話題

話題

株取引をする人としない人ー脳の動きの違いを解説

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、A Model That Makes Stock Trading Behavior Comprehensible
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

252 views

読了時間 : 約1分48秒

● 研究者たちは、株取引行動を分析するための新しいモデルを構築した。

● これは、脳の島皮質前部が、株を購入しない者ではより活発であることを示した。

 

長期的にみると莫大な利益が期待できますが、ほとんどの人は苦労して稼いだお金を株式市場に投資することを好みません。なぜだと思いますか?最も正当な理由の一つは、お金を失うことへの恐れです。

 

これを科学的レベルで説明するために、ボン大学の研究者たちは最近、神経科学、生理学、社会経済学的データを独自の方法で組み合わせて、人々の株式購入行動を説明するモデルを考案しました。

 

彼らは、fMRI(機能的磁気共鳴画像法)を使用して、経済的な決定を行う間、脳内で何が起こっているかを広範囲に研究しました。彼らは脳の活性化を測定し、株を取引していた者としていなかった者の間の推定平均活性化の相違点を分析しました。

 

実験

研究者たちは、29歳から50歳の計157人の男性参加者を集めました。集められた男性たちは、個人的な経済的質問に答えるように求められました。

 

1.ローンはありますか?

2.株式市場にお金を投資していますか?

3.投資する際、どのくらいのリスクを負いますか?

研究者たちは、参加者全員が「利益を2倍にするためにリスクのある株に投資をするか、安全な債券を購入するか。」を考えている間、fMRIスキャンを実行しました。決断を下した後、株の結果を参加者たちに見せ、後で実験の最終的な合計額を支払いました。正確な統計的評価を得るために、研究者は参加者たちに96回の試験で繰り返し決断をさせました。

 

結果

この実験により、脳の特定の領域、島皮質前部が経済的決定をする際に重要な役割を果たしていることが明らかになりました。外側溝の中に位置する大脳皮質の一領域で、側頭葉と頭頂葉を分ける深い裂け目です。

 

この脳の部分の右と左の両方の形成は、リスクのある決定に関与していました(参加者が株を購入することを選択したとき)。島皮質前部はリスクのある選択に対して停止/警告信号のように動作しました。しかし、株の購入経験のある参加者ではあまり活発ではありませんでした。

 

株式を買うことで大きな利益が得られた場合、往来の投資家と株式トレーダーの間にはわずかな違いがありました。低リスクと高リスクの選択に対する視点は、有益な結果よりも実際の行動との強い相関関係を明らかにしました。

 

このタイプの行動の原因となる2つの主なパラメーターは、リスク許容度と楽観主義です。リスクの高い意思決定をする人はリスク許容度が高く、リスクを楽観視する人は株取引が大きな利益をもたらすと考えています。さらに、これらのパラメーターは両方とも、株式購入行動と島皮質前部活動の間の仲介者として動作します。

 

まとめると、このモデルは、教育や収入などの往来の経済的要因に加えて、リスク許容度と楽観主義が株取引の意志決定に大きく関与するパラメーターであることを示しました。この調査は、経済的リスクをとる行動をより理解するのに役立ち、経済的選択における個人の特異性についての知識を広げるために重要です。

おすすめ新着記事

おすすめタグ