話題

話題

PR

収穫量が26%向上する新しい紫外線システム

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、New Ultraviolet Light System Improves The Crop Yield By 26%
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

389 views

読了時間 : 約2分1秒

・バイオルミックは、UV光生物学とエンジニアリングをUV処理に統合することにより、作物の収穫量を増やす新しいシステムです。

・また、害虫や病気への耐性を向上させ、色や風味を改善します。

 

ニュージーランドで開発されたバイオルミックというスタートアップは、平均収穫量を26%増加させるUV処理システムです。 ニュージーランドとオーストラリアで最大のレタス生産者を対象に試験が実施されました。 当初、種まきは保育園で行われ、後に屋外に植えられました。 驚くべき改善が、処理してから8週間後の収穫時に見られました。

 

これらのUV増強システムは、栽培者と一緒に開発され、若い植物に適用されています。 バイオルミックは大規模な生産者(温室など)と協力して、生産性を高め経済的効果を上げています。 これらのシステムは通常、管理された環境に設置されます。

 

これは環境にやさしい処理です。収穫量が向上するだけでなく、害虫や病気への耐性が向上し、色や風味が改善します。 これは、大手藻類および園芸生産者にさまざまなソリューションを提供する初めてのUV光増強システムです。

 

紫外線が植物の成長に与える影響

バイオルミックは、UV光生物学とエンジニアリングをUV処理システムに統合することにより、このテクノロジーを構築しました。 あなたは植物が光合成のために青と赤の光を使うことを知っているかもしれません。 今日、植物の生産性を向上させるために多くの人工照明システムが使用されています。

 

実際、植物は光を信号システムとして使用します–周囲を判断して、それに応じてさらなる成長と発達のために自分自身を調整します。 人工システムは、さらに成長を促すために使用されます。

 

 

紫外線は、青色や赤色の光よりも強力な独自の放射線です。 この放射線をあびると、植物や病気や害虫などの関連要素にさまざまな結果をもたらすことができます。 具体的には、紫外線は植物の成長、貯蔵寿命、作付密度、収量を制限するストレス、色、味を微調整することができます。

 

また紫外線は、丈夫で、植物の成長が早まります。 バイオルミックによって開発された技術は、そのような効果を正確に引き出し、品質を維持しながら作物の耐久性と成長を向上させます。

 

このシステムは特許取得済みで、昆虫の摂食抑止と主要な病原体に対する植物の抵抗性を高める可能性があります。 現在、彼らはこのシステムを藻類の成長サイクルのさまざまな段階を制御し、必要な藻類製品の生合成を促進し、細胞ストレスに対する代謝保護を誘導することに取り組んでいます。

 

資金調達

 

画像: BioLumic

 

2018年3月、バイオルミックはシリーズAで合計500万ドルの資金を調達しました。 RadicleとFinistereVenturesの2つの大手ベンチャーキャピタルから投資されました。 投資家は、食品生産の世界的な需要を満たすために、より現実的なアプローチを求めており、バイオルミックにはより良いソリューションを提供する可能性があると考えています。

 

バイオルミックは当初、ブロッコリー、トマト、イチゴ、レタスの種に重点を置いていましたが、現在はその資金を使って研究を拡大し、UV強化技術を商業化する予定です。 これにはニュージーランドとカリフォルニアの新しいオフィスの両方でより大きなチームが必要になります。 彼らはまた、今後数年間で研究する野菜の種類を拡大します。

おすすめ新着記事

おすすめタグ