マーケティング

マーケティング

クレジットカード検索エンジンでの企業のサーチエンジンマーケティングランキング 小売業者が銀行と競合

ClickZ

Founded in 1997, ClickZ has grown to be one of the largest digital marketing communities in the world today.

本記事は、Retailers are competing with banks for top spots in credit card search rankings
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

106 views

読了時間 : 約3分22秒

Adthena社がクレジットカードの検索エンジン全体で企業のSEMパフォーマンスをランク付けしており、小売業者は銀行と肩を並べました。

 

要約

・Adthena社は、クレジットカード検索エンジン全体で企業のSEMパフォーマンスをランク付けしています。

・各ブランドの検索インテリジェンススコアは、市場でのリーダーシップ、検索の優秀性、ブランドの所有権など、SEMの成功の3つのカテゴリを平均して計算されました。 

・総合スコアが94のBank of America 社が検索結果1位です。

・米国の小売店Kroger社は、American Express社およびChase社と提携し、2位になりました。

・米国の銀行、Wells Fargo社 と Discover社がトップ20を逃したため、大手クレジットカード発行会社は苦戦しています。

 

Adthena社による最近の調査で、クレジットカードの検索エンジン全体で企業のSEMパフォーマンスがランク付けされました。金融機関が首位を占めることが予想されましたが、今年は多くの小売店が含まれていました。

 

 

トップブランド100SEMランキングをまとめるため、Adthena社の検索インテリジェンス指標は、特許取得済みのAI主導のWhole Market View データモデルを使用して、特定の検索市場で201986日から821日までの期間を測量水準にしました。 

 

各ブランドの検索インテリジェンススコアは、市場でのリーダーシップ、検索の優秀性、ブランドの所有権など、SEMの成功の3つのカテゴリを平均して計算されました。 

 

3つの観点で計測されるブランドの競合スコアは0100の範囲です。50は検索市場の平均スコアです。スコアの各次元は、最も基本的な指標によって規定されています。

 

 

このスコアは、Google検索エンジン全体で600,000を超えるジェネリックおよびブランド用語を分析し、クレジットカード市場での検索パフォーマンスの最も詳細な評価を提供しています。 

 

Bank of America社が検索結果の首位

 

直感的には、金融機関がクレジットカードの検索結果のリストのトップに立つ可能性が最も高いと考えられます。Bank of America社は上記に忠実で、総合スコア941位になりました。 

 

ただし、Bank of America社のほかに、他の大手銀行2行は、見合わぬ競合他社Kroger社と提携しています。

 

Kroger社はAmEx社およびChase社と提携

 

Kroger社は収益トップの米国最大のスーパーマーケットチェーンであり、クレジットカード検索市場にてすべての小売業者に勝ります。特筆すべきは、American Express社とChase社とも提携していることです。

 

リピート顧客を保つために、同社はデビット、クレジット、プリペイドオプションを備えたリワードカードを提供しています。また、これらのリワードカードの価値を顧客に確実に知らせるために、スーパーマーケットの広告とメッセージによって、購入過程で特定の顧客のニーズに直接訴えかけます。 

 

Kroger社パーソナルファイナンスのCEOおよび企業戦略統合リーダーであるGary Millerchip氏によると、Kroger社のSEM戦略は、ブランドの無数の支払いオプションに対する認識を高めるための大きな活動の一部です。「Kroger社は、店舗やオンラインでの支払いの革新的な方法を生み、顧客体験を再定義しています」とMillerchip氏は言います。 

 

トップ10に入った他の小売業者には、Sams ClubBest BuyHiltonHome Depotが含まれます。

 

多くのクレジット大手企業が喪失

 

2018年には、利用されているクレジットカードアカウントの78%がオンラインポータルに登録され、2014年の55%と比べ増加しました。これは、主要なクレジットカード会社がSEM戦略の完成を急いだことを意味します。 

 

しかし、米国最大のクレジットカード発行会社8社のうち3社は、検索エンジン全体の最前線から目立って逸脱しました。 

 

U.S. Bank 社は指標が驚くほど低く、89位でした。Wells Fargo社は49位で平均程度でしたが、Discover社はトップ20の座を逃しました。 

 

これら銀行3行の巨頭は、昨年、合計で4180億ドル以上の取引を行いましたが、American Express社、Chase社、Citibank社などの大手競合他社と比較すると、検索市場では劣っています。 

 

ランキング指標が低いことは、これらの企業がマーケティング戦略全体の一部としてSEMを優先していない可能性があることを示しています。

また、デジタルエンゲージメントがすべての年齢層およびプラットフォームタイプで増加しているという事実を考えると、主要な金融機関がオンライン活用に遅れていることが落ち度のようです。 

 

航空会社も衰退

 

航空業界は、利益を上げられない筆頭業界のように見えますが、信用は、航空会社が収益を生み出し、顧客ロイヤルティを育成するのに有効な領域のようです。 

 

Financial Brand社の調査によると、2018年には、クレジットカードアプリケーションの13%が航空会社のマイル特典付きカード用でした。 

 

しかし、現在デルタ航空はクレジットカード検索市場のトップに位置する唯一の航空会社です。興味深いことに、アメリカン、スカイウェスト、ジェットブルーなど、他の人気航空会社は、実際には検索エンジンのランク外でした。 

 

オンラインで顧客とつながることは、すべてのブランドにとって最優先事項ですが、有益情報を積極的に求めている検索者とつながることも、苦労している業界が顧客ロイヤルティを獲得するための賢明な方法のようです。 

【コンビニでも使える!メルペイ初回利用1500円分招待コード】

当サイト限定招待コード:CMUTDF

 
・利用可能店舗:メルカリ、コンビニ、ドラッグストア等
・金額:500円分
※さらにメルペイスマート払で1000円分ポイント!
 友達招待でさらに500円分ポイント!

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

無料

 

ピックアップ! さらに今このキャンペーン中です↓

ポイント50%&20%還元『メルペイフィーバー・メルペイサンデー』
■キャンペーン期間:2020/03/01 ~ 2020/03/31

 

 

【MOV初回限定 合計2,000円相当無料クーポン3枚】

クーポンコード:seleqt2000

 
対応地域:神奈川県、東京都、大阪府、京都府、兵庫県(新登場)
 
2000円オフで登録» »MOVの初回利用2000円オフのクーポンを使って登録はこちら!
 
アプリDLはこちらから↓

MOV《モブ》- タクシー配車

MOV《モブ》- タクシー配車

DeNA Co., Ltd.無料

 

 

 

Seleqtをご覧頂いた方だけに「朗報」
\当サイト限定特別クーポン/

【UberEats初回1000円オフクーポン】
ins6je2v

 

対象店舗:マック、ガスト、スタバ、ピザハット、松屋 等
※1000円分無料で頼めます。〇〇円以上とかもナシ!完全無料でお試しOK
割引額:1000円引き

 

1000円オフで登録» »当サイト限定の初回利用1000円オフのクーポンを使って登録はこちら!

 

アプリDLはこちらから↓

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

Uber Eats: 地元で人気の料理をお届け

無料

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ