話題

話題

PR

人類史上に残る世界で最もリッチな大富豪35人

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、35 Richest People in the World of All Time
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

326 views

読了時間 : 約11分17秒

誰もが地球上で最も裕福な人の仲間になれるわけではありません。世界一の富豪になるためには、何年も何年も、何世代にもわたるハードワークが必要です。

 

かつてジョン・D・ロックフェラーは、「私はいつも、あらゆる災難をチャンスに変えようとしてきた」と言いました。とにかく、この記事での私たちの使命は、偉業を成し遂げ、永遠に歴史書にその名を刻んだ人々のリストを提供することです。以下は、世界で最も裕福な35人です。

 

35. マイケル・ブルームバーグ(1942-現在)

Michael Bloomberg

画像元;wikimedia

 

推定資産: 409億USドル
収入源: Bloomberg L.P

 

マイケル・ブルームバーグは、世界的な金融データ・プロバイダーでありメディア企業でもあるブルームバーグ LPを運営しているアメリカの実業家です。ソロマン・ブラザーズで証券ブローカーとしてキャリアをスタートしました。

 

その後、イノベーティブ・マーケット・システムズという会社を設立しました。その後、1987年にブルームバーグL.P.に社名を変更しました。 2002年から2013年まで第108代ニューヨーク市長も務めました。

 

34. J.P モルガン (1837-1913)

JP Morgan画像元;wikimedia

 

推定資産: 415億USドル
収入源: United States Steel CorporationとJ.P Morgan  Company

ジョン・ピアポント・モルガンは、金融業界を支配したアメリカの大物金融家、銀行家です。1857年、ロンドンで銀行業務を開始しました。彼はアメリカ合衆国鉄鋼公社の創設に貢献しました。

その後、ニューヨークのダンカン・シャーマン・アンド・カンパニーに転職しました。1895年、J.P.モルガン・アンド・カンパニーに社名を変更しました。その後、カーネギー・スチール・カンパニーを買収し、他の鉄鋼会社数社と合併してユナイテッド・ステーツ・スチール・コーポレーションを設立しました。1901年には、世界初の10億ドル企業となりました。

 

33.チャールズ・コッホ (1935-現在)

Charles Koch画像元;wikimedia

推定資産:445億USドル
収入源: Koch Industries

 

チャールズ・デ・ガナール・コッホはアメリカの実業家であり、慈善家でもある。兄のデビッドとともに父親から事業を継承し、その後拡大させました。フォーブス誌の調査によると、2012年の売上高でコーク・インダストリーズ社は米国第2位の民間企業である。

 

32. ラリー・エリソン (1944- 現在)

Larry Ellison画像元;Flickr

 

推定資産: 490億USドル
収入源: Oracle Corporation

 

ラリー・エリソンは、1977年にオラクル・コーポレーションを共同設立しました。オラクルは、サイベースやマイクロソフトSQLサーバーと競合するデータベースベンダーの一つとして成功しています。2010年3月、フォーブスの億万長者番付で、世界で6番目、アメリカでは3番目の富豪にランクされ、推定純資産は280億米ドルとなりました。

 

31. マーク・ザッカーバーグ (1984- 現在)

Mark Zuckerberg画像元;Flickr

 

推定資産: 510億USドル
収入源: Facebook

 

マーク・エリオット・ザッカーバーグは、ハーバード大学の寮でフェイスブックを立ち上げました。人気は急速に高まり、フェイスブックは16億人のユーザーを持つソーシャル・ネットワーキング・サイトとなりました。ザッカーバーグは中学生の頃からソフトウェアを書き始めています。 慈善活動家としても知られています。

 

30. ジェフ・ベソス (1964-現在)

Jeff Bezos画像元;Flickr

 

推定資産: 633億USドル
収入源: Amazon.com

 

Amazon.comの創業者としてeコマース産業の発展に大きな役割を果たしました。アマゾン以外にも、2000年に航空宇宙メーカーで宇宙飛行サービス会社のブルーオリジンを設立しました。2013年にはワシントン・ポスト紙も買収しました。

 

29. サム・ウォルトン (1918-1992)

Sam Walton

推定資産: 645億USドル
収入源: WalMart

 

サム・ウォルトンは1945年、アーカンソー州ニューポートにあるベン・フランクリンの雑貨店を買収しました。この店舗が成功したので、若きウォルトンは少し離れた場所に別の店舗を借りることにしました。1962年までに、彼は兄弟と共に、国内の主要3州に16の異なる店舗を所有するようになりました。同年、ウォルマート第1号店がウォルマート・ディスカウンストア・シティ店としてオープンしました。

 

28. マーシャル・フィールド(1834-1906)

Marshall Field

画像元;wikimedia

 

推定資産: 661億USドル
収入源: Marshall field department store

 

マーシャル・フィールドはアメリカの企業家であり、マーシャル・フィールド百貨店(現・メイシーズ)の創業者です。21歳の時、シカゴのジョン・V・ファーウェル商会で働き始めました。やがて1862年、この会社のシニア・パートナーとなり、「フィールド、ライター&カンパニー」という社名で新会社を設立しました。1867年、フィールド・ライター&カンパニーの総売上高は1,200万ドルに達しました。

 

27. ウォーレン・バフェット(1930- 現在)

Warren Buffett

 

推定資産: 664億USドル
収入源: Berkshire Hathaway

 

ウォーレン・エドワード・バフェットは、世界で最も成功した投資家で有名です。「オマハの魔法使い」と呼ばれるバフェットは、投資セールスマンとしてバフェット・フォーク&カンパニーと会社を立ち上げ、10億ドル規模のビジネスを始めました。

 

彼の持ち株会社で最大のバークシャー・ハサウェイは現在、コカ・コーラ、ゼネラル・モーターズ、AT&T、アメリカン・エキスプレスといった企業の株式を所有しています。

 

26. スティーブン・ヴァン・レンセラー三世 (1746-1839)

Stephen Van Rensselaer III画像元;wikimedia

推定資産: 685億USドル

 

スティーブン・ヴァン・レンセラーはニューヨーク州副知事(1795-1801)であり、合衆国下院議員でもありました。一族の遺産があり、ニューヨーク州有数の大地主でした。

 

25. ジェイソン・グールド (1836-1892)

Jason Gould画像元;wikimedia

推定資産: 712億USドル
収入源: アメリカ内での鉄道ビジネス

 

ジェイソン・グールド(ジェイ・グールド)はアメリカの鉄道経営者であり、金融業者でした。アメリカにおける輸送と鉄道ブームの立役者の一人です。ジェイソンはまた、19世紀アメリカ最大の 「強盗男爵」の一人として知られています。

 

24. アマンシオ・オルテガ (1936-現在)

Amancio Ortega画像元;wikimedia

 

推定資産: 744億USドル
収入源: Inditex Group

 

アマンシオ・オルテガ・ガオナはスペインの実業家であり、インディテックス・ファッション・グループの創設者です。このファッション・グループは、世界的にチェーン展開する衣料品・アクセサリー小売店であるZARAという名前で知られています。1975年にZARAの1号店をオープンしました。

 

23. カルロス・スリム・エル (1940 -現在)

Carlos Slim Helu

 

推定資産: US $75.1 billion
収入源: Grupo Carso と Grupo Sanborns SAB

 

カルロス・スリムは、2010年から2013年にかけてフォーブスの長者番付で1位にランクされていました。メキシコ生まれで、メキシコ経済のほぼすべての分野において資産を所有しています。テルメックスとアメリカ・モビルはラテンアメリカの2大通信会社で、彼の総資産の半分以上を占めています。

 

22. ビル・ゲイツ (1955-現在)

bill gates画像元;Flickr

 

推定資産: 790億USドル
収入源: Microsoft Inc.

 

ビル・ゲイツは1976年、先輩のポール・アレンと共同でマイクロソフトを設立しました。1975年1月、雑誌でアルテア8800(マイコン)の記事を目にした彼は、パソコンの時代が始まり、会社を持つという夢が叶うかもしれないと感じました。2000年、妻と共同でビル&メリンダ・ゲイツ財団を設立し、2013年までに340億ドル以上の資産を持つ最も裕福な慈善財団になりました。

 

21. フリードリッヒ・ワイヤーハウザー (1834-1914)

Friedrich Weyerhäuser

推定資産: 800億USドル
収入源: Weyerhaeuser Company

 

フリードリッヒ・ワイヤーハウザーは、現在アメリカとカナダに600万エーカー以上の材木地を所有する不動産投資会社、ワイヤーハウザー社の共同創設者です。17歳で醸造会社に2年間勤務しました。その後、製粉工場に入社し、数年後に事業を買収して個人で会社を興しました。

 

20. シモン・イトゥリ・パティーノ (1860-1947)

Don Simon Iturri Patino

推定資産: 812億USドル
収入源: 鉱山採掘

 

シモン・イトゥリ・パティーノはサティバネス地方生まれのボリビア人実業家です。アンデスのロックフェラー」と呼ばれました。ボリビアに鉱山会社「コンパニア・フナンチャカ・デ・ボリビア」を設立しました。彼が行った大きな土地取引は、採算度外視と思われました。しかしその後、その土地(ラジャグア近郊)が彼の運命を変えることになりました。彼はボリビア史上最大の実業家となったのです。

 

19. ヘンリー・オブ・グロスモント (1310-1361)

Henry of Grosmont

 

推定純資産: 851億USドル

 

ヘンリー・オブ・グロスモントは、第1代ランカスター公爵、第4代レスター伯爵の名でも知られています。14世紀のイギリス貴族の一人です。信頼性が高く、そのおかげで当時としては破格の富を得ていました。彼はプロイセンやフランスでも生活していました。

 

18. A.T スチュワート (1803-1876)

A.T Stewart

 

推定資産: 900億USドル
収入源:A.T. Stewart & Company

アレクサンダー・ターニー・スチュワートは1823年、ブロードウェイ283番地にニューヨーク初の生地店を開きました。その後1845年、彼はブロードウェイ280番地に「マーブル・パレス」を建設しました。「百貨店発祥の地」として知られるA.T.スチュワート&カンパニーは、アメリカ史上最も成功した小売業者のひとつとなりました。

17. スティーブン・ジラール (1750-1831)

Stephen Girard

画像元;wikimedia

 

推定資産: 1050億USドル
収入源: Bank of Stephen Girard, 投資家

 

スティーブン・ジラールはエティエンヌ(フランス)で生まれました。1812年の戦争中、たった一人でアメリカ政府を財政破綻から救いました。彼は1811年にファースト・バンク・オブ・ザ・ユナイテッド・ステーツの主要株を買い取り、ジラード銀行またはバンク・オブ・スティーブン・ジラードという銀行を開業しました。

 

16. ジョン・オブ・ゴーント (1340-1399)

John of Gaunt

推定純資産: 1100億USドル

 

ジョン・オブ・ゴーントは第1代ランカスター公としても知られています。エドワード3世の息子で、リチャード2世の摂政を務めました。イングランドとフランスに城と莫大な領地を所有していました。

 

15. リチャード・フィッツアラン (1306-1376)

Richard FitzAlan

画像元;findagrave

 

推定資産: 1186億USドル

 

リチャード・フィッツアラン(アランデル伯爵10世)はイングランドの貴族で、中世最高の軍事指導者の一人です。エドワード3世の統治下では、裕福な貴族の一人でもありました。フィッツアランはスコットランド独立100年戦争を戦い、その大半をスコットランドで過ごしました。1347年、彼はサリー伯爵位を授与され、富はさらに増大しました。

 

14. ヨハン・ヤコブ・アスター (1763-1848)

John Jacob Astor

 

推定資産: 1210億USドル
収入源: 毛皮貿易

 

ヨハン・ヤコブ・アスターはドイツ系アメリカ人の実業家で、アメリカ初の大富豪でもあります。16歳でドイツからイギリスに渡り、楽器製造業者として働きました。その後、兄とともにアメリカに渡り、毛皮商人として働きました。

 

彼が莫大な利益を得たのは、英米間のジェイ条約の結果であり、カナダにも新たな市場機会が開かれました。1800年初頭までに、彼は25万ドル近くを集め、有数の毛皮商人となりました。

 

13. ヘシェン (1750-1799)

Heshen

 

推定純資産: 1320億USドル

 

ヘシェンは中国清朝第6代皇帝乾隆帝の宮廷高官でした。中国史上最も腐敗した官僚として知られる平紅旗のメンバーでした。歳入庁長官、宮内省長官を歴任し、アジア大陸で最も権力を持ち、裕福な人物の一人となりました。

 

12. ウィリアム・ド・ワレンヌ (1036-1088)

William de Warenne

 

推定資産: US $ 147.1 billion

 

ウィリアム・ド・ワレンヌは初代サリー伯爵であり、ヘイスティングズの戦いでウィリアム王についた数少ない人物の一人です。ドメスデイ・ブック(イングランドの大部分とウェールズの一部を記録した写本)によると、彼は13の郡にかなりの土地を所有していました。

 

11. マルクス・リキニウス・クラッスス (115BC-53BC)

Marcus Licinius Crassus

 

推定資産: 1698億USドル

 

マルクス・リキニウス・クラッススはローマの政治家であり、ユリウス・セアザルやポンペイウス・マグヌスとともに戦った陸軍大将です。彼は不動産を押収し、安く買うことで大きな富を得ました。クラッススの純資産は、ローマ国庫の年間予算総額に匹敵するという伝説があります。

 

10. コーネリアス・ヴァンダービルト (1794-1877)

Cornelius Vanderbilt画像元;wikimedia

 

推定純資産: 1850億USドル
収入源: 鉄道・海運業

 

コーネリアス・ヴァンダービルトはアメリカの実業家であり、鉄道と海運事業で富を築いた有名な慈善活動家です。16歳のとき、彼は父親が経営していたフェリーの仕事を辞め、自分の会社を興すことを決意しました。彼は「コモドア・ヴァンダービルト」とも呼ばれました。

 

9. ヘンリー・フォード (1863-1947)

Henry Ford

推定資産: 1880億USドル
収入源: Ford Motor Company

 

ヘンリー・フォードは1903年にフォード・モーター社を設立しました。彼の革新的な発想が大成功へと導きました。彼が提示した日給5ドル(現在は120ドル)は、当時かなり異例でした。この行動は激しい批判を浴びましたが、労働者が集まり始め、最終的に全体的な生産性が向上したため、非常に有益であることが証明されました。

8. ムアンマル・カダフィ (1942-2011)

Muammar Qadhafi

 

推定純資産: 2000億USドル

ムアンマル・カダフィは、世界中のさまざまな銀行口座、不動産、企業投資で2000億ドル以上の資産を持っていると言われています。 アフリカへ大規模な投資をし、彼の銀行口座は異常な高騰を見せました。彼は過去41年間、アフリカ最大の石油埋蔵量を支配してきました。

 

7. ヤコブ・フッガー (1459-1525)

Jakob Fugger

画像元;wikimedia

 

推定資産: 2770億USドル
収入源: 鉱業、商業

 

ヤコブ・フッガー、別名「ザリッチ(金持ち) 」フッガーは、ドイツの商人、鉱業企業家、銀行家でした。彼は家業をヨーロッパ全土に拡大しました。彼は銅と銀の採掘の独占をし続けました。

6. ウィリアム征服王 (1027-1087)

William the Conqueror

 

推定資産: 2295億USドル

 

ウィリアム征服王は、1066年から1087年までイングランドを支配した初代ノルマン王です。ウィリアムはイングランドに侵攻し、1066年のヘイスティングスの戦いでハロルド・ゴドウィソン伯爵を破りました。彼は王国を統一することで富を築きました。

 

5. ミール・オスマン・アリー・カーン (1886-1967)

Mir Osman Ali Khan

 

推定資産: 2300億USドル

 

1700年代から1948年まで、インド南部の主要な州や諸侯国はニザムの支配下にありました。ミール・オスマン・アリー・カーンは、ハイデラバード州を統治した7人のニザムの一人です。彼の私財庫には1億ユーロもの金銀地金があったと言われています。彼は独自の公共通貨を持っていました。彼の肖像画は1937年にタイム誌の表紙になりました。

 

4. ニコライ・アレクサンドロヴィッチ・ロマノフ(1868-1918)

Nikolai Alexandrovich Romanov

推定資産: 3000億USドル

 

ニコライ・アレクサンドロヴィッチ・ロマノフは、ニコライ2世として親しまれているロシア最後の皇帝です。彼がロシア連邦皇帝として統治していた時代、帝政ロシアは世界の大国から経済的・政治的破局へと転落しましたが、同時に彼の富は新たに増えました。

 

3.アンドリュー・カーネギー (1835-1919)

Andrew Carnegie

 

推定資産: 3720億USドル
収入源: 鉄鋼業

 

アンドリュー・カーネギーはスコットランド系アメリカ人の実業家であり、19世紀後半の鉄鋼業界の大ブームの立役者です。彼は1892年にカーネギー・スチール社を設立しました。個人としてアメリカで最も大規模な総合鉄鋼業を支配することで、彼は国全体の経済において著名な人物の一人となりました。

2. ジョン D. ロックフェラー (1839-1937)

John D. Rockefeller

 

推定資産: 3740億USドル
収入源: Standard Oil Company

 

ジョン・デイヴィソン・ロックフェラーはアメリカ生まれの実業家、慈善活動家です。彼はスタンダード・オイル社を設立しました。同社は長年にわたり米国の石油業界を支配しました。1937年に死去した時、彼の資産は約15億米ドルありました。

1. Musa I of Mali (1280-1337)

Musa I of Mali

画像元;wikimedia

推定資産: 4000億USドル以上

 

人類史上最も裕福な人物はマンサ・ムーサ1世で、よく “王の中の王 “と呼ばれます。ムサはマリア帝国(現代ではメール、ティンブクトゥ、ガーナとして知られている)を支配しました。彼の富の主な源泉は金鉱でした。今日の世界供給の50%以上を占める金を持っていました。

おすすめ新着記事

おすすめタグ