話題

話題

物理学者が宇宙の性質を研究した銀河の素晴らしい魅力

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、The All New Physics of 21st Century | Interesting Theories
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

380 views

読了時間 : 約5分48秒

物理学者は宇宙の性質を研究し、宇宙の未知なる衝撃的な事実を私たちに教えてくれます。宇宙空間に存在するもののほとんどはすでに奇妙であり、私たちはほんの一部しか理解できていないはすです。

 

今日、宇宙空間には非常に多くの奇妙な理論があり、それらすべてを言及することは不可能です。それは科学の知識を十分に学べないという意味ではありません。過去数十年の間に、物理理論はいくつか修正されています。少し難しい内容ではありますが、興味深い内容ですのでぜひご覧ください。

 

宇宙最古の星は思ったより新しい

引用:NASA

 

宇宙で最も古い星のいくつかは、誕生したであろう日にちを修正する必要があります。欧州宇宙機関のプランク衛星による新しい研究によると、古代の星は科学者が想定していたよりも1億年以上遅れて存在しているようです。最近の情報(2009年から2013年の間に取得されたデータセット)は、衛星によって記録された追加の観測年に基づいています。

 

宇宙の年齢(約140億年)と比較すると、1億年はごくわずかに思えますが、最初の星の形成に関しては大きな違いがあります– Marco Bersanelli(Planck Collaborationのメンバー)の言葉

 

初期の宇宙の最初の星と銀河のいくつかは、宇宙の暗黒時代を終わらせる重要な役割を果たしました。これらの星は空間を照らしただけでなく、宇宙の水素原子の霧を取り除きました。宇宙を満たしたこれらの種類のガスは、光のほとんどの波長(暗黒時代の期間)を遮断しました。

 

星や銀河から放出された光子は、原子を分割してイオン化します。そのため、現在の期間は再電離として知られています。NASAのハッブル宇宙望遠鏡の測定値は、ビッグバンから約9億年後までに、宇宙からこの霧が完全になくなったことを示しています。しかし、欧州宇宙機関は「いつ始まったのか」に焦点をあてています。

 

ESAのプランクは、それらの星や銀河がいつ形成され始めたかについて関係しています。星と銀河の平均開始時間を特定することはできますが、それらがいつ生まれたのかを正確に特定することはできません。今のところ、プランクに関連する科学者は、再電離を宇宙の時間スケールでの瞬間的なイベントと考えていますが、それは特定の期間に発生したイベントであるに違いありません。Bersanelliはこう言います。宇宙の20%が再電離したとき、そして30%と50%と100%がいつ再電離したかが知りたい、と。

 

サプライズ サン デス(The Surprise Sun death) – 太陽の爆発ではありません

引用:Explore

 

すべてのものに終わりがあります。それは私たちにも当てはまり、地球にも当てはまり、太陽にも当てはまります。今日ではなく、明日ではなく、遠い未来に、です。

 

太陽は宇宙に浮かぶ巨大な核融合炉で、ほとんどが水素とヘリウムで構成されています。そのコアでは、水素が融合してヘリウムを形成しています。これらの反応は、地球に光と暖かさをもたらします。約60億年で、すべての水素がヘリウムに変換され、反応が停止します。それ以上の核融合反応がないため、コアは不安定になり、自重で崩壊します。

 

これにより、コアが熱くなり、密度が高くなります。この時点の後、太陽はサイズが大きくなり、その進化の赤色巨星の段階に入ります。それはまだ十分な熱と圧力を持っているので、ヘリウムは炭素を形成し始めます。最後に、ヘリウムは不安定になり(1億年後)、太陽が激しく脈動する原因になります。その後、それはその中心に小さな密な白色矮星を持つ広大な惑星状星雲を作成します。

 

これまで、死にゆく星から星雲への進行は、(巨大な星の超新星と比較して)非常に遅く、安定していて、かなり穏やかなプロセスであると考えられています。アストロフィジカルジャーナルに掲載された新しい論文は、 低質量から中質量の星(太陽を含む)の死は決して抑制されていないことを示しています。

 

今から60億年後、太陽は強力な超新星として爆発することはありませんが、それは軽い爆発もないという意味ではありません。

 

主任研究員のホセ・フランシスコ・ゴメス(スペイン、グラナダのアンダルシア天体物理学研究所)によると、太陽は数億年で核燃料を使い果たし、赤色巨星に進化し、その質量の大部分を放出すると言っています。最終的には、輝く惑星状星雲に囲まれた白色矮星になるようです。

 

自由エネルギーと自由エネルギー装置について

私たちは化石燃料を使ってエネルギーを生成していますが、過去10年間で、地球がこれらの燃料に依存する必要はまったくないことがわかりました。科学者たちは、システムが外部入力なしでエネルギーを提供できる代替方法を開発し、それらは世界中の科学者によって何度も証明されています。

 

カシミール効果は、真空状態またはゼロ点エネルギーを示す自由エネルギーの実証済みの例です。 カシミール力は、量子化されたフィールドから生じる物理的な力です。上記動画で、この概念が単なる理論ではないことを証明しています。

 

一般相対性理論の原理は、静止した電子モーターの原理を説明するために使用できます。これは、2001年8月のJournal Foundations of Physicsレターに掲載された論文で詳しく説明されています。このデバイスは、湾曲した時空から電磁エネルギーを消費し、入力されたエネルギーの約20倍のエネルギーを生成します。電磁エネルギーは真空から抽出でき、他の作業装置に電力を供給するために使用できます。このホワイトペーパーでは、これらのデバイスの再現性と再現性についてさらに説明しています。

 

ジャーナルPhysicalReview Aの「真空電磁ゼロポイントエネルギーの源」(HE Puthoffによる)というタイトルの論文は、自然が電磁ゼロポイントエネルギーの起源に2つの選択肢をどのように提供するかを説明しています。研究は、粒子運動が自己再生宇宙論的フィードバックサイクルの形でゼロ点エネルギースペクトルを生成すると結論付けています。

 

「自由エネルギー」が実用的であるという事実は非常に驚くべきことですが、それらがまだ実施されていないという真実は衝撃的です。

 

ホワイトホールとは?

ホワイトホールはブラックホールの正反対です。ブラックホールは、入ることはできるが決して逃げることができない時空の架空の領域です。一方、ホワイトホールは外部から入ることができない領域です。つまり、離れることはできますが、戻ることはできません。ブラックホールと同じように、ホワイトホールには質量、電荷、角運動量などの特性があります。

 

今日、私たちはブラックホールが存在するという強力な証拠を持っています。相対性理論によれば、破砕することなくブラックホールを通過することが可能です。ブラックホールに陥っている場合は、時空のトンネル(ワームホールと呼ばれます)を通り抜けて、空間と期間のさまざまな領域にあるホワイトホールから出現する可能性があります。

 

量子力学と重力に融合する統一理論は、現代物理学において重要な役割を果たしています。 カーロ・ロベリとハルハガード(エクス=マルセイユ大学、フランス)は、ブラックホールはホワイトホールに変態可能性量子プロセスを介していると説明しています。

 

RovelliとHaggardによると、ループ(時空の基本的な構成要素)の有限サイズは、死にゆく星が無限の密度の点に崩壊するのを防ぎます。代わりに、それ(収縮する体)はホワイトホールに跳ね返ります。プロセス全体に数分の1秒かかる場合があります。

 

ブラックホール内の重力は非常に強いので、光や情報を含め、そのグリップから逃れることはできません。しかし、ハガードによれば、ブラックホールが代わりにホワイトホールに変わる場合、すべての情報を回復することができます。

 

結論:ブラックホール、ホワイトホールはというと人種差別主義者のように聞こえますね。

 

ビッグバンは発生しないのかどうか?

引用:ウィキメディア

 

「ビッグバンの特異点は一般相対性理論の最も深刻な問題です。なぜなら、物理法則はそこで崩壊しているように見えるからです」–ベンハ大学、アーメド・ファラグ・アリ。

 

一般相対性理論によれば、宇宙は138億年前のものです。これ以前は、すべてが単一の無限の密な点(特異点)を占めていたはずです。この特定の時点の後、宇宙は拡大し始めました。ビッグバンは一般相対論の数学から直接生じ、これは特異点の前後に何が起こったのかを説明することはできません。

 

AliとSauryaDas(カナダ、アルバータ州のレスブリッジ大学)は、Physics Letters Bに、ビッグバンの特異点を新しい提案モデルで解決できると述べた論文を発表しました。宇宙には始まりも終わりもないと書かれています。それはまた、暗黒エネルギーと暗黒物質を説明します。

 

アリとダスは、一般相対性理論の文脈の中で宇宙の拡大と進化を説明する量子補正フリードマン方程式を導き出しました。このモデルには、量子論と一般相対性理論の両方の要素が含まれていますが、それでも量子重力の真の理論ではありません。しかし、彼らは完全な量子論が定式化されるまで彼らの結果が保持されることを期待しています。

 

このモデルは、古典派の測地線とボームの軌道の主な違いを示しています。古典的な測地線は最終的に互いに交差し、それらが収束する点は特異点です。一方、ボーム軌道は互いに交差することはなく、方程式の特異点が排除されます。 出典:phys.org

 

さらに、量子補正は宇宙定数項と放射項と見なすことができ、宇宙を有限のサイズに保ち、無限の年月を与えます。重要なことは、これらの用語は宇宙の密度と宇宙定数の現在の観測と密接に一致しているということです。

 

また、重力子は量子重力理論において主要な役割を果たすことができます(ボーズ-アインシュタイン凝縮を形成することができます)。今のところ、物理学者は将来、モデルをより深く分析することを計画しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ