話題

話題

月に関する新たな発見 月は縮小しており、地震を引き起こす!?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、The Size Of The Moon Is Decreasing And It Is Causing Moonquakes
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

120 views

読了時間 : 約2分11秒

・最近の観測によると、月はその内部が冷えるにつれて縮小している可能性があり、かなり強い月の地震を引き起こしています。

・これらの観測結果は月偵察オービター画像と50年前のデータから得られたものです。

 

2009年に打ち上げられたNASAの月偵察オービター(LRO)宇宙船は月の構造進化についての貴重な情報の多くを明らかにしました。

 

LROカメラで撮影した高解像度の画像と何十年もの古いデータは、月が内部を冷やすにつれて縮んでいることを示しています。ここ1億年で月は50メートル以上も縮んでいます。

 

月の地殻は非常に壊れやすいので、月が収縮するにつれてそれはバラバラになり、地殻の一部が上に積み重ねられる「スラスト断層」を作り出します。

 

メリーランド大学の研究者は2010年にLROによって得られたデータを分析しました。彼らは1969年から1977年の間に起こった28の月の地震の正確な震源位置を提供する60年代と70年代にNASAのアポロミッションによって取られた地震測定を再調査するためのアルゴリズムを開発しました。

 

研究者は続いてLROによって測定できた推力断層画像とこのデータを結合して、そして(小惑星の影響の代わりに)真の構造活動と推力断層のために月の地震が起こった8個以上のイベントを発見しました。

 

そのデータはスラスト断層がまだ活発であり、月がさらに縮むにつれてかなり強い月地震を引き起こしていることを示しています。

 

アポロ地震計が縮んでいく月を捉えた

 

5回のアポロミッションの間、宇宙飛行士は地震計(地動に反応する装置)を月面に配置しました。これらの装置はリヒタースケールで2から5までの範囲で28の月の地震を記録した。

 

新しいアルゴリズムは浅い地震の位置を計算し、それらのすべてがスラスト断層の30キロメートル以内に発生したことを発見しました。月の画像ではこれらの断層は数メートルの高さに見え、数キロメートルにも及びます。

 

Reference: Nature Geoscience | DOI:10.1038/s41561-019-0362-2 | NASA

 

研究者たちは月がその軌道上で地球から最も遠い点の近くにあったときに6つ(8つのうち)の月の地震が起きたことを発見しました。この時点で地球の重力が月の地殻に潮汐応力を加え、スラスト断層に沿ったすべり現象の可能性を高めます。

 

研究者によると、これらの8つの月の地震は月の地殻が潮汐力と世界規模の収縮によって圧迫されたときに生じる応力として滑る断層によって形成されました。

 


LRO images showing fault scarps | Credit: NASA

 

科学者が月の内部を研究することを目的とする将来のミッションに方向性を与えながら私達の月の知識を進歩させるためにLRO画像を50年前のデータと組み合わせた方法を見たことは非常に印象的です。

 

水星は月をはるかに超えて縮んだ

 

地球の月は時間とともに縮小している唯一の天体ではありません。水星は月面に比べてはるかに大きな断層(高さ3,000メートル、最大1,000キロメートルまで)を持っています。これは水星が月に比べてはるかに収縮していることを示しています。

 

これまでのところ、LROは月面の3,500以上の断層崖を捕獲しています。今後数年間で科学者は最近の月の地震の証拠を見つけるためにさまざまな時代からの特定の断層領域の画像を比較します。

 

私たちは過去のミッションから多くのことを学びましたが、それはまだ始まりに過ぎません。今後の月のプロジェクトは月の科学に対する私達の理解に大きな進歩を遂げる可能性があります。

おすすめタグ