話題

話題

【ブラックフライデー2020】今年起きた全てのことと同じように…ソーシャルメディアキャンペーンも今年は見た目が違います!

Sprout Social

本記事は、Like everything in 2020, the best Black Friday social media campaigns look different this year
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

183 views

読了時間 : 約6分2秒

たくさんの人にとってホリデーシーズンは伝統を意味しますよね。

 

ハロウィーンは?会社のパーティーのためにおめかししたり。でも、今年は違います。サンクスギビングは?テーブルは食べ物でいっぱいでお家で空いてる席なんてありません。でも、今年は違います。ブラックフライデーは?カートは入りきらないほどものがいっぱいなのに、それでもパーフェクトなギフトな何にしようか悩んでしまいます。今年もそうなる…でも、少し違います!

 

2020年のホリデーシーズンは、“違う”ということが私たちの新しい普通になりました。しかしブラックフライデーが近づくにつれて、私たちはこれが世界中のショッピングホリデーで実際にどんなことを意味するのか理解したかったのです。

 

私たちはSprout Socialの最新リスニング機能を利用し今年はセールがどんな見た目になるのか調査を行い、グローバルパンデミックの真っ只中、ショッピングがどう変化しどんなニュアンスがベストなブラックフライデーセールのソーシャルメディアキャンペーンで見られるのかに注目しました。

 

ビッグセールは今でもビッグセール

 

ブラックフライデーはもちろん今年も予定されていて、今年はソーシャルメディアを通して特に大きな話題になっています。11月1日から23日を通して2020年と2019年を比較しても:

 

・昨年と比べるとブラックフライデーについてのメッセージが計175.5%増加

・昨年と比べるとブラックフライデーのメッセージに関するエンゲージメントが計968.5%増加

・昨年と比べるとブラックフライデーにのメッセージに対するポジティブな感想が計6.25%増加

 

人々はブラックフライデーについて話しているようです。小売業界では、話題になるということは頻繁にウェブサイトユーザー、売上、そして収益の増加を意味します。パンデミックで大打撃を受けた業界にとっては良いニュースです。

 

私たちも、アマゾンプライムデーやシングルデーなどが記録更新する様子を見てきたように、今までで最大のブラックフライデーを目撃することになるかもしれません、

 

しかし、違いは何でしょう?

 

1日では足りません

 

リテーラーたちがブラックフライデーをサンクスギビングから始めてサイバーマンデーまで続ける決定を下したことが、どれだけのスキャンダルになったか覚えていますか?それから時代は変わりました。パンデミックの中、それぞれの企業は値引きとなると出来るだけ早く始めてより長く行うつもりのようです。

 

これらはハッシュタグやキャンペーンスローガンから見て取れます。

 

・“今年は、ブラックフライデーをシーズン中行います”(Best Buy)

・“今、ブラックフライデー中”(Target)

・ブラックフライデー“セールを何日でも”(Walmart)

・ブラックフライデー“アーリーアクセス”(Macy’s)

・“ブラックフライデーセールまで待てません”(Kohl’s)

・#ブラックノヴェンバー

これらがディスカウントのタイミングで見受けられます。

 

2019年と比べると、2020年のブラックフライデーの投稿では“早め”というキーワードの使用に160.8%の増加が見られますが、特に驚くことでも全くもって異なることでもありません。各会社はいつもサンクスギビング後のセールについてワクワク感をつくり出してきましたが、今年の変化は彼らのキャンペーンで“チラ見せ”の使用が27.5%減少したことです。

 

通訳が必要ですか?企業はセールをもったいぶっているわけではないですが、月の中でディスカウントを広げているのです:

 

・早めのホリデーショッピングを動機づけるため(オンラインと店頭両方で)

・配送の遅れを避ける努力をするため

・返品の輸送を先取りするため

・あの印象的で、大きな、コロナウイルスでいっぱいの人混みを諦めてもらうため

https://twitter.com/BurtsBees/status/1327286552314085376?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1327286552314085376%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fsproutsocial.com%2Finsights%2Fblack-friday-social-media-campaigns%2F

 

Walmartに注目

 

例年のトレンドセッターWalmartは、彼らのブラックフライデー・ソーシャルメディアキャンペーンでこれらを全て説明しています:

 

・名称:“ブラックフライデーセールを何日でも“、ブランド化されたハッシュタグ#セールを何日でも

・11月の6つのビッグセール日、各日にちにを通じての独自のミニキャンペーン

・サイバーマンデーと似たオンライン限定セール

・楽しくクリエイティブなカウントダウン

https://twitter.com/Walmart/status/1324149786036051968?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1324149786036051968%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fsproutsocial.com%2Finsights%2Fblack-friday-social-media-campaigns%2F

 

安全が始まるのはSNSから

 

これらの人々がどこかでワクチンを手に入れるためにドアを破壊しているのでなければ、グローバルパンデミックの真っ只中、伝統的な買い物客の津波こそが企業が最も避けようとしている状況です。

 

ソーシャルディスタンスやマスク着用は、パンデミックを通してソーシャルメディアで流行していますが、ブラックフライデーでは最優先事項なのです。

多くの会社にとって安全はSNSから始まり、人々が彼らのエントランスをくぐり抜けたときではもう遅いです。彼らはこれをSNSの投稿で実現しています:

 

・店頭での買い物ではなくオンラインショッピングを優先してもらい動機づける

・無接触、または駐車場ピックアップなどを最大限利用してもらえるよう促す

・ソーシャルディスタンスやマスク着用などの、店頭での安全性への期待値について伝える

 

この内容は、現在どのブランドの戦略においてもカギとなる部分であり、彼らがブラックフライデーの準備を始めていようと営業再開を検討していようと同じことが言えます。

 

1,302%のコメント率向上に対応できますか?

 

もしシーズナルのヘルプを雇うことがあなたの会社にとっていつものルーティンなら、その席はカスタマーケアエージェントやソーシャルメディアのためにとっておくべきでしょう。2019年から2020年にかけて、ブラックフライデーの投稿に対するコメントは11月1日から23日にかけて1301.7%増加したのです。1301.7%です!

 

それは何を意味するのでしょう?

 

消費者たちは、商品についての質問や返品や遅れに対する不満、ディスカウント内容の明確化、オファーに対する純粋な興奮などでコメントを投げかけてくるはずです。

 

この大規模の増加にはしっかりと目を向けることが重要であり、Sproutの2020年指標からもわかるように、消費者の40%はソーシャルメディア上での彼らの質問やコメント、メッセージに対して1時間以内の返答を期待しているのです。79%が24時間以内の返答を期待しています。

 

見逃してしまうコメントやDMは、頻繁にもったいない機会であり収益なのです。さらに最悪なのが、忠誠心の減少です:49%の消費者は、カスタマーサービスが足りていないブランドがあるとSNSでのフォローをやめてしまうようです。

 

人々は、あなたのブランドがSNSで活発的であり、会話に参加する様子を期待していて、ブラックフライデーのキャンペーンや投稿は例外ではありません。

 

ブラックフライデーについて学んだこと

 

・キャンペーン戦略を立ち上げる際は、SNSのリスニングデータが強力で不可欠なツールとして例年のトレンドや競合他社を分析するために活用できます。

・“早めで頻繁”のメンタリティーを、特にオンラインショッピングのセールにおいてあなたの年越しソーシャルメディアキャンペーンにも取り入れましょう。

・人々を安全な状態で守ります。まずは安全対策の優先事項や期待値をSNSで説明しましょう。

・コメントやインボックスで誰のメッセージも逃さないよう、素早く、正確にそしてプロフィール全体に正直に返答しましょう。

おすすめ新着記事

おすすめタグ