話題

話題

どの国が、どのような解釈で戦争に勝利したと言えるでしょうか?当時の各国の状況をご説明します。

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Who Won The World War II In True Sense?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

334 views

読了時間 : 約5分8秒

多くの場合において基本的に、個人的な戦闘であれ大規模な戦争であれ、勝利は成功を意味します。第二次世界大戦は、イギリス、アメリカ、中国、ソビエト連邦を含む連合国の力で終結し、ナチスドイツに対する勝利を鎮め、枢軸国を率いました。

 

 

最初の議論に固執するのであれば、人類史上恐らく最も致命的な戦争の勝利者は、連合国、より具体的に言うと、その指導者の連合だったと言えるでしょう。これは、論理的な意見です。

 

 

しかし、どの連合国が最も恩恵を受けたのか、本当の意味で第二次世界大戦に勝ったのは誰なのか、疑問に思ったことはありませんか?それはすべて成功の解釈によるでしょう。 さあ、調べてみましょう。

 

 

簡単にするために、戦争に関わった主要国全てを1つずつ調べ、戦争が及ぼす直接的な影響を評価してみます。

 

 

イギリス

 

 

 

 

19401229日の戦後の、(セントポール大聖堂から見た)ロンドン

 

 

ロンドンは、ドイツがポーランドに侵攻した直後の1939年に、第二次世界大戦に加わりました。フランスの崩壊にもかかわらず(1940年)、当時の戦争で唯一の主要な同盟国であり、イギリスとその植民地帝国は、欧州枢軸国に対して戦争を続けました。

 

 

世界大戦の後には、イギリスが世界政治の大国として現れました。世界銀行、IMFNATOの設立に大きな役割を果たし、国連安全保障理事会の常任理事国となりました。

 

 

しかし、経済的には、イギリスは悲惨な状態にありました。戦争の終わりには、イギリスの債務はGDP200%に達し、ナポレオン戦争中の状況のレベルに達していました。

 

 

破産を避けるために、北アメリカの同盟国(主に米国から)から多額のローンを借りました。以前に植民地だったインドとパキスタンは、1947年に独立し、イギリスの経済的優位をさらに妨げました。

 

 

1956年の戦争からほぼ10年後に起こったスエズ危機により、イギリスの世界的大国としての地位は、終わりを告げることになりました。

 

 

フランス

 

 

 

 

985年と1947年の間における、フランスの国境|提供:Wikimedia Commons

 

 

中世以来フランスは、国を統一するか大陸全体を征服するかによって、大戦争の真っ只中にありました。これは、歴史的なヨーロッパの軍事大国として知られています。

 

 

しかし、第二次世界大戦の時に、フランスは最初の大きな犠牲者となったのです。19399月にナチスドイツで戦争を宣言した後の8か月間、イギリスもフランスも、西部戦線で大きな進歩を遂げませんでした。(現在、フォニー戦争として知られている期間です)

 

 

その後、ほぼ1か月半の軍事作戦が行われ、、ドイツとイタリアによるフランスの征服後に締結されました。

 

 

1945年に戦争が終わった時、フランスはイギリスと同じ運命を辿ります。20年も経たないうちに植民地帝国を失い、危険なほどに内戦に近づいたのです。

 

 

イタリア

 

 

 

 

共和党初のイタリア首相である、ウィンストン・チャーチル、アルサイド・デ・ガスペリ

 

 

イタリアは、戦争においての主要国ではありませんでしたが、勝利で終えたわけでもありません。しかし、それによって国はファシストの歴史を過ぎ、民主主義を受け入れることができました。戦争のおよそ7か月後の19466月に、イタリアは共和国となりました。

 

 

共和党憲法は194811日に発効し、国の歴史上で初めて、イタリア人女性が選挙に参加できるようになりました。

 

 

1950年代から1960年代後半にかけて、イタリアはアフリカの植民地を失ったにも関わらず、イタリア経済の奇跡とも呼ばれる、予期せぬ経済ブームの短い期間中にありました。フランスとイギリスと一緒に、イタリアも、欧州連合の創設メンバーです。

 

 

ポーランド

 

 

ポーランドは、ソビエト連邦と中国に続き、戦争で3番目に多い民間人の犠牲者が出た国です。ユダヤ人の90%を含む約600万人のポーランド国民が、死亡または処刑されました。

 

 

しかし、戦後におけるポーランドは、他の西ヨーロッパ諸国とは大きく異なっています。ポーランド政府がまだ亡命している中で、ジョセフ・スターリンは、共産主義の権威を国内に移しました。

 

 

この政治体制から生じた社会政治的および経済的合併症は、1960年代から1990年にかけて、調整するのにほぼ30年かかりました。

 

 

それからポーランドは、大きくリカバリーします。経済の成長が早かったとは言えませんが、弾力性はありました。

 

 

日本

 

 

日本は、194592日、広島の爆撃から1か月もたたないうちに連合国に降伏しました。結果として、産業が破壊されている間に、日本は全ての植民地を失いました。連合国に占領された短い期間の後、日本は1956年に、国連のメンバーシップを付与されました。アメリカに、経済的にも軍事的にもサポートされたことにより日本は急成長しました。しかし、21世紀における中国の急成長により影を潜めました。

 

 

アメリカ

 

 

 

 

1944年の56月に、アメリカはフランスの侵入に対し、準備をしています

 

 

アメリカ、第二次世界大戦における絶対的な勝利を収めたと言えるでしょう。と同時に、戦争で重要な役割を果たしました。 初めにヨーロッパの同盟国に戦争資料を供給し、次に日本海軍を効果的に無力化しました。

 

 

他の同盟国、または枢軸国と比べると、アメリカは40万人以上の兵士を失いましたが、無傷で戦争を終えました。

 

 

戦争中の大規模産業によって、国の強固な経済も残りました。また、マーシャルプランの下、西ヨーロッパ諸国へ戦後の融資をしました。そしてアメリカ市民は、いくつかの新たな社会的利益も得ることができたのです。

 

 

かつてないほど強力な軍事と経済に支えられ、アメリカは、国連を含むいくつかの国際機関の設立において指揮的役割を果たしました。つまり、第二次世界大戦は、他の国支配権を失ったときに、アメリカが超大国であり続けるのを助けたのです。

 

 

中国

 

 

 

 

1949101日に、中華人民共和国を宣言する毛沢東議長

 

 

戦争で、中国に比べてより多くの民間人の死(および、2番目に大きな合計死傷者)を出した国はないでしょう。国人に対する日本の戦争残虐行為は、ナチスドイツによるヨーロッパのユダヤ人のホロコースト、またはジェノサイドとしばしば比較されてきました。

 

 

戦争中、アメリカとイギリス、中国とソビエト連邦といった4つの同盟国の力は、“4人の警官強者の信頼として、参考にされていました。戦争が終わった時、中国はグローバル政治の主要な立場を維持しました。

 

 

しかし、内部的には状況は悲惨でした。世界大戦は、中国経済を悪化させただけではなく、中国国民党と中国共産党との間に大規模な政治的争いを起こし、最終的には中国内戦に至りました。

 

 

ソビエト連邦/ソ連

 

 

 

 

1943年の、ソビエト書記長ジョセフスターリン(左)、米国大統領F.Dルーズベルト、英国首相W.チャーチルとテヘラン

 

 

もしヒトラーが、1941年にソビエト連邦に侵入していなかった場合に何が起こったかは、想像することしかできませんでした。結局のところ、ソビエトの戦争への関与は、同盟国に有利な戦争の進路を導く助けとなりました。

 

 

しかし、間違いなく、ソ連は侵略を阻止するために多額の賞金を支払っています。スターリングラードの戦いだけで、ソビエト軍の死傷者は、100万人を超えました。戦争全体では、約2,700万の人々が亡くなったのです。

 

 

戦争の後、すぐにソビエト連邦は、計画された経済アプローチを維持しながら、軍事的にも経済的にも大きく改善を見せました。東ヨーロッパの莫大な天然資源鉱床と、衛星国家の助けを借りて、ソ連はすぐに超大国の一つになりました。

 

 

ドイツ

 

 

 

 

ニュルンベルク裁判の珍しいカラー画像|画像提供:米国ホロコースト記念博物館

 

 

戦後のドイツは、経済的にも、政治的にも大きな影響を受けました。この国は4つの軍事占領地帯に分割され、後に西ドイツ(西側連合国が支配)および東ドイツ(ソビエト支配下)として知られるようになりました。ナチス占領地も解放されました。ドイツの産業は意図的に縮小され、また、ほとんどの軍隊も縮小されました。

 

 

しかし、冷戦が地平線上に近づいたため、西側連合国は、西ドイツ経済と軍隊の復活が、西ヨーロッパ全体の復活にとって重要であることを認識したのです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ