話題

話題

どんなバクテリアでもはじく新しい技術が開発された

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、New Self-Cleaning Surface Can Repel All Forms Of Bacteria
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

336 views

読了時間 : 約1分46秒

・研究者は、あらゆる種類のバクテリアをはじくことができる究極の抗菌コーティングを開発しています。

・バイオフィルムの形成と中間表面からのバクテリアの移動を減らします。

・ベッドテーブル、ドアノブ、その他の表面など、さまざまなオブジェクトに簡単に適用できます。

 

 

院内感染が感染症の主な原因になっており、その結果、抗生物質治療の使用が増加し、医療システムに多大なコストがかかります。

 

この問題を抑制するために、マクマスター大学の研究者は、あらゆる種類の細菌をはじき、細菌や抗生物質耐性のスーパーバグの移動を防ぐことができる究極の抗菌コーティングを開発しました。

 

より具体的には、柔軟なプラスチック表面に階層的なしわの寄った構造と化学的機能を融合させて、中間表面からの細菌の付着、増殖、および拡散を減少させます。

 

コーティングは、ベッドテーブル、レール、ドアノブ、その他の感染リスクの高い表面など、細菌性病原体に汚染されている病院のさまざまな表面に簡単に塗布できます。 また、生の食品からのリステリア菌、サルモネラ菌、および大腸菌の感染を減らすために、食品包装にも使用できます。

 

 

どのような効果があるのか?

この抗菌コーティングは、蓮の超疎水性表面に触発されています。 そのメカニズムは、化学とナノスケールの表面工学の素晴らしい組み合わせでできています。

 

研究者は、すべての外部分子を排除するために、小さなしわで表面にテクスチャを付けました。 したがって、それは最も一般的な液体(水と血液)とバクテリアをはじきます。 そして最もいいことは、それがどんなオブジェクトにも適用できるということです。

 

すでに開発されているものは、抗生物質、潤滑剤を注入した層、ナノ構造からなる表面で、バクテリアの回避と抗菌性があります。 ただし、新しい階層型ラップとは異なり、工業で製造することは困難です。

 

Surface can repel bacteria

 

チームは、2つの強力な抗生物質耐性菌、グラム陰性緑膿菌とグラム陽性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌を使用して、これらの階層的ラップをテストしました。 彼らは、これらのラップがこれらのバクテリアのバイオフィルム形成をそれぞれ84%と87%効果的に減少させることを発見しました。

 

実際、新しいセルフクリーニング表面でコーティングされたオブジェクトは、通常腸内に生息するバクテリアの一種であるグラム陰性大腸菌と接触した後もバクテリアがないままです。

 

ラップは、ひずみができ、さまざまなフォームファクターに対応しながら、特性を保持することができます。 表面を化学的に処理することにより、表面の抗菌力をさらに改善することも可能であり、最終的には、柔軟性があり、安価で、耐久性のあるバリアができる可能性があります。

 

研究者たちは、彼らの技術があらゆる公的私的機関で採用され、まもなく抗菌ツールボックスの重要な部分になると信じています。現在、彼らは実用的なアプリケーションを構築するための商業パートナーを探しています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ