話題

話題

ユニークな方法で細菌を殺す新しい抗生物質

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、New Antibiotics That Kill Bacteria In An Entirely Unique Way
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

382 views

読了時間 : 約1分59秒

・研究者は、ユニークなアプローチをとることによりバクテリアを殺す新しいタイプの抗生物質を発見します。
・通常、ペニシリンなどの抗生物質は、細胞の外側の周囲の細菌壁の構築を防ぎます。
・新しい抗生物質は逆の働きをします。つまり、壁が破壊されるのを防ぐということです。
・細胞が壁を破ることができない場合、細胞は成長できません。

 

抗生物質は、細菌に対して活性な抗菌物質であり、細菌感染と戦うための最も重要なタイプの抗菌剤です。

 

ペニシリンと名付けられた最初の抗生物質は、1928年にカビ培養から発見されました。

 

この発見は、感染による死亡者数を大幅に減少させる抗生物質の開発につながりました。

 

今日、軽度および重度の感染症を治療するために利用可能な100を超える抗生物質があります。

 

現在、McMaster大学、インディアナ大学、およびモントリオール大学の研究者は、ユニークなアプローチをとることにより細菌を殺す新しいタイプの抗生物質を発見しました。

 

新たに発見された抗生物質化合物は、コルボマイシンとコンプレスタチンです。両方とも、土壌細菌によって生成される糖ペプチドと呼ばれる抗生物質の部類から来ています。

 

 

他の抗生物質とはどう違うのか?

違いは、新しい抗生物質がバクテリアの細胞壁の機能と相互作用する方法にあります。バクテリアを攻撃するためのこれまで知られていなかった技術です。

 

細菌は、細胞の外側を囲む壁で構成されています。この堅固な細胞壁は、細菌に強度と形状を与えます。それらはすべて微視的な生物ですが、細菌は大きさ、形、配置が大きく異なります。

 

彼らは、栄養をさまざまなホストに依存しており、低濃度の栄養素を含む環境で生き残ることができます。

 

ペニシリンなどの抗生物質は細菌を殺すために壁の成長を防ぎますが、新しい抗生物質は反対のことをします。コルボマイシンとコンプレスタチンは壁を強化し、破壊されないようにします。それらは、ペプチドグリカンに付着することにより、細菌の細胞壁機能をブロックします。

 

細菌の細胞は、分裂して拡大するようにプログラムされています。細胞が壁を破ることができない場合、細胞は成長できません。

 

研究チームは、グリコペプチドの既知のメンバーからの遺伝子を分析しました。彼らは、異なる方法で細菌を攻撃できる抗生物質を見つけることを期待して、耐性メカニズムに欠けているものに焦点を合わせました。

 

彼らは新しい抗生物質が作られた遺伝子が異なっていれば、細菌を殺すためにとるアプローチも異なっていたと推測しました。

 

 

研究者は、細胞イメージング技術を使用して、新しい抗生物質が細菌壁の破壊を防ぐことを確認しました。また、マウスにおけるこれらの抗生物質の効果を実証することができました。

 

黄色ブドウ球菌と呼ばれる丸型の薬剤耐性細菌によって引き起こされる深刻な感染は、新しい抗生物質によってブロックされました。

 

具体的にはコルボマイシンおよびコンプレスタチンは耐性の発達レベルが低く、皮膚MRSA感染のマウスモデルでの細菌負荷の減少に効果的です。

 

調査結果は、他の抗生物質にも適用できます。最終的には、科学者が細菌を殺すメカニズムが異なる新しい抗生物質を見つけるのに役立ちます。

おすすめタグ