話題

話題

PR

【新説】我々の宇宙は異次元内の膨張バブルの上にあるの?

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Is Our Universe Sitting On An Inflating Bubble Within An Extra Dimension?
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

199 views

読了時間 : 約1分31秒

・物理学者が、我々のいる地球がダークエネルギーによって膨張した泡の上にあるという新しい仮説をたてました。

・地球に存在するすべての粒子は異次元に伸びるひもの終点です(弦理論)。

 

1925年、アメリカの天文学者エドウィン・ハッブルは、地球が膨張していることを証明しました。他の銀河は私たちから遠ざかっており、最も遠い銀河が最も速く移動していると発表しました。

 

その結果、ダークエネルギーというもう一つの興味深い現象が生まれました。アルバート・アインシュタインは、何もない空間が無ではないことを最初に認識した物理学者です。実際、空間には不思議な性質があり、その多くはまだ解明され始めたばかりです。ダークエネルギーは、そのような空間の特性の1つです。

 

そして1984年半ば、弦理論が発表になり、すべての基本粒子は相互作用していることがわかりました。弦理論では、すべての粒子は一次元の弦であり、例えば質量や電荷などの性質は、振動によって決まるとされています。

 

ここ数十年の間に、何百人もの物理学者が独自の弦理論バージョンを考え出しましたが、そのほとんどは、現実が10次元以上の次元で構成されていることが前提であるとしています。

 

私たちは日常、4つの次元(3つの空間と1つの時間)の間しか移動できません。他の次元は、点で集まっています。これらの次元の構成が、私たちが観測できる宇宙の特性を決定しています。

 

弦理論によれば、10500もの異なる宇宙が存在する可能性があり、私たちの地球はその中のほんの一部分に過ぎません。弦理論の数学的方程式によると、ダークエネルギーを含む宇宙(地球のような)は、急速に崩壊して消滅するとしています。

 

弦理論とダークエネルギーを結びつける新しいモデル

最近、スウェーデンのウプサラ大学の研究者たちは、私たちの宇宙が目に見えない次元で膨張する泡の上に乗っているという、ダークエネルギーに基づく新しい理論を提案しました。このモデルによると、宇宙全体が膨張するバブルの端に座っていることになります。

宇宙のすべての粒子は、他の次元に伸びる紐の端に繋がっています。このような膨らむ泡は、弦理論の枠組みの中で存在し得るのです。他の宇宙を含む泡がもっとある可能性もあります。

 

Our universe is sitting on inflating bubble

提供: Suvendu Giri

 

これは、実験的根拠がない数学上の空論に過ぎません。実際、多くの弦楽器理論家が、実際の観測とは全く関係のない数学的な構造を数多く提案しています。

 

結局、このモデルは宇宙の形成と運命について異なる見方を提供し、同時に弦理論を検証する技術への道を開くものです。

おすすめ新着記事

おすすめタグ