話題

話題

PR

病室の消毒はUVロボット「IPT 3200」にお任せ!その殺菌能力がすごい

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、Bacteria-Killing UV Robot Is Far Superior Than Humans In Cleaning Hospital Rooms
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

395 views

読了時間 : 約2分26秒

・IPT3200と名付けられた最強のUV(紫外線)殺菌ロボットは、15分以内に病室全体を消毒することができる。
・Field Balance、PowerBoost、SmartDosage UV技術をベースにしている。
・導入後6ヶ月で、マクラーレン・オークランド病院は医療関連感染の減少により236,000ドル以上を節約した。

 

ここ数年、医療関連感染(HAI)、つまり患者が病院で治療を受けている間に感染する可能性のある感染症は著しく減少しています。しかし、まだまだ大幅な改善の余地があります。アメリカ疾病予防管理センターの報告によると、現在、患者の25人に1人が、1日に少なくとも1つのHAIに感染しているということです。

 

現在の手作業による消毒方法は、細菌に対してあまり有効ではありません。そのため、一部の病院では、いくつかの危険で致死的な病原体によるHAIの発生と蔓延を防ぐために、紫外線殺菌装置を使用しています。

 

このたび、Infection Prevention Technologies社(IPT)は、連続UVCランプ【紫外線殺菌ランプ】を使用し、キセノン・パルス照射装置の20倍のUVC出力を発生させ、他の連続光競合製品の3倍の強度を持つ新しい殺菌システムを開発しました。IPT 3200と名付けられたこのシステムは、これまでに製造された中で最も強力なUV殺菌装置です。

 

この装置は、間接領域や影になる領域を含む部屋全体を数分で殺菌し、次の患者のために安全な状態を保つことができます。

 


殺菌能力の比較

 

紫外線はどのように細菌を死滅させるのか?

紫外線は波長によって3つのグループ、UV-A、UV-B、UV-C、に分類されます。このうち、UV-C(波長100-280ナノメートル)は、微生物のDNAを破壊することにより、微生物を不活性化または死滅させるために使用されます。

 

紫外線は、微生物のDNA原子を結合させている化学結合を切断します。紫外線を数分間照射することで、すべての微生物(細菌)を完全に死滅させることができるのです。

 

紫外線は細胞を透過しますが、処理される空気、水、食品を変化させることはありません。殺菌された媒体から、死んだ細菌、有機物、無機物の粒子が除去されることはありません。放射は媒体にエネルギーを加えることはありません。そのため、紫外線殺菌照射は、空気、食品、水の浄化など、幅広い用途で使用されています。

 

IPT 3200 ロボット

 

出典:Infection Prevention Technologies

 

クロストリジオイデス・ディフィシル(Clostridium difficile)は、抗生物質関連下痢症例の20%を占める、最も回復力のあるHAI病原体のひとつです。手作業による消毒では、このような病原菌を除去する効果は50%以下であることが証明されています。特に、ベッドの手すり、ドアノブ、テレビのリモコン、トイレのレバーハンドル、電話機の受話器など、定期的に触れる表面は、清掃時に見逃されがちです。

 

そこで、驚異的な殺菌能力を持つUV殺菌装置が登場するのです。IPT 3200は15分以内に病室を効果的に殺菌できるため、清掃スタッフは他の業務に専念できます。この装置は、ワイヤレス小型携帯コントローラーとIPTのSteri-Trakと呼ばれるクラウドベースの管理システムで操作できます。

 

Field Balance、PowerBoost、SmartDosage UV技術に基づき、周囲の状況(温度、湿度、部屋の大きさなど)をリアルタイムで自動的に測定し、完全な殺菌に必要な適切な照射量を決定します。

 

今のところ、施錠された部屋でのみ作動し、動きを感知すると電源が切れる仕様です。作動中に部屋に入った場合、日焼けと視覚障害の代償は少々大きいでしょう。このシステムはすでにマクラーレン・オークランド病院でテストされています。導入後6ヶ月で、この病院はHAI発生の減少により236,000ドル以上を節約しました。

 

この結果は、UV殺菌装置が病院環境の清掃において非常に効率的であることを示しています。まだあまり使用されていないものの、殺菌技術の将来的な有望株かもしれません。

おすすめ新着記事

おすすめタグ