話題

話題

PR

太陽と双子のようによく似た星が見つかりました

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Solar Twin: A Star That Is Almost Identical To Our Sun
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

289 views

読了時間 : 約1分55秒

・複数の天文学者が、太陽と同じ場所で生まれた可能性のある星を発見しました。

・この星の年齢、炭素同位体比、化学組成は太陽とほぼ同じです。

・HD 186302と名付けられたこの星は、地球から184光年離れています。

 

太陽は、ほとんどの低質量星と同様、おそらく約45億7000万年前に星団で形成された。いくつかの説で、太陽は(太陽系とともに)太陽系星雲(塵とガスの巨大な回転する雲)から形成されたと言われています。太陽星雲が(自身の重力によって)崩壊するにつれて、回転が速くなり、円盤状になりました。

 

銀河の性質や星団の質量にもよりますが、通常、散開星団の寿命は約2億年です。私たちの太陽が生まれた星団はとっくに消滅し、その天体(太陽の兄弟)は天の川銀河全体に散らばっています。

近年、国際的な天文学者チームが、このような太陽の兄弟星を見つけるために新しい技術を使い、幸運にも太陽と同じ恒星から生まれた可能性のある星を発見しました。研究チームは、この恒星は太陽の兄弟であるだけでなく、双子である可能性が高いと考えています。

 

ミラーイメージ

ほぼ同じ恒星でHD 186302と名付けられた恒星がありますが、それはこれまで発見された太陽と同じ恒星ではありません。2014年には、別の天文学者チームが最初の兄弟星HD 162826を発見しています。HD 162826は太陽よりも約15%質量が大きく、3%金属が豊富にあります。

 

今回の研究は、太陽の古代の家族を見つけることを目的としたAMBREプロジェクトの一環です。これまで天文学者たちは、分光器のアレイと欧州宇宙機関(ESA)のガイア宇宙観測所から得られたデータを用いて、17,000個の星を特定してきました。これらのデータは、銀河系内の星の化学組成、運動、年齢を特定するのに役立ちました。

天体データを細かく分析した結果、彼らは主系列星HD 186302を発見しました。それは184光年近く離れていて、見かけの等級(地球から見た星の明るさの尺度)は8.76等でした。

 

この星の年齢、炭素同位体比、化学組成は太陽とほぼ同じです。全体として、HD 186302はおそらく太陽と最もよく似た双子星であるとする事ができます。

 

Solar Twin - star identical to sunHD 186302の位置 (赤マル) | 研究者からの提供| ESA

 

これらの類似点は、兄弟星がどのような環境で形成されたかを解明し、今は使われていない恒星のや、その内部で形成された他のメンバーを画像化するのに役立つ可能性がある。また、このデータから天文学者は、この星が軌道上に居住可能な惑星を持つ可能性があるかどうかを調べている。

 

私は、爆撃が多かった時代に地球から太陽系外惑星(太陽系外の惑星)に生命が進出した可能性は非常に低いという記事を書きました。HD 186302はハビタブルゾーンに岩石型惑星を持つ可能性があり、もしこの惑星が何らかの生命を宿すとすれば、太陽2.0とその周りを回る地球2.0を持つことになリます。

 

今後数年間、研究者たちはESOの高精度放射速度惑星探査機(HARPS)とロッキー太陽系外惑星・安定分光観測用エシェル分光器(ESPRESSO)を使って、恒星が惑星を周回していないか監視する予定です。

 

もし何か見つかれば、太陽系の惑星と比較し、古代の星団が残した天体の種類を明らかにすることができます。

おすすめ新着記事

おすすめタグ