、白(33%)、赤(37%)でした。

 

比率が現在の設定に変更されたのは、1804年から1815年の間にフランスを統治したナポレオンボナパルトの下のみでした。フランス海軍は、「ナポレオン以前の時代」のトリコロールスタイルを軍艦旗として使用するようになったのです。

 

 

フランス海軍旗

 

このアイデアは、遠い距離から国旗を見たときに、色の割合が等しく見える目的で作られました。青、白、赤、3色の国旗は、フランスの国章としても機能し、そのことはフランスの憲法の第2条にも記載されています。

 

フランスの旗の歴史

フランスの国旗には面白く、そして長い歴史があります。中世の初期は、フランス王国の国旗はオリフラム(2つから5つのとがった端をもつ赤い旗)によって、またサンドニの旗によって表されていました。

 

やがて12世紀までに、オリフラムは金色のユリの花、またフルールドリスで飾られた青色の紋章に変えられました。そしてそれから3世紀以上の間、フランスの王は同じ紋章を使用していました。

 

1328年から1350年までのフランス王フィリップ6世の紋章

 

フルールドリスは聖ヨセフ、マリアなどのフランスのカトリックの聖人を表す歴史的なシンボルです。

詳しい起源はよくわかっていません。しかし、このシンボルはフランスの王族を表し、またカペー朝の支部であるブルボン家と関わりがあると言われています。

 

この青いカペー朝の国旗は、1337年から1453年に起こった、百年戦争の際にも用いられていました。百年戦争は、フランク王国の統治をめぐって、フランスのの室とイングランド王国の間で起こった戦争です。

 

トリコロールの誕生

トリコロールの起源は、1789年から1799年の間に起こったフランス革命ににさかのぼることができます。革命はフランスの社会に多くの変化をもたらし、国旗も影響を受けた1つのものでした。現在のフランスの旗は、フランスの最初の公式花形帽章に由来しています。

 

バスティーユ包囲の前日の1789年7月13日、「ブルジョワ民兵」としても知られる新しい設立された民兵が伝統的な軍隊から離れて結成することになりました。そして、中央が青、端が赤の花形帽章(円形のリボン)を贈られることになりました。赤と青の両方の色は歴史的にパリに関連しています。

 

フランス軍の花形帽章を作る初期の試みは、ジャ​​ーナリストのカミーユ・デムーランによって前日に行われましたが、残念ながら政治的な理由で中止されました。

 

フランスの花形帽章

 

バスティーユの占領に成功した後、ブルジョワ民兵の最高司令官であるラファイエット侯爵は、その名前を「州兵」に変更しました。その後、彼は花形帽章に白い色の帯(青と赤の中間)を追加して、州への忠誠を示しました。

 

1790年後半、憲法制定国民議会は、すべてのフランス海軍艦艇に三色旗を掲げることを義務付けました。 そして1792年までに、フランス革命の公式のシンボルになりました。

 

 

トリコロールの中止と復活

トリコロールは、国民公会の法令に従い、1794年2月15日にフランスの国旗の地位を獲得しました。しかし、驚くことに、フランス革命の間、ほとんど使用されませんでした。

 

代わりに、真っ赤な旗が目立つようになりました。それは反抗の象徴であり、また現在のような左翼政治に結び付けられてきました。

 

フランス革命が1799年に終わったとき、国全体に政治的および経済的不安定が続きました。しかし、少なくとも1年半の間、国旗に変更は加えられませんでした。ナポレオンの最初のフランス帝国の下でも、旗はほとんど同じままでした。

 

しかし、1815年、ナポレオンの敗北に続いて、フランスで君主制が回復したとき(ブルボン家の回復)、トリコロールは白旗に置き換えられました。しかし、その時にはすでに、青、白、赤の旗はすでに貴重な国家のシンボルになりました。

 

1830年、シャルル10世をフランスの王位から追放した2回目のフランス革命の最中に、革命家たちはパリ中の政府の建物や通りにトリコロールの旗を振って王に対して反対しました。同じ年、15年間正式には使われていなかったトリコロールは、新しい王、ルイ・フィリップ1世によってフランスの国旗として復元されました。

 

1848年2月25日、アンリフェリックスエマニュエルフィリポトーによる赤旗への不承認を表明するパリ市庁舎前のアルフォンス・ド・ラマルティーヌ

 

1848年のフランス革命で、大勢の反乱軍が、トリコロールを真っ赤な旗に置き換えることを要求したため、再び国旗としてのトリコロールの地位を脅かされました。

しかし、フランスの政治家であり作家であるアルフォンス・ド・ラマルティーヌは、パリ市庁舎前での有名なスピーチでこれを激しく否定しました。

 

「これはフランスの旗であり、勝利した軍隊の旗であり、ヨーロッパの前に取り組まなければならない勝利の旗です。

フランスとトリコロールは同じ考え、同じ威信です。市民、私にとって、赤い旗を選ぶ選択はしません。そして私が私の愛国心のすべての力でこれを反対している理由を話します。」

 

さらに、わずかに異なる種類のトリコロールも、短い期間ですが、使用されていました。このバージョンの旗では、青の部分はそのままで、赤と白の色の位置が入れ替わっています。

 

フランスの旗の色は何を表している?

 

トリコロール

 

現在のフランスの旗は3色で構成されています。それらのそれぞれには、複数の象徴性と意味があります。

 

原色である赤は、愛と情熱に関連していることがよくありますが、活力、強さ、リーダーシップを意味します。また勇気との意味との関連性が、盾、軍用パッチ、国旗にこの色が見られる理由です。

 

紋章学では、青は誠実さ、自由、忠誠心を表すために使用されます。色合いによっては、青は否定や悲しみ、また鬱や信用の欠如を表す場合もあります。パリは長い間、青と赤の色に関連付けられてきました。彼らと都市とのつながりは、その歴史に深く根付いています。

 

中世と近世では、フランスの王と君主はこれらの色を日々使用していました。

 

フランス国立図書館のシャルルマーニュの描写

 

カール大帝としても知られるシャルルマーニュの戴冠式の間に、聖マーティンのマントを記念して青い旗が掲げられました。シャルルマーニュの子孫であるユーグ・カペーが王位に就いた後、サンドニの赤い旗が王室の旗になりました。

 

白い色は、フランス革命中にラファイエットの司令官マーキスによって導入されました。アイデアは、新しい花形帽章のデザインを「国有化」することでした。

 

しかし、多くの人はそれが君主制を表していると思っていました。1638年から1790年までの1世紀以上の間、フランス海軍の旗として白い旗が使用されていました。

 

フランス革命の初期段階で最も注目を集めた政治グループは、王立派とヤコビン派でした。白旗を掲げた王立派は反革命家、ジャコビンは共和党の赤旗を掲げました。トリコロールの旗は、白い王族と赤いジャコビン間の中立として見ることもできます。

 

聖書的には、イエスとフランスの守護聖人である聖母マリアの両方が赤と青の色で描かれています。ここでは、青と赤はそれぞれ神性と人間性と呼ばれています。

 

旗の色は、旧体制の間に存在した社会的階層の順序を表す場合もあります。それは聖職者、貴族、そしてブルジョアジーで構成されていました。

 

植民地時代のフランスのトリコロール

第1および第2のフランス植民地帝国(1534-1980)の間、フランスの支配下にある多くの海外の州は、トリコロールに基づいた旗を使用していました。ほとんどの場合、旗の左上隅にトリコロールがありました。

 

例としては、1885年から1895年までのマダガスカル保護領(現在のマダガスカル)、1920年から1943年までの大レバノン州、1860年から1886年までのフランス領マダガス保護区(現在はフランスの統治下にありますが、旗は異なります)があります。

 

 

自由フランス軍の旗

 

第二次世界大戦中、将来の大統領シャルル・ド・ゴールが率いる自由フランス軍は、公式の旗としてトリコロールを使用しました。

 

唯一の違いは、中央の白い部分にあるロレーヌ十字です。現在、フランス人の人口が多い米国の多くの地域は、トリコロールに触発された旗を採用しています。ニューオーリンズの旗は良い例です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ