話題

話題

【厳選25】タンパク質をもっと良く知って効率よく摂取しよう

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、25 Interesting Facts About Protein You May Not Know
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

270 views

読了時間 : 約4分30秒

アスリート、ボディビルダー、レスラーはすべて、筋肉をつけるために必要な栄養素を摂取するため、プロテインを好んで取ります。 水と同じく、タンパク質も健康的な体を維持するために非常に重要です。 なので、私たちはもっと知るべきではありませんか? ここにタンパク質についてのいくつかの興味深い事実を紹介します。

 

25.

タンパク質という言葉はギリシャ語のproteiosが由来です。これは、最初のもの、最も重要なものという意味です。

 

24.

通常、健康な人体は、およそ62%が水分、16%がタンパク質、同じ量の脂肪、6%がミネラルで構成されています。 ビタミンや他の物質はごく少量です。

 

23.

私たちの髪は、不溶性の繊維状で消化されないタンパク質で構成されています。これらはケラチンとも呼ばれます。

 

22.

量に違いがありますが、ほとんどすべての食品はタンパク質を含んでいます。 たとえば、チーズの中でパルメザンチーズには100グラムあたり41.6グラム含まれています。キハダには、100グラムあたり約30グラム含まれています。 カボチャの種は100グラムあたり33グラム含まれていますが、スイカの種は100グラムあたり28グラム含まれています。

 

21.

 

Human brain

 

タンパク質は、人間の脳機能を改善する上で重要な役割を果たします。 脳を健康に保つために健康な神経系を作るために必要な要素です。

 

20.

いくつかのタンパク質は本当に奇妙な名前です。 たとえば、AGRINLおよびEGFのようなタンパク質であるPikachurianは、有名なポケモンのキャラクターであるピカチュウにちなんで名付けられました。 同様に、Ranasmurfinと呼ばれる青いタンパク質は、スマーフにちなんで名付けられ、Sonic HedgehogはSonic the Hedgehogにちなんで名付けられています。

 

19.

人間の精液は重量でタンパク質が50%あり、遊離アミノ酸とアルブミンの両方を含んでいることを知っていますか?

 

18.

腎臓は、体の重要な成分を保持しながら、血液の老廃物をろ過します。 ただし、肝臓からタンパク質が尿に流れることもあり、タンパク尿またはタンパク尿症と呼ばれる病気が発生することがあります。

 

17.

昆虫は、牛や他の肉類よりも多くのタンパク質があります。 たとえば、100グラムの最高品質のサーロインビーフには、約30グラムのタンパク質と21グラムの脂肪があります。 そして、100グラムのバッタには20グラムのタンパク質とわずか6グラムの脂肪があります。

 

16.

 

meat atlas

ルクセンブルクは最大の肉消費国であり、国民1人あたり年間平均136kgという驚異的な量です。 2番目はアメリカ合衆国で、1人あたり年間125 kgです。オーストリアは年間120kgの動物性タンパク質を消費しています。

 

15.

昆虫は、牛や他の肉類よりも多くのタンパク質があります。 たとえば、100グラムの最高品質のサーロインビーフには、約30グラムのタンパク質と21グラムの脂肪があります。 そして、100グラムのバッタには20グラムのタンパク質とわずか6グラムの脂肪があります。

 

14.

腎臓には、体の重要な成分あり、血液の老廃物をろ過します。 ただし、特定の場合(または病気の場合)、肝臓のタンパク質が尿に流れる事があり、尿中にタンパク質が入ります。

 

13.

タンパク質は、代謝反応の触媒作用、DNA複製、刺激への応答など、人体で非常に多くの機能を果たします。

 

12.

 

Peptides

 

あなたは「ペプチド」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、それが何であるか、それが実際に何をするのか知っていますか? これは生物学的に存在する物質であり、アミノ酸モノマー(別の分子に化学的に結合してポリマーを形成する分子)です。ペプチドは、タンパク質と大きさが違います。 生物活性ペプチドとも言われ、全身の成長に不可欠です。

 

11.

たんぱく質は、形成された後、一定期間しか存在せず、たんぱく質の代謝(たんぱく質の合成と分解のバランス)の過程で分解され、リサイクルされます。 平均寿命は2日で、数分のこともあり、1年も存在することもあります。

 

10.

 

less protein food

食物タンパク質は、多かれ少なかれ「完全な」アミノ酸を含んでいます。 タンパク質は、アミノ酸の量が少ないものと多いものがあります。これにより、弱いタンパク質と強いタンパク質に分類されます。 弱いタンパク質には、ヤムイモ、キャッサバ、サツマイモなどがあります。

 

9.

Gerardus Johannes Mulderはオランダの有機分析化学者で、1883年に「いくつかの動物性物質の組成について」で「タンパク質」という用語を使用しました。

 

8.

人体のタンパク質は、アミノ酸から遺伝子にコード化された情報を使用して組み立てられます。 それぞれ、配列をコードするヌクレオチド(DNAまたはRNA)遺伝子によって指定される独自のアミノ酸配列を持っています。

 

7.

 

human DNA

 

人体に欠かせない必須アミノ酸は9つあり、たんぱく質が障害なく動くためには、必須アミノ酸が1つ必要です。 これらは、フェニルアラニン、バリン、スレオニン、トリプトファン、メチオニン、ロイシン、イソロイシン、リジン、ヒスチジンです。タンパク質不足と栄養失調は、深刻な知的障害やクワシオルコルにつながる可能性があります。 PEMは、子供でも大人でも世界中で一般的であり、年間600万人が死亡しています。

 

6.

食品のたんぱく質値をどのように測定するか考えたことはありますか? 食品のタンパク質含有量を測定するのは難しい作業です。一般的な検査方法の2つ(臨床検査医学と生物学の調査手順)は、ケルダール法とデュマ法です。タンパク質のみに窒素が含まれているため、どちらのテストでも食品の総窒素含有量がわかります(脂肪、炭水化物、食物繊維には窒素が含まれていません)。

 

5.

PDCAAS(タンパク質消化率補正アミノ酸スコア)は、タンパク質を人体がどのように消化するかを見ることで、タンパク質の品質を評価する方法です。この評価システムは、1993年に米国食品医薬品局(FDA)と世界保健機関(WHO)が採用しました。PDCAAS値が1の食品が最も高く、0が最も低くなります。 選択した食品とそのPDCASS値を次に示します。

 

4.

間違いなく、タンパク質は私たちの体の成長にとって重要な物質の1つですが、毎日摂取するタンパク質の量に関しては多くの問題があります。 服用する金額は同じではなく、個人によって異なります。必要なタンパク質の量は、総体重、体の成長率、個人の身体活動レベル、総炭水化物、エネルギー摂取レベルなど、いくつかの要因によって異なります。

 

3.

DRI(Dietary Reference Intake 食事摂取基準)によると、運動がまったくないか少なく座りがちな人は、体重1kgあたり0.8グラムのタンパク質を摂取する必要があります。運動量の多い人やアスリートは激しいトレーニング中に筋肉と汗が失われるため、0.8 g / kg以上が必要です。

 

2.

タンパク質を過剰に摂取すると、腎臓結石、脱水症、尿素排泄、カルシウム排泄などの健康上の問題を引き起こす可能性があります。 これらは、アミノ酸の酸化が進んでいるのが原因です。

 

1.

最初に発見されたタンパク質は、フレデリックサンガーが見つけたインスリンでした。 しかし、初めて人間の糖尿病を治療するためにインスリンを使用したのは、カナダの医学者であり医師であるフレデリック・バンティングでした。

おすすめ新着記事

おすすめタグ