話題

話題

Facebookに個人情報を知られたくないあなたへ。WhatApp代替メッセージングアプリ15選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Best WhatsApp Alternatives Of 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

114 views

読了時間 : 約7分36秒

Whatsappが世界で最も人気のあるメッセージングアプリであることは間違いありません。WhatsAppは無料で、強力で、ユーザー数は約20億人と、現在利用可能な他のアプリよりもはるかに多くなっています。しかし、すべての人がWhatsAppに満足しているわけではないようです。

 

2009年に設立されたWhatsApp Inc.は、2014年にソーシャルメディアの巨人であるFacebookに190億ドルで買収されました。その買収直後メッセージングサービスアプリを乗り換える人が続出したようで、他の同種アプリのダウンロード数が圧倒的に伸びました。

 

その理由をご存知ですか?どうやら、WhatsAppがFacebookの一部になったことで、ユーザーが自分のプライベートデータが取得されることを心配したようです。それ以来、WhatsAppをはじめとするメッセージングアプリケーションにとって、プライバシーは最大の問題となっています。

 

幸いなことに、WhatsApp以外にも多くの選択肢があります。私たちは、より多くの機能と同様に素晴らしいユーザーエクスペリエンスを提供する最高のWhatsAppオルタナティブをいくつかリストアップしました。

15位. Facebook Messenger

 


誤解しないでいただきたいのですが、15億人以上のユーザーを抱えるFacebook Messengerの人気はWhatsAppに匹敵します。しかし、プライバシー侵害により、時間の経過とともにその信頼性は大きく損なわれています。メッセンジャーには、ボットプラットフォームや、ユーザーのためにいくつかのタスクを自動実行することができるMアシスタントなど、いくつかの優れた機能があります。

 

しかし、より多くのプライバシーとセキュリティを求める人々にとって、Facebook Messengerは優先リストに入っていないかもしれません。特に、同社が定期的に画像や送信した一部のテキストまでスキャンしていることを認めた事件の後では。

14位. Hike

 

評価額が10億ドルを超えるHikeは、インドのユニコーンスタートアップのひとつです。WhatsAppやFacebook Messengerのような巨大なメッセージングサービスが存在するにもかかわらず、Hikeは毎年ユーザー数を増やしながら前進しています。Hikeは、その豊富なステッカーライブラリと刷新されたUIでよく知られています。

 

15,000以上の個性的なステッカーがあり、1日に3億個のステッカーを使用できるため、ユーザーはより良いコミュニケーションをとることができます。ステッカーに加えて、HikeにはSnapchatのようなストーリー機能があり、友人や他のHikeユーザーと写真、動画、リンクを投稿して共有することができます。

 

このアプリは、テキストやメディアのやり取りに128bit-SSLの暗号化とファイアウォールサーバーを使用しています。ユーザー間の会話は、ユーザーのデバイスにローカルに保存されます。ハイクのサーバーはバックアップをとりません。また、もっと高いプライバシーを求める人のためにシークレットモードを提供しています。

13位. Tango

 

Tangoは、現在アプリストアで入手可能なものの中で最もシンプルなメッセージングアプリの一つでしょう。2009年の発売以来、Tangoは世界中で相当数のユーザーを獲得してきました。これは、音声およびビデオ通話、基本的なテキスト、マルチメディアの共有、およびビデオゲームのようなサービスを提供する無料のアプリです。

 

現在、このアプリはアンドロイドとiOSにしか対応していませんが、2015年以前はPCにも対応していました。次に、iPhoneユーザーは、画像編集機能を使って写真をカスタマイズすることができます。このアプリは、人気のGIFプラットフォーム「Gfycat」と統合されており、ユーザーはアニメーションGIFで会話をすることができます。

12位. KakaoTalk

 

KakaoTalkは、韓国のインターネット企業であるカカオが提供する数多くのサービスの一つです。無料のマルチプラットフォームのインスタントメッセージングアプリで、ユーザーはメッセージや通話と一緒にマルチメディアメッセージ、位置情報、連絡先情報、ウェブリンクを共有することができます。KakaoTalkでは、地元の有名人やブランド、その他のメディアをフォローすることもできます。

 

その他にも、電話会議(最大5人まで)、投票、トランシーバー、カスタマイズ可能なテーマなどの優れた機能を備えています。KakaoTalkは、ユーザーの93%が韓国人のローカルなサービスです。

11位. Kik

 

Kikは楽しいインスタントメッセージングアプリで、その匿名性の高さから多くのユーザーに支持されています。登録には、他の人気メッセージングサービスとは異なり、連絡先の番号は必要ありません。親会社によると、画像や会話などのマルチメディアメッセージなど、アーカイブされたユーザーデータにはアクセスできず、しばらくすると自動的に削除されるといいます。しかし、Kikには多くのセキュリティ上の欠陥がつきまとっているため、Kikを試す前に考慮すべきです。

10位. Skype

 

Skypeは、何百万人もの人々が個人的な理由やビジネス上の理由で毎日使用している本格的な通信ソフトウェアです。幅広い機能を備えており、マイクロソフト社の提供する「Xbox」コンソールをはじめとする複数のデバイス間でのビデオチャットやボイスチャットに特化しています。

 

Skypeは一般的に、信頼性の高い暗号化技術を使用した安全な通信ソフトウェアと考えられています。しかし、Skypeが音声通話やテキストの標準的なエンドツーエンドの暗号化をプライベート会話機能で提供するようになったのは、ごく最近のことです。

 

また、Skypeは意図的な盗聴の仕組みを持っていることでも知られており、法執行機関は裁判所の承認なしに私たちのプライベートな会話を盗み見ることができます。

9位. Wickr Me

 

Wickr Meメッセンジャーでは、すでに暗号化された会話に有効期限を設定することができます。2014年に安全なデスクトップ版のアプリが登場したことで、複数のデバイス間でメッセージを簡単に同期できるようになりました。一般的には、Snapchatのライバルとみなされています。

 

セキュリティに関しては、Wickr上で行われるすべての会話は、各デバイスが新しいメッセージごとに新しいキーを生成することで暗号化され、意図した受信者以外は内容を解読できないようになっています。また、ネットワークを介して中継されるコンテンツのメタデータもすべて削除されます。

8位. Google Allo

 

Googleは、2016年にインスタントメッセージングアプリ「Allo」を発表しました。Alloは、ソーシャルメディアや電子メールのアカウントではなく、携帯電話の番号に依存してユーザーを識別します。機械学習技術を利用したスマートリプライ機能を搭載しており、最後に受信したメッセージに対する返信内容の案を提案します。

 

Alloはまた、アシスタントを使って天気、フライト、近くの場所などの情報を得ることができるGoogleアプリの一つでもあります。その他の大きな特徴としては、プライベートな通知を受けることができるシークレット・モードや、エンド・ツー・エンドの暗号化が挙げられます。ただし、シークレットモードには、スマートリプライをはじめとするGoogleアシスタントの機能はありません。

7位. ワイヤー

 

新しくてエレガントなものを試したいなら、「Wire」がお勧めです。これはクロスプラットフォームのインスタントメッセージングアプリで、テキスト、音声、マルチメディアメッセージを安全な接続で運ぶことができます。Wireは特に、優れたオーディオ品質と新鮮なUIで知られています。

 

グループ機能を備えていますが、企業が利用できる高度な有料機能も提供しています。Wireは、エンドツーエンドの暗号化プロトコルと、クライアント・サーバー通信のための追加のTransfer Layer Securityを行使していますが、2016年にセキュリティ・リサーチャーによって指摘されたいくつかのセキュリティ上の欠陥があります。

6位. Viber

 

Viberは、インスタントメッセージング技術の世界ではメジャーな存在です。このアプリケーションは当初、イスラエルの企業によって作られましたが、後に日本のインターネット企業である楽天に売却されました。Viberでは、ワイドバンドオーディオエンジン、購入可能なステッカーパック、およびVoIP機能を備えたグループメッセージング機能を利用できます。

 

セキュリティに関しては、Viberは2016年になって初めて標準的なエンドツーエンドの暗号化をサービスに追加しましたが、それは1対1とグループ会話に限られています。

5位. LINE

 

Lineは、重要で楽しい機能が満載の人気の無料インスタントメッセージングアプリで、まだ試していなければ試してみてはいかがでしょうか。複数のプラットフォームに対応しており、アドレス帳の同期も可能です。音声通話やビデオ通話に加えて、最大500人/グループのグループでマルチメディアメッセージを共有することができます。

 

ここ数年、LINEにはいくつかのセキュリティ上の欠陥が発見されました。最近では、エンド・ツー・エンドの暗号化がすべてのLineユーザーに義務づけられました(以前はオプションでした)。

4位. WeChat

 

中国は最近、ハイテク業界で多大な成功を収めていますが、WeChatはその完璧な例の一つです。WeChatは当初、2011年に「Weixin」という名前でサービスを開始しましたが、その1年後に名称を変更しました。

 

基本的には、メッセージング、ビデオ会議、ビデオゲーム、画像共有、ジオタグサービスなど、ほぼすべての機能を提供する多目的ソーシャルメディアアプリです。Whatsappとは異なり、WeChatはプラットフォーム上での広告を許可しており、ユーザーのモーメントセクションに表示されます。

 

しかし、アクティブユーザーの90%が中国国内にいるため、中国国外ではあまり人気がありません。WeChatのユーザーや、米国、インド、台湾などの各国政府の間では、データのプライバシーに関する懸念が高まっています。また、中国の重要な社会的・政治的問題を検閲していると非難されています。

3位. Signal

 

Signalは、アンドロイドとiOSデバイスの両方から、テキストやマルチメディアメッセージを送信したり、音声通話やビデオ通話を行うことができます。中間者攻撃の検証メカニズムや、ローカルメッセージデータベースのパスフレーズ機能など、多くのセキュリティ上の利点を備えています。

 

ユーザーは、メッセージにタイマーをかけることもできます。特定の時間が経過すると、メッセージは自動的に受信者の受信箱から削除されます。全体的に、このアプリは非常にシンプルで、無料でありながら大きな欠点はありません。

2位. Threema

 

現在使っているメッセージングアプリのプライバシーについて、深刻な懸念がありますか?もしそうなら、Threemaについて知っておくべきでしょう。Threemaは、あなたのプライバシーとデータのセキュリティをより真剣に考える、完全有料のインスタントメッセージングアプリです。

 

具体的には、256ビットの非対称ECCベースの暗号化を採用しており、これは2048ビットのRSAに相当します。外部のセキュリティ監査により、このアプリのセキュリティに関する主張は裏付けられています。このアプリでのメッセージングは非常に高速で、ユーザーは最大20MBのマルチメディアファイルを簡単に送信できます。また、チャットの中で投票を行うこともできます。

1位.Telegram

 

Telegramは、人気のソーシャルネットワークVKを設立したロシア人起業家NikolaiとPavel Durovの2人が2013年に立ち上げたアプリです。Telegramは、テキスト、画像、ビデオ、ドキュメントなど、インスタントメッセージングプラットフォームが備えるべき基本的な機能をすべてサポートしており、AI機能を備えていることが多いサードパーティ製のボットも多数用意されています。

 

シークレットモードでメッセージを送ることができます。いわゆる「秘密のチャット」では、会話は「MTProto」と呼ばれる独自の暗号化サービスで暗号化されます。基本的なクラウドベースのメッセージングとは異なり、シークレットチャット内で行われる会話はエンドツーエンドで暗号化され、同社のクラウドサーバーには何も保存されません。シークレットチャット機能は、チャンネルやTelegramグループでは利用できません。

 

しかし、多くの暗号学の専門家は、同社のMTProto暗号化方式について懸念を表明している。彼らによると、MTProto暗号化方式は実証されていない技術であり、セキュリティバグの危険性があるという。また、テレグラムは、すべてのメッセージ、メディア、その他のデータを安全でない状態でクラウドに保存していると批判されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ