話題

話題

PR

世界を震撼させた大量のマグマが放出!!10大火山噴火をご紹介

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、10 Biggest Volcanic Eruptions on Earth
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

564 views

読了時間 : 約2分48秒

火山噴火は、地球のコア内部に存在する構造プレートが移動することによって起こります。その結果、大量のマグマが放出されます。火山噴火の規模は、火山爆発指数で測定されます。

 

火山は休火山、死火山、活火山の3つに分類されます。世界には約1500の活火山があります。活火山は財産や人命に大きな影響を与えます。火山灰のために多くのフライトがキャンセルされ、何千人もの人々が自然の力によって住む場所を変えざるを得なくなりました。ここでは、世界を震撼させた10大火山噴火を紹介します。

 

注意: 一部、実際の火山噴火ではない画像があります。

 

10. 雲仙岳, 1792年

 

Mount Unzen

 

雲仙岳は、長崎市近郊にある成層火山の活火山群です。1792年に噴火し、15,000人以上の死者を出し、日本最悪の火山災害になりました。この火山は1990年から1995年にかけて最も活発に活動し、1991年の噴火では3人の火山学者を含む43人が死亡しました。

 

9. ベスビオ山, 紀元79年

 

Mount Vesuvius

画像元: wikimedia

 

ヴェスヴィオ山は、イタリアのナポリ湾にある成層火山です。紀元79年に噴火し、1万8000人の死者を出したことで有名です。噴火による火山灰と噴煙は高さ20.5マイルに達し、広島原爆の10万倍のエネルギーが放出されました。世界でも有数の火山であり、人口密度の高い火山地帯です。

 

8. ネバド・デル・ルイス, 1985年

 

Nevado Del Ruiz

画像元: wikimedia

 

ネバド・デル・ルイスは、コロンビアのカルダス州とトリマ州の境に位置する火山です。1985年11月13日、小さな噴火が大きな土石流を生み、アルメロの町全体を破壊し、推定23,000人が死亡しました。被害総額は約1億ドルになりました。

 

7. ペレー山, 1902年

 

Mount Pelee

画像元: wikimedia

 

ペレー山はカリブ海の小アンティル諸島にある活火山です。1902年の噴火が有名で、20世紀最悪の災害と言われています。この噴火で約3万人が死亡しました。わずか2人だけ街の端に住んでいたため、生存することができました。

 

6. クラカトア, 1883年

 

Krakatoa eruption

画像元: wikimedia

 

クラカトアは、インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間に位置する火山島です。1883年8月、広島の原爆を1万倍も上回る威力の4回の大爆発がありました。オランダ当局が記録した死者数は36,000人ですが、実際の死者数はもっと多いと考えられています。

 

5. タンボラ山, 1815年

 

Mount Tambora

画像元: wikimedia

 

タンボラ山は、インドネシアの島にある活火山の一つです。この噴火は、火山爆発指数で7と評価される歴史上最も強力な噴火の一つでありました。火山灰や噴煙の影響で野菜は全滅しました。死者は約92,000人と推定され、そのうち12,000人が噴火による直接の犠牲者でした。

 

4. フアイナプトゥイナ, 1600年

 

Huaynaputina

画像元: redorbit

 

フアイナプティーナはペルー南部に位置する成層火山です。1600年2月19日、火山爆発指数6で爆発し、南米で過去最大の火山爆発となり、約200万人の死者を出しました。3200万トンの二酸化硫黄を噴出し、硫酸を生成し、火山の冬を作り出しました。

 

3. ミノア大噴火, 紀元前1650年-1500年

 

Minoan Eruption

画像元: wikimedia

 

ミノア大噴火は、火山爆発指数7という最大級の火山噴火で、紀元前1650年から1500年にかけて発生したと推定されています。この噴火により、ミノア人の集落があったテラ島が破壊されました。報告書によると、この噴火に関するエジプトの記録は残っていません。

 

2. ラキ, 1783年

 

Laki

画像元: stevengoddard

 

ラキ(ラカギガー)は、アイスランド南部にある標高1725mの火山です。1783年の大噴火以来、現在では休火山になっています。日本では100万人、アイスランドでは家畜の50%が死亡するなど、世界で600万人以上の死者を出しました。この噴火は火山爆発指数で6と評価され、溶岩は1400メートルの高さに達し、1億2000万トンの有毒な二酸化硫黄を含むと推定されています。

 

1. トバ湖, 77000年前

 

Lake Toba - Biggest Volcanic Eruptions

画像元: deskarati

 

トバ大規模噴火は、69000年〜77000年前にトバ湖で発生した超巨大噴火です。この噴火により、1000年に一度の低温化が起こり、地球の表面温度が3〜5度低下したと考えられています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ