話題

話題

思わずわが目を疑う目の錯覚26選。あなたは真相に気づけますか?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、26+ Outrageous Optical Illusion That’ll Amaze You
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

96 views

読了時間 : 約6分8秒

人間の脳は、複雑な数式を解いたり、重要な決断を下したりと、機械にもできないことをするように設計されています。しかし、そのパワフルな脳でさえ、簡単に騙されてしまうことがあります。どのように?

 

私たちの脳は、人間の五感を使って何かを判断し、それに基づいて反応しています。ですから、人間の体の中で最も強力で重要な部分である脳は、たった一組の目で騙せるのです。この記事では、私たちの目と心を簡単に騙すことができる見事な目の錯覚をいくつか紹介します。

 

26位.ヘルマン・グリッド

 

 

有名なヘルマン格子錯視は、黒地に白または淡い色の帯の交点に黒い塊が見えるのが特徴です。交差点を直視すると消えてしまいます。ヘルマン・グリッド錯視は、1870年にルディマー・ヘルマンによって発見されました。

 

25位.回転リング

 

 

この2つの円を1つずつ見ていきます。まず、赤い点の周りの円に集中し、次に黄色の円に移動します。では、この円はどちらに動くのでしょうか?反時計回り?そう、その通り。

 

もう一度、赤い円を見て、今度は黄色の円を目を動かさずに(周辺視野で)観察してみてください。反時計回りに動いているでしょうか、それとも時計回りでしょうか?正しくできていれば、片方のリングを見るたびに、もう片方のリングの向きが変わっているように見え、その逆もまた同様です。

 

24位.トロクスラーの減衰

 

 

Troxler’s fadingは、1804年にスイスの医師Ignaz Paul Vital Troxlerによって初めて認識されました。トロクスラーの効果は、基本的に、目で一点に集中すると、その点の近くの刺激が徐々に薄れていくことを示すものです。試してみてください。画像を目を動かさずにかなりの時間見つめて、ゆっくりと消えていくのを見てください。

 

23位.フローティング・ステアーズ

 

 

上の画像では、画家が壁や床に階段を巧みに描いているのがよくわかります。ある角度から見ると、実際にはどこにもない、無限に続く浮遊する階段のように見えます。

 

22位.ジャストロウ・イリュージョン

 

 

上のGIFでは、隣り合う2本の棒は、最初は同じ大きさに見えますが、並べてみると片方がもう片方よりも明らかに大きいです。なぜでしょうか?この錯覚には多くの説明がありますが、最も広く受け入れられているのは、私たちの脳が、半径の大きいものと小さいものを近くに置くと、その違いに混乱してしまうというものです。

 

実際には、半径の短い方が長い方を長く見せ、長い方が短い方をさらに短く見せているのです。この錯覚は、1889年にJoseph Jastrowによって初めて報告されました。

 

21位.The Blue and the Green

 

 

ここに表示されている緑のスパイラルと青のスパイラルは同じ色です。最初は、私たちが以前考えたように、あなたをからかっていると思うかもしれません。もし、私たちを信じられなければ、自分でテストしてみてください。Photoshopを使って、画像を調べることができます。

 

20位.インポッシブル・トライデント

 

 

これは、人間に知られている最も人気のある目の錯覚の一つです。不可能三連星は、ブリベットとも呼ばれていますが、片方の端に3つの円筒形の突起があるように見え、もう片方の端には不思議なことに2つの長方形の突起があるように見える、不可能な物体や判読できない図形の絵です。

 

19位.モンスター・イリュージョン

 

 

モンスター錯視とは、よくある目の錯覚で、同じ大きさのモンスターであるにもかかわらず、片方がもう片方よりも大きく見えるというものです。この錯視は、「ポンゾウ錯視」と呼ばれるもので、人間の心理として背景で大きさを判断する傾向があることを証明しています。背景を取り除けば、確かに同じ大きさであることがわかります。

 

18位.Scintillating Grid

 

 

シンチレーション錯視は、ヘルマン・グリッドのバリエーションの一つで、灰色の線の交点に黒い点がランダムに現れたり消えたりするグリッドです。この2つのグリッドの主な違いは、きらめき錯視では白い線の交点に白い点があるのに対し、ヘルマン・グリッド錯視では交点に点がないことです。

 

17位.斜塔の錯覚

 

 

斜塔錯視は、ピサの斜塔の同じ画像を2枚並べて観察することができます。写真は、足元から上に向かって撮影します。しかし、第一印象では、右の塔が左の塔よりも傾いているように感じられるかもしれません。まるで違う角度から撮影したかのような錯覚に陥ります。この錯覚は、規定の歪みのために起こります。

 

16位.フレイザー・スパイラル

 

 

フレーザー・スパイラルは、1908年にイギリスの心理学者フレイザーによって報告された「ねじれた紐の錯視」です。画像を見ていると、円弧が重なって渦巻きになっているように見えますが、実際には同心円が連続しているだけです。

 

15位.白地に黒

 

 

これはクールなマインドイリュージョンです。画像の中心を30秒ほど見つめた後、真っ白な面を見てください。何か変わったものが見えましたか?

 

14位.ペンローズの階段

 

ペンローズ階段は、精神科医のライオネル・ペンローズとその息子ロジャー・ペンローズが提唱した「ペンローズの三角形」の変形です。この画像は、階段が90度回転した後に上昇するか下降するかのどちらかで、しかも連続したループを形成しており、人が永遠に登り続けてもそれ以上高くならないような階段を2次元で描いたものです。

 

13位.ツェルナー・イリュージョン

 

 

ツェルナー錯視は、平行な線が水平方向と垂直方向に短い線の連続でチェックされています。これにより、最終的には、並行なはずの線が平行ではないような錯覚を起こします。この錯視は、発見者のフリードリッヒ・ツェルナーにちなんで名付けられました。

 

 

12位.カニッツァ・トライアングル

 

 

カニッツァ・トライアングルは、幻想的な輪郭です。錯視的な輪郭を最初に発見したのは、フリードリヒ・シューマンだと言われています。しかし、幻想輪郭を復活させたのは、ガエタノ・カニッツァであると言われています。画像を見ると、脳が自動的に角度やくさびの助けを借りて累進的な輪郭を作り、三角形を作っていますが、実際には存在しません。

 

11位.ヘリング錯視

 

 

 

上でマークした2本の赤い線についてどう思いますか?真っ直ぐでしょうか、それとも外側に反っていますか?以前、目が脳を翻弄する様子をご紹介しましたが、このケースも同じです。ここでは、放射状の背景の前に2本のまっすぐな平行線を導入すると、線が外側に反っているように見えます。これをヘリング錯視といいます。

 

10位.ヴント錯視

 

 

ウント錯視は、上記のヘリング錯視の逆バージョンです。19世紀にドイツの心理学者ヴィルヘルム・ヴントによって発表されました。大体は同じですが、赤い線が外側に向かって伸びているのではなく、内側に向かって伸びているように見えます。

 

9位.エビングハウス・サークル

 

 

エビングハウスの円は、発見者のヘルマン・エビングハウスにちなんで名付けられた、相対的な大きさを感じる人気のある錯視です。ここでは、同じ大きさの2つの円を近くに置き、一方を比較的大きな円で囲み、他方を小さな円で囲んでいます。ご覧のように、大きな円に囲まれた円は、小さな円に囲まれた円よりも小さく見えますが、実際にはそうではありません。

 

8位.ワンダーブロック

 

 

解読不能な数字の完璧な例です。

 

7位.アップまたはダウン

 

 

9Gag.comに掲載されたこの画像は、インターネット上で大きな反響を呼びました。この画像の猫は明らかに下降していると考える人もいれば、上昇していると考える人もいます。

 

6位.チェッカーシャドウイリュージョン

 

 

この驚くべき錯視は、MITの教授であるエドワード・アデルソンによって作られたものです。ここでは、2つの市松模様の箱にAとBと書かれています。Aと書かれたマスはBと書かれたマスよりも濃く見えますが、実際にはどちらも同じ灰色の濃さです。私たちの言うことが信じられないのなら、自分で検証してみてください。

 

5位.カフェウォールイリュージョン

 

 

1973年にイギリスの心理学者リチャード・グレゴリーがカフェの壁の外でこの錯視を再発見して以来、カフェ・イリュージョンと呼ばれるようになった。幾何学的錯視の一種であり、平行な水平線が異なる角度で見えるものです。

 

4位.正方形を回転させる

 

 

上の画像を眺めて、箱を調べてみると、何か動いているように見えませんか?でも、実際には動いていません。その証拠に、1つの箱に集中してみると、もう揺れていないのがよくわかります。これは、箱に使われている色のパターンと、すべての箱が置かれている角度によって、私たちがこのような錯覚を起こしているのです。

 

3位.回転するシルエット

 

 

「回転するシルエット」は、現在最も話題になっている錯視のひとつです。2003年にウェブデザイナーの萱原伸幸氏によって制作されました。最初は、時計回りに回転しているように見えますが、反時計回りに回転しているように見える人もいます。また、突然反対方向に回転するのを目撃することもあります。

 

2位.静止画

 

 

また、GIFだと思っていましたか?そうではありません。この画像は本当に静止しています。試しに一点一点に集中してみると、動きが止まります。この錯覚は、画像内の色のコントラストや形、位置などの相互作用の結果です。

 

1位.ライラックチェイサー

 

 

 

ライラックチェイサーは、グレーの背景に12枚のライラックまたはマゼンタのぼかしが入ったディスクが円状に配置されています。ここで、ほんの数秒間、中心に集中してみると、思いがけないことに気づくでしょう。まず、マゼンタ色の円盤の周りを、緑色の円盤が走っているのが見えます。さらに数秒後、ライラックは徐々に消えていき、緑色の円盤が円を描いているだけになります。

 

おまけ:イブライドの「隠し椅子」

 

 

おすすめ新着記事

おすすめタグ