話題

話題

新しいモデル、神経変性疾患のシミュレートを可能に

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Computer Simulations For Neurodegenerative Diseases
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

376 views

読了時間 : 約2分4秒

・新しいモデルは、感染性因子が脳の不均一な構造を介してどのように拡散するかを調査。

・研究者は、成人の脳のMRIスキャンを使用して、2Dと3Dの両方で高解像度のシミュレーションを作成。

・これらのシミュレーションは、多くの神経変性疾患で観察される損傷のパターンを再現。

 

加齢に伴う神経変性疾患は、多面的で複雑な病状です。ほとんどの場合、それらの成長はプリオンとして知られる特定のタンパク質凝集体の進行と密接に関連しています。

 

プリオンは感染性因子であり、タンパク質が変形して(異常な形に折りたたまれて)連鎖反応を引き起こします。徐々にこれらは脳の他の領域に広がります。これは神経系の正常な機能に影響を及ぼし、脳の萎縮、壊死、そして最終的には死を引き起こします。これはまさにパーキンソン病とアルツハイマー病とALSで起こることです。

 

現在、スティーブンス工科大学、スタンフォード大学、オックスフォード大学の研究者たちは、これらの感染性因子が脳の不均一な構造を介してどのように拡散するかを調べる新しいモデルを開発しました。これは、すべての疾患における毒性分子の分布が、これらの分子が最初に出現した場所に依存することを示しています。

 

シミュレーションによると、脳の損傷は主に、物理的な衝撃によって損なわれた脳細胞の体の除去が原因で発生します。著者は、彼らのツールが科学者が深刻な脳障害の進行を阻止するのに役立つと信じています。

 

生化学を無視したモデル

多くの神経変性疾患では、最初の有毒分子は濁ったままですが、特定の方法で誤って折りたたまれるようにコピーされます。異常な形のタンパク質が脳を通って広がり、塊や繊維に凝集するにつれて、病気は進行します。

 

この新しいモデルは、生化学的および細胞メカニズムを無視し、有害なタンパク質の増殖と伝播の基本的なプロセスを単に表しています。

 

脳内の有毒な分子は、細胞の外側の流体を通って移動するのではなく、ニューロン(神経細胞のネットワーク)を通って移動します。各神経細胞は、電気信号を他の神経細胞に伝達する核と軸索で構成されています。軸索は脳の白質の大部分を占めていますが、細胞体には灰白質の大部分が含まれています。

 

このモデルでは、有毒な分子が特定の速度で軸索に沿って拡散し、白質を通過します。 それらは細胞外領域にも拡散しますが、速度ははるかに遅くなります。灰白質では、これらの分子は中程度の速度で等方的に拡散します。それらが新しい領域に拡散すると、それらはそれらの領域に存在する有毒なタンパク質の数に依存する特定の速度でそれら自身のコピーを作成します。

 

脳内の有毒タンパク質のシミュレーション

2Dと3Dの両方で高解像度のシミュレーションを作成するために、著者らは成人の脳のMRIスキャンを使用しました。2Dコンピューターシミュレーションは垂直スライス(左右または前後)で実行され、3Dシミュレーションは脳全体をカバーしました。

 

次に、パーキンソン病とアルツハイマー病の進行の臨床データをマッピングしました。これらのデータによると、有毒なタンパク質は特定の場所から始まり、特定のパターンで広がります。著者はこれらの初期条件をシミュレーションに与え、シミュレーションが各障害に関連するパターンを正確に再現していることを発見しました。

 

このモデルは、物理的側面を考慮に入れることで、科学者が生化学についてさらに学ぶのに役立ちます。シミュレーションは、拡散が神経変性疾患の進行に主要な役割を果たすことを明確に示しており、将来の学際的研究に新しい方向性を与える可能性があります。

おすすめ新着記事

おすすめタグ