話題

話題

大成功をおさめた世界最強の投資家19人をご紹介!

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、19 Most Successful Investors In The World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

334 views

読了時間 : 約9分47秒

投資の世界と聞けば、「圧倒的」「リスク」「収益性」という3つの言葉が思い浮かぶでしょう。無数の懸念事項そして無限のリスクがある投資は、決して簡単な仕事ではありません。しかし、有難いことに、ベンジャミン・グラハム氏から現代の評論家デイブ・ラムジー氏まで、多くの人が成功する投資に関する貴重な専門知識を共有してきました。

 

この記事では、投資の世界で大成功をおさめた世界屈指の投資家19人をご紹介します。

 

19&18.ピーター・リンチとジョンC. ボーグル

 

敢えて紹介せずとも有名な投資家です。ピーター・リンチ氏は、1977年に登場した投資のスターです。彼は、当時わずか2000万ドルの規模しかなかった「マゼラン・ファンド」を140億ドルまでに成長させました。さらに、マゼラン・ファンドは11年間S&P 500インデックスのベンチマークを打ち負かしたと伝えられています。

 

1946年の設立されたFidelity Investmentは世界中の金融サービス企業の礎となりました。2016年8月、Fidelity InvestmentのAUM総額は2.1兆米ドルです。

 

ベテラン銀行家であるジョンC. ボーグル氏は、1951年から1974年までWellington Management Companyで働いて投資と管理のスキルを学びました。その後、彼は世界最大の投資会社の1つであるVanguard Groupの設立に成功し、現在では約5.6兆米ドルの資産を管理しています。

 

ボーグル氏は、株式を手数料や販売手数料なしで販売するノーロードミューチュアルファンドのパイオニアでもあります。1999年にVanguardの会長を引退し、ジョン・J・ブレナン氏が後任となりました。

 

17クリス・サッカ

純資産: 12億米ドル

 

弁護士から投資家に転身したクリストファー・サッカ氏は、エンジェル投資で成功し、2007年に億万長者になりました。彼のキャリアはTwitter、Instagram 、TwilioなどのITジャイアンツに初期段階から投資していますが、ブルーボトルコーヒーや高級レストラントTrukeeなどの技術関連以外にも及んでいます。2015年以来、サッカ氏は人気のあるビジネスリアリティショーShark Tankにも数回出演しています。

 

16. ラケシュ・ ジュンジュンワラ

純資産: 25億米ドル

 

フォーブスによると、「現在のブルランのピンナップボーイ」ことラケシュ・ジュンジュンワラ氏は、インドで53番目の富豪です。1986年から1989年にかけてTata Powerに多額の投資を行い、200万インドルピーの卸売利益を上げ、彼は大きな成功に向けて大きな一歩を踏み出しました。

 

続く次の賭けは鉄鉱業会社SesaGoaです。もちろん彼は50万の多額の利益を上げました。現在、さまざまなインド企業の取締役会を務めており、教育会社であるAptech Limitedの会長でもあります。

 

15.ユーリ・ミルナー

純資産: 35億米ドル

 

ユーリ・ミルナー氏のキャリアは、母国であるソビエト連邦でDOSコンピューターのグレーマーケットから始まります。世界銀行で短期間働いた後、後のMail.ruグループになるインターネット会社NetBridgeに投資しました。同社は、ロンドン証券取引所でのIPOの後、56億ドル以上の価値となりました。

 

その後、ミルナー氏は、人気のあるベンチャーファンドDST Globalを通じて、ソーシャルメディアの大手FacebookとTwitterに投資します。彼は後にそれらの株式を売却しましたが、Spotify やAirbnbのような新しいテック企業に投資しました。オンライン小売業者AlibabaやJD.com など、中国の企業にも大きく貢献しています。

 

14.郭広昌

純資産: 63億米ドル

 

郭広昌氏は、中国のウォーレン・バフェットと呼ばれる億万長者で、2013年に中国のHurun長者番付にて、41番目の大富豪となりました。2015年のフォーブスのリストでは中国で34番目に大富豪となり、そのときの純資産は73億ドルにのぼります。

 

上海に本社を置く彼の投資会社Fosun Internationalは、南京鉄鋼と、中国上海最大の不動産開発会社Fosun Internationalの株式を過半数保有しています。Fosun InternationalはClub Medを買収し、Cirque du Soleilの株式を20%に増やしました。

 

13.エドワード・ジョンソン3世

純資産: 77億米ドル

 

世界中から尊敬されるエドワード・ジョンソン3世氏のキャリアは、1957年に父が所有する投資会社Fidelity Investmentsのリサーチアナリストとしてスタートします。リサーチアナリストとして成功した後、彼はすぐに1960年にフィデリティトレンドファンドのポートフォリオマネージャーになり、1963年から1977年まで10年以上にわたって有名なフィデリティマゼランファンドを運営しました。

 

エドワード・ジョンソン氏は、革新的なディスカウントブローカーや、マネーマーケティング基金での小切手慣行のパイオニアです。1972年に社長に就任し、1977年に会長兼CEOに就任しています。

 

12.ロナルド・ペレルマン

純資産: 83億米ドル

 

ロナルド・ペレルマン氏は、彼の投資会社MacAndrews & Forbes Incorporatedを通じて、「企業乗っ取り屋」として有名です。乳製品、化粧品、自動車、エンターテイメント、セキュリティ、ゲーム、アパレル、銀行、出版部門など幅広い企業に投資し、大型の企業買収を複数手がけました。彼は現在、人気の軍用車ハンヴイーを生産しているAM Generalの株式を70%所有しており、その価値は10億ドルにものぼります。

 

11.オーガスト・ボン・フィンク Jr.

純資産: 86億米ドル

 

オーガスト・ボン・フィンク Jr.氏は、スイスに住むドイツ生まれの億万長者です。豊かな経歴を持つ人ですが、フィンク氏は類のない投資慣行で名声を博しました。

 

1870年代に祖父が共同設立したMerck、Finck & Co. Munich Re、Allianzの株を父から取得し、1990年代に、英国の多国籍金融会社バークレイズ銀行に大規模に売却しました。

 

彼は、主要な不動産会社や工業会社など多様なポートフォリオに投資しています。世界有数の試験および認証機関であるSwitzerland’s Societe Generale de Surveillance(SGS)に対する彼の15%の出資は、20億ドル以上の価値があります。

 

10. スレイマン・ケリモフ

純資産: 89億米ドル

 

ロシア生まれのスレイマン・ケリモフ氏は、ダゲスタン・マハチカラにある電機工場の経済学者でした。そして、ロシア屈指のビジネスマン、投資家、そして成功した政治家でもあります。すべての若い投資家にとって、ケリモフ氏のサクセスストーリーはインスピレーションに満ちているでしょう。

 

彼の投資家としてのキャリアは、1990年代後半にVnukovo Airlines(後にS7 Airlinesが買収)の50%の利害関係者になり、Fedprombankを所有したことが始まりです。その後、55%の株式を購入することで石油取引会社Nafta Moskvaに多額の投資を行い、数年後に同社の単独所有者となりました。

 

2008年までに、ケリモフ氏は、ロシアおよび東ヨーロッパの最大の石油およびガス会社の1つであるGazpromの5%の株式と、モスクワに本社を置くロシアの銀行金融サービス会社のSberbankの6%の株式を確保しています。

 

経済危機の前の2007年に、ゴールドマン・サックス、ドイツ銀行などの金融大国に多額の投資をしました。その後、Nafta Moskvaを通じてロシアの建設大手PIK グループの38.3%、Uralkaliの53%の所有者になりました。

 

9.ミハイル・プロホロフ

純資産: 92億米ドル

 

有名なロシアの億万長者、ミハイル・プロホロフ氏は、レアメタル分野で頭角を現しました。彼が多額の投資を行った企業の1つはNorsik Nickelです。Norsik Nickelは、彼の指導のもと、世界最大のニッケルとパラジウムの生産者となります。

 

2007年、彼は1990年代に設立した民間投資会社Interrosでの長期ビジネスパートナーの退職に続いて、自身の投資会社ONEXIM Groupを創設しました。ONEXIM Groupは、NBAのBrooklyn Netsの株式の80%以上を所有しています。

 

8.ハロルド・シモンズ

純資産: 100億米ドル

 

故ハロルド・シモンズはアメリカのビジネスマンで億万長者でもあります。彼のマーケティングの専門知識がレバレッジド・バイアウト(LBO)の概念化を支持し、さまざまな企業買収に成功しました。彼のキャリアは銀行の審査官としてスタートします。そして、わずか5,000ドルの現金と95,000ドルの融資額でドラッグストアを購入し、10年後に5000万ドルで事業をEckerd Corporationに売却し、投資家としてのキャリアが始まります。

 

Lockheed Corporationの株式を20%近く取得した後、(最初の)失敗も経験しています。ハロルド・シモンズ氏は2013年に亡くなっていますが、フォーブスの長者番付リストでは40位にとどまっています。

 

7.フィリップ・アンシュッツ

純資産:115億米ドル

 

フィリップ・アンシュッツ氏は、鉄道や石油ビジネスで財を成した実業家で、メジャーリーグサッカーの共同設立者であります。ロサンゼルス・レイカーズやロサンゼルス・キングスなど複数のチームオーナーでもあり、アメリカのスポーツファンの間で非常に注目されている人物です。

 

コロラドに本拠を置く彼は、父の小さな石油事業からスタートします。1961年に一度崩壊していますが、10年後には、彼はユタ州とワイオミング州の国境沿いに900万エーカー(36,000km²)の土地を購入しています。

 

1984年にRio Grande Industries(RGI)を買収して鉄道事業に参入し、1996年にRio Grande IndustriesとUnion Pacific Corporationが合併し、会長に就任しました。

 

Anschutz Entertainment Group(AEG)は、米国の主要なスポーツおよび音楽エンターテイメント企業の1つです。 AEGは、カリフォルニア州ロサンゼルスのStaples Centerや、同州カーソンのStubHub Centerなど、さまざまなアリーナを所有している他、イギリスのロンドン南東部に位置するO2 entertainment venueも所有しています。

6.デビッド・テッパー

純資産: 116億米ドル

 

デビッド・テッパー氏は、世界的な金融危機以来、長年にわたって強力なパフォーマンスリターンを実現してきた数少ないヘッジファンドマネージャーの1人です。1992年に投資銀行ゴールドマン・サックスを退社し、自身のヘッジファンドであるアパルーサ・マネジメントを設立しました。2001年、不良企業に焦点を当て、61%のリターンを生み出しました。MCIやMirantなどの「最もリスキーな企業への投資」により、毎年大きな利益を上げ続けたのです。

 

2009年、テッパー氏のヘッジファンドは、バンクオブアメリカなどの銀行株や債券を購入し、ほぼ1年後には、購入した株から約70億ドルの利益を上げました。

 

5. アリシェル・ ウスマノフ

純資産: 121億米ドル

 

アリシェル・ウスマノフ氏はウズベク生まれのロシアビジネス業界の大事業家です。2014年に報告された総資産は144億ドルで、ロシアで最も裕福な人物となりました。同胞で友人であるロマン・アブラモビッチ氏と同様、ウスマノフ氏も金属や採掘事業に強い関心を持っており、ロシアの工業コングロマリットであるMetalloinvestを所有しています。採掘事業の他にも彼の功績は広範囲に及びます。

 

彼は、IT大手Facebookの初期投資家の1人ですが、2013年にFacebookの株式を売却しました。2011年にユリ・ミラー氏のグローバルファンドを通じて、中国市場への投資に将来を見て、中国大手テクノロジー企業であるアリババに投資したのです。

 

また、彼はロシアで2番目の大手電話会社MegaFonや、ロシア最大のインターネット会社のMali. Ruグループの共同所有者でもあります。

 

4.カール・アイカーン

純資産: 175億米ドル

 

カール・アイカーン氏は、1961年からウォールストリートで株式仲買人として頭角を現し、7年後に、証券会社アイカーン&カンパニーを設立しました。また、RJR Nabisco、Texaco、Phillips Petroleum、Western Union、Gulf&Western、E-II(Culligan and Samsonite)、American Can、USX、Marvel Comics、Revlon、Imclone、Fairmont Hotels、Blockbuster、Kerr-McGeeなど、さまざまな企業で経営権を取得してきました。アイカーン氏は、1985年のTWAの敵対的買収(廃止)の後、冷酷な「乗っ取り屋」としても有名です。

 

彼の投資ファンドの評価は、上半期に18%下落してから3年連続の損失に向かいましたが、連邦取引委員会の和解後、ハーバライフの株式をさらに購入し、フェデラル・モーグルなどの自動車サプライヤーへの焦点を当てています。

 

3.スティーブン・シュワルツマン

純資産: 185億米ドル

 

スティーブン・シュワルツマン氏は、投資銀行リーマンブラザーズで昇進し、31歳でマネージングディレクターになりました。1985年、シュワルツマン氏は、友人である億万長者ピーター・ピーターソン氏とともに合併と買収に焦点を当てたブラックストーングループを設立しました。

 

事業は後にレバレッジド・バイアウトに拡大し、現在では4,700億ドルを超える資産取引を管理し、2014年と2016年には、彼はブルームバーグの最も影響力のある50人に選ばれています。

 

2.ジョージ・ソロス

純資産: 249億米ドル

 

ジョージ・ソロス氏は、ハンガリーで生まれの慈善家で、ビジネス大国である米国の大事業家でもあります。ナチス占領下のハンガリーで生まれたソロス氏は、1947年にイギリスに移住し、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに入学し、鉄道のポーターやウェイターなどアルバイトをしながら生計を立てていました。

 

ソロス・ファンド・マネジメントの設立に先立ち、ニューヨークに拠点を置くFM Mayer、Wertheim and Co、Arnold and S. Bleichroederで副社長として働いていました。そして、量子力学「quantum」にちなんで名づけられたクォンタム・ファンドを立ち上げました。

 

2016年9月、ソロス氏は、ヨーロッパに主に、移民や難民支援のため5億ドルを投資すると表明しました。

 

1.ウォーレン・バフェット

純資産: 644億米ドル

 

世界で最も成功している投資家といえば・・・ウォーレン・バフェット氏でしょう。「オマハの賢人」「オマハの魔法使い」とも呼ばれる彼は、莫大な富にも関わらず、謙虚な性格で質素な私生活を送っていることでもよく知られています。

 

20歳のとき、オマハのネブラスカ大学で「投資原則」の夜間授業を受け始めました。当時、彼は副投資としてシンクレア・テキサコのガソリンスタンドを購入し、1957年には、174,000ドル以上の個人貯金で、ベッドルームが5部屋ある家を31,000ドルで購入しています。

 

1962年、バフェット氏はパートナーシップから大きな利益の得て、億万長者となりました。その後、繊維製造会社バークシャー・ハサウェイを買収しましたが、インタビューで、「経営難にあった繊維会社を買うという決定は10億ドルの大失敗だ」と述べています。

 

その後、保険事業を中心とした投資会社として再生させ、バークシャー・ハサウェイは世界屈指の企業となりました。 1988年、コカ・コーラの株式を購入し、最終的には約10億2000万ドルで7%の株式を所有することになりました。他にも、American Express,やApple、IBM、 Geico、Dairy Queen 、Fruit of the Loom.などにも出資しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ