話題

話題

原因がよくわかっていない病気12。医学はどう立ち向かうのか

RankRED

RankRed is a place where you can find a lot of interesting and inspiring stuff about science and technology, internet, programming tools and plugins, robots, machines and high tech gadgets, and much more.

本記事は、12 Weird Diseases That Science Failed To Explain
翻訳・再構成したものです。
配信元または著者の許可を得て配信しています。

76 views

読了時間 : 約5分13秒

2014年は医師にとって、エボラ出血熱の治療法を見つけるために悩まされた年でした。エボラウイルスは長年にわたって謎に包まれた病気でしたが、今では多くの抗ウイルス剤による治療法があります。しかし、医師たちは、より強力なワクチンを開発するためにまだ努力しています。

 

何千もの高度な医療ソリューションが開発されていますが、未だに不治の病が多く残っています。その中には、まだ医師によって説明されていないものもあります。それらはすべて、あまりにも奇妙で、信じられないようなものです。今日は、科学が説明できなかった恐ろしくて奇妙な病気をいくつかご紹介します。

 

12.ジャンピングフレンチマン・ディスオーダー

 

 

この病気は、19世紀にメイン州に住んでいた木こりたち(Jumping Frenchman of Maine)にちなんで名付けられました。この稀な疾患は、メイン州の北部地域で初めて発見されました。この病気は1878年にジョージ・ミラー・ビアードによって初めて発見されました。

 

1878年にジョージ・ミラー・ビアードが、突然の刺激に対して人々が異常な反応を示すようになったことに気付いたのです。最も一般的な症状は、小さな子供のように叫んだり、飛び跳ねたり、怒鳴ったり、殴り合ったりすることであった。操り人形のように振る舞うことも多い。

 

この病気の正確な起源は、いまだに分かっていません。何人かの研究者は、環境的、心理的、あるいは遺伝的な障害の結果ではないかと述べています。また、彼らの生活様式の結果である可能性もあります。

 

11.Dancing Plague

 

 

1518年にフランスのアルザス地方で発生した「ダンシング・ペスト」は、「ダンシング・マニア」とも呼ばれています。始まりはフラウ・トロフェアが6日間踊り続けたことでした。1週間後には34人が加わり、1ヶ月後には400人以上の踊り子がいたといいます。この病気は、何千人もの人々が罹患している謎の病気です。心臓発作や疲労で死ぬまで、制御不能な状態で踊り続けることができるのです。

 

ストラスブール市議会が発行した史料では、彼らが踊っていたことが明らかになっています。しかし、彼らが踊った理由は、研究者にとっていまだに謎のままです。地元では、自然の病気だと考える人もいれば、超自然的な原因だと考える人もいます。現代の医学では、なぜ彼らが死ぬまで踊っていたのか説明がつきません。

 

10.眠り病

 

 

眠り病(生物学的にはEncephalitis Lethargica)とは、ツェツェバエによって媒介される障害の一種です。1917年に初めて紹介されました。この病気は主に脳を攻撃し、被害者は言葉を失い、彫像のように動かなくなります。

 

睡眠病の原因はまだわかっていません。この病気には様々な説があります。2004年、研究チームは、この病気は何らかの免疫疾患が原因であると発表しました。ほとんどの患者は初期段階で死亡し、生き残った患者は残りの人生を地獄で過ごすことになります。その後、約1世紀を経て、ある研究者は細菌が免疫系の引き金になったと考え、別の研究者はウイルスが原因だと考えています。

 

9.謎の子牛病

 

 

子牛の発汗症は、「謎の子牛病」とも呼ばれています。2007年にドイツで初めて診断され、その後、イングランド、ウェールズ、ベルギー、オランダ、フランスに広がりました。この病気は、赤血球が減少する遺伝子疾患です。赤血球が減少し、骨髄が減少して血小板が破壊されます。また、血液凝固能が低下し、鼻孔、口、注射部位から自然に出血します。

 

ほとんどの人が病気だとは思っていません。2008年にワクチンが導入されましたが、ワクチンを接種した牛が人間の健康に影響を与えるかどうかのリスクを示す証拠はありません。また、人間の食物連鎖に入ることも拒否されています。

 

8.ブレイナード下痢症

 

 

ブレイナード下痢症は、数ヶ月間続く一般的な下痢症の中でも極端な症状です。ブレイナード下痢症の最初の症例は、1983年にミネソタ州で発見されました。その年は10例しか記録されていませんでしたが、1996年には200例以上の症例が記録されました。

 

この病気は、生乳や未処理の水の摂取が関係していることが明らかになっています。しかし、この病気の正確な原因はまだわかっていません。すべてのケースで、この病気は自然消滅してしまい、治療法はありません。

 

7.汗かき病

 

 

Sweating sickness(またはEnglish sweate)は、1485年にイギリスで発生した致死性疾患です。1485年にイギリスで発生したこの病気は、猛烈な勢いで広がり、何千人もの人々が亡くなった。その症状は非常に突然で、寒さと激しい痛みに始まり、死の前に汗をかきます。数時間で死に至るほどの致死率であったといいます。

 

この謎の病気については誰も知りません。ウイルスなのか、バクテリアなのか、それとも何か毒物なのか。いくつかの仮説によると、ハンタウイルス(エボラウイルスに似ている)が原因ではないかと言われています。しかし、それを証明するものは何もありません。また、当時の劣悪な衛生環境や有毒な水域システムのせいだという説もあります。他にも様々な原因が考えられますが、十分な証拠はありません。

 

6.スティッフ・パーソン・シンドローム

 

 

硬直性症候群は、体が徐々に硬くなっていく珍しい神経疾患です。1956年に初めて発見され、100万人に1人の割合で発症します。筋肉が常に収縮し、最後には全身が麻痺してしまいます。症状としては、慢性的な痛みと手足の機能低下が見られます。

 

1990年代に、血液中のグルタミン酸脱炭酸酵素の量が多いと、この病気になることがわかりました。また、この病気を治すための多くの治療法も発見されましたが、この病気の正確なメカニズムはまだ明らかになっていません。早期にこの病気の存在を確認できる医学的検査はありません。この病気の稀少性は、より効果的な治療法を見つけることをより複雑にしています。

 

 

5.うなずき症候群

 

 

うなずき症候群は、1960年代にスーダンで発生した最近の病気で、ほとんど知られていません。ほとんどが15歳以下の子供に発症します。身体的な障害を伴う病気で、現在は南アフリカの一部の地域に限られています。脳を含めた体の成長が阻害され、障害を負ってしまいます。

 

現在のところ、この病気に対する治療法はありません。また、その原因もわかっていません。被害者の治療は、それぞれの症状に応じて診断されています。戦時中の化学物質への曝露が原因だとする研究者もいれば、栄養不足が主な原因ではないかと研究している人もいます。

 

4.クル病

 

 

クルとは、パプアニューギニアの部族地域で始まった神経疾患のことで、伝達性疾患の一種です。狂牛病に似ています。人間の脳に何千もの小さな穴が開き、時間とともに成長していきます。病的な笑いがあることから、笑い病としても知られています。

 

この病気の起源を説明できる人はいません。人体に存在する悪いタンパク質(プリオン)が原因ではないかと考えている医師もいます。また、部族内で死んだ人間を食べたことが原因であるという証拠もあります。

 

 

3.マールブルグ・ウイルス

 

 

マールブルグウイルスは、出血熱を引き起こす致命的なウイルスです。1967年にマールブルグとフランクフルトで初めて報告されました。1967年にマールブルグとフランクフルトで初めて報告されたのは、建設現場で数人の作業員が感染したサルに誤って触れたことがきっかけでした。この年、31人が感染し、そのうち7人が死亡しました。最初の感染者が出た後は、毎回異なる場所で感染が確認されました。

 

今のところ、どのように感染するかはわかっていません。2014年の時点では、研究が不十分なため、ワクチンもありません。主な治療法は支持療法のみです。

 

2.ポルフィリン症

ポルフィリン症は、一般的に「吸血鬼病」とも呼ばれています。これは、歯茎からの出血が牙のように見えるためです。次に興味深いのは、患者の便や尿が紫色に変色することです。この病気は1871年にFelix Hoppeによって初めて調べられました。

 

科学者たちは、DNAの突然変異によるものではないかと予測していますが、十分な証拠はありません。この病気は、尿中に排泄されるヘム前駆体から始まります。場合によっては、赤い尿の色も見られます。

 

1.水原性蕁麻疹

水原性蕁麻疹は、極めて稀な水アレルギー性疾患です。その症状は、水に触れると痛みを伴う皮膚反応が起こるというものです。この病気は非常にまれで、今までに30人ほどしか発症していません。雨や自分の汗や涙など、あらゆるものが発疹の原因となります。極端な例では、私たちの体の大部分が水でできているため、自分の体が原因で発症することもあります。

 

アレルギーなのかそうでないのかはよくわかっていません。今日に至るまで、治療法はありません。しかし、多くの治療法があり、効果を弱めるために使用されています。

おすすめ新着記事

おすすめタグ