話題

話題

PR

クレジットレポート(個人信用情報)を無料で入手する方法 現在のクレジットスコアを知り今後の対策をする

MEREHEAD

DIGITAL WEB DEVELOPMENT AGENCY. We achieve higher results through cutting-edge technologies, dazzling design, and teamwork.

本記事は、Importance of Checking Your Credit Report and Ways to generate It for Free
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

1,156 views

読了時間 : 約3分42秒

信用報告書は大切な金融資産です。 ファイナンス上のエラーや問題をチェックしたい場合も、ローン契約を計画している場合も、信用履歴はとても大切です。

 

もしあなたが悪意のある詐欺の犠牲になったとしたら、自分でクレジットスコアに対処しなければなりませんから自分の信用報告書にアクセスする方法を知っていなくてはなりません。

 

連邦政府の法律によれば、主要な信用機関は次の3つです。

1、TransUnion トランスユニオン

2、Experian エクスペリアン

3、Equifax エクイファックス

 

この3つの機関は、個人に信用報告書を提供することになっています。 公式の無料の年間信用報告書は、それぞれの窓口に問い合わせてみてください。 ここでは信用報告書の無料コピーが入手できますよ。

 

レポートは短い文章で書かれていて、簡単に内容も理解できます。 払わなくてはいけないお金はありません。 クレジットカードも必要としません。

 

 

信用報告書をチェックしなければならない理由

 

クレジットスコアの特定の数値が変えられることはよくあります。 また、顧客データにも変更が加えられているときもあります。そのような変遷についてもっと知りたいと思う人がいることでしょう。 個人の信用情報全体をちらりと見ることをお勧めします。 人々には自分の信用情報の責任を持ち、詳細に知る権利があるのです。

 

 

信用報告書のコピーをタダで入手する方法

 

無料の信用報告書は、きちんと手順にのっとって入手しましょう。 オンラインポータルにアクセスして、TransUnion、Experian、Equifaxからクレジットファイルを見るように要求することができます。

 

申し込みをするか、信用調査機関を経由したオンライン上で信用報告書のコピーを閲覧するかの選択ができます。あなたの信用報告書の無料コピーの郵送希望もできます。 重要な手順なので以下にリストします。

 

1,自分の情報を入力

名前、生年月日、住所を入力します。 社会保障番号も必要です。 個人情報は、別のファイルセットと照合され本人確認されます。

 

2,信用報告書のリクエストをする

3つの信用報告機関すべてについてあなたの信用報告書を要求する選択をしてもらいたい場合はその旨リクエストします。

 

 

3.信用履歴に関するセキュリティの質問に正しく回答する

レポートの前に、あなたのファイナンスに関するいくつかの質問に答えなくてはなりません。 これはあなただけが正しく答えることができる質問です。

 

たとえば、住宅ローンの合計金額を答えることができるのはあなただけですよね。 信用報告書の要求に関係する情報をウェブサイトに入れることに当惑する人がいるかもしれません。

 

何年も前に遡らなければならない質問に答えるのは難しいと思うかもしれません。 これに応えて、ファイナンスデータを思い出すことができない場合は、電話、Eメールのレポートを送ってもらうこともできます。 この際、セキュリティ上の質問に答える必要はありません。

 

 

4.クレジットレポートをオンラインで入手する

自分のノートパソコンやデスクトップに信用報告書を保存することができます。 または後で印刷することもできます。 定期的に信用報告書をモニターするためには3つの信用報告書すべてを年に一回はチェックすることをお勧めします。

 

レポートによってデータが異なることがあります。 承認も予想もしなかった変更は、間違っている可能性もあります。または、個人情報が盗まれている可能性もあります。 ときどき徹底的にチェックしましょう。

 

あなたが無料の信用報告書を利用したら、あなたの信用情報を監視するために継続的に資産管理サイトに頼るようにしてください。 見落としている支払いなど、個人情報の盗難以外の多くの問題からあなたを遠ざけてくれます。

 

ポジティブなクレジットスコアになっていけるようにアシストしてくれます。最近のウェブサイトでは、クレジットスコアと信用報告書の概要の両方が提供されていて毎日更新されています。

 

サイトごとに異なるレポートを作成できます。 全体としては、以下の内容が含まれているでしょう。

 

1、無料の信用報告書。

2、3つの信用機関からの情報。

3、12ヶ月間の無料レポート。

4、クレジット使用の詳細な記録。

5、クレジットスコア(信用偏差値)。

 

 

ここで注意点があります

 

オンラインの世界は利点もありますが危険ももたらします!実は偽サイトでも無料の信用報告書を出すといっているところがあります。

 

ユーザーは自分が無料のレポートを受け取るのだと思い込んでいたら、大間違い!この偽サイトにアクセスして報告書を申し込むと、実際には有料サービスを利用して申し込んでいたということになってしまうことがあるのです。

 

これには聞き覚えがありますか?そのようなサイト詐欺の被害者になってしまったら?そうであれば、あなたは連邦取引委員会に報告することもできます。

 

さらに信用組合や銀行に詐欺の宣誓供述書を提出することもできます。その後これらの機関はお金を取り返し、あなたの口座に戻すところまで全力で働きかけます。

 

自分の信用報告書をチェックすることを忘れる人は多いです。できれば年に2回チェックするのが理想的です。

 

保険会社、銀行、住宅ローン会社、その他貸付を行い融資を行っている事業会社は、信用報告書に重きを置いています。その報告書に基づいて、あなたのローンを認めるかどうかや、請求する金額を決定します。

 

大事なことを言い忘れましたが、信用報告書にいくつかのエラーがあることがあります。それを修正するのはあなたの権利です。関係機関に行って修正をする必要があります。

 

信用報告書に誤りがあるのを特定してから30日以内に正確な再報告を要求しなくてはいけません。時々、このような間違いは報告を大量に作成するときに起こり得る単純なエラーです。

 

あるいは、犯罪やセキュリティー事件である場合がありますので、その際は早急に対処し、報告し、是正しなくてはなりません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ