話題

話題

PR

最も大きいクジラは何メートル?世界のクジラを学ぶ

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、21 Different Types Of Whales In The World
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

2,617 views

読了時間 : 約10分6秒

クジラは地球上の他のどの哺乳類よりも遺伝子的にカバに近いということをご存知でしょうか?彼らは約4000万年前に分離されました。クジラは、下目のCetaceaと呼ばれる鯨目グループに分類され、これはさらにMysticeti(ヒゲクジラ亜目)とOdontoceti(ハクジラ亜目)の2つの亜目に分類されます。これにはイルカやネズミイルカも含まれます。

 

以下に、危険なシャチから活発なバンドウイルカや、絶滅寸前のコガシラネズミまで、良く研究されている種類のクジラをご紹介します。

 

21.ホッキョククジラ

学名:Balaena mysticetus
体長:14~18メートル
体重:最大100トン

 

ホッキョククジラは、独特の弓のような顎の構造をしているため、この名前が付けられています(英名はBowhead Whale)。ホッキョククジラは現存する動物の中で最も大きな口を持つ、効率的な濾過摂食動物です。

 

他のほとんどのクジラとは異なり、ホッキョククジラは背びれを持っていません。ホッキョククジラの推定寿命は200年以上で、地球上で最も長生きする哺乳類です。彼らは北極海と亜北極圏の海域全体に生息しています。

 

20.タイセイヨウセミクジラ

学名:Eubalaena glacialis
平均体長:16 メートル
体重:最大80 トン

 

タイセイヨウセミクジラは、Eubalaena属の3つに密室に関連するクジラの一種です。彼らはかつて、その遅い速度と順応な性質のために好ましい捕鯨の標的でした。捕鯨活動は現在中止されていますが、意図しない船舶の攻撃、絡み合い、気候変動は、今日この種の生存に対する最大の脅威の一部であり続けています。

 

タイセイヨウセミクジラは、絶滅危惧種の哺乳類として分類されています。総個体数は約400頭と推定されています。

 

19.アマゾンカワイルカ

学名:Inia geoffrensis
体長:2.5 メートル
体重:185 Kg

 

アマゾンカワイルカは、南米で発見された唯一の2つの知られる川イルカ(アマゾンカワイルカ科)の1つです。 アマゾンカワイルカの正確な個体数は不明ですが、アマゾン盆地のさまざまな場所に生息する3つの亜種が特定されています。

 

この種の個体が到達できる最大のサイズは2.5メートルで、体重は408ポンド(185 kg)にもなります。性的二形性のため、雄のアマゾンカワイルカは雌の個体数より55%重く、16%長くなっています。この種の背びれと胸びれは、体に比べて大きくなっています。

 

カワイルカの家族の他の唯一のメンバーはアラグアイのイルカです。ヒレの代わりに背中のコブを特徴とすることを除いて、親戚とほとんど同じです。

 

18.セミクジラ

学名: Eubalaena japonica
体長:15~18メートル
体重:最大100トン

 

セミクジラは、Eubalaena属のもう1つのクジラの1種です。その親戚と同じように、この種には鋭いアーチ型の顎のライン、頭にたこがあり、背中に背びれがありません。

 

タイセイヨウセミクジラと同様に、セミクジラは絶滅危惧種に指定されています。残されている総数の大部分は、千島列島の海岸沿いとオホーツク海に生息しています。

 

2010年に、生態学者ブレンダン・ケリーが率いる研究チームは、北極圏の密接に関連する海洋哺乳類種間の交雑の複数の事例を報告しました。そのうちの1つは、ベーリング海で報告されたタイセイヨウセミクジラとホッキョククジラの交雑種でした。

 

17.ミナミセミクジラ

学名:Eubalaena australis
平均体長:15 メートル
体重:80~90トン

 

他の2種のセミクジラとは異なり、ミナミセミクジラは絶滅の危機に瀕していません。最新の推定によると、ミナミセミクジラの個体数は10,000頭に近く、南半球の下部に分布しています。

 

ミナミセミクジラの面白い行動特性は、尾のセイリング(海面から尾びれを突き出す)です。また、彼らはしばしば通過する船やボートに引き付けられ、長距離にわたってそれらを追います。

 

16.シロナガスクジラ

学名:Balaenoptera musculus
体長:29メートル
体重:173トン

 

シロナガスクジラは、ナガスクジラ属の8つの(そして最も著名な)種の1つです。 かつては世界の海に豊富に生息していたシロナガスクジラの種は、現在、約10,000〜25,000個体が残っています。

 

これまでにシロナガスクジラの約3つの亜種が確認されています。北大西洋と太平洋海域のB. m musclus、南大西洋のB. m. intermedia、南太平洋とインド洋のB. m. brevicauda(ピグミーシロナガスクジラ)です。これらは地球上で最も知られている動物種です。

 

2019年にスタンフォード大学の研究者が実施した調査によると、シロナガスクジラの心拍数は、海深部では1分あたり2ビートと低いことがわかりました。しかし海面では毎分25〜37ビートです。大人のシロナガスクジラの舌だけでも2.5トン以上の重さがあります。 他のろ過摂食動物と同様に、シロナガスクジラはオキアミだけを食べます。

 

15.ナガスクジラ

学名:Balaenoptera physalus
体長:25.9メートル
体重:74トン

 

ナガスクジラは、強大なシロナガスクジラに次ぐ地球上で2番目に大きな動物種です。彼らはまた、時速41kmに近い最速の記録速度を持っています。汎存種として、ナガスクジラはすべての気候地域(極地を除く)で見られます。

 

ナガスクジラは通常、湾曲した背びれと体の特徴的な非対称のマーキングによって認識されますが、シロナガスクジラやイワシクジラと誤認されることがよくあります。

 

14.イワシクジラ

学名:Balaenoptera borealis
体長:19.5メートル
体重:28トン

 

イワシクジラは、ナガスクジラ属の大型クジラの1種です(ナガスクジラと同じ)。 外観は青みがかった灰色で、尖った吻(顎を含むクジラの口の前部)とアーチ型の背びれが特徴です。イワシクジラは、体全体に傷(白い傷跡)が見られることがよくあります。これらの傷はダルマザメに刺された結果であると考えられています。

 

イワシクジラの個体群は、過去に複数の大量死に見舞われてきました。そのような出来事の1つは、2015年6月、チリのパタゴニアの遠隔地で約337頭のクジラの死骸が発見されました。

 

13.クロミンククジラ

学名:Balaenoptera bonaerensis
体長:8.6~11.9メートル
体重:10トン

 

クロミンククジラは、知られている最小のヒゲクジラの1つであり、これまでで最長の標本が11.9メートルで記録されています。

 

身長(肉の量)が比較的少なく、油の収量が少ないため、クロミンククジラの個体群は21世紀の最近まで捕鯨者にほとんど無視されていました。現在、絶滅の危機に近く瀕している種として特定されています。

 

クロミンククジラは南半球でのみ見られますが、赤道の北で複数の目撃情報が報告されています。

 

12.ザトウクジラ

学名:Megaptera novaeangliae
体長:12~16メートル
体重:25-30トン

 

ザトウクジラは、長い胸ビレと、厚い体で簡単に識別できます。ザトウクジラ属の唯一のメンバーとして、ザトウクジラはそれらに特有の他の身体的属性を持っています。

 

ザトウクジラは、その活発な浮上行動(スパイホッピング、テールスラップなど)や歌や発声のためホエールウォッチングや愛好家の間で非常に人気があります。

 

 

それは汎存種であり(すべての海と主要な海に生息しています)、全世界の推定総個体数は80,000に近いです。

 

11.コククジラ

学名:Eschrichtius robustus
体長:12~16メートル
体重:25~30トン

 

コククジラは、Eschrichtius属の現存する唯一の種です。名前が示すように、コククジラは色が濃い灰色で、体中に多数の白い斑点があります。

 

コククジラは、背びれの代わりにドーサル・リッジとして知られているわずかに持ち上げられた正中線を特徴としています。彼らの個体群は、北太平洋東部と北太平洋西部の世界の2つのポケットにあります。

 

2015年、コククジラは太平洋を横断し、22,000kmを超える記録的な距離を移動しました。

 

10.セッパリイルカ

学名:Cephalorhynchus hectori
体長:1.4メートル
体重:40~60 kg

 

セッパリイルカは、イロワケイルカ属の4つの(そして最も著名な)イルカの1種です。 彼らは最小であるだけでなく、地球上で最も希少なイルカの1つでもあります。

 

セッパリイルカは、独特の丸い背びれがあるため、簡単に識別できます。全体的に淡い灰色です。絶滅の危機に瀕しているマウイイルカは、セッパリイルカの亜種であり、ニュージーランド固有のものです。

 

9.ユメゴンドウ

学名:Feresa attenuata
体長:2メートル

 

名前が示すように、ユメゴンドウ(英名はpygmy killer whales(小さいシャチの意)は、Orcasとしても知られているシャチのはるかに小さいバージョンです。彼らは小魚やマイルカさえも食べることが知られています。身体的特徴といくつかの行動特性を除けば、この種についてはあまり知られていません。

 

それらの範囲は、北に約35度から南に35度まで広がっています。日本の海岸とハワイの間の太平洋にユメゴンドウの大群が生息しています。

 

8.コビレゴンドウ

学名:Globicephala macrorhynchus
体長:5.5メートル
体重:3,000 kg

 

コビレゴンドウは、ヒレゴンドウ(Globicephala melas)であるGlobicephala属の2つのゴンドウクジラの1つです。名前が示すように、両方の種はそれらの足ヒレの長さによって区別されます。

 

コビレゴンドウも比較的小さな顎を持ち、体全体に多数の白い斑点や傷跡があります。背びれの形は、個人の年齢と性的指向によって決まるため、固体によって異なる場合があります。

 

7.シャチ

学名:Orcinus orca
体長:6~8メートル
体重:6トン

 

シャチは、海洋食物連鎖の最上位にいます。彼らは、イタチザメ、ホオジロザメ、ヒョウアザラシなどの他の捕食種を狩ることで知られています。彼らはまた、マッコウクジラやコククジラなどの大型のクジラを捕食します。

 

シャチは、複雑な社会構造に囲まれた非常に社会的な海洋動物です。個体は母親と一生を過ごす母系社会に住んでいます。

 

6.オキゴンドウ

学名:Pseudorca crassidens
体長:6メートル
体重:2,200 kg

 

オキゴンドウ(英名はfalse killer whale)の名前は、シャチ(英名はkiller whale)と同じ頭蓋骨にちなんで付けられました。オキゴンドウは彼らの不安定な行動でよく知られています。オキゴンドウが人間のダイバーに近づいて魚を提供している例が報告されています。しかしその一方で、彼らは強引に網やフックから魚を取り外したりすることも知られています。

 

オキゴンドウは非常に社交的な動物であり、大群で移動することがしばしば見られます。 いくつかのケースでは、他の種(主にバンドウイルカ)からでも同行する様子が見られます。 ただし、オキゴンドウはほとんどのイルカ種に対して非常に攻撃的です。

 

5.シロイルカ

学名:Delphinapterus leucas
体長:5.5メートル
体重:1,900 kg

 

シロイルカは大きくて特徴的なクジラの1種です。Delphinapterus属の唯一の生存種になります。シロイルカは背びれがなく、完全に白い(この属性で知られている唯一の海洋種)です。 頭の前には大きくて変形可能なバイオソナーがあり、高音のクリック音を発生して獲物を見つけることができます。

 

シロイルカは、寒冷、北極、亜北極の海域に生息していますが、世界中の水族館で管理されています。

 

4.イッカク

学名:Monodon monoceros
体長:5.5メートル
体重:1,600 kg

 

イッカクは、北極海でのみ見られる中型のクジラの1種です。これは、シロイルカと同様にMonodon属およびMonodontidae科の一部で唯一生き残っている種です。

 

イッカクのオス(まれにメス)は、長い螺旋状の牙と、長さ10フィートまで成長する伸びた歯を特徴としています。

 

研究によると、イッカクの牙は感覚器官として機能し、内部に1,000万近くの神経終末があり、身近な環境に関する重要な情報を提供します。

 

3.マッコウクジラ

学名:Physeter macrocephalus
体長:16~20メートル
体重:41トン

 

マッコウクジラは歯のある動物では世界最大であり、マッコウクジラ上科(Physeteroidea)の現存する3つの種の1つです。 他の2つは、コマッコウクジラとオガワコマッコウです。

 

マッコウクジラの体の約3分の1は頭部だけで構成されています。その脳は全ての動物の中で最大です。

 

マッコウクジラは、いくつかの高周波のクリック音または音派を生成することが知られています。マッコウクジラが生成できる最大の音派は15kHzで230dBです。

 

2.バンドウイルカ

属性:Tursiops
体長:4メートル
体重:300 kg

 

バンドウイルカは、バンドウイルカ属の現存する3種のクジラ、すなわちバンドウイルカ、ブルナンイルカ、ミナミハンドウイルカの通称です。

 

バンドウイルカは、模倣や概念学習などの認知能力で知られています。人間に対するこのフレンドリーな性質のために、バンドウイルカは世界中の水族館のショーでよく見られます。

 

さらに、敵のダイバーや水中の地雷を検出するために、いくつかの国の軍隊(米国とロシア)からも訓練を受けています。

 

1.コガシラネズミイルカ

学名:Phocoena sinus
体長:1.35メートル

 

かつて絶滅したと考えられていたコガシラネズミイルカは、カリフォルニア湾に固有のネズミイルカ(イルカに似ています)の一種です。これは、世界で最も絶滅の危機に瀕しているクジラ類として知られています。

 

コガシラネズミイルカは外観が灰色で、目の周りの暗いリングが特徴です。彼らは通常ゆっくりとしたペースで泳ぎ、あらゆる種類の人間の相互作用を避けます。温水に生息する唯一の知られているネズミイルカ種です。

よくある質問

クジラの2つの主な種類は何ですか?

クジラ(Cetaceaという下目グループ)は、ヒゲクジラ(Mysticeti)とハクジラ(Odontoceti)の2つの大きなグループに分けることができます。

 

ヒゲクジラは、特徴的なクジラひげがあり、歯の代わりに上顎に配置されたろ過摂食システムにちなんでそのように名付けられました。 これらのプレートは、私たちの髪の毛、爪、皮膚の外層に見られる物質であるケラチンでできており、ヒゲクジラがプランクトンやその他の食品を水からろ過できるようにするふるいのように機能します。シロナガスクジラ、ザトウクジラ、コククジラなどの種は、ヒゲクジラの例です。

 

名前が示すように、ハクジラは(ヒゲクジラの代わりに)餌のメカニズムの一部として歯を持っています。また、ヒゲクジラに見られるように、頭頂部に2つではなく、V字型の1つの噴気孔しかありません。ハクジラはさらに4つのグループに分類できます。マイルカ上科、ヨウスコウカワイルカ上科、マッコウクジラ上科、アカボウクジラ上科です。

 

クジラは何種いますか?

これまでに約93種のクジラが確認されており、そのうち16種がヒゲクジラ、75種以上がハクジラです。

 

世界で最も希少なクジラの種はどれですか?

IUCNの絶滅危惧種レッドリストによると、約5種のクジラが深刻な危機、11種が危機、7種が危急です。深刻な危機の5種は、タイセイヨウセミクジラ、ライスクジラ、アフリカウスイロイルカ、コガシラネズミです。

 

知られているすべてのクジラ種の中で最小のコガシラネズミは、かつては絶滅したと信じられていました。 今日、生きていることが知られているのは十数頭未満です。コガシラネズミは最も希少なクジラ種であるだけでなく、世界で最も絶滅の危機に瀕している海洋哺乳類と見なされています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ