話題

話題

未来への警告や想像力を書きたてる「思想の文学」と呼ばれるSF小説おすすめ15選

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、15 Best Sci-Fi Books To Read In 2021
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

50 views

読了時間 : 約6分28秒

SFが「思想の文学」と呼ばれるのには理由があります。科学的革新の結果を探るだけでなく、超自然的なものとは切り離すことで、より科学的で、よりファンタジー的なものになっています。

 

 

さて、どのようにSFを定義しますか?答えが分からなくても心配しないで下さい。説明するのはかなり難しいのですから。

 

 

SF映画や小説は別の世界について論理的に描かれているものがほとんどです。SFは私達の想像を広げ追求心を刺激しますが、差し迫る危険に対しての警告や疑問を投げかけてきます。それでは、今年おすすめのSF小説をご紹介しましょう。

 

 

15位 ウォークアウェイ

作者:コーリー・ドクトロー

 

 

このSF小説は近い将来の腐敗した政治、社会の関係性により人々がコミュニケーションを取るのを避けるようになったユートピアの話です。ウォークアウェイ達は、いわゆる「食のための労働」を選択し、代わりに世界の片隅にある汚染された危険な地域で生活しています。

 

 

貧しい人の数は徐々に減っていき、多くの仕事がロボットに取られていきます。富裕層はその償いをするふぉころか、ウォークアウェイ達を主犯格のように取り扱います。

 

 

物語には3人のキャラクターがでてきます。ヒューバード・エスピニョーラ、ヒューバードの友達のセス、ヒューバードとセスをこの世界から逃げる様に説得するお金持ちの少女であるナターリ・レッドウォーターです。

 

 

14位 ボーン

作者:ジェフ•ヴァンダーメア

 

 

モードという名前の独裁的なクマによって支配された名前の無い荒廃した街が舞台になっています。レイチェルという名のゴミ漁りとして生きている女性がそこに住んでいて、カンパニーという名のバイオテクノロジー会社によって作られた遺伝子操作された生き物を集めています。モードはかつて狂って逃げ出すまでカンパニーで実験台にされていました。

 

 

その狂気はモルドを駆り立て、ゴミ漁りたちに生きる手段を提供しながら街を恐怖に陥れます。ある日レイチェルはモードの毛の中に潜んでいるボーンという海洋生物について知ることになります。レイチェルの小さな世界はどのように変わっていくのでしょうか。

 

 

13位 シックス・ウェークス

作者:マー・ラファルティ

 

 

これは、SF殺人ミステリーです。この物語は、眠っている人間たちを乗せて、新しく発見された惑星に向かう船から始まります。船はIANという名のAIで、人間達を守る使命があります。船の乗組員は犯罪者を再構築した6体のクローンです。

 

 

彼らが突然目を覚ますと、そこには殺人現場が広がっています。犠牲者は自分達の死体です。船には誰も乗っていないので、その中の1人に違いないのですが、問題は誰もその記憶がないことです。6体のクローンと6つの視点、殺人者としてのポテンシャル、乗組員達は誰が犯人なのか探そうとします。

 

 

12位 アンエクセスメール

作者:マギー・シェン・キング

 

 

中国の一人っ子政策は1979年に施行された家族計画の一つであり、2015年に段階的に廃止されました。しかし、もし一人っ子政策が今も残っていたらどんな未来になっていたでしょうか?それが、新人マギー・シェン・キングの「アンエクセスメール」の主題です。社会的不平等、愛、政治、反乱の恐ろしい話になっています。

 

 

この小説は、男児のための一人っ子政策が未婚の若い男性を増やすことに繋がっている中国を想定しています。女性は合法的に3人の男と結婚でき、それぞれと1人の子供を産んでも良いとされています。

 

 

11位 オール・アワー・ウロング・トュディ

作者:イラン・マスタイ

 

 

トム・バーレン、このSF小説の主人公で2016年に生きていますが、今日とは全く異なる世界です。そのかわり、もっと未来的で、そこでは空飛ぶ車や月面基地、ジェットソンの様な技術がありますが、それは<ライオネル・ゴエットライダー>が無限のクリーンエネルギーを開発するエンジンを発見したからです。

 

 

後にタイムマシーンを発明した彼の父親は、彼の研究室での仕事をトムに与え、初めてのタイムトラベルミッションを共同で実施する任務を割り当てました。出来の悪い息子といくつかの失敗のため、彼は1965年に戻ることを決意し、そこで最初のゴエットライダーの実験結果をうっかり変えてしまいます。

 

 

マシンの緊急復活機能により、トムは2016年に戻りますが、そこは以前の2016年と異なっていました。その代わり、母親がまだ生きていて、父親はこの疎々しい世界の方が幸せに生活していました。この失敗を戻すために試行錯誤していく中で、彼は周囲と絆を築いていきます。

 

 

10位 ザ・ムーン・アンド・ザ・アダ―

作者:ジョーン・ケッセル

 

 

この小説は3百万人以上の人々が3つの別々の月面地下都市に暮らしている22世紀中頃が舞台です。その内の1つ、<ザ・ソーサイアティ・オブ・カズンズ>という名でそこでは職業を選べますが、政権に対する投票権がない家父長制の社会です。事態は外国の思惑が絡んで、動き始めます。

 

 

月での第一次大戦は、月州の組織から来たグループが<ザ・ソーサイアティ・オブ・カズンズ>の人の状況を明らかにすることで勃発します。

 

 

9位 オートノミー

作家:アナリー・ネウィッツ

 

 

「オートノミー」は、製薬海賊のジャックが貧しい人々に薬を提供するロビンフッド風の物語です。しかし、彼女の最新の薬が世界中に混乱を起こし、人々が仕事に熱中する原因となってしまいます。ジャックを止めるため、感情のないエリアスという名のエージェントが軍事ロボットパラディンとペアを組まされ、そのロボットが彼女に恋してしまいます。

 

 

この本は、製薬海賊のジャックとその乗組員とエリアスとそのパラディンを中心に話が進んでいきます。

 

 

8位 エンダーズゲーム

作者:オーソン・スコット・カード

 

 

1980年代、未来を舞台にした軍事SFで、人類は<バガー>と呼ばれるエイリアンとの2つの戦争に脅かされていました。3回目のエイリアンの襲撃に備え、この小説の中心人物であるエンダー・ウィギンを含む若い衆は無重力での複雑なゲームを通じてトレーニングされます。

 

 

7位 バベル-17

作者: サムエル・R・デラニー

 

 

この1960年代のSF小説は、言葉の力を題材にしています。未来では、人間たちは様々なを防御戦略を妨害したり、役人を殺したり、宇宙船を狙う<レイダース>と血みどろの戦いを繰り広げています。その途中で、軍隊は敵の暗号をみつけます。暗号を解くことは難しいように見えましたが、最後の希望は言語を理解することによって暗号を解く昔の暗号解読者であり詩人のリドラ・ウォンでした。

 

 

6位 ザ・サイレンズ・オブ・タイタン

作者:カート・ボニーガット

 

 

地球上で一番お金持ちのマラチ・コンスタントは、最強の美女と共に宇宙を旅する機会を与えられますが、それは罠でした。この小説は、時間、宇宙、死を乗り越えて驚愕する話です。この話はマーシャンの地球侵入を中心に話が進んでいきます。

 

 

5位 ザ・スターズ・マイ・デスティネーション

作者:アルフレッド・べスター

 

”ジョーンティング”(トランスポーテ―ション)が移動の主な手段の世界で、最も主人公ぽくない人物のグリー・フォイルがあなたを想像できない世界へ連れていきます。その場所は、裕福な人々が巨大な迷路のような場所で自分達を守り、追放者が最も危険な人間として生きている場所です。

 

 

フォイルはただひたすらに生き延びることが望みです。しかし、それは内惑星と外惑星の間の惑星戦争の間に彼が船の中に囚われていると気が付いたとき、脅かされてしまいます。

 

 

4位 ファースト・レンズマン

作者:エドワード・エルマー・ドク・スミス

 

 

宇宙旅行者であるヴァージル・サムズは、初めて惑星アリシアを訪れます。そこで彼は、法と秩序のシンボルであるレンズを身に着けた最初の人となります。そして、レンズマンとして彼は「銀河パトロール」と呼ばれる普遍的な力を作っていきます。

 

 

それは、レンズマンの精鋭部隊です。並外れた戦闘力と飛行技術、優れたステルス性、そして揺るぎない精神力を持つ彼らは、来るべき最悪の脅威から宇宙を守るために命を捧げます。

 

 

3位 ウィー

作者:エヴゲーニイ・ザミャーチン

 

 

「ウィー」は1924年にアメリカではじめて出版されたSF、ディストピア小説です。この本の性質上、1988年までロシアでは禁止されていました。要約すると、アメリカの全体主義における調和の状態を描いています。

 

 

エヴゲーニイ・ザミャーチンは、アメリカ市民は個々ではなく、複数で見分けがつかないガラスのアパートで行動を規制されて住んでいるという話をします。このコミュニティーは、幸せと自由は共存できないというの信念です。個人は完全に根絶され、全員がより大きな生命体になる未来の全体主義社会を目指しています。

 

 

2位 ザ・ストーン・スカイ

作者:N・K・ジェミシン

 

 

数々の賞を受賞した「ブロークン・アース」シリーズの第3弾です。スティルネスといわれる超大陸が舞台です。この本は今後のSF、フィクションのベストリストに含まれました。批評家達によると、ジェミシンは、『フィフス・シーズン』、『オベリスク・ゲート』に続き、3年連続でヒューゴ賞の最優秀小説賞を受賞する可能性が高いと言われています。

 

 

1位 ザ・レフトハンド・オブ・ダークネス

作者:ウルスラ・ケー・リ・グエン

 

 

ザ・レフトハンド・オブ・ダークネスは、本物のサイエンスフィクションがそうであるように、異国の地での社会、心理学、感情の要素を持っています。一言でいえば、性別を好きに選ぶことができる異国の地での孤独な人間の話です。

 

 

他の国を連合に加えるミッションのあるジェンリー・アイを中心に話が展開していきます。しかし、彼がゲッテンに到着したとき、彼はゲッテンの生き物は決まった性別はないというアンビセクシャルの文化に混乱してしまいます。この作品は、フェミニストSFというジャンルの最初の作品のひとつです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ